敷地面積が約750m2の土地に鉄骨造平家建の事務所を新築する予定です。この敷地は防火地域または準防火地域ではなく、法22条区域となっています。
が、敷地を有効に利用するため、建物が延焼のおそれのある部分にかかっています。

そこで、この延焼ラインにかかる部分の外壁もしくは開口部はどのような構造にしなければならないのでしょうか?
自分なりに調べたところ、
屋根…不燃材料
外壁…(延焼ライン内に限り)準防火性能を有する土塗壁等の構造
にしなければならないと解釈したのですが、これを材料にたとえるとどのような構造にすればよいのでしょうか?

現状は
屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
外壁…防火サイディング
    内装…壁:PB12.5mm+クロス仕上
        天井:ジプトン9.5mm仕上
外壁の開口部…アルミサッシ+透明ガラス5.0mm
で考えていますが、このような構造でも大丈夫なのでしょうか?

ご教授よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

鉄骨造は、重量鉄骨ですか?軽量鉄骨ですか?


一般に、鉄骨というと、重量鉄骨を意味する場合が多いのですが、平屋の事務所だと、重量鉄骨にする意味が無いので、軽量かな?と考えました。

とりあえず、軽量鉄骨として、一般的な防火構造のことを回答します。
(重量鉄骨であれば、準耐火建築物になるので、少し視点が違います。大枠は同じですが‥‥)

>屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
不燃材料の認定が必要!
屋根材として販売されていれば大丈夫だと思います。
ガルバリウムの折板なんてあるんですね。勉強不足でした。

>外壁…防火サイディング
    内装… 壁:PB12.5mm+クロス仕上
       天井:ジプトン9.5mm仕上
防火サイディングは、防火構造認定品だと思いますので、OK!一応確認しておいてください。
*確か断熱材の充填の要求があったと思います。

>外壁の開口部…アルミサッシ+透明ガラス5.0mm
これはNGです。
防火戸認定品のアルミサッシで、網入りガラスを使用しなければなりません。
(網無しでも認定品が出ていますが、かなり高価です。)

金属板の屋根は、断熱性能に不安があります。
快適な事務所にするのであれば、屋根面の断熱をかなり強化したほうが、光熱費の助けになり、快適な空間が得られると思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
建物は重量鉄骨で考えています。

屋根と外壁について分かりやすいご回答ありがとうございます!確認しておきます。
やはり事務所は快適にしたいので、断熱性能も十分考慮したいと思います!

>>外壁の開口部…アルミサッシ+透明ガラス5.0mm
>これはNGです。
>防火戸認定品のアルミサッシで、網入りガラスを使用しなければなりません。

重量鉄骨の場合は準耐火建築物になるとのことですが、その場合でも防火戸認定品アルミサッシ+網入りガラスが必要なのでしょうか?
もし駄目だとしたら、費用の面を考えると網無し認定品より網入りガラスを使用した方がよさそうですね…

お礼日時:2006/01/01 12:22

建築的な内容は他の回答者さんにお任せするとして、元設備屋として一言。



換気(給気と排気)のための開口部が延焼ラインにかかっている場合は、開口部や接続するダクトのサイズにもよりますが防火対策が必要です。
ダクトの外壁直近に防火ダンパーを付けるか、ベントキャップ又はウェザーカバーを防火シャッター付きのものにする、等です。
これ、よく見落として竣工時の建築検査や消防検査で指摘されることがありますのでご注意を。

今世間で問題になっているような所ではなく、ちゃんとした設計事務所であれば大丈夫とは思いますが・・・。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q準耐火建築物・防火区画・自然排煙検討について

設計事務所の新米所員です。
法規チェックを行なっており混乱しています。。。
どなたかご教授お願い致します。

現在計画している建物の概要は
木造2階建て 1階床面積320m2 2階320m2 用途は寄宿舎(グループホーム)最高高さ8.5M 防火指定無し 市街化調整区域です。

(1)法27条により2階が300m2以上なので準耐火建築物となると思われるのですが、準耐火建築物の仕様としては イ準耐・ロ準耐-1・ロ準耐2どの仕様でも宜しいのでしょうか?又コストが掛からない仕様はどれですか?
(2)上記の条件で準耐火建築物にした場合の面積区画は500m2以内で宜しいのでしょうか?床と特定防火設備でフロアごとに区画と考えております。
(3)自然排煙の検討をしてますが、調理場は居室それとも居室以外の室ですか?プラン上外部に面する開口部を設けられません。室とみなされれば告示で免除出来ると思うのですが、木造ですので居室扱いですと告示での免除が出来ません。。。火気使用室なので114条2区画をしているし、食堂と2室で計算も出来ないかと・・・

以上ご教授宜しくお願い致します。

設計事務所の新米所員です。
法規チェックを行なっており混乱しています。。。
どなたかご教授お願い致します。

現在計画している建物の概要は
木造2階建て 1階床面積320m2 2階320m2 用途は寄宿舎(グループホーム)最高高さ8.5M 防火指定無し 市街化調整区域です。

(1)法27条により2階が300m2以上なので準耐火建築物となると思われるのですが、準耐火建築物の仕様としては イ準耐・ロ準耐-1・ロ準耐2どの仕様でも宜しいのでしょうか?又コストが掛からない仕様はどれですか?
(2)上記の条件で準...続きを読む

Aベストアンサー

(1)について
準耐火要求なので、イ準耐でもロ準耐でも可です。ただし、ロー1、ロー2は、外壁耐火(下地不燃要求)、ロー2(主要構造部不燃構造)なので木造ではまず不可。自動的に、イ準耐になるはずです。
(2)について
イ準耐にしたのなら、面積区画は、令112条2項区画より500でよいかと思います。(ついでに、10項区画も発生します)
区画は、床準耐、特防区画でよいかと思います。
(3)について
調理場は通常は居室扱いです。
告示で逃げられないとしても、令114条2項区画は、壁と小屋裏について規定しているだけで、壁が無いのならその部分の小屋裏のみ準耐火で区画すればよいのでは?
つまり、天井まではOPENにして、調理場の1/50だけ、食堂を介して排煙してもよいのでは無いでしょうか?
こちらの地方では、この方法でOKです。

Q防火構造について

柱・はり不燃構造型(令第109条の3の規定による準耐火建築物)について質問です。
延焼のおそれのある部分に関しては、外壁部分を防火構造にしなければならないとありますが、この部分を準耐火構造で使用することは可能でしょうか。なんとなく、準耐火建築物を主語にもつものは、耐火建築物も含む場合と同じと考えるとこれもよいと思われますが、もしかしたら防火構造しかだめだとおもったので質問します。

Aベストアンサー

補足しますと
建設省告示第千三百五十九号に書かれてます
http://wwwkt.mlit.go.jp/notice/koj_search.html
防火構造の構造方法を定める件
第一 外壁の構造方法
一 ~する耐力壁である外壁~
イ ~準耐火構造(耐力壁である外壁に係るものに限る。)とすること。
二 ~非耐力壁の外壁~
イ 準耐火構造とすること。

Q確認申請に添付の木造在来工法の構造計算・構造図作成の資格って?

当方 男性 32歳 2級建築士 なのですが、現在の仕事で、

◎確認申請に添付の木造在来工法の構造計算書・構造図作成

が出来るととても有利になるので検討しているのですが、これって木造の構造の納まりが解っていて専用のソフトがあれば、2級建築士で作成(申請の図面として)出来るのでしょうか?それともそういう資格が必要なのでしょうか?

一応、建築業界にいながら解っていなくて、恥ずかしいのですが、何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ANo.3ですが、資格問題でのご質問では、2級建築士であれば、
3階建てまでなら、構造計算と構造図の作成は、可能と言えば可能でしょうネ。

しかし、資格があるから、何でも実務として、出来るかどうかと言えば、疑問。
(構造図なら、日本住宅木造技術センターのコピーでも可能)

貴方は、建築士の試験を受ける以前、何を専攻されていました?
計画、法規、構造、施工の4種類に分類して、構造を専攻されていました?

手計算で、何か1つでも、算定されたご経験は、ありますか?
ベタ基礎の納まりで、基礎梁と底盤部のハンチは、何の理由でついているか、即答出来ますか?
壁倍率7の仕様と納まりを、説明出来ますか?
(ネットで調べれば、回答は、出てくるでしょうが、即答出来ますか)

1級建築士でも、即答出来ない人がいるのでは無いかと思います。
1級か、2級かなんて資格の問題よりも、資質として構造に適しているかどうか?

資格試験以前の専攻は、何?建築士になってからの主たる業務は、何?

昨日まで、ずっと現場監督をしていた人物が、今日から急に、構造計算ですか?

そうゆうのを、【にわか仕事】と言うのではありませんか?
(本職の人たちに失礼)

建築士の資格なんて、ある程度の専門知識があれば、取れます。
(但し、本人の努力が必要ですが)

しかし、ある程度の専門知識だけで、構造計算まで、出来ると思いますか?
(3万人以上の1級建築士、何人が構造計算業務に携わっていますか)

木造とは言え、構造計算の業務を、甘く見ていませんか?

構造計算の業務を真剣にお考えなら、構造力学から、勉強し直す事をお奨めします。
(構造計算ソフトにより、モーメント図も書けない建築士が増えた)

建物の安全を確保出来ない建築士は、これからは不要になってきますが
改正建築士法により、失業建築士が、もっと増えるかもしれない。
(ゼネコン倒産増加により、もう失業建築士が、多数と聞いてます)

ANo.3ですが、資格問題でのご質問では、2級建築士であれば、
3階建てまでなら、構造計算と構造図の作成は、可能と言えば可能でしょうネ。

しかし、資格があるから、何でも実務として、出来るかどうかと言えば、疑問。
(構造図なら、日本住宅木造技術センターのコピーでも可能)

貴方は、建築士の試験を受ける以前、何を専攻されていました?
計画、法規、構造、施工の4種類に分類して、構造を専攻されていました?

手計算で、何か1つでも、算定されたご経験は、ありますか?
ベタ基礎の納まりで、基...続きを読む

Q左官仕上について

壁紙張り・壁布張りの左官下地は、なぜ金ごて仕上げとするのか、木ごて仕上げではダメな理由を教えてください。また木ごて仕上げとはどういう場合に使うのか教えてください。

Aベストアンサー

モルタルなどを木ごてで仕上げると、木製のエッジがすり減りなどで細かいがたがたになります。
こんな面にクロスを貼ればクロス表面に下地のがたがたが出てしまいます。
したがってクロス下地のモルタル等は金コテ仕上げとなります。

木ごてずりの壁は、吹付の下地や接着剤でないタイル張りの下地に向いています。

Q「延焼のおそれのある部分」にかかる部分の解釈について

準防火地域においての
建物が延焼のおそれのある部分の
屋根とは庇も含まれるもでしょうか?

Aベストアンサー

私が考えるには、庇は含まれないのでは無いでしょうか。屋根とは主要構造部であり、人命保護の観点から火災等により倒壊するまでの間、避難に対して有効であるように不燃材で葺く事を義務付けているのだと思います。(開口部も同じような観点だと思います。)
庇はそれ自体主要構造部ではないし、基準法の防火等の規定には庇の記述はなかったと記憶しています。法22条、法63条にしても、屋根と記述されているだけであって庇とは書かれてはいませんし。私は過去に行政にその様な指導を受けた事はなかったと思います。
まれに、審査する人によって見解が違うので、一番は行政に確認を取ることですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報