調号が同じなのに臨時記号などによって調を変化させているみたいですが、どうすればその調の変化を見きわめられるでしょうか。

A 回答 (3件)

臨時記号がつくのは、


半音上や下に行ってすぐ元に戻る刺繍音といってタリタ~などという感じのとき。
主音の、2度上か下の音の非和声音を使う、い音(椅子の椅の字が、にんべんになった、い、を使う)ド(伴奏和音は、ドミソ)で終わる時等にシード、レフラットードの形を作るためにつく時。

この2例は、もとの調性には影響しない臨時記号。

 転調を感じさせる臨時記号は、音階4番目につくシャープ(5度上の音を主音とする属調を感じさせる。)。ハ長調のときは、ファシャープーー>ト長調

 音階7番目につくフラット(5度下の音を、主音とする下属調を感じさせる)ハ長調の時は、シフラットーー>ヘ長調。

また、音階の5番目の音が、シャープや、ナチュラルで、半音あがった時は平行短調を、感じさせます。ハ長調なら、ソシャープがつくと、イ短調。

音階第3音と、第6音が、半音下がると、同主短調を感じさせます。ハ長調なら、ミフラットと、ラフラットがつくと、ハ短調を感じさせます。

どこの調にいるかを、感覚的にかんじるのは、何の音に行くと、落着いた感じになるかということで解ります。(主音といいます。ハ長調ならドです。何の音なら終われるかとも、言い換えられます。)

ドレミファソラシドだとド。
ドレミファシャープソラシドを繰り返したあとドシラソソーに行くと落着きませんか?これが主音です。この場合、ト長調に、なっています。

長くてごめんね。ピアノで音を出して、確かめてみてください。

音楽辞典で関係調の説明も、見てみてください。転調は,普通は、この範囲です。
    • good
    • 0

肉眼でみればシャープやフラット及びナチュラルが混在してきたら調が変わっていると感じられると思います。


耳で聞くとなれば、なんとなく雰囲気でわかると思います。
演奏していると、伴奏(左手とか和音を弾いている)のコードで分かります。
調号が同じということは、平行調(三度の上下)の場合で、長調と短調ですので雰囲気が全く変わってしまうので大体わかると思います。
    • good
    • 0

その調の中で見られがちな音階が使われているかどうか、で推測するのが一般的ではないかと思われます。



たとえば小学校では、数年前まで「ドレミの歌」が、「ハ長調とイ短調」という学習タイトルで教科書に載っていました。つまり、同じ曲の中で、調号も変わらないのに、調が変化したところを読み取って、感じてみましょう、という学習をしていくわけです。

音楽を学習しているのでしょうから仕方がないですが、大体調など、その人が「変わった」と感じれば転調だし、「単なる臨時記号」と感じればただの臨時音。本来はそれでよいのだと思います。

その曲に和音の楽譜がついていないのならば、旋律から、その調でよく見られる和音進行を想像して、それに旋律を載せて歌ってみます。が、臨時記号などにより、その和音進行の上には載せにくいフレーズが出てきたら、そこが転調部分と考えてはどうでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qト音記号の臨時記号はヘ音記号にも適用されますか?

ピアノの楽譜で少し分からない点がありご質問です。
調号に♯が2つ付いてる楽譜で、添付画像のような箇所がありました。
ト音記号のソに♯が付いているのに対して、ヘ音記号のソにナチュラルが付いております。
これはト音記号の臨時記号がヘ音記号にもかかっているという認識でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ヘ音記号のナチュラルは、間違わないように付いているだけで、ト音記号についた臨時記号は、ト音記号の、その小節にのみ適用されます。

Q♭5つの調と♯7つの調(その逆も)の採用基準

♭5つの調(変ニ長調)と♯7つの調(嬰ハ長調)は同じことなので、変化記号の少ないほうを選べばいいと思うのに、実際には♯7つを採用していることがあります。その逆もあります。なぜなんでしょうか?

Aベストアンサー

変ニ長調と嬰ハ長調は同じ調ではありません。ピアノで弾くから同じ鍵盤を使う結果になるにすぎないのです。ヴァイオリンをやっている友だちが近くにいたら2つの音階を弾いてもらってみて。たぶん全然違う指とポジションを使うはずですよ。

まずは、理論上全く違う調だということを知ってください。ハ短調の音階を書く時に「ドーレーミ♭ーファーソ」と書く代わりに「ドーレーレ♯ーファーソ」と書いたらどうです? 音階の意味すら失ってしまうでしょ?

どちらで曲を書くかは作曲者が決めることですが、弦楽器の場合は変ニ長調の方がずっと音質が柔らかくなるのでそれが選ぶ基準にすることもあるでしょう。
また、曲の途中で転調が予定されている場合などでは、変イ長調(属調)へ行きたいのならフラットが一つ減るから最初を変ニ長調に、嬰ハ短調に行きたいのなら♯が3つも減るから最初を嬰ハ長調にする、というようなことが考えられますね。もちろん両者をうまく使い分けて♯や♭の数をなるべく少なくするような例もありますよ。

Q調号と調名の早わかり法について

なにか簡単にわかる方法をお教えください。

Aベストアンサー

理論的に学ぶのでしたら、下のURLが大変よいですね。
もしも、もっと簡単な次元で、ということでしたら、私は次のように学習しました。
調号が♯系だった場合、
「一番右に書いてある♯の位置が“シ”である。」長調か短調かは、曲の感じで判断。長調ならば“ド”の位置に当たる音名での長調、短調ならば、“ラ”の位置に当たる音名での短調です。

調号が♭系だった場合、
「一番右に書いてある♭の位置が“ファ”である。」長調、短調については以下同文です。

一方、自分で楽譜を書く場合、♯を書く順番は、ファ、ド、ソ、レ、ラ、ミ、シ、と、一つおきにファ、ソ、ラ、シと、ド、レ、ミ、の順です。
♭を書く順番は、シ、ミ、ラ、レ、ソ、ド、ファ、です。同じように考えてください。
要は、慣れと馴染みですね。

Q臨時記号ナチュラルの使い方について

フォーレ作曲「夢のあとに」セルジオ・フィオレンティーノ編曲
http://ja.scorser.com/S/シートミュージック/fiorentino+apres+un+reve/-1/1.html

上記アドレスの楽譜を見ながらMIDIで書き起こしています。


ト音記号の段にある臨時記号は、

ヘ音記号の段の音符に影響を与えないのでしょうか。

逆に、ヘ音記号の段にある臨時記号は、

ト音記号の段の音符に影響を与えないのでしょうか。

どなたかご教示お願い致します。

Aベストアンサー

臨時記号は、それが付いている段のみ、その小節のみ有効ですので、ト音記号の段の臨時記号はヘ音記号の段には影響しませんし、その逆も同じです。また、同じ段の中でも、臨時記号のついている音符の高さの音だけに有効で、オクターブ違いの音には有効ではありません。

2か所譜例を挙げておきます。
31小節目のヘ音記号の段では、赤い矢印を付けた「ミ」にナチュラルが付いていますが、ト音記号の段の「ミ」はフラットのままです。また、7小節目のト音記号の段では、最初の低い「シ」の音にナチュラルが付いていますが、そのあとに出てくるオクターブ上の「シ」はフラットのままです。

Q臨時記号

C調において。4/4拍子。(|は、小節の区切り)

メロが、4分音符で、「ドレミファ|ソラシド」
だったとします。(話を簡単にするため)

では、「臨時記号」で、「ラb」にしました。
メロが、「ドレミファ|ソ.ラb.シド」
という風に。。。


■これは、「長音階」から、「自然・短音階」に、
「ラ」の瞬間だけ、一時的に選択・変更した

そして、
■「シ」で、また、「長音階」に戻した。

と解釈するのが、普通(一般的)ですか?

(ただし、「借用和音」。「転調」関係の解釈は、除く)

Aベストアンサー

ったく、最近、締め切るの早すぎるぞ。言いたいことがあっても溜まりすぎると忘れてしまうじゃん。(プン)

「和声(的)長音階」という解釈で正しいと思うんだけど、これとて19世紀に入ってから使われ始めたもので、作曲家が書いたものを後から理論付けしたものだということを忘れちゃいけないと思うよ。

「Dm7→D♭7→C」 も同じことだと思うんだ。バスがGを通らずにCに半音進行するという道を見つけた作曲家がD♭の上に重ねた音が「G9/Cm」 の構成音であったがゆえに聴いていて自然であったということでしょう。それを理論付けするからややこしくなるんだけど、C-durの中で見る時に「G9/Cm on D♭」と考えれば、「変化音D♭の上に乗ったCmからの借用和音V9」で充分説明されると思う。

オレはジャズはもっと自由であっていいと思うんだけど、ジャズの世界でも理論付けが当たり前になってきたのは、やっぱり後進の指導に役立つと考えてのことなんだろうな。

あ、それから、「D♭7はF♯の・・」っていうのはクラシックでもジャズでも間違いだと思うよ。「G♭の・・」でなければ。もちろんジャズの譜面上のコードネームとしてはどっちでもいいんだけど理論を論じたい時には正確に、ね。

もう一つ思い出した!

II→I の問題。オレの教科書(W.Piston ”Harmony”)を調べたらちゃんと書いてあったよ。和音の進行に関しての部分。(tattom訳〈笑〉)
「IIの和音にはVが続くが、時にはIVが、まれにはIかIIIが続く」

ウィキは誰が書いたか判らないし当然文責の所在も不明だから気をつけないといかんぜよ。

ったく、最近、締め切るの早すぎるぞ。言いたいことがあっても溜まりすぎると忘れてしまうじゃん。(プン)

「和声(的)長音階」という解釈で正しいと思うんだけど、これとて19世紀に入ってから使われ始めたもので、作曲家が書いたものを後から理論付けしたものだということを忘れちゃいけないと思うよ。

「Dm7→D♭7→C」 も同じことだと思うんだ。バスがGを通らずにCに半音進行するという道を見つけた作曲家がD♭の上に重ねた音が「G9/Cm」 の構成音であったがゆえに聴いていて自然であったということで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報