前審査期間の2本のFと今審査期間のFで、賞金王の後に
140日の休みに入る濱野谷選手ですが、
人によって、A1を守れるとも守れないとも言います。

結局、どっちなのかご存じの方がいましたら教えてください

A 回答 (2件)

 30点ですか。

だとすると、出走回数が50回ギリギリであっても事故率が0.6になりますから事故点はクリアしますね。後で探してみたところ、A級の基準は「出走回数50回以上の選手で、2連対率30%以上、3連対率40%以上、事故率0.70以下」だということです。すべてを満たしていなければB級になります。ちなみにこの条件を満たした上で、全選手数の上位20%までがA1級になります。
 やはり出走回数がネックになっていそうですが、現在の出走回数につきましてはは前にも申し上げた通り、現在現場には関わっておりませんので明確な数字はお答えできません。一部の専門紙では新期勝率として11月1日からの数字を毎日累計して掲載している新聞もあるはずですので、そういうデータをご覧になると確実かと思います。お役に立てず済みません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ぎりぎりクリアーらしいです。
賞金王シリーズも優勝して優先出走権も取ったし、
復帰後の活躍を期待したいと思います

お礼日時:2001/12/25 21:41

 最近競艇から遠ざかっていたのでちょっと自信ないのですが…。

濱野谷選手、そんな状況になっていたのですね。
 さて、来年後期の級別は今年11月から来年4月末までの競争成績で決まるわけですが、賞金王の後140日というと、この期間中一切競争回数を稼げなくなりますね。というわけで11月1日以降賞金王までの競争回数によって級別が決定されるわけですが、A級を保持するためには最低でも50走が必要です。濱野谷選手がこの回数をクリアしていればあとは実際の競争成績(勝率など)で決まります。具体的には濱野谷選手の直近3ヶ月の勝率が6.91で、来年前期のA1ボーダーが6.17ということでしたから、まあ大丈夫なのではないでしょうか(あくまでも出走回数をクリアしているなら、ですが)。
 最近の濱野谷選手の様子を知らないので断言できませんが、A級を守れないと言っている人はひょっとしたら、現行になる前の級別決定基準(今年後期適用までの基準では、A級には70走必要でした)で判断しているのかもしれません。2ヶ月弱で70走というのは実質不可能でしょうから。あとは事故率が非常に高いという可能性もありますが、それについては情報が入手できませんでしたので判断は控えておきます。

この回答への補足

すみません。落水が10点、Fが20点の合計30点でした。

補足日時:2001/12/20 19:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
事故点は落水1回、F1回で35点ですので、
51走以上なら何の問題もないと思います。
出走回数はご存じありませんか?

お礼日時:2001/12/19 21:17

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ