最新閲覧日:

太陽のエネルギーはどのように生み出されているのですか?また地球上で、同じような方法でエネルギーを生み出すことは可能なのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

太陽から生み出されるエネルギーの正体は、核物理学が発達するまでは全くの謎でした。


と言うのも、まだ核融合が知られていない時代に考えられていたのは、普通の化学反応だったからです。太陽では、kasugaさんが回答なされてらっしゃるように、4個の陽子が1個のヘリウム核になることによって(つまり原子の結びつきではなく原子核そのものが変わることによって)、エネルギーが生み出されています。このとき、4個の陽子の約0.007倍分だけの質量が、有名なアインシュタインのE=mc^2に則り、エネルギーに変わります。

地球上で同じようにして核融合にてエネルギーを取り出すには、約一億度の温度を一秒ほど維持することが条件になっています(ローソンの条件)。
この条件は大変厳しく、粒子加速器等でも実現できるのは未来のようです。ですから、地球上で核融合を利用したエネルギー利用ができるのはまだもう少し先ではないでしょうか。ちなみに水素爆弾は核融合を利用したものだそうです。
さて、地球上では一億度の温度を一秒間だけ維持しなければならないのに、内部温度が約1400万度の太陽ではなぜ核融合が起きているのか?と言う疑問が当然ながら起こりますが、その答えは、太陽内部の圧力が高いので温度を上げなくてもいいと言うことになると思います。粒子が反発する力(クーロン力)に打ち勝つために、高温であるか高圧であるかが(または両方)必要になってくるのです。

私は専門家ではないので、間違っている点がありましたら修正してください。
    • good
    • 0

太陽のエネルギーを生み出しているのは、


核融合です。水素原子がヘリウム原子に変わる時に
エネルギーが発生します。

地球上で、同じ事をやろうと、研究していますが
エネルギーを生み出せる、実用的な原子炉は
まだ作れていません。
いずれできるとは思いますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報