売掛の残が残った状態で、得意先が倒産しました。
事務処理としては「貸倒引当金」として処理をするそうです。が、
破産管財人の方によると、
「売掛残のままずっと残したほうが、税制上有利な場合があるので、
税理士さんに聞いて下さい」と、言われました。
税理士に知り合いはいないので、困っています。

どういう場合に、どちらが得なのでしょうか ?
よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

>>売掛金の半額を貸倒引当金で処理する場合


>と、ありますが、この場合、半額は翌年度に「貸倒引当金」で、処理するのでしょうか ? それとも、この半額はずっと売掛残に残るのでしょうか ?

半額を貸倒引当金として処理する場合は、完全に回収不能になったわけではなく、回収不能になる恐れがある場合です。
従って、その後、状況が変わって完全に回収不能になれば、貸倒の処理をしますが、状況の変化がない場合はそのまま売掛金として残ります。

>貸倒引当金で処理する場合、「債権放棄」の証明書が必要だと、聞きました。が、半額を貸倒引当金で処理する場合にも、必要なのでしょうか ?

債権放棄の通知については、売掛金を全額、貸倒損失として処理する場合に、その貸倒の理由によっては、相手方に「債権放棄」の通知を出す必要が有ります。

しかし、半額を貸倒引当金として処理する場合は、規程の条件を満たしていれば貸倒引当金の処理が出来ますから、
債権放棄の通知を出す必要は有りません。
    • good
    • 0

得意先が倒産した場合、倒産の理由によって、回収不能と見込まれる金額や売掛金の半額を貸倒引当金で処理する場合と、売掛金の残り全額を貸倒損失として処理する方法と有ります。


いずれの方法も、利益が少なくなりますから税金は少なくなり、税務上は有利です。

ただ、利益よりも貸倒として処理する金額が多い場合は、一度に貸倒として処理すると、損失が出て、青色申告以外では損失の繰越が出来ないので、税制上、損をしますが、それ以外には、売掛残のままずっと残したほうが、税制上有利と云うことは有りません。

貸倒引当金の計上については、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.jusnet.co.jp/business/03h.html

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。お話の中でちょっと気になることがあります。
>売掛金の半額を貸倒引当金で処理する場合
と、ありますが、この場合、半額は翌年度に「貸倒引当金」で、処理する
のでしょうか ? それとも、この半額はずっと売掛残に残るのでしょうか ?

それから、貸倒引当金で処理する場合、「債権放棄」の証明書が必要
だと、聞きました。が、半額を貸倒引当金で処理する場合にも、必要なの
でしょうか ?

何度も恐縮ですが、よろしくお願い致します。

補足日時:2001/12/18 12:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなり申し訳ございません。ありがとうございました。
半額にするか全額にするか、債権放棄をするかしないか・・・
様々な条件が、必要なのだと解かりました。
本当にお世話になりました。

お礼日時:2001/12/21 16:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛金と立替金

商品   100,000
ケース代 50,000 (複数回利用の為、非課税・立替金とする)
これを
  売掛金 150,000  /  売上高 100,000
            /  立替金  50,000
として処理しています。
この分の支払いを受けた時
  現金 150,000   /   売掛金 150,000 
としているのですが、これでいいのでしょうか?
立替金の処理が間違っているように思うのですが。
前任者の仕訳でよく理解できません。ご指導宜しくお願いいたします。   

Aベストアンサー

合っていると思いますよ。
まず商品を80000円で買ったとしましょう。

買った時の仕訳
商品/現金  80,000円  商品代
立替金/現金 50,000円  ケース代 (非課税)
    ↓
商品を売った時の仕訳
売掛金/売上 100,000円 商品代
売掛金/立替金 50,000円  ケース代(非課税)
    ↓
代金を受け取った時の仕訳
現金/売掛金  150,000円 (もちろん非課税)

仕訳に間違えがなければ立替金が綺麗に消えていくハズですが・・・
☆ただし、これはケース代を立替とする場合のみです。ケースを商品として販売するときは仕入時、売上時に課税する必要があります。

Q貸倒引当金と貸倒引当金繰入

興味を少し持ったため簿記(3級)の勉強をしています。

現状私が理解していること(間違っていたら補足してください)

貸倒引当金とは貸倒が起こり売掛金や受取手形等を償却しなければならなくなったときのために、あらかじめ見積もっておく額の勘定科目。

貸倒引当金繰入は、決算において売掛金と受取手形の合計額に対し貸倒引当金が一定の割合(3%等)になるように
指定した率の額にするために必要な額の勘定科目

だと思っています。貸倒引当金の額を3%に設定し、決算後の貸借対照表で

売掛金 1000 
受取手形 4000
貸倒引当金 150

となったとします

次の年の残高試算表と売掛金、受取手形の修正記入の処理をしたところ

売掛金 1000
受取手形 2000
(残高)貸倒引当金 120

となったとすると、貸倒引当金は3000*0.03=90でいいことになります。この差額の120-30=90はどうするのでしょう?資本金に振り替えたりするのでしょうか?

Aベストアンサー

まず初めに引当金の計上方法として差額補充法と洗替法があります。

まず考え方が楽な洗替法から説明しますと、決算整理は
貸倒引当金150/貸倒引当金戻入150
貸倒引当金繰入90/貸倒引当金90
という風に引当金を一回ゼロに戻して再計算するという方法です。

次が差額補充法で、決算整理は
貸倒引当金30/貸倒引当金戻入30
として差額の分のみ計上します。

もし例題のように引当金が余ったんではなくたりなかった場合は
貸倒引当金繰入/貸倒引当金
として足りない分を計上します。

Q売掛金から差し引かれた協力会費の仕訳について

売掛金の入金時に協力会費というものが差引かれて入金されてきました。                                                この仕訳は(現金預金)×××(売掛金)×××                                                                        (会  費)×××                                                                            こんな感じでいいんでしょうか?         

また、同じ様な形で安全対策費というものが差引かれて入金されてきました。
 この仕訳は(現金預金)×××(売掛金)×××                                                                        (雑  費)×××                                                                                     又は 
         (売  上)
 こんな感じでいいんでしょうか?

また(会費)(雑費)又は(売上)と処理した場合の消費税の課税の有無についてはどのようになりますか?

売掛金の入金時に協力会費というものが差引かれて入金されてきました。                                                この仕訳は(現金預金)×××(売掛金)×××                                                                        (会  費)×××                                                            ...続きを読む

Aベストアンサー

>この仕訳は
>(現金預金)×××(売掛金)×××                   >>(会  費)×××                           >>こんな感じでいいんでしょうか?

はい、問題ないと思われます。

>また、同じ様な形で安全対策費というものが差引かれて入金されてきました。
>この仕訳は(現金預金)×××(売掛金)×××
>(雑  費)×××

御社の勘定科目体系に安全対策費に該当する勘定がなく、過去にも安全対策
費を相殺された実績がなければ、雑費でも問題はありません。
(企業会計的には御社の会計要領(規則)に従ってください。税法的には
 損金と思われますので、損金に相当する勘定を使用すれば問題がないと
 思われます)

何らかの販管費相当と思われますので、売上のマイナス(値引き等)には
該当しないと思われます。


>また(会費)(雑費)又は(売上)と処理した場合の消費税の課税の有無についてはどのようになりますか?

まず、今回の相殺の実態を確認してください。
協力会費の名目でも、講演会の為の会費である場合もあれば、年末に忘年会
等の宴会費用に為の会費の場合もあります。役務の提供としての実態のある
場合は課税仕入れとして処理します。
 ※両社で同じ処理をする(課税売上ならば、課税仕入)必用がありますの
  で、相手先企業に消費税区分をご確認ください。
通常会費等の役務の提供が無い会費は、課税仕入れになりません。
http://www.taxanser.nta.go.jp/phone/6467.htm

よって、役務の提供の有無が重要であって、処理勘定科目によって消費税の
課税関係が変更になる事はありません。

>この仕訳は
>(現金預金)×××(売掛金)×××                   >>(会  費)×××                           >>こんな感じでいいんでしょうか?

はい、問題ないと思われます。

>また、同じ様な形で安全対策費というものが差引かれて入金されてきました。
>この仕訳は(現金預金)×××(売掛金)×××
>(雑  費)×××

御社の勘定科目体系に安全対策費に該当する勘定がなく、過去にも安全対策
費を相殺された実績がなければ、雑費でも問題はありません。
...続きを読む

Q貸倒引当金と貸倒引当金繰入

貸倒引当金繰入は費用のグループに属するので貸倒引当金繰入が増えたら借方が増えるというのはわかります。
貸倒引当金が増えたら貸方が増えるのはわかりますが、この貸倒引当金はどのグループに属するものなのでしょうか?収益でもないし、負債のグループに属するということでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

資産だと思います。
もっと言うと、資産のマイナス勘定です。

実際に貸し倒れたら、受取手形や売掛金が減りますよね。
でもまだ「そうなった時のための見積もりをしている」段階ですから、貸倒引当金繰入の相手勘定としてそれらの資産を減らすことはできません。
だからとりあえず貸倒引当金勘定を使って処理しておく、ということです。
資産の減少を表すので、貸方です。

Q売掛金の仕訳について

簿記の売掛金の仕訳について教えてください。

医療関係で開業しました。保険請求ということで毎月売掛金が発生しているのですが、記入ミスなどで請求した金額の一部が請求出来ず、再度正しい情報で請求するという作業を行っています。
ここで質問なのですがこういう場合の簿記上の仕訳はどうしたらいいのでしょうか?

例)11月に30,000円の売掛金が発生。
12月に5,000分ミスが発覚し、12月末にミス分5,000円と12月の売上40,000の売掛金を計上。

11月○日  売掛金 30,000 / 売上30,000

12月●日  ???? 5,000 /  売掛金 5,000

12月△日  売掛金 45,000 / 売上 45,000

上記のような感じになるんでしょうか?
ちなみに????はどの勘定科目にしたらいいのか分かりません。

Aベストアンサー

A)お書きのように、請求できなくなった分をいったん売上から減額しておく方法
11月30日  売掛金 30,000 / 売上30,000(11月の売上計上)

〔ミスが発覚した日〕
12月●日  売上 5,000 /  売掛金 5,000(11月の売上減少)

12月31日  売掛金 45,000 / 売上 45,000
         (11月の5,000円+12月の40,000円)


B)または、売掛金5,000円をそのまま次月に繰り越す方法があります。

11月30日  売掛金 30,000 / 売上30,000(11月の売上計上)


12月31日  売掛金 40,000 / 売上 40,000(12月の売上計上)

売掛金と翌月あたりの入金額がぴったり一致したほうがいい場合はA)の方法のほうが適しています。当初は3,000円だった11月分の請求書を25,000円に直して請求しているのであればなおさらA)がいいと思います。

Q有税償却した売掛金に貸倒引当金は設定できますか?

有税償却した売掛金に貸倒引当金は設定できますか?

有税で売掛金を貸倒償却しましたが
税務上はもったいないので貸倒処理した売掛金に対して
貸倒引当金を当てたいのですができますか?

Aベストアンサー

有税償却部分については、税務上の要件を満たせば、貸倒処理(損失計上・引当金計上)をすることが出来ます。

Q売掛金と預り金がマイナスとなっています

期末の12月に売掛金処理  売掛金/売上  しました。
期首の今月に売掛金が回収できましたので、  預り金/売掛金  の仕訳をしました。
(預かりというのは、委託で預かっている売上から回収したためです)
貸借対照表を確認しましたら、売掛金のところがマイナスになっています。

期末で 売掛金/売上  と計上したのと同じ様に、新年度も新たに 売掛金/売上 と計上するのでしょうか?

それと、預り金/売掛金 のところは、預り金でも問題ないでしょうか?
それとも現金にするのでしょうか?
(委託品が売れたときは、現金/預り金としています)

もう1点、
預り金も貸借対象方でマイナスとなっていますが、これはどうしたらよいのでしょうか?
このままでもいいのでしょうか?
それとも新年度になったら前年度の預り金の金額をソフトに入力したり、なにか仕訳計上するのでしょうか?
去年開業したばかりでわからないことがたくさんです。

どうかご指導よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

マイナスがどの位の金額か にもよりますが。

預り金の赤字ですが、

最初に預ったときに
 現金 / 預り金
の仕訳は、正しく入力されていますか。


あと確認していただきたい点は、新年への切替で、各勘定の期末残高が、当年の期首残高に受継がれているかですね。

まだ1月。前年の決算整理が終了していないと、各科目の決算残高を確定処理していないので、今年の期首残高が正当に引き継がれていない ということも考えられます。

(1)まず、昨年分の決算をきちんと行うこと。
(2)決算が確定した前年期末の各科目の残高を、本年の期首残高に移行すること。

時期がまだ1月なだけに、この整理で落ち着くのかと思います。

ちなみに、多くのソフトの場合、決算確定したあと「決算更新」や「年度更新」などの手順がクリック一つで出来るようになっていると思いますので、ご確認ください。


小さな金額の不一致の場合は、取引期間中の振込手数料や値引きなどの処理の仕訳が入力漏れの場合に、売掛、買掛、未収、未払、預かりなどの残高が、微妙に不一致になることがあります。

参考になれば 幸いです。

マイナスがどの位の金額か にもよりますが。

預り金の赤字ですが、

最初に預ったときに
 現金 / 預り金
の仕訳は、正しく入力されていますか。


あと確認していただきたい点は、新年への切替で、各勘定の期末残高が、当年の期首残高に受継がれているかですね。

まだ1月。前年の決算整理が終了していないと、各科目の決算残高を確定処理していないので、今年の期首残高が正当に引き継がれていない ということも考えられます。

(1)まず、昨年分の決算をきちんと行うこと。
(2)決算が確定した前年期末の各...続きを読む

Q「売掛金」と「貸倒引当金の判断」に困っています。

経理初心者です。
昨年6月頃から売掛金が少しずつ発生(分割で毎月少額ずつ回収)し、仕事を受注していたため、これまで通りの請求をしていたのですが、12月末日に不渡り1度目を出し、今年初めに2度目の不渡り、そのうち破産管財人から調査書が送られてきました。
税務署にも相談したうえで申告は済ませたのですが、売上は昨年より上がっていて、所得金額は経費を引くと無いはずなのに、売上が上がっている分多くなり、税金もその分払っています。さらに困ったことに、所得金額を元に国民健康保険の金額が決まるので、昨年の倍払わなければいけなくなりました。
税務署への相談時、年は明けており、取引先であった会社の倒産という証明はまだ取れない状態なので、計上できないとのことだったのですが、実際入ってきていない金額がある所得金額に対して税金や国民健康保険の金額が決まるというのに納得がいきません。
いつ全額回収できるか分からない状態だったので、期末に貸倒引当金として計上してはいけなかったのでしょうか?
それとも何か対策法(帳簿上)があったのでしょうか?
どうぞご指導よろしくお願い致します。

経理初心者です。
昨年6月頃から売掛金が少しずつ発生(分割で毎月少額ずつ回収)し、仕事を受注していたため、これまで通りの請求をしていたのですが、12月末日に不渡り1度目を出し、今年初めに2度目の不渡り、そのうち破産管財人から調査書が送られてきました。
税務署にも相談したうえで申告は済ませたのですが、売上は昨年より上がっていて、所得金額は経費を引くと無いはずなのに、売上が上がっている分多くなり、税金もその分払っています。さらに困ったことに、所得金額を元に国民健康保険の金額が...続きを読む

Aベストアンサー

会社ではなく個人事業という前提で回答します。
12月中に一回目の不渡りがあり、確定申告期限までに手形の取引停止処分があったのであれば、50%の貸倒引当金の計上はできたはずです。ただし、貸倒引当金の計上は任意であり、かつ確定申告書の明細書に記載していることが条件なので、いまから申告しなおす(更正の請求をする)ことはできないと思います。
貸倒損失は取引停止処分や破産手続開始があっただけでは計上できませんので、あるいはそれと勘違いされたのかもしれません。

所得税基本通達52-11(手形交換所の取引停止処分)
 その年の12月31日までに債務者の振り出した手形が不渡りとなり、当該年分に係る確定申告書の提出期限までに当該債務者について規則第35条の3《更生手続開始の申立て等に準ずる事由》に規定する手形交換所による取引停止処分が生じた場合には、当該年において令第144条第1項第3号の規定を適用することができる。

令第144条第1項第3号とは、50%までの貸倒引当金の計上ができる場合を指します。

Q振り込まれた売掛金を現金で返金したときの仕訳

売掛金を普通預金口座に入金されたのですが、過入金されたので、現金で返金しました。その場合の仕訳を教えてください。

はじめの売掛金の仕訳は 売掛金/売上高
入金されたときの仕訳は ○○銀行普通預金/売掛金
その次、返金したときの仕訳がわかりません。
初心者なので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最初から数字を仮定して入力したら解りやすいと思います
1.売上時  売掛金100/売上100
2.回収時  銀行 120/売掛金120
3.返金時  売掛金 20/現金 20
よって売掛金の 貸借 120/120でゼロになります
現金と銀行は無視して下さい残高のみ合えば問題ありません。

Q役員貸付金に対する貸倒引当金処理について

役員貸付金に対する貸倒引当金処理について
会社役員です。オーナー社長に対する会社からの短期貸付金(使途不明金含む)に関して累積で金額が過大になってきています。(資本金1000万、年商約3 億 貸付金3000万)
会社としては返済を求めたいところですが、オーナーは他の事業の損失等で実際に返済は難しい状況です。そこでこういった種類の貸付金に対して、一般取引上の金銭債権等と同様に、
貸倒引当金を会社として計上できるものなのでしょうか。そして損金繰入額はどのように算出すべきなのでしょうか。素人的質問で申し訳ありませんが、ご教示いただければと思います。

Aベストアンサー

役員貸付金も一般取引上の金銭債権として含めて計算して問題ありません。難しいことはありません。通常の債権、売掛金などと同じ扱いです。その役員に対しての債務(役員報酬の未払費用など)がある場合は、通常の貸倒引当金同様、除いて計算することになります。実際に私も処理したことがありますが、その時いろいろ問題がないか調べた結果O.Kです。実際に、その後、税務調査が何回かありましたがO.Kでした。ちなみに、その貸付金も政治家への献金なので表に出せない「使途不明金」的ものでした。
問題があるとすれば、貸付金に対する認定利息の計上はしなければなりませんね。

参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報