中小企業の働き方改革をサポート>>

こんにちわ。

B型慢性肝炎の患者と性交渉を行うことで急性B型肝炎なりに感染することはあるのでしょうか。

B型肝炎そのものは言葉を聞いたことがある程度であまり詳しくは知りません。
ネットで調べたところ急性B型肝炎からの感染はあるようだということはわかりました。
知人が言うには慢性の場合は感染しないというのですがこれは正しいのでしょうか。

ごく身近な人がそうであり、大変気になっています。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

B型慢性肝炎は、HBs抗原が陽性で肝機能検査の異常が6ヶ月以上持続している場合を指します。

HBc抗体も陽性で高力価になります。
現在B型肝炎ウィルスに感染しているHBs抗原またはHBe抗原が陽性の人は、このウィルスが針刺事故や性行為などで血液や体液を介して感染することを認識して、常に適切な感染防止対策を講じることが大切です。

参考URL:http://www.jaclap.org/labo/labo-287.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ということは、急性だろうが慢性だろうが感染者からの性交渉による感染はあり得るということですね?

本人がそのあたりをどこまで自覚しているのかがわからないので困るとこですが・・・。

お礼日時:2005/12/31 20:33

全く詳しくないのですが、慢性肝炎はHBV(B型肝炎ウイルス)に感染した後に免疫機能によってウイルスを完全に排除出来なかった結果、ウイルスが肝細胞の中で生存し続けている状態だと思います。



身近な人、という事で

・病気の詳細は医師に相談
・HBワクチンの接種の相談

をされたほうが良いかもしれません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QB型慢性肝炎の感染経路について

主人が先日B型慢性肝炎と診断されました。
HBs抗原は-ですが、抗体が+になりました。

私が看護師をしているので針刺し事故などで感染する確立が高いのだから
おまえが原因だと言われました。そこで検査をしてみたのですが、私は全て-でした。
主人は絶対浮気はしていないといいます。確かに浮気をするような人ではないし、
そんなもてる人でもないと思います。

感染経路は通常、血液感染か、性交渉が主ですが、
それ以外に感染経路はなにが考えられるでしょうか?

主人は骨髄ドナーとなっており、7年前検査を感染症の検査をしたとき、全て-でした。
なので母子感染ではないことは確かです。

Aベストアンサー

通常考えられるのは、NO.1さんのご指摘のとおりです。から、繰り返しません。

以下、自分の同僚が、全く心当たり無く(輸血歴無し、不純異性交遊は無く、奥さんも-です。)、HBs抗原-、抗体+となった事について書いておきます。
毎年、集団検診は受け、前年度は、HBs抗原、抗体ともに-でした。色々原因について想像をめぐらせ、思い当たるのは、散髪時の髭剃りだけでした。彼が行っている店では、前の人の髭剃りのあとのカミソリを消毒している風には見えないのです。この事と、HBs抗体陽性とを結びつける科学的根拠はありませんし、想像だけで物事を推し量るのは危険なのですが、一つの事例として紹介しました。

その後、彼の血液検査結果は、2年後の時点で、抗体は完全に消失し、HBs抗原、抗体とも-に戻りました。今は、ワクチン接種をしてますので、抗体のみ+です。

⇒少し間をおき、他の医療機関で、再検査を受けることをおすすめします。

以上たいして参考にはならなかったかもしれませんが・・・・

QB型慢性肝炎について

出来れば、専門家の方、教えていただけないでしょうか?
私の婚約者は31歳でB型慢性肝炎です。正常値ですがAST<ALT,γ-GTPは正常値です。HBe抗原は0.6で(-),HBe抗体は83%(正常値の上限は60),HBV-DNAは4.3LGE/ML(正常値の上限は3.7)。。。
本を読むと、HBeAbへの転換は、症状が落ち着いているという反面、ウィルスゲノムの宿主DNAへの組込みの開始の証明と書いてあります。ということは肝硬変へ進みはじめたということですか?HBV-DNAが高いということも、肝臓のHBVの増殖力が強いということで、それは肝硬変へ移行するタイプの慢性肝炎と覚悟しておいた方がよいですか?
彼は慢性活動性肝炎ですか?非活動性ですか?
セロコンバージョンしても、安心できませんか?彼ははやく死んでしまうのでしょうか・・・悲しいです。今、遠距離中で不安と心配だけが募ってしまいます。

Aベストアンサー

おそらくは相当な勉強をされているのでしょう。
想像されているとおりのことを否定したい思い出の質問でしょうが、残念ながら想定している状況のように思われます。
肝炎の活動性については生検での評価が必要と思います。
早く死ぬかは分かりませんが、日本人の平均寿命に足らずになくなることも想定しておかねばなりません。また、感染時期が分かりませんが、今子供が生まれて、その子が成人する頃に肝臓がんで闘病中ということもありえます。
結局のところ結婚は、少なからず相手の人生を抱え込むことになります。相手が慢性肝炎であっても、そうでなかくともです。

Q彼女から、B型肝炎を確実にうつされました。

彼女から、B型肝炎をうつされました。
彼女とは、今年1月から性交渉をしていました。彼女から、B型肝炎(HBV感染)を移されました。
11月に17日間体調不良で入院し、退院したばかりです。彼女の血液検査の結果、B型肝炎のHBe抗原を持っていることが、分かりました。彼女に聞くと、母が隠していたらしく、彼女もショックを受けていました。
お互い、治療は必要かとは思いますが、彼女はお金がないので、治療はしないと言っています。
将来、彼女が別の男性と性交渉で、そのままの状態ですると新しい男性にB型肝炎が感染するのはわかりますが、将来、彼女は発病する可能性は、あるのでしょうか?
また、私の方は経済状況は厳しいのですが、必ず治して行きたいと思っています。
私自身に、抗体が出来てから、もし将来、他の女性を性交渉をもってしまったら、その女性には簡単に移るものなんでしょうか?
何卒、知識のある方、お教え下さい。何卒、よろしくお願い致します。m(_ _)m

Aベストアンサー

まず、ご本人が入院までされたことは、残念な結果ですね。でも、水平感染の場合、少しのダルさ程度で完治するのがほとんどのようで、病院でちゃんと治療されたのなら、もう大丈夫だとみていいでしょう。一過性感染の場合、慢性化することはありません。抗体もできているので、彼女と性交渉しても、もう、彼女のウイルスで肝炎になることはないです。とりあえず、治療に関する出費も、いまは考えなくても大丈夫と思われます。
ただ、ウイルスが完全になくなったわけではないので、性交渉、献血は気をつけた方がいいかと思います。感染力は、さほど強いウイルスではないので「簡単」には感染しないと思いますが。この点、いまいちど病院に確認すると安心だと思います。

問題は、ご本人よりも彼女の方でしょう。彼女は親からの垂直感染で、今後、慢性化する傾向が高いです。中には、抗体ができて完治する方もいるようですが。ただ、慢性化したとしても肝硬変、肝臓がんへと移行するとは限らず、なんの症状もなく過ごされる方が多いようです。治療するかどうかは、定期的な検査から判断されると思います。特に、先に挙げた肝硬変などは、40代になってから発病するようなので、まだ、20代でしたら、少なくとも半年に1回は血液検査でウイルスの動きをチェックされた方がいいです。

正直、個人的には、もしかしたら性交渉でも感染しないのでは??と楽観的に思っていたのですが(私の母親はキャリアで、私自身も垂直感染キャリアです。母親は、3人の息子を産みましたが、父親に感染させてません。)具体的な例を聞かされ、やはり感染はあるんだ・・・と改めて認識しました。

ご参考になれば幸いです。

まず、ご本人が入院までされたことは、残念な結果ですね。でも、水平感染の場合、少しのダルさ程度で完治するのがほとんどのようで、病院でちゃんと治療されたのなら、もう大丈夫だとみていいでしょう。一過性感染の場合、慢性化することはありません。抗体もできているので、彼女と性交渉しても、もう、彼女のウイルスで肝炎になることはないです。とりあえず、治療に関する出費も、いまは考えなくても大丈夫と思われます。
ただ、ウイルスが完全になくなったわけではないので、性交渉、献血は気をつけた方がいい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報