テレビで、業績が下降した大企業が早期退職者を募り退職してくれた人には、退職金+α(アルファ)を支給するということが放映されています。そこでなぜ企業は退職金のほかにα(アルファ)のお金を退職者に支払うのでしょうか?このお金は法律で支給が決まっているものなのでしょうか?解雇権を使えないため、やめてもらうための餌みたいなものなのでしょうか?

というのは、父が60歳定年の企業で働いてきましたが、最近は体を壊し傷病手当を受給しています。もうすぐ受給期間(1年6ヶ月)が過ぎるので、退職してくれ、と会社に言われてるのですが、退職金は60歳で辞めたときと同額が支給されるとのこと。
会社側が退職してほしい、ということであればやはりなんらかの上乗せは支給されるのでは?支給されなければ退職しなくてもいい、と本などで調べた結果、考えているのですが、間違っているでしょうか?
ちなみに会社は労働組合もあり、ちゃんとした会社です。もうすぐリミットなのでなるべく早い回答とご親切な回答をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

既にお二人の方が回答されているので、それ以外で気が付いた事を・・。


一年半経過する、会社側は復職を拒否できるのではないでしょうか。

会社規則によりますが、勤続○年以上欠勤6ヶ月に達した時から休職開始、休職期間12ヶ月・・などと規定があると思います。

会社によって記載方法や期間はわかりません。

つまり、休職期間はいつまでと、決めているわけです。
逆に言えば、その期間で、完治しなかった場合は、復職できないわけですから、退職となる・・という考え方ではないでしょうか。

社則を確認してみてください。
事情により、休職期間の延長を認める場合もあります。などと書かれている場合もありますが、「認める場合も」あるわけで、一般的には決められた期間で、終わってしまうわけです。
上乗せに関しては、難しいかもしれません。
なぜなら、現在の休職の理由です。(病気の)
会社に責任があるのか、ないのか、後どの位で治ると診断されているかです。
例えば、後一ヶ月で完治(復職できる)と診断されているのに、今やめなさい!といわれていれば、上乗せの可能性も考えられます。
現実の企業では「50歳以上」定年扱いをして、早期退職を促している会社もあります。好景気だったころに比べ、会社も厳しいのだと思います。
組合に相談は勿論ですが、どの位で復職できるとか、どのような条件なら復職できるかをお医者様と相談され、その条件を組合に話される事をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。傷病手当をもらうきっかけになったのは、実は会社からの勧めでした。なので、それについていま会社と話し合っています。よくありがちですがいまはいない人事担当者がリストラさせようとそういう話にしたのです。
ま、この辺は会社との話合いでなんとかしようと思います。

私の周囲では2,3人の方が早期退職させられてますが、やはり上乗せ金はもらっています。このご時世ですから会社にも都合はあるでしょうが、定年60歳のつもりで健康などを犠牲にして働いてきたほうとしては、早期退職なのにそのあとの保証をしないというのは筋がとおらないと社会人である私も思います。そういうことをわかっているから、新聞報道される早期退職を募る企業も退職金を上乗せするのだと思います。

キーの退職規定なのですが、私は目にしたことがないので取り寄せています。ただ、どこの企業にしても早期退職の場合退職金にいくらか上乗せする、もしくはしないというようなことが本当に書かれているのでしょうか?もし、そういうことが書かれている企業があれば情報お寄せください。

今後はユニオンや弁護士などとも相談しながらやっていきますので、もし良きアドバイス、いいHPなどがあれば今後ともよろしくお願いします。できれば経過報告もしたいと思っているのですが・・・

お礼日時:2001/12/20 17:01

退職金は、会社の退職金規程により支給され、早期退職による上乗せ支給は、退職金規定以外の特別措置として運用されていると思いますが、退職金の支給も上乗せ支給も、法的に規定されたものではなくて、企業が独自に規定を設けています。


したがって、退職金規程のない会社もあります。
ただ、会社に退職金規程が有り、それを守らない場合は法的に保護されます。

企業が退職金の上乗せをしてまで、早期退職を推進するのは、定年までの支払う人件費を結果的に低く抑えることが出来るのと、従業員の若返りによる年功賃金の抑制を目的としています。

会社が、お父さんに対して早期退職を勧告る場合、上乗せ支給が有るかどうかは、法的には規制が無く、会社が個々に条件を出すことですから、会社側に効かないと判りません。
また、勧告を拒むことも自由ですが、今後の待遇に変化が起きることも予想されます。
組合が有るとのことですから、組合に相談されるのが一番良いと思います。
    • good
    • 0

 退職金の支給規定は、それぞれの会社の就業規則で規定するものですので、会社によって支給方法や支給率が異なります。

早期退職希望者への退職金の上乗せは、退職金は規定で決まっていますので、退職までの期間の人件費を考えると退職金を上乗せして退職していただいたほうが、会社として経費が得になるという計算をするのと、退職金の上乗せという言葉に魅力を感じて、早期退職をする人もいるということですね。

 傷病手当金を受給しているのであれば、身分としては休職扱いでしょうか。一般的には、休職期間は在職年数に含まない場合が多いかと思いますが、このような状況で退職した場合に退職金が上乗せになるかどうかは、会社の退職金の上乗せ規定に合致するかどうかの判断です。組合があるのでしたら、そちらに相談をする方法もありますので、損をしない方法を選択してください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職金の金額について

年齢30代、勤続6年、一般事務、女、独身、給与25万、年収380万
名目上はリストラ

退職金積立が50万円程度ありますが、妥当な退職金の金額はどれくらいでしょうか?

退職金積立50万円+1月分の給与25万で 75万位 でしょうか?
(1月前解雇予告はしています。)

Aベストアンサー

『年齢30代、勤続6年、一般事務、女、独身、給与25万、年収380万 名目上はリストラ退職金積立が50万円程度ありますが、妥当な退職金の金額はどれくらいでしょうか?退職金積立50万円+1月分の給与25万で 75万位 でしょうか?(1月前解雇予告はしています。)』

6年の勤務では、退職金が出ない場合のほうが多く、すずめの涙の3万円(最低)~18万円(最高)程度です!退職金の支払の規定では、大体15年~20年以上の勤務でないと、もらえないはずです。あなたは、ある意味ホントラッキーですね。

年金と退職金の給付方法は、確定給付型年金型ですか、確定拠出型年金ですか?また、あなたの企業は、基金型ですか、規約型ですか、適年型ですか?他、あなたの会社は年齢給ですか?実績給ですか?等他色々な種類の決まりのもとに、信託銀行等他の機関等で、退職金、年金の支給者などから、企業が年金や退職金の為に用意しなくてはいけない、責任準備金等の計算を専門にしている部門があるんです。其処での私の扱った例を話します。実績の給与は、面倒なので、年齢給の例で話をさせてください。

給与天引きの積立をしていたのであれば、退職金積立の50万円の利息なし+リストラによる、1ヵ月分の給与の25万円の支給が妥当ではないでしょうか。それに、沢山の人がリストラに遭う緊急な事態と考えて多く見積もった場合です。

ですが、企業がそれすら払えない状況に陥っている場合は、それにいくらかの、国債やら社債やらなにやらの利率等の複雑な計算のもと、退職金の金額には、1.0265(良い場合)とか、0.7986(まあまあの場合)とか等の数値を掛け算したものではないでしょうか!

リーマンの後の引きずりの場合、0.26543(最悪の場合)になる可能性もあるので、此処で素人に聞いて気を揉むよりも、聞きずらいかもしれないのですが、会社の財務部又は総務部の給与や社保の扱をしている部門の方にお聞きしたほうがよろしいのではないでしょうか。

『年齢30代、勤続6年、一般事務、女、独身、給与25万、年収380万 名目上はリストラ退職金積立が50万円程度ありますが、妥当な退職金の金額はどれくらいでしょうか?退職金積立50万円+1月分の給与25万で 75万位 でしょうか?(1月前解雇予告はしています。)』

6年の勤務では、退職金が出ない場合のほうが多く、すずめの涙の3万円(最低)~18万円(最高)程度です!退職金の支払の規定では、大体15年~20年以上の勤務でないと、もらえないはずです。あなたは、ある意味ホントラッ...続きを読む

Q自己都合退職したのに、なぜか会社都合の額の退職金が支給されることになりました

鬱で10ヶ月の休職後、自己都合退職しました。
当然、自己都合退職ということで低い額の退職金が支給されるはずだったのですが、なぜか会社都合の額の退職金が支給されることになった旨の連絡が会社から来ました。
会社側は、何を狙って会社都合の額の退職金を出すのか、わかる方はいらっしゃるでしょうか。

Aベストアンサー

No.2です。

基本的に会社都合退職に会社はどういう事であれしたくないと思います。会社に何か問題でもあるのかなとハタからみると感じられますからね。

ただ、あなたはご自分で退職願をだして退職した。

当然自己都合での退職のつもりでいたという事ですね。

そういう社員をあえて会社都合にして退職金支給額も多くしたことを、あなたがいぶかしく思う事はないと思います。

わたしだったら、退職後に日をあらためて、ご挨拶と、病気とはいえ勝手をした事を謝罪に伺うと思います。

失礼なことを書いて申し訳ないですが、病気の時は少し精神的に不安定になって猜疑心が大きくなったり被害妄想がおおきくなったりしました。

病気で失業して、孤独感や喪失感だけが残ってそういう気持ちになってしまった事が私の経験であります。

善意に解釈したほうが得ですし、それに、その話から推測するには、会社側に悪意は何もないような気がします。

全快されるといいですね。

Q退職金の税金

私は平成元年度教師として社会人になったのですが、平成19年度から神経症という病気になってしまい今年度末退職することにしました。だいたい退職金は1100万円くらいだそうです。そこで質問なのですが退職金にも税金がかかるとききました。どれくらいかかるのでしょうか。それから税金を少しでも減らす方法がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。

付け加えます。
貴方が今年、退職金以外の収入がいっさいないといことであれば、基礎控除38万円を引くことができます。
なお、今年、社会保険料(健康保険料、共済年金、国民年金など)を払えばその分も控除でき、税金がいっさいかからないということもありえますね。

所得税
控除額 800万円+70万円×(23年(勤続年数)-20年)=1010万円
(1100万円-1010万円)×1/2=450000円(課税所得)
(450000円(課税所得)-38000円(基礎控除))×5%(税率)=3500円(税額)

住民税
(450000円(課税所得)-33000円(基礎控除))×10%(税率)=12000円
12000円-(12000円×10%)=10800円(税額)

住民税の基礎控除は33万円です。

Qシャチハタは企業側が支給すべきか?

認印として使用するシャチハタですが、先日とある職員から支給されないのか?との問い合わせがありました。

私個人としては、社会人であれば認め印の1つくらい持っていて当然であり、労働契約書書面で認印を押しているので実際、持っている。ましてや辞めてからも使うもので、自分の認め印であるのだから自分で用意するのが当然。1つ、1000円のシャチハタでも職員分買えば結構な額になり、今後入職してくる新人さんにも全員プレゼントする事になり経費もかかる。
このように思うので支給する必要はないと考えております。

実際、皆様はどうお考えになるか教えて下さい。お願い致します。

Aベストアンサー

会社経営者です。

クリニックということで、そもそも「認め印」とはなにか、というところから話をしたいと思います。

どんな仕事でも、業務である以上その人に責任がつきまといます。病院のようなところであれば、患者さんの薬をカルテに記載する医師の認め印、薬を調合して出す薬剤師の認め印、それを確認して配る準備をしたステーション内の看護師などの認め印などです。

一般的な業務の会社でも、社内回覧の認め印は責任がありませんが、見積りや請求書・領収書、稟議に関わる決裁書類など認印を押す場合はたくさんあります。
これをどこまで会社支給にするのかは、そもそも「認印」をどこの範囲まで許容するか、ということにつながっていきます。

たとえば、大きな会社で何十億も動くような稟議で、シャチハタを使っている会社はまずないでしょう。陰影が鮮明でないこと、インクの仕様上消えてしまうこともあること、同じ印鑑を購入して偽造することが簡単なことが理由です。

ですので、社内の決済で使うのは、シャチハタ方式でも日付と名前の入ったものを支給して「それ以外は認めない」とするのです。

要するに「間違いなく押すべき人間がおしたかどうか」が確実であればいいわけです。

認印の重要性というのは、簡単にいえば「偽造」が防止されているかどうかです。社内回覧程度なら、偽造されていても大した問題にはなりませんが(なるかもしれないけど、それは社内的なこと)契約書に関わるような内容なら大変なことになります。

では、実際に法律的に認印というのがどのように規定されているか、というと、実はなにもありません。印鑑証明については規定がありますが、それ以外のいわゆる認印にはなにも規定がないのです。ですから、どのようなやり方をしてもかまわない、ということになり、それが後々本人の特定ができればよい、ということになるわけです。

はっきりいえば、小さな数人で運営しているような企業であれば、はんこである必要はありません。サインで十分です。サインと認印の効力はまったく同じです。

サインを記載する枠の大きさはどのような書類であっても一定にして、各自にその枠に入るサインを決めさせ、原本を保存しておけば本人確認できます。

医療行為の都合上、法的な位置づけのある認印ということであれば、有資格者の責務上の署名という扱いですから、この場合は会社で用意するほうがいいでしょう。

弊社でも公的な書類を作るため、そこに押す有資格者の印鑑は会社で用意しています。

会社経営者です。

クリニックということで、そもそも「認め印」とはなにか、というところから話をしたいと思います。

どんな仕事でも、業務である以上その人に責任がつきまといます。病院のようなところであれば、患者さんの薬をカルテに記載する医師の認め印、薬を調合して出す薬剤師の認め印、それを確認して配る準備をしたステーション内の看護師などの認め印などです。

一般的な業務の会社でも、社内回覧の認め印は責任がありませんが、見積りや請求書・領収書、稟議に関わる決裁書類など認印を押す場合は...続きを読む

Q退職金制度・退職金共済

ハローワークの求人票に退職金制度・退職金共済についての記載がありますが、これらに関してのみいい順に並べると 1.退職金制度あり・退職金共済あり
2.退職金制度あり・退職金共済なし
3.退職金制度なし・退職金共済あり
4.退職金制度なし・退職金共済なし
ですか?

Aベストアンサー

2と3は逆かな
なぜなら 退職金制度は内部積み立て等だから経営悪化の場合は出ないこともあるが、退職金共済は外部への積み立てだから 基本的に支払われる。

Q営業カバンを支給する職種・企業ありますか?

営業カバンを支給する職種・企業ありますか?

今現在営業をされている方で、会社から支給されている鞄を使っている方はいらっしゃいますか?
または、会社から支給されている鞄を使っている業種・企業を知っている方がいらっしゃれば教えて頂ければと思います。

Aベストアンサー

郵便局の外交員は社給の鞄です
売薬さんも社給品です

Q退職金

こんにちは。
退職金について質問です。

2011年2月に派遣社員として入社し
同年4月に契約社員になり、さらに同年7月に契約更新され以後1年ごとに更新され今に至ります。

2011年4月に契約社員として入社し、同年に7月に1年の契約更新をした同僚がいます。
同僚は2012年5月に退職しました。退職金は月給一月分だったといっていました。

わたしは退職を考えてます。時期をどうするか悩んでいます。
来年1月、2月、3月、4月、6月に退職するのでは退職金は変わってきますか。
変わるとしたらどれくらいでしょうか。

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

多くの会社では勤続年数で支給額が決まると思いますから、勤続年数が年を超えるタイミングが最も有利かもしれませんが、1年未満の端数月の扱いは会社の規定次第です。ただ勤続が長いほど多くなる可能性は大ですから、遅い方が少しでも多くなるかもしれません。
具体的には貴社の退職金規程をご覧になることですね。

Q自己都合退職・会社都合退職

このところ会社によるいじめをうけています。
経理の仕事をしているのですが、仕事をとりあげ、あげくのはてにはやったこともない仕事に配置換えをされました。
会社は解雇をしたいようですが、助成金をもらっているため解雇者をだしたくはなく、自分からやめるようこういう事をするようです。
この場合退職に至ったときは会社都合退職にならないのでしょうか?
回答どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

負けないでください。

私も1ヶ月仕事をもらえず、その間出社だけしていたことがあります。
でもそれを機会ととらえ、普段できない勉強をしていました。
会社からは「電話にも出ず、来客の応対もせず、一日中ここにいなさい」と会議室を与えられましたから。

それから異動になりましたが、ここでは3ヶ月もの間机がありませんでした。仕事だけは少しありましたが、私の仕事ではなくほかの人からもらっている状態でした。

その会社は結果としては辞めたのですが、4ヶ月は耐えたわけです。
その間に会社は辞めさせようとしていたので、私は弁護士相談に行き(市民相談で無料です)、示談書や念書といった書類の書き方も習ってきました。
要はどうしてもやめさせたかったら「和解金」を払うようにということです。

残念ながら私ぐらいのいじめにあっても会社都合にはなりません。
自分の身は自分で守るよう、強く闘ってくださいね!

Q退職金の額はどうやって計算すればいいのですか

4年勤めた会社を辞める際、もらえる退職金はどれくらいになるのでしょうか。
最低額などの基準の規定はあるのですか?
3年以上勤めれば退職金がでる、ということくらいしか
わかりません。
経営状態もあまりよくないようなので、
もらえる場合、最低額など知っておきたいので
教えてください!!

Aベストアンサー

皆さんがすでに回答なさっている通り、基準は会社によって全く違うのです。ちなみに私は1回目2年間で10万円。2回目2年半でゼロ。3回目4年で100万円。を経験しました。
大学院を卒業して10年間勤めた知人は「12万!」(5年以下は支払いなし)と、言っていました。
経営状態とは関係なく、規則にのっとって支払われると思いますが、早めに確認をされた方が良いと思います。

Q総支給額はそう変わらないが基本給激減。厚生年金や企業年金や傷病手当金などに影響ありますでしょうか?

教えて頂きたいのですが…
勤続十数年になるんですが、給与制度が改正されて
来期から基本給が大幅に減額されます。
総支給額としては3万円程減額になる予定ですが基本給は10万減その他は業績により毎月流動し、手当扱い?になるようです。
トータルでもかなり減額になる場合2、3年で少しづつ減額していくようです。

そこで教えて頂きたいのですが、基本給が20%以上減額した場合は、会社都合で雇用保険の手続きの退職は可能なのでしょうか?
それとも総支給額の内の20%なのでしょうか?

厚生年金、企業年金など基本給が激減すると掛金も減るものなのでしょうか?
傷病手当金も基本給で計算されるのでしょうか?
もし退職するとしたら雇用保険も激減するんでしょうか?
 
基本給が激減することによって、何がどのように変わり損をするのかが
検討もつかない為アドバイスを頂きたくどうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

詳しくないのにすみません。

> 雇用保険

は「基本給」でなく「収入」をベースに計算されるので、
大幅には変わらないと思います。

でも支給額は、もとからあまり多くはないですけどね。

お勤めの会社の規約がどうなってるかにもよりますが、
「退職金」が「基本給のxx」と規定されてれば影響は大きいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報