世界はデフレに向かいます。正確に言うと先進諸国はデフレ、中国,インドはインフレです。
  現在の世界的株高、原油高、金高、住宅バブル行き過ぎだと思いませんか?20年近い経済ウォッチングの経験からくる勘にすぎないのですが、バブルのときバブルという人はいないので敢えて私は予言したいのです。
   わたしの説に異論がある方、いろいろな意見をお聞かせください。お互い経済センスを磨いていきましょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

異議ありです。


世界はとっくに、デフレの時代に突入しています。
いつからかというと、冷戦が終わってからです。

世界経済を数十年単位で見れば、先進国では今後も物価下落が続くでしょう。
短期的には小バブルというべき現象は、何度も発生するかと思います。

理由は簡単です。
冷戦が構造が崩壊して、旧東側諸国が西側の資本主義陣営に加わりました。
若干技術的に遅れているとはいえ、優秀かつ安価な労働力が倍増したのです。
生産拠点を旧東側諸国に移すことで、同じ製品が人件費の分だけ安く
作れるようになりました。よって、物価下落は必須です。
物価下落が定常的に続けば、それはデフレとなります。

以上、経済評論家の長谷川慶太郎先生の受け売りの意見ですが、私は
この意見に賛同しています。


三菱証券・経済調査部のチーフエコノミストの水野和夫氏も似たような
意見をもっているようです。
参考URLで面白そうなブログを紹介します。

私自身はまだ不勉強で、水野氏の本を読んでいないのですが。(;^^)
せっかくの機会ですので、この正月に読んでみたいと思います。

参考URL:http://diary.jp.aol.com/uvsmfn2xc/281.html
    • good
    • 0

原油高は以前のような混乱だけから来ている訳ではない部分があるので、そこがポイントになると思います。

イラク戦争の影響は大きいでしょうが、恐らくイラク戦争が終結しても以前の水準までは戻らないでしょう。原油があと10年で枯渇すると考えられる場所がどんどん増えています。原油が減少すれば当然、原油価格が上昇します。そうなるとほとんどの物の物価上昇要因になります。また、原油価格が高騰すると買えなくなるのは、低所得層であり、弱い国です。そうなると今までの方法では物が生産できなくなる可能性が高いです。
原油の問題が本当に深刻化するのは10年20年先なのかもしれませんが、経済はそれを先取りした先物取引という要素を持っているので混乱が前倒しで来る可能性もあります。
    • good
    • 0

私は、スタフグレーションの時代が来るような気がします。

    • good
    • 0

私は経済の勉強はした事がありませんが、


今日、富士山にあるはずの雪化粧が無いとTVで言っていました。

12月にこれだけ日本列島に雪を降らせたのにも関わらず
富士山に雪が無いのは?。

さて、雪化粧していない事が、インフレ・デフレにどう関係あるか
と言われるかも知れません。

しかし、雪が解けるほど熱いとは何かの前触れとしたら、
そう、災害の規模によって違いますが。

デフレからインフレに揺れ振れて、で、シェルテ・ナギャルドの詩の様に。

それは、日本だけで収まるのか。
そう、一国の自然災害が世界経済に刺激を与える事態に
なるかも知れませんね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデフレとデフレスパイラル?

最近、経済がデフレの方向に進んでいるという話を良く聞きますが、
デフレとデフレスパイラルって何が違うのでしょうか?
あと、デフレの反対はインフレですが、
デフレスパイラルの反対ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 デフレとデフレスパイラルの違いについては、既に回答がなされているので省略します。
 デフレスパイラルの反対には、インフレスパイラルというのがあります。週刊ダイヤモンド1月号別冊「めちゃくちゃわかるよ!日本経済入門」によると、「物の値段が上がる」→「買い急ぎが起こる」→「品不足になる」→「さらに買い急ぎが起こる」→「値段が上がる」という現象だそうです。デフレスパイラルの全く逆ですね。

Q経済素人の者です。今日本はデフレと言われております。しかし、デフレと言

経済素人の者です。今日本はデフレと言われております。しかし、デフレと言うのはお金の量が、商品に対して少ない場合に生じると聞きました。その逆でお金の量が、商品に対して多い場合をインフレというと聞きました。しかし、今、膨大な量の国債を発行しております。国債はお金の一種なのですから、お金の量が増えているということだと思います。お金(国債)の量が増えているのに、なぜ日本はインフレにならずにデフレになってしまうのでしょうか?教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

デフレは、「お金の価値が高すぎる経済」であり、インフレは「物の価値が高すぎる経済」です。

そもそも、政府が国債を発行してこれを物価の上昇につなげていく為には、「消費性向」の高い分野
に、「パッケージ」で、政府支出を投入し、「乗数効果」を発生させる必要があります。

つまり、政府支出を増やしてもデフレがやまない理由は、「消費性向」の低い分野に投入しているか、
「単品」で発注しているか、何らかの事情で「乗数効果」が発生していないか。このどれかになるの
ではないでしょうか。

しかし、今の日本の経済を見た場合、どうでしょう。
一番解りやすい例で言うと、前政権で、話題性が高く、消費性向の高い分野である「エコ」の分野に、
パッケージ、つまり、「エコカー減税」「エコカー補助金」「エコポイント」の3つに加えて、「高
速道路の土日祝上限1000円」「ETC購入補助」「定額給付金」という3つの制度を同時に施行しま
した。

結果、国民の消費が拡大し、前年度のGDPが拡大する原動力となったのです。

で、例えばこのとき国民の起こした消費が、仮にに1000万円だったとします。これが全額トヨタ
に対して支払われたとします。

トヨタは、1000万円という新たなる「原資」を手にしたわけですから、この「原資」を元手に、
500万円民間銀行から借り入れを起こしたとします。そして、トヨタは合計1500万円という
お金を更に発注に回すとします。

また、表面的には1000万円というお金ですが、これに付随して、例えば定額給付金と高速道路の
上限1000円を利用して遠出した家族が小さなレストランでご飯を食べたとします。

家族で1万円くらいのご飯を食べたとすると、その小さなレストランには1万円のお金が入るわけ
ですから、レストランの経営者はその1万円の内、利益金額である5000円を使って、何か買い物
をしたとします。

同じ1万円が起こした消費は、これで15000円になりますね。

こういった作用を「乗数効果」と呼びます。

これが浸透してくると、例えばユニクロで購入したTシャツを、更に服飾店で購入したアクセサリー
グッズなどを用いてコーディネートしようとする人、何てのが現れます。(このあいだニュースで
やってました)

例えばTシャツが1着1000円だとすると、服飾店で購入したアクセサリーが仮に300円だった
場合、1着1000円のTシャツが1300円のTシャツに化けてしまいます。

インフレ経済になることはないと思いますが、少なくともデフレ経済の脱却に向けた芽生えは見えて
きたように感じています。

このところ大手企業の決算報告が「増収増益」だったりするニュースもよく見かけると思います。

今月20日に2010年1-3月の4半期別GDPが発表されます。

2009年1-3四半期こそ前年に対して落としてしまいましたが、第2四半期、6%成長、第3四
半期0.9%減少、第4四半期4%成長という軌跡をたどっています。

例年同じ軌跡をたどるので(12月を含む月が最も多く、1月はその月に対して金額を落とす。
6月期は1月に比べると成長し、9月期は6月期に比べると減少する、という軌跡)、一番重要なの
はこの2010年1-3月期に、12月期に比べてどの程度成長するのか。あるいは後退するのか。

そこが重要だと思います。

デフレは、「お金の価値が高すぎる経済」であり、インフレは「物の価値が高すぎる経済」です。

そもそも、政府が国債を発行してこれを物価の上昇につなげていく為には、「消費性向」の高い分野
に、「パッケージ」で、政府支出を投入し、「乗数効果」を発生させる必要があります。

つまり、政府支出を増やしてもデフレがやまない理由は、「消費性向」の低い分野に投入しているか、
「単品」で発注しているか、何らかの事情で「乗数効果」が発生していないか。このどれかになるの
ではないでしょうか。

しかし、...続きを読む

Q大阪市北区天満にある造幣局近くの駐車場を教えて下さい

近いうちに造幣局に行く事になりましたが、造幣局には駐車場が無いようなので困っています。
造幣局辺りにタイムズのような時間貸し駐車場は無いでしょうか?ご存じの方、宜しく御願いします。
小さな子供がいるので近い程ありがたいです。

Aベストアンサー

初めまして。
コインパーキングのホームページで、造幣局近くの駐車場が探せます。
下記のURLから、目的地の情報を検索してみてください。
造幣局の近辺を検索してみたところ、近くに結構たくさんありましたよ。
それでは。

参考URL:http://www.times-info.net/pc/seek/index.html

Q【デフレ】日本はデフレって言われてますよね?円安ってインフレでは?どういうことでしょう?日本はデ

【デフレ】日本はデフレって言われてますよね?円安ってインフレでは?どういうことでしょう?

日本はデフレって言いますけど、インフレ??

Aベストアンサー

円安というより、ドル高。対米貿易の一部のみ、影響がありますが、日本国内のデフレ、インフレと連動してるわけではありません。

値段が上がってる品もあれば、下がってる品もあります。
完全なインフレやデフレではなく、あえていえば、物価が不安定、でしょう。

Q今回の日銀の追加緩和って完全に財政ファイナンス?

日銀は10月31日、追加緩和を決定し国債買い入れ量を年間30兆円増やすことを決定した。これまでは財務省発行の国債の7割の額に相当する国債を日銀が市中から買っていた。これからは10割買うことになる。財務省発行の国債と同額の国債を買い続けるということは、事実上の日銀国債引受だし、財政ファイナンスそのものではないでしょうか。これならいくら政府が国債を増発しても売れ残る心配はありませんね。

ところで、財政ファイナンスをすれば、国債が暴落しハイパーインフレになると主張していた馬鹿なエコノミストがいました。この日銀の発表で国債は暴落するどころか、価格は上昇しました。10年物の国債の金利は前日比0.020%低い0.45%に低下しました。ハイパーインフレになるどころか、物価上昇率は1%を割り込む寸前にまで下がってきました。

財政ファイナンスで国債の信認が失われ、国債が暴落し、ハイパーインフレになると主張していた馬鹿なエコノミストの主張は完璧に否定されたと思いませんか。

Aベストアンサー

> 財政ファイナンスで国債の信認が失われ、国債が暴落し、ハイパーインフレ
> になると主張していた馬鹿なエコノミストの主張は完璧に否定されたと思い
> ませんか。

しかし黒田くんもその一人なのよ。

Qデフレについて教えてください。今、デフレが騒がれています。よくデフレ解

デフレについて教えてください。今、デフレが騒がれています。よくデフレ解消のためにお札をたくさん発行すればよいという解決策が言われますが、なぜ政府はそのように(お札の大量発行)をしないのでしょうか?理由を教えてください。

Aベストアンサー

 単に通貨を大量発行しても日銀の口座に滞留するだけです。
日銀はゼロ金利政策に続いて量的緩和といって、一般の銀行の日銀当座預金にお金を振り込みましたが資金需要がなかったためそのまま口座に塩漬けとなり市場には出回りませんでした。政策としては、通貨発行のほかに流通させる方法も必要です。

 お札をたくさん発行すればよいという場合にはそのお金を流通させるため次の2つのどちらかの方法が考えられます。

(1) お金を国民に配る
 定額給付金や子供手当てのようなものです。でも、預金や借金返済に回ると消費が増えずデフレ解消に役立ちません。預金が増えればさらに通貨が減ってデフレになります。これを俗にヘリコプターマネーといいますが、全額消費に回らないのが玉にキズです。

(2) 政府が使う
 ずばり公共事業です。今まで必死になって削減してきたのでこれを増やすには反対が強いでしょうね。

結論は、発行したお金を預金しないで使わないとデフレ対策にならないです。

Q成長企業支援者になりたい!!

(1)2005年1月から会計士試験の勉強(1.5年コース)をやり、この6月に短答式試験受けたけど、合格点に達しませんでした。手ごたえも得られませんでした。
私は大学に進学してません。今は23歳、簿記1級取得してるのみ、職歴なしです。合格まで何年かかるか(決意次第という奇麗事抜きで)、不安です。
(2)将来は地方(福岡)で、中小・成長企業を支援する職に就きたいと思ってます。

色んな意見読むうちに、(2)のような道を歩むには実務経験の方が大事なような気がします。実際どうなんでしょうか?「税理士試験2~3科目合格後、実務に就きながら税理士の資格取得」に切り替える方がいいのか、会計士の勉強続けるべきか、迷ってます。厳しい本音のコメント、お願いします。

Aベストアンサー

非常にお悩みのところと思いますが、
まだ23歳ということで、実に贅沢な悩み
だと思います。この掲示板で30過ぎのかた
や子持ちの主婦の方など、実に切迫した状況
でお悩みの方に比べると、何の制約条件もなく、
勉強に集中できる環境にあります。

1回目の短答試験ですと、だいたい50点前後
ぐらいで十分じゃないでしょうか?
この試験は最低2回は受けないと、合格者と
同じ土俵で勝負できないと思います。

中小・成長企業を支援する職といわれると、
コンサルタント的な仕事を想定
されていると思いますが、これらをする上で
は会計士資格というのは必須だと思います。

せっかく会計士試験に突入したのですから、
迷わず会計士試験に集中してください。
23歳ですと、あと2回受験しても25歳。
まだまだ余裕です。
ビジネスの世界では20歳代は、ほとんど相手
にされませんよ。
簿記の1級を合格する実力がおありなのですから
今は勉強に専念しましょう。

税理士資格に切り替えるかという質問は、
仮に短答に3年連続落ちた場合に
もう一度考えてみるのがいいと思います。

非常にお悩みのところと思いますが、
まだ23歳ということで、実に贅沢な悩み
だと思います。この掲示板で30過ぎのかた
や子持ちの主婦の方など、実に切迫した状況
でお悩みの方に比べると、何の制約条件もなく、
勉強に集中できる環境にあります。

1回目の短答試験ですと、だいたい50点前後
ぐらいで十分じゃないでしょうか?
この試験は最低2回は受けないと、合格者と
同じ土俵で勝負できないと思います。

中小・成長企業を支援する職といわれると、
コンサルタント的な仕事を想定
され...続きを読む

Q今の時代はデフレですか?

率直にお尋ねします。
去年はインフレであり、スタグフレーションの時代でした。

現状の今はいかがでしょうか?

経済の詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

値下げ競争です。完全にデフレです。

Q複数年にわたる事業にかかる経費の予算執行(債務負担行為)

教えてください。

17年度から3年間に渡り実施する事業があったとして、
17年度に3年間にわたる契約を締結します。

このときには債務負担行為を組むわけですが、
この債務負担行為として扱われるのは18,19年度のみで
17年度は債務負担行為としては扱われないという理解でいました。

しかしながら、実際にはこのようなケースでも
17年度から19年度までの債務負担行為を組むケースがあるようです。

損失補償とかならばわかるのですが、●●整備事業というようになっているので層ではないようです。

どのような場合に初年度も債務負担行為として扱うようにするのか、詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

17年度から19年度までの債務負担行為とは、現在予算措置されていないが、今後17年度から19年度までの間で予算措置することを議決することで、歳入歳出予算の裏付けなしに契約行為を可能にするものです。

つまり、今議会で債務負担行為のみ議決し、今後の17年度補正予算および18年度、19年度当初予算で予算措置する必要があります。

一方当初予算(又は補正予算)で17年度支出見込み額を歳入歳出予算措置し、18年度と19年度支出予定額について債務負担行為で設定するのが、あなたの言われるパターンです。

Q日本は再び本格的デフレの時代に突入する

本日の株価下落を見て確信しました。
日本は再び本格的デフレの時代に突入する。
これは民主党政権時代のデフレよりも更に本格的かつ長期に渡るデフレ経済が押し寄せてくるはずです。
これに対し皆さんも財布の紐を引き締めようと考えているのではありませんか。

Aベストアンサー

まぁそう考える人もいるだろう

いやいやこれから!と考える人もいるだろう

全然分かりませ~んと言う人もいるだろう

どれが正しいのかは時間の経過が明らかにする

楽しみに待ってます


人気Q&Aランキング

おすすめ情報