給料計算と給与計算の違いは何でしょうか?
どんな場合に、どのような言葉の使い分けをするのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#1の追加です。



実務面では、特別に意識して区別はしません。
例えば、毎月の給与計算をするパソコンソフトなども「給料計算ソフト」や「給与計算ソフト」という名前で、機能的には同じものを売っています。
 
支給明細書なども「給与明細書」「給料明細書」と、混同して使っています。

会話でも「給料は幾ら・・・・」これは、基本給ではなく総額を差しています。
    • good
    • 0

 給料は、月給***円の基本給の意味で使い、給与は基本給に毎月支給される諸手当を加算した額の意味です。

給与には、時間外手当などの出来高によって額が変更するものは加えません。基本給の額である給料と給与の額の差は、従業員への手当てですので、例えば従業員の待遇を他社と比較する場合に、給料と給与でそれぞれ比較したりします。
    • good
    • 0

給料計算と給与計算は、文字が違うだけで、意味も内容も違いがありません。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報