Windows NT Visual Basic6.0(SP5)で開発しております。
インターネットトランスファーコントロール(Inet)を使い、EXEファイルを作成し、FTPサーバーに対して、"PUT"処理(InetのExecuteメソッドで)を実行したところ、下記アプリケーションエラーのメッセージが出ます。
「"0x7020e8fa"の命令が"0x7020e8fa"のメモリを参照しました。メモリが"read"になることはできませんでした。」
その後、このWindowのOKボタンをクリックし、落ちます。
但し、同じソースをWindows2000でコンパイルたEXEファイルでWindows2000上で走らせると、正常に動きます。
この正常に動くEXEファイルをWindows NT上で動かすとやはり同じエラーで落ちます。MicrosoftのHPを見ても、VB6.0からは、この問題は解決されているとしか載っておりません。環境設定や、DLL等のVersionの違いからくるのでしょうか?因みに、エラー時にVC++でデバッグすると、VB6.exeがおかしいとか出ておるのですが。

A 回答 (1件)

IEのバージョンは?



IE6環境で開発し、IE5環境で実行した場合、
wininet.dllのFTP関数が動かないという話は
聞いたことがあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVB6.0 NTでは動くのにXPではエラー

初めまして。
現在,VB6.0で作成してあるソフトを現在PC(NT)で動作させているのですが,そのPCが古いため新しいPC(XP)でソフトを動作できるようして欲しいと頼まれました。

しかし,XPでソフトセットアップした後,ソフトを立ち上げようとすると,
「実行エラー76
 パスが見つかりません」
とエラーが出てしまいます。エラーコード76についても調べてみたのですが,原因がわからないため詳しい方がいましたら教えていただけますか?
また,
NTではソフトは立ち上がるので,XPとの互換性の問題なのですか?

NTで動くソフトを作ったのは業者なのですが,プログラムを担当した方が退社されていて,プログラムの中身を知ることはできません。

Aベストアンサー

NTとXPでパス(フォルダ名)が変わっているからでは?
NTってWINNTで、XPはWindowsだからとか?
だから環境に合わせてあげないといけないんだと思いますけど。

違っていたらごめんなさい。

QVB6.0で印刷サイズを指定したい。(環境Windows2000)

VB6.0で印刷サイズを指定したい。(環境Windows2000)

Windows98ではユーザーサイズを指定できたのですが、Windows2000でそのままプログラムを動かすとエラーになってしまいます。

どうしたらいいでしょうか。

コードはこのように書いています。
用紙サイズ
With Printer
.PaperSize = vbPRPSUser 'ユーザ定義サイズ
  .Height = 56.7 * 216
  .Width = 56.7 * 350
 End With

Aベストアンサー

AddForm/DeleteForm かな

↓で"用紙"を検索

参考URL:http://www.vbvbvb.com/jp/gtips/

Q[VB6.0] Inet OpenURLのエラー検出

VB6.0

InetコントロールでOpenURLを実行した時、404(File Not Found)等のエラーを検出する方法はありますか?

Aベストアンサー

すみません、ResponseCode や ResponseInfo はクライアント側のエラーでした。
GetHeaderでHTTPレスポンスのヘッダを取得できます。
HTTPヘッダの1行目がHTTPステータスなので、「HTTP/1.0 404 Not Found」などが入ります。

以下を試してみてください。

-----------------------------------
Private Sub Command1_Click()

  Dim strURL As String

  '存在しないアドレス
  strURL = "http://www.msn.co.jp/hadfhg.htm"

  Inet1.OpenURL strURL
  Debug.Print Inet1.GetHeader

End Sub
-----------------------------------
※存在しないURL「http://www.msn.com/hadfhg.htm」は、msn.comサーバーの仕様なのか、なぜかバイナリデータを返してくるようです。
バイナリを受け取るようにすれば良いと思いますが、上記ではとりあえずmsn.co.jpにしてあります。

すみません、ResponseCode や ResponseInfo はクライアント側のエラーでした。
GetHeaderでHTTPレスポンスのヘッダを取得できます。
HTTPヘッダの1行目がHTTPステータスなので、「HTTP/1.0 404 Not Found」などが入ります。

以下を試してみてください。

-----------------------------------
Private Sub Command1_Click()

  Dim strURL As String

  '存在しないアドレス
  strURL = "http://www.msn.co.jp/hadfhg.htm"

  Inet1.OpenURL strURL
  Debug.Print Inet1.GetHeader

E...続きを読む

QVB6.0 →VB2005 のアップグレードでエラー表示

VB6.0の標準モジュールでは
Private Type typset
a As String
b As String
c As Integer
End Type
Public make() As typset
と記述してエラーもなく正常なのですが、VB2005にアップグレードしたときに、
Option Strict Off
Option Explicit On
Module Module1

Private Structure typset
Dim a As String
Dim b As String
Dim c As Integer
End Structure
Public make() As typset←▼エラー▼           
End Module

【エラー内容】
'make' は、module 'Module1' をとおして型 'typset' を namespace 'WindowsApplication1' で公開することはできません。

structure部をPublicなどにしてもエラーは消えますが、参照先に影響が出てしまいます。
根本的な解決方法が分かりません。
教えていただけないでしょうか?

VB6.0の標準モジュールでは
Private Type typset
a As String
b As String
c As Integer
End Type
Public make() As typset
と記述してエラーもなく正常なのですが、VB2005にアップグレードしたときに、
Option Strict Off
Option Explicit On
Module Module1

Private Structure typset
Dim a As String
Dim b As String
Dim c As Integer
End Structure
Public make() As typset←▼エラー▼           
End Mo...続きを読む

Aベストアンサー

この宣言って矛盾していると思いませんか?

型の宣言がPrivateで その型を使った変数をPublicにしている
Privateな型なので モジュール内でしか使えない
ということは Publicでどこからでも参照可能な変数というのはおかしいでしょう

Make(1).a とした場合の メンバーaは本来 他のモジュールやクラス、フォームからアクセス出来てはいけないものではないでしょうか...

VB6自体のチェックが甘いのだと思いますよ ...

Q構造体に関するエラーについて(VB6.0→VB.NET)

私はプログラミング初心者なのですが、
モジュールAにて
Type test
A_test() As String
End Type
Global AAA As test

他の複数のモジュールにて
For i = 1 To 10
AAA.Atest(i) = "123"   ←(A)
Next i

VB6.0では上記のようなプログラムが問題無く動作するのですが、VB.net(2003)にてアップグレードし、実行すると他のモジュールの(A)のところにて"オブジェクト参照がオブジェクト インスタンスに設定されていません。"といったエラーが発生してしまいます。"AAA.A_test(i)"の値"Nothing"になっており、それが問題だと思うのですが対処法が分かりません。ご存知の方がおられましたら御教授宜しく御願いします。

Aベストアンサー

VB.NETはこれからの者ですが
http://dobon.net/i/vb/dotnet/vb6/structure.html
などがのっけから出てきて、VB6からの変更が大きい点のようです。
「VB.NET 構造体」で照会すると数百ヒットします。

参考URL:http://dobon.net/i/vb/dotnet/vb6/structure.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報