東京でホテル税が導入される見込みのようですが、ラブホテルにも適用されるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ラブホテルが宿泊を伴うものであれば、適用されるでしょう。


なお、1人1泊10,000円以上で100円、15,000円以上で200円のホテル税が課せられます。

参考URL:http://www.tax.metro.tokyo.jp/oshirase/2001/2001 …

この回答への補足

二人で2万円以上する宿泊料を取るラブホテルは少ないと思うので、そうだとすれば、ほとんど免税になりますが・・・。

補足日時:2001/12/18 17:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ラブホテルは通常二人で泊まると思うので、2万円以上の場合かかることになるのでしょうか?

お礼日時:2001/12/18 17:53

一泊1万円を超えれば(たいていそうでしょ)取られます。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめのドラマ

最近、刑事ドラマや医療ドラマにハマっています。
そこで、おすすめのドラマや映画があれば教えて下さい。

因みに、好んで見ていたドラマは以下の通りです。

刑事ドラマ
『ハンチョウ』 『相棒』 『臨場』 『新参者』

医療ドラマ
『DOCTOR』 『ジェネラル』シリーズ 『ブラックジャックによろしく』

…などです 。
できれば、レンタルショップにありそうなものなら助かります。
海外ドラマでも、面白いものがあればよろしくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

刑事ドラマ
リミット 刑事の現場2
http://www.tsutaya.co.jp/works/50000056.html

外事警察
http://www.tsutaya.co.jp/works/50000094.html

「踊る大捜査線」シリーズ



医療ドラマ

海外もの『ER緊急救命室』

Q住宅ローン控除が適用された所得税の還付方法

よろしくお願いします。


以下の流れで住宅ローン控除を申請しました。ところが今になってわからないことが出てきてしまいました。


■平成21年4月にマンションを購入。

■平成22年に確定申告を忘れてしまい、平成23年2月に確定申告を済ませ、21年・22年分の控除額を銀行振り込みにて受け取り。

■平成23年末に年末調整の書類の提出をし忘れ、会社でも間に合わないと言われたため、税務署にて処理をしてもらい、やはり銀行振り込みにて受け取り。

■平成24年は問題なく会社へ年末調整の書類提出。


そして、平成24年12月分の給与明細と一緒に渡された、24年の源泉徴収票を確認したところ、『源泉徴収税額0円』、『住宅借入金等特別控除の額55,200円』となっていました。これはその年に給料から天引きされていた所得税の合計額55,200円が戻ってくるということで間違いないですよね?

ところが未だに55,200円は振り込まれません。給与明細を見ても毎月いつも通りの額面で、還付されている様子はありません。
経理には何度聞いても、調べてみます、の繰り返しで、税務署に質問しても、会社による、と言われてしまいます。ネットを見ても同じケースが見つからず。

もしかしたら、24年末に提出した年末調整の内容が適用されるのは25年なのかな?今年の12月か1月に55,200円戻ってくるのか?などと一人であれこれ想像するしかありません。

詳しい方がいらっしゃいましたら、どうか助けてください。お願いします。

よろしくお願いします。


以下の流れで住宅ローン控除を申請しました。ところが今になってわからないことが出てきてしまいました。


■平成21年4月にマンションを購入。

■平成22年に確定申告を忘れてしまい、平成23年2月に確定申告を済ませ、21年・22年分の控除額を銀行振り込みにて受け取り。

■平成23年末に年末調整の書類の提出をし忘れ、会社でも間に合わないと言われたため、税務署にて処理をしてもらい、やはり銀行振り込みにて受け取り。

■平成24年は問題なく会社へ年末調整の書類提出。


そして、平成...続きを読む

Aベストアンサー

>これはその年に給料から天引きされていた所得税の合計額55,200円が戻ってくるということで間違いないですよね?
ほぼそのとおりです。
正確には、給料から引かれた所得税は55200円ではありません。
おそらく、それ以上でしょう。

55200円は、ローン控除される前の年末調整により、再計算された本来の所得税額です。
毎月の給料からは所得税は多めに引かれるので、通常、ローン控除なくても年末調整で還付されます。
つまり、毎月の給料から引かれた所得税と年末調整された所得税(ローン控除前)の差が55200円にプラスされた額が還付されます。
なので、もっと還付されます。

>ところが未だに55,200円は振り込まれません。給与明細を見ても毎月いつも通りの額面で、還付されている様子はありません。
今までの年末調整では、どういう方法で還付されていたんでしょうか。

>もしかしたら、24年末に提出した年末調整の内容が適用されるのは25年なのかな?今年の12月か1月に55,200円戻ってくるのか?
いいえ。
そんなことはありません。
通常は12月の給料で還付され、そうでなければボーナス、まれに翌年1月の給料で還付されます。
もし、いずれの時期でも還付がないなら、担当者の上司に確認されることをおすすめします。
何度聞いても「調べてみます」で、回答できないなんておかしいですよ。
調べればすぐに回答できるはずです。

>これはその年に給料から天引きされていた所得税の合計額55,200円が戻ってくるということで間違いないですよね?
ほぼそのとおりです。
正確には、給料から引かれた所得税は55200円ではありません。
おそらく、それ以上でしょう。

55200円は、ローン控除される前の年末調整により、再計算された本来の所得税額です。
毎月の給料からは所得税は多めに引かれるので、通常、ローン控除なくても年末調整で還付されます。
つまり、毎月の給料から引かれた所得税と年末調整された所得税(ローン控除前)の差...続きを読む

Q映画「マルサの女」の脱税手法

映画のストーリーの話ですが、税金に詳しい方からの回答が期待できるこちらに質問させていただきます。

「マルサの女」は権藤という不動産会社社長が脱税をし、それを国税庁が暴くストーリーです。
wikipediaで調べましたところ、非常に稚拙な脱税手法だそうですが、私には具体的な意味が分かりません。
そこで質問です。

質問I
この中で権藤は、
(1)死にそうな爺さん名義の会社を作らせ、自分の会社から貸し出しをした。死んだ後は不良債権となった。
(死んだ人の会社の借入金はどうなるのか?)
(2)ヤクザから5000万の金を借りたことにした。
(3)所得を過少申告し、裏金を自宅に隠した。
のような脱税をしましたが、これはそれぞれ何のためにやっているのでしょう?

質問II
映画の中の細かいシーンの意味が知りたいです。
(1)架空名義の通帳と印鑑を、急須や口紅の中に隠している。(なぜ大量の印鑑が必要なのか?)
(2)帳簿(本当の売り上げ)を付けて、いちいち毎朝捨てに行かせている。
(3)銀行がグルになっている。(架空名義の口座を知らん振り?)
(4)所有するラブホテルの「取締役」となっている。社長は別にいる。

映画のストーリーの話ですが、税金に詳しい方からの回答が期待できるこちらに質問させていただきます。

「マルサの女」は権藤という不動産会社社長が脱税をし、それを国税庁が暴くストーリーです。
wikipediaで調べましたところ、非常に稚拙な脱税手法だそうですが、私には具体的な意味が分かりません。
そこで質問です。

質問I
この中で権藤は、
(1)死にそうな爺さん名義の会社を作らせ、自分の会社から貸し出しをした。死んだ後は不良債権となった。
(死んだ人の会社の借入金はどうなるのか?)
(2...続きを読む

Aベストアンサー

No1で回答したものですが、追加回答させて頂きます。

>I(1)について、老人の会社を潰す(自然死によって)ことで貸倒金を発
>生させていると理解しましたが、貸した金はどうやって自分に還流す
>るのでしょうか?
>(2)は確かにそうです。権藤は「貸したことにしてくれ」と言ってい
>ます。

多分、権藤の筋書きは以下のとおりにしたかったと思います。

(1)死にそうな老人を社長にした架空の会社(ペーパー会社)を設立(A社としておきます。)

(2)A社に権藤が5,000万円の融資し、手形を受け取る。
(実際の金銭のやり取りは無い。もし、実際に金銭のやり取りをしていても架空口座に小分けにして、回収したんでしょう。)

(3)A社倒産。当然手形は、ただの紙くずになるため不良債権に。
(実際のところ金銭のやり取りをしていないので、権藤の損失はナシ)

(4)5,000万円と言う多額の負債を抱えてしまった事に対する何かしらの対策を講じないと、税務署に怪しまれるので、ヤクザにお金を借りたことにしておく。(この際には、領収書や手形は発行していない)
これに、ついては「ヤクザなら税務署もビビッて手出しできないだろう」と言う憶測のうえでやっていると思います。

(5)5,000万円の不良債権を負債として経費に計上できるため売り上げを減少させる事ができ、結果納税する金額が少なくなり、脱税できる。

(6)仮に売上げが8,000万の売り上げがあったとしても、負債の5,000万を経費として計上できるので3,000万円分の法人税を納めれば良い。その結果5,000万円分の法人税を脱税できる。

といった感じで、脱税しようとしていたのでは。

次に
>II(2)実際の帳簿は何のためにあるのでしょうか?査察のときに見せ
>るためならば、架空の帳簿も作らなければいけませんよね。その架空
>の帳簿を作るために、実際の帳簿を参考にし、破棄する、こういうこ
>となのでしょうか?
>(4)ラブホテルの社長らが権藤のところへ金を運びに来るシーンがあ
>ります。それを見た税務署職員が「社長が取締役のところへ金を運び
>にくるんかい」と不思議がっていました。この金の流れはなんなので
>しょうか?当時はクレジットは無かったのですかね?現金で運ばなけ
>ればいけない理由はなんなのでしょう?

については、多分

表帳簿と裏帳簿を作ることによって、査察が入った時には、つじつまを合わせための【表帳簿】で対応する。
しかし、実際の金銭の管理は【裏帳簿】でしっかり管理しておく。

口座でやり取りをすると、金銭のやり取り等の記録が残ってしまうので、そのような記録を残さないように現金で届けさせた、と思われます。

実際のところ、私が税に関して知っている範疇で回答しているので間違っているところがあるかも知れませんが、私はこのように考えて映画を見ていました。
なので、映画の中での矛盾点については良く分りません。
でも、wikipediaで書かれている事が事実であれば、税務署が協力しているようなので、それ程矛盾は無いと思いますよ。

No1で回答したものですが、追加回答させて頂きます。

>I(1)について、老人の会社を潰す(自然死によって)ことで貸倒金を発
>生させていると理解しましたが、貸した金はどうやって自分に還流す
>るのでしょうか?
>(2)は確かにそうです。権藤は「貸したことにしてくれ」と言ってい
>ます。

多分、権藤の筋書きは以下のとおりにしたかったと思います。

(1)死にそうな老人を社長にした架空の会社(ペーパー会社)を設立(A社としておきます。)

(2)A社に権藤が5,000万円の融資し...続きを読む

Q【アルバイト学生の質問】 住民税、所得税、扶養控除等の理解に役立つ本

アルバイトをしている学生です。年収が103万を越えそうなので、税金について調べています。

Webで簡易調査したところ、勤労学生控除、親の扶養控除等、色々調べるべき項目がありそうだと理解しました。今はより細かいことをWebで調べていますが、なかなか情報を集約できません。

そこで本を探しています。これを読めば税金情報がわかる、しかも私には不必要な情報(法人にかかる税金は云々など)がない本などです。

何かおすすめの本があれば教えてください。また、情報がまとまっているWebページなどがあったら教えて下さい。

よろしくお願いします。

PS 勉強して理解が深まったら、民税課に行って課税される金額を確認しようと思っています。

Aベストアンサー

「平成20年度版 暮らしの税情報」
「平成20年分 所得税の確定申告の手引き 確定申告A用」
いずれも、国税庁が作成しています。
税務署に行けばもらえます。
役所の税務担当課にも置いてあると思いますよ。

なお、下記サイトでも見れます。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/h20/index.htm
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2008/a/index.htm

Q貸店舗の敷金預かり金に相続税はかかるか?

母所有の貸店舗の敷金預かり金として約1000万預かっています。預かっているので退店のときは、そのまま返却しなくてはなりません。その敷金は遺産相続の対象になるのでしょうか?

Aベストアンサー

「貸店舗の敷金預かり金として約1000万預かっています」というのだから1000万円の資産が実際にあるわけです。しかし同時に「退店のときは、そのまま返却しなくてはなりません」というのだから1000万円の負債もあるのです。
両方とも遺産相続の対象です。相続税は財産から負債を差し引いた分にしかかかりません。

Q所得税確定申告後きまる市町村の住民税県民税について

、確定申告すると所得に応じて市の県民税に額がきまりますが、この決まる基準ですが、給料の税引き前の金額を基準に市のほうできめられるのでしょうか・・・・?たとえば税引き前の年収が200万だとしたらこの税引き前の200万を基準に県民税がきまるのでしょうか・・・?それとも給料の税引き前の200まん円から要は社会保険料や基礎せつじょなどを引いた額を医療費せつじょとかを引いた金額できまッてしまうのでしょうか・・・?たとえば基礎せつじょ38万で社会保険20万で医療費せつじょ2万としたら以後200万から引いた額が1400000円のこの額が基準にけんみんぜいきまるのでしょうか・・・?ちょッとお金のことですが回答いただけると幸いです。要は税引き前の給料総額200万できまるのかせつじょひいた140まんできまるのかの質もんですが

Aベストアンサー

以前に せつじょで質問した方ですね

所得税と住民税では各種控除の額が異なります

所得税の各種控除を適用する前の額を基にそこから所得税に適用されている控除を住民税の控除額で再計算し課税所得を求めます、その課税所得に対応する税率をかけて税額を求めます

質問中の計算もおかしいです、仮の数値のつもりでしょうがあまりにもでたらめです
それなりつじつまがあう数値にしないと説明のしようがありません
質問中の200万でも140万でもありません

Q今月から住民税アップ?

半年くらい前に「所得税が減って、住民税はアップだが・・・」云々と話題になっていましたが、この半年大きく変わらなかったので特に気にしてなかったのですが、今月の給料明細をみてびっくりでした。我が家は旦那だけが働いており、私自身は専業主婦です。給料も低い方です。
これまでの所得税と住民税を記載します。

平成19年1月 所得税 850円 住民税2300円
平成19円2月 所得税 30円 住民税2300円
平成19円3月 所得税 0円 住民税2300円
平成19円4月 所得税 0円 住民税2300円
平成19円5月 所得税 0円 住民税2300円
平成19円6月 所得税 0円 住民税4700円
平成19円7月 所得税 460円 住民税4400円
平成19円8月 所得税 450円 住民税4400円
平成19円9月 所得税 0円 住民税4400円
平成19円10月 所得税 0円 住民税4400円
平成19円11月 所得税 30円 住民税4400円
平成19円12月 所得税 0円 住民税4400円
平成20円1月 所得税 0円 住民税22000円

どうして我が家だけ今年H20年に入り、こんなにアップしたのでしょうか?

半年くらい前に「所得税が減って、住民税はアップだが・・・」云々と話題になっていましたが、この半年大きく変わらなかったので特に気にしてなかったのですが、今月の給料明細をみてびっくりでした。我が家は旦那だけが働いており、私自身は専業主婦です。給料も低い方です。
これまでの所得税と住民税を記載します。

平成19年1月 所得税 850円 住民税2300円
平成19円2月 所得税 30円 住民税2300円
平成19円3月 所得税 0円 住民税2300円
平成19円4月 所得税 0円 住民税2300円
平成19円5月 ...続きを読む

Aベストアンサー

ご主人様はその会社を退職されたりしたのでしょうか?
退職されてましたら
4,400円×5ヵ月分(1~5月分)=22,000円
で丁度計算が合います。

平成19年5月と6月を見て頂いたら分かるように
住民税が変わるのは6月です。
7月以降と比べて300円多いのは端数は6月に足されるからです。

退職されていませんでしたらその会社の処理間違いとなります。
先払いした形になるので2月~5月の住民税はひかれません。

Q配偶者控除でなくて扶養控除が適用される条件

配偶者控除でなくて扶養控除が適用される条件の一つとして
「税務署の前で逆立ちしてみせること」という記述をネット読んだのですが、
少し意味がわかりませんでした。
 分りやすく説明お願いします。

Aベストアンサー

>配偶者控除でなくて扶養控除が適用される条件の一つとして「税務署の前で逆立ちしてみせること」という記述をネット読んだのですが、
あ~それね。
ここのある回答者がよくそのような書きこみしてますね。
私もよく見ます。
まじめに考えたらいけません。

その回答者は、正確には、配偶者の場合受けられる控除は、「扶養控除」とは言わないで「配偶者控除」と言うということを書きたかったんですね。
それを「扶養控除は税務署の前で逆立ちしてみせない限り適用にならない」という表現をしています。
ただ、いくら逆立ちしたって、配偶者の場合、受けられる控除は「配偶者控除」であって、「扶養控除」にはなりませんが…。
ただ、大きな意味では、配偶者であっても「扶養」といっても特に問題はありません。

Q領地に置かれ、税(年貢)の取り立てなどを行った御家人はなんて言いますか?

領地に置かれ、税(年貢)の取り立てなどを行った御家人はなんて言いますか?

Aベストアンサー

地頭(じとう)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E9%A0%AD

Q夫婦間に適用される控除は扶養控除ではなく配偶者控除または配偶者特別控除

「税務署の前で逆立ちして見せれば夫婦間にも扶養控除が適用される」というのは私の誤解で、どうやら「天地がひっくり返っても夫婦間には扶養控除は適用されない」ということらしいことはわかりました。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9186872.html

 それなら'天地がひっくり返っても適用されることのない'「扶養控除」の、「配偶者(特別)控除」との実質的違いはどんなことでしょうか。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー


昔の話ですが、扶養控除の中に妻も含んでいたんです。
某女性団体が「その言い方は、夫が妻を扶養するという上下関係を暗に認める表現であるので、良くない」と言い出したんです。
政府は「じゃ、配偶者控除って言い方にすべ」として、配偶者控除という言い方にしたのです。
扶養控除という言い方を「夫または妻を扶養控除とする場合は、配偶者控除と言う」としたわけ。
ですから実質的には同じです。

某女性団体が「うん、まあ、我々の言いたい事を政府がわかったようだから、許してやる」って言ったかどうかは不明ですが、こんなような話があったと耳にしております。


配偶者特別控除は「所得額が38万円を1円でも上回ったら、配偶者控除が受けられない」「働いてる妻(夫でも話は同じ)が、少し稼ぎすぎたからと配偶者控除額を全額アウトとするのは、なんとかした方が良い」と言う意見を取り入れて作られた控除です(※)。
そのためなのか、一番初めに配偶者特別控除が創設された時期は「配偶者控除」と「配偶者特別控除」が両方とも受けることができました。
 時がすぎてから「もともと、所得がちょっと超えた場合に、救済処置的に認めた配偶者特別控除なのだから、両方控除できるのはおかしいのだ」との、いわば正論が認められて、現在は配偶者控除を受けられないケースで、配偶者の所得が38万円を超えてしまった額に応じて配偶者特別控除が認められる制度になってます。


具体的には年間パート収入が103万円以下ですと「給与所得が38万円以下」となるので、夫(妻でも話は同じ)が配偶者控除を受けられます。
しかし「事業所の依頼で少し働きすぎてしまい104万円になってしまった」ので、夫が配偶者控除38万円を受けられないケースが出ます。
 所得控除38万円が受けられないと、税率が10%の場合では38,000円所得税が増えます。
 すると夫は「妻が働いてくれるのはいいが、1万円余分に稼いだばかりに自分の税金が38,000円も増えてしまった」となります。


昔の話ですが、扶養控除の中に妻も含んでいたんです。
某女性団体が「その言い方は、夫が妻を扶養するという上下関係を暗に認める表現であるので、良くない」と言い出したんです。
政府は「じゃ、配偶者控除って言い方にすべ」として、配偶者控除という言い方にしたのです。
扶養控除という言い方を「夫または妻を扶養控除とする場合は、配偶者控除と言う」としたわけ。
ですから実質的には同じです。

某女性団体が「うん、まあ、我々の言いたい事を政府がわかったようだから、許してやる」って言ったかどうか...続きを読む


人気Q&Aランキング