グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

先日マリッジリングを購入しました。
その際に、フェア中ということでPt950をPt1000にグレードアップできますよ、と言われ、じゃあ、とお願いしました。
けど、今になって、強度のことを考えると、Pt950のままの方が良かったのでは、と後悔してきています。
Pt950とPt1000では強度の面でかなり違うのでしょうか?
もしかなり違いがあるのなら、今からでも変更をお願いしようかと思っています。
(あまり変わらないのなら今のままでよいのですが・・・)
詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

PT1000,通称純プラチナ(業界ではピーセン)混ざりの無いプラチナです。

PT950は95%純Pで残り5%が銅もしくは銀、パラジウムの混ぜ物で合金となってます。これは加工上のやり易さ、逆に強度を持たせるものとなります。よって強度的にはPT950の方が硬いです。(ビッカース硬度)田中貴金属データでも出てます。ただ、その5%の差がリングとしての強度に影響あるかと言われたら無いでしょう。後は個々の扱いとなりますからね。リングは一般的にPT900が多いです。もちろんPT950より硬いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

5%の差がリングとしての強度にはさほど影響がないと聞けて安心しています。
良かった。。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/29 08:44

私は


愛情1000%ってことでPt1000にしました。
純プラチナって言う響きもいいし。
ブランドによって(パイロット)
ウルトラハードのPt1000があって
強いものがありました。
ただし、デザイン厚みなどの違いがあるので
他の商品とは比較しづらいとか(問い合わせました)
いろいろ継ぎ目とかの話もあるようですが
最初からの商品なら大丈夫なのでは?
愛情1000%ですよ。
Ptの価値も違うみたいですし。
大概みんなPt950とかだから
こんなのもあるんだよーっていう話にもなりますよ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私が買ったお店の店員さんも混じりけの無い愛の証明に・・・とか言ってました。
ハード加工されているのかどうかは知らないんですけど、皆さんのお話を聞いているうちにこのままで良いかなぁって、今は思えています。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/03 01:22

PT1000と表示されてもロー材などの混入により純プラチナとは言えないのかもしれませんね。

しかし、これを述べていたら純金、純プラチナと言える宝飾品は数少なくなりますね。
番手UPの際は同じ品位の物で継ぎ足します。その時にロー付けで接合するのか、とも付けするのかでも仕上がりの差がでます。(ロー付けは半だの様な接合方法。とも付けは母材と母材を直接接合する)ただ、プラチナの場合融点や仕上げの問題により、ロー付修理加工になるでしょう。ダイヤなどの石が留めてある場合は石を外さなくてはなりません。
ブライダル・マリッジリングの場合は「切る」と言うのは避けたいものです。

参考URL:http://www.angel.ne.jp/~izumi128/atelierizumi/pt …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
ダイヤなどの石入りリングのサイズ直しの場合は石を外すのですね。
初めて知りました。

お礼日時:2006/01/03 01:19

No.2です。


サイズを直すときには、デザイン的に一番問題ない場所を切ります。切って、また鑞付け(ロウヅケ)しただけで0.5番小さくなります。サイズ1番が円周でほぼ1ミリなので、3番小さくするときは約2.5mm切り取り、3番大きくするときは約3.5mmだけ地金を足して鑞付けし、仕上げをすれば出来上がります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
サイズ直しの時は小さくするにも大きくするにも切るということがよくわかりました。
大きくするときはそのまま伸ばしていくものかと思っていましたので・・・(笑)。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/03 01:18

Pt1000と表示してあっても、本当は純プラチナではありません。

混じりけのないPt1000のビッカーズ硬度は50~110Hvですので、細い指輪ですと、ちょっとした力が加わっただけで変形してしまいます。
そこで、リングメーカーでは2-3%だけパラジウム、ルテニウムなどを混ぜて150~250Hvという硬度を出し、むしろPt900よりも硬くしています。
その代わり、硬すぎる欠点もあります。専門用語で「バリ」と言いますが、サイズ直しをしようとすると、ひび割れたような感じになることが、稀にですが起きます。
ただ、サイズ直しをすると、切った部分だけデザインが消えてしまいますから、サイズ直しは出来ないと思っていた方が良いと思いますので、結論的にはPt950でもPt1000でも同じことだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
Pt1000でも本当の純プラチナではないんですね。逆にちょっと安心です。
サイズ直しは出来ますとお店の方は言ってたのですが、あまりしない方が良いんでしょうね。
結論的にはどちらでも変わりないということなので、安心です。
因みに、サイズ直しの時に切る、というのは小さくする場合だけでなく、大きくする場合でもそうなのですか?

お礼日時:2005/12/29 16:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング