他人が制作したホームページの文章や画像の一部を自分のホームページに無断で
連載した場合、著作権を侵害したことになりますか?
また引用はどのような範囲でみとめられているのですか?
また他人のホームページの内容を自分の言葉で表現する場合侵害することには
なりませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>著作権を侵害したことになりますか?



なります。絶対にやってはいけません。

引用に関する質問もされてますが、注意事項としては以下のことが挙げられます。
 
(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)
   (参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)

以上のことに留意すれば大丈夫との司法判断が下っております。

>他人のホームページの内容を自分の言葉で表現する場合侵害することにはなりませんか?(以下は自信なし)

非常に難しいところですね。これに関してははっきりとした答えはこの場で出しづらいのですが、いくら言葉の言い回しや表現を変更したとしても、第三者がそれを判別できるか?という点にかかってくると考えます。
自分の言葉になおした結果、元が不明になってしまったような場合には著作権侵害で訴えることは困難となるでしょう。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/8/2/VIII-2-C.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん詳しい回答をありごとうございます

お礼日時:2001/12/18 16:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分が契約している賃貸駐車場に他人が無断駐車した場合

表題の件について
1.現場が公道でない以上、警察は何も出来ないというのは本当でしょうか。
2.出先から戻ってみると見知らぬ車が!自分の車が停められない!の場合、金銭面も含めて自分に一切責任がかからない様に相手の車を直ちに排除するにはどんな方法がありますか?

経験者の方、実務に携わっておられる方にお願いします。
対応はオウンリスクで行いますので、是非!お願いします!

Aベストアンサー

1についてですが、その通りかと思います。
私有地では警察の力は及びませんので、当然レッカー移動などもしてもらえません。
ただ、ナンバーから所有者を割り出して連絡はしてもらえます。
(レッカーや駐禁はダメって言われました)

2についてですが、残念ながら私は有効な方法はなかったので、次からは止められない様にするぐらいですね。
私の住む集合住宅では、警告の放送後にタイヤロックを施しますが、個人ではちょっと難しいかと思いますが、どうでしょうか。

Qインターネット上で気づかずに他人の著作権を侵害した場合

こんにちは。

例えばの話なのですが、Aはインターネット上でとある情報をBから買い、それをまたインターネット上でCに転売したとします。その際、後でその情報の著作権がDにあるとわかった場合、Aにはどのような責任が生じるのでしょうか?アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

著作権には民事責任と刑事責任があります。

ご質問の場合、知らなかったという事で刑事責任は免れるのが通例のようです。

民事責任は、たとえ知らなかった場合でも結果的に損失を与えた場合には賠償の義務が発生します。

一般論ですが、著作権侵害の刑事責任は親告罪、つまり被害者が告発しない限りだれも摘発できません。
警察も検察も、侵害の事実を知っていても告発が無い限りは捜査をする事ができません。
これは著作権者には黙認・容認をする権利があるからです。
民事責任は、当然ですが被害者が請求をして発生する物です。

つまりは被害者次第という事になります。

Qホームページの画面の引用

他人のホームページの画面を、
自分の著作物の中に引用する場合の
注意事項について教えてください。

Aベストアンサー

基本:「他人のホームページの画面」は、多くの場合そのHPを作成した人が著作権を持つ著作物であり、「自分の著作物の中に引用する」ことは著作権法上「複製」と評価されます。したがって、HP作成者の「複製権」という著作権の対象となる行為ですから、HP作成者の許諾を得る必要があります。「自分の著作物の中に引用したいがよいか」と尋ねて了解を得てください(できれば書面で)。

例外:ただし、次の要件に該当する「引用」であれば、許諾を得る必要はありません。(得ても構いません)。
1.引用される著作物が公表された著作物であること(ホームページですから、ここはクリア)
2.引用される著作物と自分の著作物が明らかに区分されていること
3.自分の著作物(主)と引用される著作物(従)の間に「主従関係」(引用の目的や分量に照らして)があること。
学説においては、このほか「客観的に引用する必要性」があることが必要であるという説明もあります。

これまでの判例から見て、単なるホームページの紹介であれば、「主従関係」に照らして、この例外の対象にはならないでしょう。
法的な安全を図るのであれば、「どうしてもこのホームページがなければ自分の著作物が成り立たない」というほどの必然性がない限り例外に該当すると考えない方がよいでしょう。

結論:HP作成者の了解を得ることが無難です。

基本:「他人のホームページの画面」は、多くの場合そのHPを作成した人が著作権を持つ著作物であり、「自分の著作物の中に引用する」ことは著作権法上「複製」と評価されます。したがって、HP作成者の「複製権」という著作権の対象となる行為ですから、HP作成者の許諾を得る必要があります。「自分の著作物の中に引用したいがよいか」と尋ねて了解を得てください(できれば書面で)。

例外:ただし、次の要件に該当する「引用」であれば、許諾を得る必要はありません。(得ても構いません)。
1.引用...続きを読む

Q自分のホームページへの引用について

今ホームページを作成しているのですが、その中で、他人の方法論についての内容を書きたいと思っています。しかし、それがどの程度よいものかわかりません。
具体的に言いますと、p.f.ドラッカーという人の著書ことについて書きたいのです。この人が書いた本の中で言っていたことの要約を自分の言葉でかきたいのです。http://capsctrl.que.jp/kdmsnr/?cmd=view&p=%A5%D7%A5%ED%A5%D5%A5%A7%A5%C3%A5%B7%A5%E7%A5%CA%A5%EB%A4%CE%BE%F2%B7%EF&key=%A5%C9%A5%E9%A5%C3%A5%AB%A1%BCや、
http://f39.aaa.livedoor.jp/~philos/the_effective_exective.htmlでは、ドラッカーの言っていることの要約を書いていますが、このように書いても問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

『著作権なるほど質問箱』をご紹介します。

『著作物を利用したい』のカテゴリから『著作物の利用について一般的なことを教えてください』という選択肢を選び、表示されたQ&Aをご覧になって参考にしてみてください。

参考URL:http://bushclover.nime.ac.jp/c-edu/index.html

Qホームページの引用について教えてください。

調べてはみたのですが適当な回答がなかったので、質問します。
社内報に、あるホームページのQ&Aをごく一部、載せようと思います。もちろんそのホームページのタイトルも載せる予定ですが、これは引用になるのでしょうか。
「引用」で調べてみても、あまりよく理解できなかったので、引用についてわかりやすい説明をお願いします。またはわかりやすく掲載してあるホームページがあれば教えてください。
また、引用にあたる場合、そのページの(あるいはトップページの)URLを載せる必要があるのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

自分の意見が大半で、その補完に引用(本来の「引用」で認められる権利)なのか、単に転載なのかでことなりますが、著作権は、文章を作成した人が持つ権利で、ほかの人が勝手に利用することはできません。
まして社内報ですと問題は大きくなります。コンプライアンス上、事前に承諾を取っておくのが一番です。
ご自身の社内の法務担当部門に聞けば明らかです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報