11月のはじめまで、とある個人塾でバイトをしていました。

去年の暮れあたりから、給料の滞納が頻繁に続き、
しかも遅れることをこちら側になんの連絡もしないという杜撰さでした。
そのいいかげんな対応に耐えかねて、一ヶ月ほど前に辞めました。
給料は、今年の八月分までしかもらっていません。
ご相談したいのは、いまだ支払われていない九、十月分の給料の請求についてです。

経営者には、何度もメールで振り込むように求めました。
返事は一度だけ、「十一月の最初の週に支払う」とのメールが。
その後、十二月中旬にになっても支払われる気配はなく、最近のメールは無視されているようなのです。

状況の要点をいくつか挙げると、
・度重なる給料の支払いの杜撰さに、私から(半ばキレて)突然辞めると申し出た。
・上記に対して、先方からは謝罪と辞職の了解のメールがきた。
・そのメールには「給料の残りは来週(十一月第一週)払う」とあった。
・意思の疎通はほとんどメールで行った。
・私は給与明細というものをほとんどもらったことがない。(突然一回だけもらった ことはある。それ以降はもらってない。)
・意思の疎通はいままですべてメールによって行った。
・十二月に入ってから請求のメールを二度ほど出したが、無視されているようだ。

このような場合、給料を支払わせる、最も効果的な手段とは何でしょうか。
長い上にわかりにくい文章ですみませんが、どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 harutaさんのおっしゃるように、メールは相手に無視されやすい請求方法のひとつです。

支払いを渋る使用者に対してはあまり効果がりません。最初に行うべきは文書による請求です。内容証明が中心ですが、これには少し費用がかかりますので、まずは通常の手紙で催促してみて下さい。支払い方法と期日を指定して相手へ送付し、応じない場合は内容証明により再び請求する旨の文章も添えておくと効果的です。通常の手紙に応じない場合は内容証明による通告が良いと思います。その際は、事実(給料が支払われていないこと)、相手方への要求(すぐに給料を支払うべきこと)、これに応じない場合は法的措置を取る覚悟のあること等を記載して相手に送りつけてみて下さい。

 なお、賃金不払いの際の請求方法については過去に多くの質問があります。以下にふたつほど載せておきますが、ご自分で検索されるのも良いかと思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=176878, …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうか。
まず、普通に書面で送ってみたほうがよさそうですね。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/18 14:46

本来なら止める場合は2週間前に先方に通知する必要がありますが、


(突然だと、その分の会社に損害がこうむった分の損害賠償を
求められる場合がある)
正当な理由がある場合はその対象外となります。
貴例では、給与未払いという正当な理由があるので、
突然止めることに何の問題も無いと考えられます。
警告を行って、それに応じない場合は労働基準監督署
から通知(警告)をしてもらうのが一番でしょう。
最寄の労働基準監督署の場所は交番にでも聞いてください。

メールでやりとりをしてるようですが、
メールに
「最後通告です。支払いに応じない場合は労働基準監督署に連絡し、
しかるべき法的処置をとらせて頂きます。」
といった文章を送るだけで効果があるかもしれません。

ちなみに、おそらく止めてからの催促は、催促した日の7日以内に
払わすことが出来たはず(記憶が少しあいまいですが)です。
「法律に従い7日以内にお支払い下さい。」
といった文章を付け加えても、早期解決に繋がるかもしれません。

労働基準監督署からの支払い請求にも応じない場合は
裁判所から通知が行き、強制執行(差し押さえ)が出来たはずです。

追伸:おそらく、とか多分とかはずが多くてすみません^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
下にも書いた通り、もう一度、請求の書面を送ってみようと思います。

お礼日時:2001/12/18 14:55

お急ぎのようなので、さくっとアドバイスを。



支払いは法的にも払われるべきものです。
ですから、もらえます。

では、請求の手段を。
メールはやめて、ちょっとアナログに切り替えましょうか。

郵便局で「内容証明」として請求内容の書類をだします。
そのとき、配達証明をつけておくと、相手の「いや受けっとってない」という
言い訳も通用しませんよ。配達したという証明ですから。

先に書きました「内容証明」ですが、あなた・相手・郵便局に同様の書類がある
状態になると考えてもらえばよいと思います。

これで言い逃れもなにも簡単にはできないはずです。

とりあえず、わたしからはこんなアドバイスです。

もし、わからないことがあったら、また質問されるとよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事ありがとうございます。
内容証明郵便、出そうか考えてはみたんです。
でも、どれほどの法的効果があるかわからないし、
訴えることを前提にしているものならば
ちょっとそこまでは…って言う感じだったんですよね。
しかし、言い逃れされないためにも、請求したという事実の確認のためにも、
検討してみようかと思います。

お礼日時:2001/12/18 14:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q検察と被害者の意思疎通について

刑事事件の裁判において、検察官と被害者(遺族)はどの程度まで意思の疎通をはかるんでしょうか。

例えば、検察官が「死刑を求刑しよう」と考えているとします。これに対して被害者(遺族)は「無期でいいよ」と思っている場合、被害者(遺族)の意向は、検察官にまったく反映されないんでしょうか。

同様に、控訴や上告をするときはどうでしょう。検察官が「控訴(上告)の必要なし」と考えれば、被害者(遺族)が「控訴(上告)してくれ」と願っても、受け入れられないんでしょうか。

Aベストアンサー

検察官が事件の被害者と意思の疎通を図る場面は,多々あると思います。まず,事件を捜査している間に,事件が被害者やその周辺に与えた影響を把握したり,犯人に対する処罰感情等を明らかにするために事情を聴取し,必要であれば供述調書を作成するでしょう。
また,事件が起訴されて裁判になれば,今度は直接裁判官に心情を述べてもらうために,いわゆる情状の証人として証言してもらったり,あるいは刑事訴訟法に基づく意見陳述をしてもらうなどします。
このような手続ないしそのための打ち合わせ等を介して,検察官は被害者や遺族等の心情を把握し,これを求刑などに生かしているのではないでしょうか。
もちろん,検察官は公益の代表者ですし社会に発生する事件を公正に,誰が見ても納得できる処分をすることが期待されています。したがって,被害者等の意向は最大限尊重されると思いますが,「言いなり」にはならないと思います。
控訴,上告の場合にも,当然検察官が被害者に対して「判決結果に満足か不満か。更に上訴して争ってもらいたいか」との意見は聞くのではないでしょうか。ただし,確認した意見の通りに検察官が行動するかどうかは疑問ですね。やはり,検察官は公益の代表者ですから。

検察官が事件の被害者と意思の疎通を図る場面は,多々あると思います。まず,事件を捜査している間に,事件が被害者やその周辺に与えた影響を把握したり,犯人に対する処罰感情等を明らかにするために事情を聴取し,必要であれば供述調書を作成するでしょう。
また,事件が起訴されて裁判になれば,今度は直接裁判官に心情を述べてもらうために,いわゆる情状の証人として証言してもらったり,あるいは刑事訴訟法に基づく意見陳述をしてもらうなどします。
このような手続ないしそのための打ち合わせ等を介して...続きを読む

Qアルバイト代2ヶ月分の給料(約3万円)を支払ってもらえません。

アルバイト代2ヶ月分の給料(約3万円)を支払ってもらえません。
勤めていた店は今も営業しているのですが、オーナーによると店長が店の売上げを持ち逃げしたと言うのです。
もちろんオーナーにも給料の支払いを要求しましたが、(店を任せていた店長が作成した)書類上では私への給料は支払ったという事になっているようで・・・
しかもタイムカードも店長が持って行ってしまったらしく、私が働いていたという証明が出来るものが手元にはない状況です。

どのような対処方法があるのか教えてください。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者様が働いていたという証明は無いかもしれませんが、
店長がタイムカードを持って逃げたという証明はもっとありません。

一人だけで働いておられましたか?
そうでないならば働いているのを見た人はいるはずです。
それに、逃げるときに現金を持って逃げるのは理解できますが、
タイムカードを持って逃げて何につかうのでしょうか?
カードゲームで、残業時間28時間の「2倍攻撃」とか
やっているのでしょうか?

どのような理由であれ、店長をやっとっていたのはオーナーです。
労働基準監督署に通報でもいいですが、詐欺性が強いので警察でも
いいかもしれません。
実は、このタイプのオーナーが一番弱いのは「弁護士」を通して
話を持っていくことですけどね。強いものには弱く、弱い者には
強いタイプの人間でしょう。

Q車の事故。相手は任意保険未加入で支払う意思なし。

長文で申し訳ござません。

先日、立体駐車場でバックして来る車に当てられました。
相手は任意保険未加入で修理費を支払う意思がありません。

【事故の状況】
相手が走行している後方を私は走行していました。
相手が停車したため、私も停車しました。
(上りでちょうどカーブを曲がったところだった為、停止時の車間は1Mくらい)
相手が駐車するためにバックを開始、私は停車したままの状態。
まさかと思い私はバックしようとしましたがすでに遅く(停車したまま)
相手車両(左前タイヤ辺り)がバンパーに接触していました。

※事故を起こした場所は私が働く店の立体駐車場だったため、
 防犯カメラで事故の瞬間を確認できます。
 (カメラの位置はやや遠いですが私の車が停車しているのは確認できます。)

警察に電話し事故処理をしてもらいました。

私は任意保険加入していますが、車両保険はなし。
相手は任意保険未加入です。

保険会社に電話したところ、過失割合100:0で相手にすべての過失があると判断した為、
当人同士での和解をして下さい。と言われました。

和解交渉をしても過失割合に納得してなく「交通事故で100:0はありえない」
と言い全く交渉が進みません。

事故後から一度の断りもなく、こちらから連絡しても「今忙しいから手が空いたら連絡する」と
怒鳴るように電話を切るなど、態度も非常に腹立たしいです!!
これ以上交渉しても無駄だと思い、小額訴訟を考えています。
修理費はもちろんですが、可能な限り請求できるものは請求しようと思います。
請求できるものと必要なものを教えて頂きたいです。

このような事案・法律に詳しい方、その他の解決方法をご存知の方
是非!知恵をお貸し頂きたいです!!
ご回答を宜しくお願い致します。

長文で申し訳ござません。

先日、立体駐車場でバックして来る車に当てられました。
相手は任意保険未加入で修理費を支払う意思がありません。

【事故の状況】
相手が走行している後方を私は走行していました。
相手が停車したため、私も停車しました。
(上りでちょうどカーブを曲がったところだった為、停止時の車間は1Mくらい)
相手が駐車するためにバックを開始、私は停車したままの状態。
まさかと思い私はバックしようとしましたがすでに遅く(停車したまま)
相手車両(左前タイヤ辺り)がバンパーに接...続きを読む

Aベストアンサー

任意保険 未加入だろうと 賠償責任が有れば 支払わねばならないものなので
泣き寝入りせず
請求する事

ご自身の 加入任意保険で 示談交渉は付いていたりしませんか
保険会社の判断する 賠償比率での修理代金請求ですが 相手が納得しないとか なら訴訟になります
面倒ですが 争うべきです 弁護士費用等の補償が付いていませんか
相手は、被害者の 泣き寝入りを待ってる 慣れた奴にかんじます。

また ご自身の保険会社が 修理費用立て替えの補償が付いていれば そちらから 立て替えてもらい
修理
加害者と保険会社間で 請求 取り立てを行ってもらえば良いだけなんですが。

我が家の場合これで 事故後即 立て替え金額が 振り込まれました。

Qフォームメールの意思に反するメールアドレス引き出し

お世話になります。

変なこと聞きますけど、フォームメールを送信する時に、送り側の意思に反してコメント1つでパソコンに保存されているメールアドレスを同時に引き出す(送るようにする?)HTMLは許されるのでしょうか?。

なぜかといいますと、たまたまメールアドレスを忘れて送信したら、メールアドレスも送られますとコメントでましたが(と思う)、意味が分からずそのまま送信したらいつも使っているメールアドレスで勝手に送られていました。
※送信済みに記録されています。

今回は悪意では無くたまたま入力忘れで、その旨のコメントの意味が分からなかったのですが、もしメールアドレスを送る意思が無い場合(または別のアドレスを使用したい場合等)と考えると、これってやってはいけないフォームメールの作り方ではないのかな~と思ったので質問させて頂きました。

法的に許されるのでしょうか?。

Aベストアンサー

>おっかけの質問で申し訳ないのですが、こういうタイプのフォームメールって最近は多いのでしょうか?。

送信者を特定する必要が有る場合はメールソフトを使用するパーターンが多いですね(何らかの注文メールや、アンケート/懸賞応募など)、後返信が必要な内容の場合はこのパーターンが多いかと思います。

Q相殺について 「一方的な意思表示」??「反対の意思を表示したる場合」??

ド素人ですが、パラパラと法律書を読んでいて、気になることがありました。

相殺について、
「当事者の一方的な意思表示によって行うことができる」
と述べられている一方、505条2項では
「・・・反対の意思を表示したる場合にはこれを適用せず」
とあります。

では「一方的な意思表示によって」では行えないということではないのでしょうか?


その他、「免責的債務引受」については、
「債務者の意思に反しない限り、承認を必要としない」
と述べられていました。
債務者の意思について反していないかチェックするのであれば、
承認を必要としているのではないかと思うのですが…。
この「承認」というのは、「証書による承認」という
ようなものなのでしょうか?

なんだか、法律書のあちらこちらに矛盾があるような
気がして、理解できません。。
そういうものなのでしょうか??

Aベストアンサー

分かります、本当矛盾してますよね、私も理解に苦しみました。では解答です。
 1、相殺の505条2項について。
この2項の意味はあらかじめという言葉を補いましょう。つまり、特約などであなたと私の債権、債務があるのだけれど、相殺なんて実際お金が動くわけでないから、もし出来る状態でもやめましょう、という約束を前もってしていない時なら、一方的な意思表示で相殺できます。という事です。この前もってする約束の部分が2項でいう「反対の意思」なのです。
 2、免責的債務引受について
債務者の承諾は不要です。例えば、A〈債権者)B(債務者)C(免責的債務引受しようとする人)とします。これも言葉を補うとわかります。そもそも、A,C間で免責的債務引受の契約が出来ると言うのが原則です。もちろんBの債務についてです。この時、Bが「嫌だ、俺は自分で返すんだ」と言えば、AC間で免責的債務引受の契約はできないと言うだけの話です。別に承諾はしてないけども、嫌だとも言ってない、ならば、原則通り、AC間でできます。もちろん、ABCの三面契約ででもできます。この場合はBも承諾してますから、問題ありませんよね?要は、明文にない保証契約と言うことです。   以上

分かります、本当矛盾してますよね、私も理解に苦しみました。では解答です。
 1、相殺の505条2項について。
この2項の意味はあらかじめという言葉を補いましょう。つまり、特約などであなたと私の債権、債務があるのだけれど、相殺なんて実際お金が動くわけでないから、もし出来る状態でもやめましょう、という約束を前もってしていない時なら、一方的な意思表示で相殺できます。という事です。この前もってする約束の部分が2項でいう「反対の意思」なのです。
 2、免責的債務引受について
債務者の承...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報