gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

 小説など読んでいると自分自身はそのような経験はまったくないのに、なぜかその物語に共感や感情移入できるのはどうしてでしょうか。
 例えば、私はまだ20代で独身ですが、ある小説で、結構裕福な家庭の母親の苦悩なんかを描いていると、わかるわ~と共感できるんです。
 どうしてこのように感じるのでしょうか?下手な説明ですみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

二つの側面があると思います。



1.本能的なもの。まあ、本能と言う言葉そのものがある意味あいまいなので、本質的にはいいかげんな説明付けなのですが、高いところを怖く感じたり、猛獣やひどく破壊された車を見て恐怖を感じたり、または、きれいな花を見て美しいと感じたり、人間でも動物でも赤ちゃんを見るとかわいいと感じたり、そいういう、生きていく上で、どうしてもあったほうがいいと判断できる情動のようなもの。

2.似たような体験・学習からの類推、同一視。類型的に考えれば、そして、非常に簡単なものなら、大体10代でほとんどのことについて体験したり、見たり聞いたりして学習してしまいますから、そういうことについて、感情移入が出来るようになる。

ただ、おおくの場合、感情移入が出来るのは、自分の立場を強化する方向性でできるというのが、一般的な感情移入の特徴です。
女性であれば主婦の生活を送る前でも、主婦の生活について感情移入が起き易いですし、男性なら、サラリーマンなどについて感情移入がやさしいことになります。ですから、普通の生活を送っている人に、ホームレスや引きこもりの人に対する感情移入はなかなか出来ません。特に困難なのが、自分に敵対関係にある人たちに対しての感情移入ですね。
もうひとつ、これが一番大きな問題なのですが、感情移入自体が間違っていることが多いのです。この原因は、二次媒体によって加工された情報に接することや、自らの体験が非常に軽いものだったり、反対に非常に重いものだったりすることによって起こります。

理性的な判断は、実際は、感情移入によって左右されていますから、自分がどんな形でどんなことを感じているのか、それを常に点検することが、現代と言う時代を生きる上では必要かもしれません。
    • good
    • 1

付け足しです。

こどもの私は大リーグではヤンキースのファンでした。当時の新聞雑誌の大リーグの話題といえば、とりもなおさずヤンキースの話題で、そうした多量の情報にさらされているうちにヤンキース好きの少年になっていました。巨人ファンが多いというのも似たような事情。テレビ中継は巨人戦だけなら、野球好きの少年は巨人ファンになります。何をいいたいかというと、情報量と親近感とは関係があるということ。
小説を読みすすめるに比例して、主人公にまつわる情報量は増大していきますから、主人公を否定的にとりあげていないかぎり、ヤンキースファンや巨人ファンが誕生したように、主人公ファンが誕生。主人公が好きになってる。好きなひとが悲しいおもいをすれば、じぶんも悲しい。感情移入ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、たくさん教えていただきありがとうございます。
やはり登場人物の心情をわかるには限界があるんですね。そしてそれは日常生活でもいえることなんですね。あらためて、作家の方々はすごいですね。

お礼日時:2006/01/03 23:43

「いままでに経験したことがないのに」といわれますが、小説を離れて、現実の経験にしたところが、はじめての経験だから心が動かない、ということはないでしょう。

はじめてのことであろうが、すでに経験したことであろうが、こころを動かされるものには、こころを動かされるわけです。
そして、ご質問の小説のばあい、「経験したことがないのに」ということですから、あなたにとっては、あたらしい経験であった、そしてそれは心を動かされる経験だったということではないでしょうか。
そのように読者を感情移入させるのが作家の仕事で、あなたという読者は、まんまとその術中にはまってしまったのですから、「してやったり!」と作者はにんまりしていますよ。
    • good
    • 1

経験したことが無いといっても、人間のやることは大体想像がつくということではないでしょうか。


また、その内容が共感できる内容であれば感情移入し易いでしょう。
何百年も前の時代劇小説であっても侍の気持ちを理解できたような気になることは、よくあるように思います。

しかし、ご質問の例では理解できた【ような】気になって共感するのは、実は裕福な家庭の母親の『ある一面』ではないでしょうか。
というのが不適切ならば、「ある一面」はついに理解されることはないのではないでしょうか。
言葉の限界は、やはりあって仮に登場人物と一緒に生活をしてみることが可能だとして、決して「本を読んだ感じと同じ人」ということはないでしょう。

共感できる内容であれば当然共感するが、その人となりが言葉として表現されていない部分には気付きようがない、ということでもあるかもしれません。
もちろん、実生活でも同じことですから、だからどうということはないのですが、実生活で共感する部分だけを見ようとすると殆んどは関係がこじれて面白くない結果に終わってしまうのが常のようです。
    • good
    • 0

物語りを読む行為自体が、過去の経験から取得した知識を動員する行為です。

その際に感情視野等が刺激されてのことと思います(素人考えですので、詳しくは、専門書を)。ただし、[わかるわ~」は、やはり、年齢的限界、社会的な経験の量から相対的であると考えます。重要なことは、自らの相対的な限界を知りつつ「母親の苦悩」を理解できる自分に成長する努力を続けることでしょう。
    • good
    • 1

あなたの感性が豊かだからでしょう。


興味のある小説などを読んでいると、情景が映像のように浮かんできませんか?
文字を映像や音声として脳が捉えて、それに対して感情移入しているのでしょうね。
子供が漫画やゲームばかりで、文字を読むことが少ないのは文字を映像や音声として捉える感性が未熟なせいもあるでしょう、想像ですが・・・
    • good
    • 1

あなたの感性が豊かだからでしょう。


興味のある小説などを読んでいると、情景が映像のように浮かんできませんか?
文字を映像や音声として脳が捉えて、それに対して感情移入しているのでしょうね。
子供が漫画やゲームばかりで、文字を読むことが少ないのは文字を映像や音声として捉える感性が未熟なせいもあるでしょう、想像ですが・・・
    • good
    • 0

前頭葉が、過去の記憶や想像力を駆使して、その仮想的な環境にいたらどうなる?を想像できるからでしょうね。



その仕組みや原理などを私は説明できませんが、動物実験によると、ジェットコースターに乗りながら撮影した映像を、チンパンジーに映写して見せると、それなりなリアクションをするそうです(手で目を覆うとか)。

人間の場合、これが高度に発達した物ではないかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q感情移入の仕方

こんにちは。
皆さんにちょっとお聞きしたいのですが、演技をする時感情移入をどうやって行いますか?
感情移入を行う、というのも正直変な言い方だとは思いますが;(普通は自然に入る物だと思うので;)
実は私も取り敢えず役者をやっているのですけれど、どうしても完全に役になりきれないのです。
・役の生い立ちや性格を細かに考える
・場面場面での感情の変化を逐一追ってみる
・その役でエチュードをやってみる
などなど試しているのですが、いざ場に立つとどこか心で「ここは悲しむところだ」のような半ば命令のような感じになってしまいます。
また感情を入れようと頑張ると逆に台詞を忘れてしまいそうになります。
もし「こうすると良い」と言う方法があれば助言お願いします。

Aベストアンサー

かれこれ芸能生活20ウン年^_^;
演技に関しましては教える側にたったこともある者です。

俳優一人一人の資質があるので一概には言えませんが、私の経験と見聞から投稿いたします。
質問者様は三つの項目を挙げておいでですが、このなかで私が試みて効果を感じ、おこなうことがあるのは「エチュード」のみですね。
「役の生い立ちや性格を細かに考える」のは「文学的作業」で、舞台演技としての立体化へは導いてくれませんし、考えただけでなにか為遂げたつもりになってしまう危険すらあります。
「場面場面での感情の変化を逐一追ってみる」のは、ほぼ間違いなく、役の説明、台詞の説明、感情の説明に陥ります。

そこで「エチュード」ということになるのですが・・・。
「エチュード」にもいろいろあり、最初に申し上げたとおり、役者の資質や経験によってシステムを探ってみなければならないので、誰にも有効というものはないでしょうね。
私個人のシステムとしては・・・、
(1)分析や稽古過程にこだわらず、目の前の相手役と私的レベルとして台詞のやり取りをしてみる。コツは「地声」モードでおこなうこと。
(2)「役の感情」を意識するのではなく、自分の役の言動によって相手と状況にどのような効果が及ぼされるかを意識して、その効果を及ぼすように働きかけてみる(効果を意識すると、テキストの重層性も見えてきたりするものです。自分の役の感情と、周囲の役の受けとめ方、観客に及ぼす効果は一致するとは限らないので。役の感情に固執して「表現しよう」としてしまうと相手も観客も弾き飛ばしてしまいます)。
(例)「自分は悲しいのに、自分の悲しさが相手にとっては嬉しい効果を及ぼし、観客には喜劇的効果を持つ場合(自分が職を失ったことで相手が得をする、なんて場合)」に、悲しげに言うのではなく、あえて相手を喜ばすような働きかけ・表現をしてみる。

私も常にエチュードをおこなうわけではありませんが、行き詰ったり、「説明」に陥っていると感じたときは、原点に戻る意味で、上記のような工夫をします。
以前イギリスのカンパニーのWSに参加したとき、彼国の俳優がエチュードをそれぞれに工夫し、「遊ぶように」楽しんでいて、「どんどん試して効果があったらメッケモン」ぐらいに囚われがないのに関心しました。
日本の俳優は、結果を早く求めすぎ、自分に制約をかけすぎ、遊び心にかける傾向があるようです。やはり、心も体もリラックスして開いていないと、役の気持ちの動きも感情も訪れてはくれないものであります。

最後に、エチュードとはちょっと異なる視点なのですが、「感情」は身体の動き、呼吸と不可分です(たとえば、怒っているときは、呼吸が浅くて早くなりますよね)。そこで、稽古過程においては、「どうせ稽古」と割り切って、感情の動きが実感あるいは確かめられたところで、身体の向きや動きを変化させてみるのも有効です。物理的に動けば生理もそれにつれて動くはずなので。

かれこれ芸能生活20ウン年^_^;
演技に関しましては教える側にたったこともある者です。

俳優一人一人の資質があるので一概には言えませんが、私の経験と見聞から投稿いたします。
質問者様は三つの項目を挙げておいでですが、このなかで私が試みて効果を感じ、おこなうことがあるのは「エチュード」のみですね。
「役の生い立ちや性格を細かに考える」のは「文学的作業」で、舞台演技としての立体化へは導いてくれませんし、考えただけでなにか為遂げたつもりになってしまう危険すらあります。
「場面場...続きを読む

Q読者を感情移入させるためには

当方、漫画家を目指す投稿者です。

そこで一番苦手なのが感情移入させるストーリー展開です。
キャラや話の展開は良いと評価をいただくのですが
感情移入できないのが欠点だと、よく指摘されます。

私の書き方としては、出来事があってキャラが「それをどう思ったか」
又は「これからどうしようと思ったか」をモノローグで書いています。

感情移入ができないというのはモノローグが下手なのも
あるかと思います。
なので今はモノローグが上手い漫画(NANAなど)を読んで
勉強しています。

何かこうしてみては?などありましたら
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。小学生の頃から現在まで、マンガが大好きでよく読んでいます。
今回の質問を見てふと思ったのが、加年齢とともに好むマンガも変化してきたな~ということ。多分、自分の環境や経験が、そのまま「好み」や「興味」に反映されているんだと思います。
事実、学生時代に購入していたマンガは「学園モノ」が主流だったのに対し、社会人となった今はその「設定」にはあまり惹かれません。学校という環境に対し「同感」・「共感」出来なくなってきたからだと思います。

質問者さんの年齢や、描いているマンガの対象年齢が分からないのでピンポイントなことは言えませんが、感情移入出来るか否かのポイントの一つが上記の「同感」・「共感」だと思います。
経験に基づいた「言葉」というものにはリアル感があります。逆に言えばそれ以外は単なる「想像」でしかありません。
経験を積んだプロの漫画家は、実際に経験していなくとも取材や資料などから絵や言葉で、そのリアル感を表現するのが上手いのだと思います。

漫画家を目指している質問者さまの頭の中には今「こういうマンガが描きたい!」という、キャラやストーリーのアイデアが先行し勝ちなのでは?自分が思い描いているキャラに、自分自身が感情移入できなければ、表面上のよくある言葉で「さらり」と話が終わってしまう気がします。
可能であるならば、「等身大の自分」や「自分が経験したことを盛り込んだキャラ」を反映したマンガを描いてみてはどうでしょう?
例えば、質問者さまが学生で社会人を描くなら「バイト経験」などを参考にキャラ作りするとか・・・です。
経験や体験から来る言葉には重みがあります。自分が思っているこの感情を上手く表現したいという気持ちから、ステキなモノローグも生まれるのではないでしょうか?

ちなみに、デビューしたての新人漫画家さんによくあるパターンだな~というのを個人的に例えると・・・
●ヒロインが明るく活発な女子高生
●同じ学校のクラスメイト(または同じ部活)の男の子との恋愛
●ヒロイン自身か想い人が人気者、または正反対の地味な存在
●三角関係の末、成就か失恋(またはその後再恋)
ページ数の関係もあるとは思いますが、新人さんの場合は、例え友達間で恋愛が絡んでも、関係が崩れないようにキレイな絡みでサラリと終わる感じが多いですね。これがベテランさんになると、心の葛藤や醜い部分(嫉妬や取り乱し)が出てきたりして人間味が深くなる。誰にだってマイナスな部分もあるから、こういう部分をキャラに反映させて表現するのがプロであり、だからこそ読者も身近に感じて感情移入しやすくなるのかなとも思います。

何事も積み重ねが大事です。これからも頑張って下さい。

こんにちは。小学生の頃から現在まで、マンガが大好きでよく読んでいます。
今回の質問を見てふと思ったのが、加年齢とともに好むマンガも変化してきたな~ということ。多分、自分の環境や経験が、そのまま「好み」や「興味」に反映されているんだと思います。
事実、学生時代に購入していたマンガは「学園モノ」が主流だったのに対し、社会人となった今はその「設定」にはあまり惹かれません。学校という環境に対し「同感」・「共感」出来なくなってきたからだと思います。

質問者さんの年齢や、描いている...続きを読む

Q悲しいニュースなどに感情移入しすぎてしまい苦しいです

悲しいニュースを見て
被害者の気持ちを考えると涙が出るほど苦しくなってしまいます。
一週間は立ち直れそうにありません。
頭から離れないんです。
一年以上トラウマになっているニュースもあります。


どうしたらそこまで思い詰めないようになれるでしょうか?
それとも私に何か精神的な問題があるのでしょうか…
どなたかアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

私も全く同じです。
他人事を他人事として聞けないんですよね。
自分のことのように受け取ってしまって。同調するというか。
近年暗いニュースが多くて聞いてるだけで追い詰められてきますよね。
そういった時はやはりニュースを見ない、聞かないのが一番です。
重い本やドラマ、映画、新聞なんかも見ない。
つい見たく、知りたくなるけど我慢です。
特に精神的に敏感になっちゃってる時ってありますよ。
そういった時は私も何年も前のニュースの被害者のことを思い出したりします。

元々同調しやすい人間は気をつけないと。
自分の精神の安定は自分で守る。
不安を強められそうな情報を意図的に排除していくと、
だんだん安定してきます。
その暗い情報排除期間に何も見るものが無くなってしまって、
私も一度は卒業したアニメを再び見るようになり、
現実逃避的に見てたときがあります。
楽しいもの、ほのぼのするものを積極的に見て下さい。

Qあからさまに馬鹿にされているときの対応の仕方

自分は馬鹿にされやすいタイプの人間らしいのですが、
相手があからさまにこちらを馬鹿にする気満々なとき、
こちらはどういう態度をしたらよいでしょうか。
こちらからも馬鹿にし返すとか、以前はそういうことで乗り切ろうとしましたが、その一瞬はそれで良くても、長い付き合いだとそれでは余計に人間関係が混乱することに気付きました。
馬鹿にされるのをやめさせ、相手がこちらを自然と尊重するような気を持たせるような対応の仕方はないものかと模索しています。
何かいい方法をご存知の方いらっしゃいますか・

Aベストアンサー

>こちらからも馬鹿にし返すとか・・・
これでは、大人の対応どころか小学生のやり取りと一緒ですよ。

一番の解決方法は貴方自身が人間として成長する事です。
思考力・指導力・計画性・実行力・予測力・協調性などの人としてのスキルアップをすれば、馬鹿にしたくても馬鹿に出来なくなります。

馬鹿にする方も悪いのですが、馬鹿にされる人にもそうされる原因がある事があります。
その原因さえ無くしてしまえば、馬鹿にした方が一方的に周りから干される事になりますよ。
人としての力は最大の武器になります。


人気Q&Aランキング