自分自身の潜在意識を自覚できる方法論やその方法が書いてある本などを教えてください。
できれば潜在意識をいじる方法も教えていただくとありがたく存じます。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 


  潜在意識で何を言おうとしているのかよく分からないのですが。
 
  無意識心理学の理論で、人間の無意識構造についての理論モデルが幾つかあります。これらの理論に応じて、自己の無意識について何かを知る方法はありますが、それは潜在意識を知るというのとは少し違います。
 
  ハウツー本で、「潜在意識を知る」とか「潜在意識から力を得る」とか「貴方の潜在意識を操れば、こんな素晴らしいことができる」とかいう本の類は、あるかも知れませんが、信憑性が疑わしいでしょう。ただ、宗教的な教義や呪術・占いなどと関係ない、実用ハウツー本なら、副作用とか、実際の効用の程度は別に、無意味なことは書いていないでしょう。
 
  オンライン・ショップの Amazon.co.jp のURLを以下に記しますから、「潜在意識」「無意識」「深層意識」などの言葉で検索して本を探してください。貴方の希望のハウツー本があるかも知れません。別にアマゾンで買う必要はありません。そういう本があれば、書店で探せばよいのです。
 
  なお、無意識心理学では、次のような用語法があります。「意識・前意識・無意識」。「意識・下位意識」「表層意識・潜在意識・深層意識」などです。潜在意識は、ユング心理学的に考えると、「前意識+個人的無意識」あたりのことになりますが、どういう意味で使っておられるのか、よく分かりません。
 
  なお、潜在意識の自覚は、無意識心理学の理論を知って、潜在意識とは、どういうメカニズムなのかを知れば、「自覚」あるいは「意識化」の方法も分かります。主に、連想法、夢の分析、物語の創作の分析や、自分の好みの話とか、物語、シチュエーション、人物、また嫌いなシチュエーション、人物などについて、何故、そうなのか、反省的に考えると共に、連想法などで、気づかなかったこと、忘れていたことなどを想起したり、意識したりすることで、自覚できます。
 
  潜在意識を「いじる」というのは、穏やかな表現ではありません。潜在意識のコントロールは、瞑想や無意識のコントロールなどで、かなり修行というか、訓練がいります。上に述べた、無意識の自覚などで、潜在意識はある程度コントロールできます。しかし、ものをうごかすようにコントロールできると考えていたら間違いです。意識と無意識は、相互補完的で、バランスを維持しています。このバランスが崩れると、心理療法などに頼るのですが、たいへん治療は難しいです。まして、健康なら、下手に無意識に干渉して、有効な影響を与えると、問題が起こります。
 
  例えば、貴方の意識のバランスが、表面的なもので、潜在的に何かの矛盾とか、不均衡を持っていた場合、無意識をいじると、最悪の場合、精神病を発病するリスクがあります。健康な人でも危険なのです。
 
  無意識心理学についての理論を正しく学ばれてから、考えるのがよいでしょう。また臨床心理学についても正しい知識を持つ必要があるでしょう。
 

参考URL:http://www.amazon.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御教授ありがとうございました
参考になりました

お礼日時:2001/12/19 21:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q潜在意識を(認識?自覚?)できた

何度も潜在意識について質問、すみません。
先程バイトで小包にバーコードをピッピッと入力していました。(レジのバーコードみたいな仕組み・・・)
そこで気づいたんですが、無意識にやっている(「バーコードを入力しなくては」等といちいち考えずにやっている)
と気づきました。
このことで、潜在意識で自分は無意識にバーコードを入力している、わかりました。
これは自分が潜在意識を認識(自覚?)できたのでしょうか?
マーフィーの法則を信じて幸せなことを起こす人と同じくらいに。
それとも本当に認識、自覚している人たちはもっと全然次元が違うことを自覚し、感じ取っているのでしょうか?
何度も、潜在意識についての質問、申し訳ございません。

Aベストアンサー

こんにちは

前回、経験者として回答したものです。
質問の状況、単純に経験の構成の繰り返しで、記憶しているだけと思うけどね、確かに、厳密にいうと、その経験の構成は、潜在意識にはいり、データーとして根付くと言われてるから、データーが、入ったことは事実かも、しれない。
ただ単純に、そのデーターを利用している、覚えているだけで、認識ではない。

私の経験でも書いたが、前回の回答のとうり、例えば、出勤しようと自宅を出ようとすると、"ふっと"何かを忘れているような気持ちが、する。それは自分自身の心の中(正確には体の中にある意識)ではなく、頭上やや上のところから、「なにか忘れ物をしているぞ!!」というデーター、気持ちとも言ってよいのだが、おりてくる。でも、忘れ物の有無をチェックしても見当たらないと、そして、出勤し、途中の電車、駅、出勤途中の場所で、「あっ、○○を忘れた」と気づき、頭上やや上の気持ち、欲求が、消える。
こんな風に現象としては現れます・・私の場合。

ただし、上記は軽い認識。私の場合の詳細を、あまり書きたくないのだが
(前回、拒否反応が、あったのでね、書くな!!・・と)
私が、自分で認識している(ただし、状態の良い時)は、いまの肉体にやどる意識(表層意識)と、また別の意識を持っている。これが、おそらく潜在意識と解釈している。
これは、ちょうど頭上やや上のところに意識体を持ち、実際にそこで、物事を考える、見る、聞くができている。もちろん肉体での聞く、見るという行為と同時に。

あまり潜在意識に関心を持ちすぎない方が、良いですよ。
実際に私のように"認識"可能なひとは少ないと思うし、
なお、"マーフィーの法則"は聞いたことないし、全然、知らないし、興味もない。そのため省略、あしからず。
潜在意識に繰り返し記憶させることで、心がというか、意識に変化が、起こるのは事実、瞑想等などもね、でも、それはデーターを入れた(はいった)結果であり、"認識"という表現ではないのです。
とりあえず、ヒントになれれば、幸いには思いますが、逆に失礼が、あったら、ごめんなさい。
以上

こんにちは

前回、経験者として回答したものです。
質問の状況、単純に経験の構成の繰り返しで、記憶しているだけと思うけどね、確かに、厳密にいうと、その経験の構成は、潜在意識にはいり、データーとして根付くと言われてるから、データーが、入ったことは事実かも、しれない。
ただ単純に、そのデーターを利用している、覚えているだけで、認識ではない。

私の経験でも書いたが、前回の回答のとうり、例えば、出勤しようと自宅を出ようとすると、"ふっと"何かを忘れているような気持ちが、する。それ...続きを読む

Q無意識「潜在意識」への窓になるのが感情???

よく自然に思う事や口に出して言う事又は行動は潜在意識の現われだと言われますがこれは本当なのでしょうか?

もしこれが本当だとしたら「あー、痩せなきゃ」と口に出して言えば簡単に出来てしまいそうですが。

「あー、痩せなきゃ」は意識して言っているのではなく本当に自然に出てくるのです。

無意識「潜在意識」への窓になるのが感情「思う事や口に出して言う事又は行動」と言われますが、ここら辺が曖昧です。

分かり易く教えてくれませんか。

Aベストアンサー

こんにちは。

>よく自然に思う事や口に出して言う事又は行動は潜在意識の現われだと言われますがこれは本当なのでしょうか?

一応、本当です。
潜在意識といいますのは「前意識」といい、文字通り「意識に上る前の領域」です。ここには価値観や性格、体験記憶など、我々の人格の全てがプログラムとして収められています。ですが、プログラムといいますのは動かさなければ結果は出しませんので、それを直接見ることはできません。ですから、このプログラムが働き、導き出された結果が意識に上ったとき、我々はその窓を垣間見たということになるわけです。心理学では一般に、これを「潜在領域」「無意識領域」といった用語で括っています。

記憶というのは前意識と分けて扱われることもありますが、何れにしましてそれも無意識領域であり、如何に自分の記憶といえども意識に上らなければそれは思い出したことにはなりません。意識とはどのようなものであるかはまだ全く解明されていませんが、少なくとも我々の体験や人格などは全て前意識に含まれるものであり、耳や目からの外部情報や、前意識からの内部反応が上がって来ない限り、意識というのは敢えて空っぽの状態であると考えて頂いて構いません。
因みに、意識が空っぽのことを無意識と言うこともありますが、これはどちらかと言いますと医学用語であり、主に意識不明の状態を指します。

前意識には我々の価値観や人格が納められています。ですから、目や耳から入った外部情報がここを通って現われるときには、何らかの形でそれが反映されています。つまり、前意識の反応が発現したときには、その入力情報に関する好き嫌いやYES・NOなどが既に決定されているというわけです。そして、我々はこの決定に基づいて行動を選択するわけですが、意識に上らずにそのまま選択されてしまうものを「無意識行動」、これに対しまして、意識として自覚され、修正したり記憶したりできるものを「意識行動」と言います。

>無意識「潜在意識」への窓になるのが感情「思う事や口に出して言う事又は行動」と言われますが、ここら辺が曖昧です。

脳の構造上、我々の行動は以下のように分類されます。

「本能行動:本能中枢の無条件反射(本能行動)=無意識行動」
「情動行動:大脳辺縁系の情動反応(学習行動)=無意識行動」
「理性行動:大脳新皮質の計画行動(学習行動)=意識行動」

本能と情動は共に前意識のより深い領域に含まれ、この反応がそのまま選択されますと無意識行動となり、基本的にはその場での修正は利きません。本能行動は生物学的な無条件反射ですが、情動行動は前意識に収められた過去の学習結果が無意識の内に選択されてしまうという条件反射です。このため、本能行動は全人類に共通ですが、情動行動はそのひとの生後体験によって好き嫌いなどの判定が様々に異なります。従いまして、この場合「痩せたい」と思うのは、現状や体験に基づく質問者さんの情動(感情)ということになります。
理性行動といいますのは、その場の反応だけではなく、現状や未来の結果などを比較して行う計画行動であり、これによって我々は初めて無意識行動の変更が可能となります。何故、意識行動でなければならないかと言いますと、前意識に発生した反応の結果が意識に上らなければ、脳はこれに基づいて計画を立て直すことができないからです。

言語運動といいますのは脳内ではほぼ「熟練運動化」されており、極端な話、我々は無意識でも文法通りに喋ることができます。言語運動の命令は大脳が出しているのですが、ここで考えているのは相手に何を伝えるかといった大雑把な目的だけであり、それにどんな言葉を宛がうかといった細かいことまではいちいち指示していません。その先は、熟練した運動神経の側で宜しく整えてくれているのです。
この服をかっこ良く着るならばもう少し痩せなければならない、このようなものは論理的な計画行動ですが、そう考えますと、ついつい「ああ痩せなければ」などと呟いてしまいます。人情ですよね。ですが、このとき大脳は喋れという命令は出していません。何の目的で何を喋るのかを決めているのが大脳皮質です。まして、服を見た瞬間に喋る相手もいないのについ言葉に出てしまうならば、それは情動行動であり、ほぼ完全な無意識行動ということになります。そして、それは前意識の反応が直接上ってきたのではなく、「無意識な発言という行動の結果」が外回りで意識に自覚されたということです。

では、ここで最も重要なことは、喋ったのは無意識行動であり、質問者さんが自覚したのはその行動が実行されたあとということです。このように、無意識反応といいますのは発生するまで自覚することはできません。これが、我々が自分の意志で以って感情を抑制することのできない理由です。

こんにちは。

>よく自然に思う事や口に出して言う事又は行動は潜在意識の現われだと言われますがこれは本当なのでしょうか?

一応、本当です。
潜在意識といいますのは「前意識」といい、文字通り「意識に上る前の領域」です。ここには価値観や性格、体験記憶など、我々の人格の全てがプログラムとして収められています。ですが、プログラムといいますのは動かさなければ結果は出しませんので、それを直接見ることはできません。ですから、このプログラムが働き、導き出された結果が意識に上ったとき、我々はそ...続きを読む

Q潜在意識

私は常に人に依存します。執着し、嫌われないように尽くし、破滅に向かうばかり。そして常に孤独で寂しくて。私の過去になにかあったのでしょうか。。。。どうしたらこの奥の心をしることができますか?メンタルクリニックやカウンセリングではなく自分で気づくことはできますか?方法があればお願いします

Aベストアンサー

自分を認めてくれる、愛してくれると感じる人には嫌われたくないと 思うのは当たり前だと思います。

「嫌われないように尽くしているが、破滅に向かうばかり」と書かれていますが、それはあなたが、そのお相手の事を疑うというより、あなた自身が自分の事を信じていない、愛していないのかなぁと感じました。
 
スキだ! と、双方の感情が上手く合い、付き合いだしても、同棲しても、結婚しても、自分自身が自分を認めないと、そして他人を認めないと、いつまでも「こんな私を好きになるはずがない」という思いにとらわれてしまい、相手にその確認を迫ってしまうのではないでしょうか?
 自分が自分を認めない以上、誰かが認めて(スキになって)くれてもあなたはずっとその「疑いの連鎖」から逃れられないと思いますよ。
 貴方のことを「好きだ」と思っていても疑いの姿勢で付き合っていたら、そんなあなたはきっと本来のあなたでは、ないからお相手も嫌になってしまうのではないでしょうか?
 誰かと出合ったときのあなたは「あなたらしい本来のあなた」なのだと思いますよ、そのあと「奥の心のあなた」が出てきて、あなたらしさがなくなって破滅に向かわせているんだと思います。

 「奥の心」を知ることより、本来のあなたらしさについて、先に考えてみてはどうでしょうか?
原因を探してもあまり意味がないように感じます。

 メンタル系からアプローチするよりコーチングの方が向いているかなと感じました。
 お勧めは下記です。

参考URL:http://www.executivecoach.co.jp/service/life_b.html#02

自分を認めてくれる、愛してくれると感じる人には嫌われたくないと 思うのは当たり前だと思います。

「嫌われないように尽くしているが、破滅に向かうばかり」と書かれていますが、それはあなたが、そのお相手の事を疑うというより、あなた自身が自分の事を信じていない、愛していないのかなぁと感じました。
 
スキだ! と、双方の感情が上手く合い、付き合いだしても、同棲しても、結婚しても、自分自身が自分を認めないと、そして他人を認めないと、いつまでも「こんな私を好きになるはずがない」とい...続きを読む

Qヒトの潜在意識

一時は好きだった異性に、終わりを告げ、相手も納得するとします
相手からの返事は「もう戻ることはできないんだな・・・」と思わせる内容でもちろんそれ以来
相手からの連絡はありません

それなのに、何となく相手の存在、行動が気になってしまうのはどういう心理が働いているのでしょうか?

Aベストアンサー

個人的な見解ですが、例えば何かしらトラウマがあったとします。人は心理状態を安定させようと本能的にそのトラウマを忘れようと努力します。しかしそれを消し去るためにはとてつもない労力が必要です。かつて好きだった人と別れれば、まずその人を忘れようと努力します。極端に言えばいっそ嫌いになってしまったほうが楽だという気持ちになります。しかしその過程には大変な労力が伴います。別れた異性が気になってしまう心理はまだ相手を忘れ去るための努力をしている過程だと考えられます。そこには心の痛みも存在するでしょう。

Q潜在意識について・・・

ユダヤ人大富豪の教えを読みました。
以前から疑問に思ってたことがその本を読んで新たになりました。
その本の中で著者が彼女がずっとほしいと思ってるのにできないというとユダヤ人大富豪が
本当は望んでいないからといいます。
本心では彼女をつくると面倒くさいとか
いろいろと思っているからできないと言うのですが
どうしてもそれについて疑問なのです。
彼女が欲しいというのは
その人の本当の望みなのに
そんな自分でも気づいていないような
心の奥底が本当にその人の人生に影響してるでしょうか?
そんなこと言ってたらどんな望みにも
心の奥底では思うことがあると思うので
達成しなくなるのでは・・・
私の質問の意味がわかったでしょうか?
説明が下手ですみません。

Aベストアンサー

おもしろい質問ありがとうございます。
営業とか仕事に言い替えると、「売りたいと思っているのに売れないのは、“本当に売りたい”とは思っていないからだ」ということですね。

私は、「売りたい」「彼女がほしい」という欲求は欲求として間違いなく在ると思います。

ただし、「だれにどうやって売ればいいか」「彼女はどうやって作ればいいか」など方法がイメージできていなかったり、実は「努力せずにラクして売りたい。でも無理だろな」「すごいセクシーだけど自分だけに尽くしてくれる彼女がほしい。でも無理だろな」っと思っていて、それを自覚できていないとかありそうです。

「本当に望む」=「強く望む」ということ以外に、「本当に望んでいるのは何か?」を自問自答ししっかり自覚して、目的が明確になってからその達成手段を考える・・・というのが一般的のように思います。

と考えると、受験生が志望大学を決め、参考書や予備校を選んで受験勉強するのと同じになりますが、そんなもんじゃないですか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報