よろしくお願いします。

マウスと人で、免疫機能の違いについて教えてください。
一般的にいわれているマウスと人での免疫機能の違いについて、
特にTNF関連のサイトカインを中心に教えていただければと
思います。

論文も探したのですが、具体的にこれらを比較した論文は
ないようで、
よくまとまった総論などございましたら大変助かります。

具体的には、
Transgenicではない、C57BL/6という通常の免疫機能をもつ
マウスについて知りたいのです。

以上、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

PubMedで検索されたのでしょうか・・・?


因みに、「TNF and C57BL/6 and review」で検索すると8件Hitします。

ヒトのTNFに関しては沢山の総説があると思いますので、それらと比較すれば良いのではと思いますが・・・?

ご参考まで。

この回答への補足

回答いただきありがとうございます。
PubMedでの検索はしたのですが、知りたいのは、
むしろ、純粋に免疫機能におけるマウスとヒトとの違い
だったのです。質問のしかたが悪かったかも知れません。
申し訳ありません

補足日時:2001/12/18 22:56
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTNFス-パーファミリーのOX40のOXって?(サイトカイン)

 こんにちは。

 TNFス-パーファミリーのOX40のOXってなんの略なのかご存知の方がいらしたら教えて下さい。

 自分の研究ジャンルとは全く畑違いなので、すこし文献をあたってみたのですが、よく分かりませんでした…。

Aベストアンサー

Oxford大学のMike Puklavecのグループ?
(Research Assistantらしいので表現が合っているかわかりませんが)
が作ったモノクローナル抗体の通し番号?らしいので、
Oxfordの"OX"ではないでしょうか。

参考URL:http://intimm.oxfordjournals.org/cgi/content/full/16/2/365

Q液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。

液性免疫と細胞性免疫、自然免疫と獲得免疫について教えて下さい。

自然免疫にも液性免疫と細胞性免疫があるという考え方はありますか?
またそれは考え方として一般的ですか?

私としては、獲得免疫には液性免疫と細胞性免疫とがありますが、
自然免疫は細胞性免疫のみという認識です。

これらを組み合わせて説明してある文章を時折見ますが、
著者(文責者?)によってそれぞれの認識が異なっているためか文章の意味が釈然としません。

Aベストアンサー

私は、液性免疫はB細胞による抗体産生、
細胞性免疫はT細胞による働きだと思ってました。
つまり、獲得免疫のなかに液性免疫と細胞性免疫が
含まれるということです。

ただ、液性免疫系とか細胞性免疫系って
言葉になると意味が違って、
自然免疫・獲得免疫関係なく、
液性のもんなら液性免疫系で、細胞が関わるなら細胞免疫系
って使い方をしてると思います。
自然免疫の液性免疫系のものだと、抗菌物質とか補体とか
があると思います。

一般的かどうかはわかりませんが・・・。

Q論文をさがしています。生物 ウイルス 免疫

私は大学学部生で、ゼミで発表する英論文を探しています。

以前、ウイルスベクターについて書かれた論文を読み。その内容に興味をもったので、関連する事柄として免疫の自己・非自己について調べたいと思いました。

この書き込みをご覧の皆様のなかで、オススメの論文を知ってる方、是非教えてください。

keyword  ウイルス ベクター 免疫 自己・非自己 分子細胞生物学

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

論文を調べたいのであれば、
PubMedの検索方法を先輩に聞いたほうがいいのではないでしょうか。
とりあえず、英語でないものも混ざっていますが、
PMID: 16476048
PMID: 16474276
PMID: 16212917
PMID: 16212882
PMID: 16106238
PMID: 15561691
PMID: 14657092
PMID: 12630915
PMID: 11556490
PMID: 11375065
PMID: 10438108
PMID: 9840700
PMID: 8901531
PMID: 8652928
PMID: 1718640
あたりを読んでみてはいかがでしょうか。
フリーなので、自宅でも読むことが出来ます。

Q自己免疫と能動免疫

自己免疫病という病気がありますが能動免疫と自己免疫とはどのように違うのですか.

Aベストアンサー

自己免疫は、能動免疫の一種でしょう。

能動免疫と対比されるのは、自然免疫ですね。

自己免疫病というのは、本来攻撃の対象から外さなくてはならない「自己」(自分の体の組織)に対して免疫反応を起こしてしまう状態のことを言います。

能動免疫は、抗原と出会うことにより獲得される免疫のことで、
自然免疫は、そのような過程を経る必要無しに備わっている免疫機能のことです。

Q全身免疫と粘膜免疫について

経粘膜免疫法で粘膜免疫にはIgA抗体、全身免疫にはIgG抗体の分泌を誘導できるのに、全身免疫から注射免疫をしても粘膜免疫を誘導できないのはなぜですか?

Aベストアンサー

No.2のものです。
回答の補足ということで・・
質問者様がどのような方かはわかりませんので、またおおざっぱな説明にはなってしまいますが。

IgAは粘膜上に分泌されている状態で血中にはあまりまわりません。
鼻水等によく分泌されています。
粘膜の下で産生されて粘膜の中を通って粘膜上を覆っているというようにお考えください。
粘膜免疫は粘膜の上から刺激する必要があるとお思いください。
粘膜の下から抗原提示は行われません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報