書籍名の著作権の所在、その用途についての範囲について分からずに、困っています。
例えば、何かの書籍を発行する場合、何々を書いた誰々の書籍、というような販促に関わる宣伝文句はどの程度、またはどの範囲まで使えるものなのでしょうか?

Aという書籍があり、その出版契約が切れた後に別の出版社からAを書いた誰々ということを、書籍の帯や媒体の広告(例えば新聞など)で使用するのは著作権上問題があることなのでしょうか?
仮に、そのAという書籍タイトルを出版契約が切れた出版社が著者との間でやり取りを行い、最終的には出版社側の案が採用されたものであった場合、その書籍タイトルをやり取りがあったとはいえ最終的決めた出版社サイドには、何らかの著作権の権利が存在し、その書籍名を別の出版社から出すBという書籍の宣伝のために書籍の帯や媒体での広告には使うのは少々問題があるのではと言われました。

そうなると、出版契約が切れても、そのAという書籍に対する著作権利者には書籍のタイトルは除かれ自由に使えないということになり、腑に落ちなません。
ちなみに、出版契約が切れるほうの出版社と交わした出版契約書は、
http://www.jbpa.or.jp/contract.htm
上記のURLにあります社団法人日本書籍出版協会の出版契約書の雛形とほぼ内容は同じものです。

よく、書籍とか他のメディア(CDなどの音楽や映画など)では、前作のタイトルを出し、それを手がけた誰々の作品、というように使われているのを見かけますので、書籍はまた何か特別なルールがあるのでしょうか?
また、タイトル(のみ)に関する著作権というのは存在するのでしょうか?

どうかお知恵を拝借させてください。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 sunset2002さん、こんにちは。


 結論を先に申し上げれば、≪書籍のタイトル≫には著作権法の保護は及びません。
 確か、著作物の構成要件を満たさない、≪単なる言葉を組み合わせたもの≫と解釈されるのでしたか。
 言葉そのものに著作権を認めれば、言葉自体が自由に使えなくなり、著作権法の目的のひとつである≪文化の発展≫を却って阻害するから……です。
 他には、≪登場人物の名前≫や≪キャッチフレーズ≫などが、非著作物とされています。

 このサイトには著作権法にお詳しい方が何名かいらっしゃるので、その方々がお答えになるまでのつなぎということで(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速お答えをいただきましてありがとうございます。
言葉の組み合わせによる「書籍のタイトル」には著作権を行使できないということですね。
少し、元気がでました。
ただ、質問の時に言い忘れたのですが、何やら相手側の言い分ではコピーライティング的な要素が書籍のタイトルにあると言われたので、そのあたりがどうなのかよく分からなかったのです。
でもコピーライティングのキャッチフレーズが世の中にあまり重複しないのは、著作権というよりは消費者への認知的な問題であると思うので、Tosshie-Toshikoさんのご回答にはやはり勇気づけられました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/17 19:43

 Tosshie-Toshiko さんのご回答でだいたい終わっているように思えるのですが、念のためにサポートを。



 下記URLでのQ&Aをご参照下さい。これは「社団法人 著作権情報センター」のHPの一部なのですが、他のQ&Aも参考になることばかりです。ぜひご一読を。

参考URL:http://www.cric.or.jp/qa/sodan/sodan6_qa.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん参考になるホームページをご教示していただきありがとうございます。
著作権とひとくちにいっても、いろいろな関係性があるのですね。
今回のことでとても勉強になりました。

お礼日時:2001/12/21 22:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミッドウエー海戦、最年少戦死者は15歳の少年4名だそうですが、

ミッドウエー海戦、最年少戦死者は15歳の少年4名だそうですが、
乗艦名(できれば4名の名前も)を教えてください。
よろしくお願いします。

城山三郎氏の対談集『気骨について』(新潮社)で知りました。

Aベストアンサー

『記録 ミッドウェー海戦』澤地久枝著、文藝春秋、昭和61年6月発行によれば、赤城1名、蒼龍2名、三隈1名となっています。名前などは図書館にはあるでしょうから自分で調べてください。以上

Q雑誌掲載文章の著作権は著者・出版社のいずれに帰属?

過去にも同様の質問で確認した処、以下まではわかりましたが、まだはっきりしないので質問します。
1.文芸作品の著作権は、著者に帰属するが、当初掲載の出版社が、以後の掲載権を主張することはある。
2.雑誌などに投稿された文章については、予め、投稿者(執筆者)と出版社の間で、著作権や使用許諾権が出版社に帰属する旨、申し合わせをしていることがある。

(質問)著者・出版社のいずれに著作権が帰属するかは、ケースバイケースなのでしょうか?明確に定めるためには、都度、著者・出版社の間で合意を取っておくべきなのでしょうか?
もし、そのような話し合いをしていない場合は、原則どちらに帰属するべきものなのでしょうか?

又、掲載権ないし使用許諾権というのは著作権とは別のものと解釈されるものなのでしょうか?
著作権法などに、本件関連の条項があれば、それもお示し頂けると有難いです。

Aベストアンサー

>一々そんな申し合わせをしていない場合、どうなのかというのが、この質問の趣旨なので、そうすると、ケースバイケースなのでしょうか?

出版者側だったのですね。
一義的には業界の慣例(又は常識)が優先すると考えて頂いて良いと思います。
出版権は独占的な権利(排他権)として認められてますが、はじめに例示された1と2についても、いずれも権利が独占的であることをただ追認したものに見えます。

※1と2について、No.2の回答では著作者の視点に立った書き方で、それらの内容を含めて業界の常識が優先するため、自らの権利を確保するためには改めて明示することが必要であることを意図としていますのでご留意下さい。

また、これらの例示を上げられた方々が業界の一般常識を示して居られたなら、それも当然であろうと思います。

契約に細かく書いていくことは、法律論でもれなく縛るには必要なのですが、その一方で、従来の慣例に則った契約内容について、従来のように内容についてそれほど神経質にならなくても機能させることも可能です。

ご相談の心配を暗示させるようなトラブルはいくつか思い当たります。
業界の慣例が通用するとはいえ、原著作者との間で誤解があったり、また電子書籍の問題など新しい問題に慣例が通じないこともあり、先を見通してどこまで予防線を張っておくか(明文化するか)というのはケースバイケースと思います。

なんか「これ!」といった回答もなく中途半端な説明になったようで申し訳ないのですが。

>一々そんな申し合わせをしていない場合、どうなのかというのが、この質問の趣旨なので、そうすると、ケースバイケースなのでしょうか?

出版者側だったのですね。
一義的には業界の慣例(又は常識)が優先すると考えて頂いて良いと思います。
出版権は独占的な権利(排他権)として認められてますが、はじめに例示された1と2についても、いずれも権利が独占的であることをただ追認したものに見えます。

※1と2について、No.2の回答では著作者の視点に立った書き方で、それらの内容を含めて業界の常識が優先...続きを読む

Q復興支援マッチ 日本~台湾戦 BGM曲名

いま放送中の台湾戦で19:01ごろにかかった曲名を教えてください。
相方は、かなり古い曲だと申しています。
聞いた事があるけれど、曲名がどうしても思い出せないそうです。
いい感じの、ロックでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

19:01は観てなかったのですが、今流れていたのはジャーニーのセパレート・ウェイズ です。

Q著作権についてみ◯きー等のみんなしっているキャラクターの絵を自分のが描いた場合その著作権は自分のも

著作権について
み◯きー等のみんなしっているキャラクターの絵を自分のが描いた場合その著作権は自分のものになるのでしょうかそれともそのキャラクターをつくった人のものになるのでしょうか教えてください

Aベストアンサー

自分で描いても「あなたのデザイン」ではないのです。私的利用ならさほど問題にはなりませんが、商用利用はできません。

Q代表戦などの選手入場の時に流れる曲の曲名は?

代表戦などのおそらくFIFA主催の試合でだと思いますが、
あの選手入場のときに流れる曲の曲名はなんと言うのでしょうか。
この曲に関することが書いてあるホームページでも結構です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「FIFA ANTHEM」という曲らしいです。正式にはJASRACによると「FIFA HYMNE~ANTHEM」で、「FIFA ANTHEM」は副題というか通称なのかな。FIFA公認テーマソングで、作曲はFRANZ LAMBERTという人です。CDは出ていないみたいですね。

QURLそのものを出版物に掲載しても著作権法に触れないかどうか教えてください。

特定のテーマについて、有益な情報を提供しているサイトのURLそのもの(httpから始まるURLのみ)を市販本という形態の出版物に掲載しても、著作権侵害にはあたりませんか?
2002年4月15日の判決(東京地裁)で、ネット上の掲示板に載せた情報を本人の許諾無く、掲載して売った出版社に著作権侵害の判決が出ました。詳細は省きます。このことで、ネット上の情報を出版物に移転することに対して、とても不安を感じるようになりました。
ネット上の有益なサイトのURLをネット上のサイトなどで紹介することは、リンクを張るなど、慣例化していて、おそらく、問題はないのでしょうが、出版物で紹介することはどうなのでしょうか。
つまり、何々のテーマについては、このサイトが便利・・・などの情報として、URLとサイト名を本で紹介することは、著作権に抵触する可能性があるのでしょうか?
もちろん、そのホームページの内容をそのまま転載することはまったくしませんが、その場合でも、何らかの問題は生じますか?
少し不安なのは、市販本にした場合、URLそのものが価値を形成するので、利益の一部を構成してしまうのではないかという点です。また、URLを提示することは、行き着く先に情報があるので、それまでも含んで考えるとしたならば、4月15日の判決も無縁なものではなくなります。
もちろん、マナーとして、また、自己防衛として、サイトの作成者にURLの市販本掲載について許可を得ようとは思いますが、なかなか連絡先がわからないものも多いのです。しかし、掲載したいわけです。
少し、厄介な話に感じられるかもしれませんが、問題は単純です。
(常識的に考えれば、URLは多くの人に知らせたいという動機で公開しているわけですし、検索によって表示される種類の情報ですから、「問題なし」でしょうが、深く考えるとわからなくなるので、どなたか教えてください。)

特定のテーマについて、有益な情報を提供しているサイトのURLそのもの(httpから始まるURLのみ)を市販本という形態の出版物に掲載しても、著作権侵害にはあたりませんか?
2002年4月15日の判決(東京地裁)で、ネット上の掲示板に載せた情報を本人の許諾無く、掲載して売った出版社に著作権侵害の判決が出ました。詳細は省きます。このことで、ネット上の情報を出版物に移転することに対して、とても不安を感じるようになりました。
ネット上の有益なサイトのURLをネット上のサイトなどで紹介することは、リンク...続きを読む

Aベストアンサー

わかりやすく言いますと、
出版物に参考文献を載せるのにその文献の著者や出版社の許可がいらないのと同様に、出版物にURLを載せることについて作成者に許可を得る必要はありません。

詳しく言いますと、
URLは著作物=「思想又は感情を創作的に表現したもの」ではない単なるデータですから、著作権の対象とはならないのです。
4月15日の判決で問題になったのは、掲示板に書き込まれた文章=著作物を出版物に転載することなので、URLを単に載せることとは問題が異なります。
著作権が及ぶかどうかは、(1)著作物を、(2)著作権の対象となる方法(複製など)により利用している場合で、(3)権利制限の対象にならず、(4)保護期間の範囲内であること、といったような要件により判断されますが、この場合は、既に(1)の要件で対象外となるわけです。

Q浦和開幕戦で使われていた洋楽の曲名

ちょっと、カテ違いかもしれませんが…。
昨日の、Jリーグ開幕戦で埼玉スタジアム内に流れていた洋楽の曲名を知りたいのです。

だいたい、選手が練習を始めたぐらいに2,3曲洋楽が流れたと思うんですが、もし分かる方がいたら教えて頂けますでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

音楽が流れている時に選手のコメントを読んでいた朝井夏海さんの事務所のホームページで詳しく調べることが出来ます。
もし、いつも流れている曲と違う曲ならば掲示板で質問してみてください。

また、このページから一部の曲を視聴&購入も出来ます。http://www.komura.com/urawa/music/

参考URL:http://homepage2.nifty.com/my-s/mainmenu.htm

Q海外著作権者との版権契約に基づく書籍の販売について

海外で出版された書籍の著作権者と直接版権契約を取り交わし、当該書籍の邦訳と日本での販売を独占的に行えることになっています。日本での書籍の販売は、二次販売を防ぐため、最終購入者への直販のみとしており、一般書店や取次店等への卸販売はしないこととしていますが、書店であることや取次店であることを伏せられてしまうと、こちらでは確認ができず、それと気づかずに販売をしてきてしまっていることもあります。そういったトラブルを少しでも減らすため、Webでの申し込みにあたり、その旨(=一般書店には販売しない)を注意事項として明記しようと思うのですが、販売先に制限を設けるような条件というのは、法的に何か問題はないでしょうか?(これまでは、そういったケースはほとんどなかったこともあり、注意書きはせずに、事前に確認できた場合に個別に事情を説明しご遠慮願ってきました。)

Aベストアンサー

質問文のような場合には問題はありません。問題がある場合とはどのような場合か、については、下のリンク先を見てください。

http://www.mikiya.gr.jp/Refusal.html

Q日本代表戦のときに流れる曲名がわかりません

日本代表戦の時に流れる曲を探しています。
外国人が歌っているのはTVで見たことはあるのですが、曲名や歌手がわかりません。
どなたかわかる方いませんか?

○W杯予選でも流れている曲です。
○番組のサッカーコーナーになると、流れる曲です。
 (川平さんの時に良く流れるかも)
○もしかしたら、CM(マークX)で流れてるのは同じ曲か も。

Aベストアンサー

サラブライトマン
ア・クエスチョン・オブ・オナー
だと思います
以下URLで試聴できます

参考URL:http://www.toshiba-emi.co.jp/sarah-brightman/disco/tocp40151.htm

Q著作権、出版権、について 教えてください

ある雑誌に 連載記事を書いています。

量的にまとまったので 書籍化したいと 考えています。

書籍化するに当たって、その雑誌の編集者や出版母体の意向に沿わないといけないものでしょうか。

それとも、著者自らが まったく別の 出版社と交渉して 出版してしまっても良いのでしょうか。

ちなみに、その掲載雑誌は 商業的な出版物でなく、業界誌に近いものです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

有名な作家でも、掲載時とは違う出版社から本を出してるケース、けっこうあるみたいです。
出版社の熱意や担当者との相性、単純にそこの出版社の方がたくさん売ってくれそうだからとか。
幸いにも、掲載された編集部と本の発行を担当する出版社は別会社みたいですから、
悪いけど、今回の書籍化は紹介いただいたのとは別の出版社にお願いすることにしました。
ってお断りを入れる程度で、そうもめることはないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報