仕事上で0~5Vの電圧を0~24Vの電圧に変換する必要があります.
しかし、私にはそういう知識は全く無く,困っています.
 基板上で行いたいため、オペアンプやなんかIC関連のものでもいいので
小型で変換できるもの、または方法を何か知りませんか?
どなたか知っていたら教えてください.お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

電源の話として解釈します。

リニアテクノロジーから簡単な外付け部品だけでステップアップコンバーターを組めるICが出ています。参考URLに詳細がありますし、これらのICを使った回路をシミュレートするための簡単なCADソフトもダウンロードできます。

完成品のユニットであればTDKやキンセキあたりから多数出ていますのでそれらを使用すれば簡単でしょう。

参考URL:http://www.linear-tech.com/pub/q_srch.html?targe …
    • good
    • 0

変換したい電圧は「信号」ですか、それとも「電源」ですか?


それによって方法が変わると思います。
「信号」であれば、所望の増幅度をもつ増幅回路で対応できますが、
「電源」であれば、必要な電力で回路の詳細が変わってきます。
そのあたりを明確にいていただかないと、回答できないと思います。
    • good
    • 0

容量とかが解らないですが、


ICでしたらマキシム・ジャパンとか、アナログ・デバイセズのICはどうですか?

これで容量が足りないのなら、後はTDKかな?

参考URL:http://www.analog.co.jp/,http://www.maxim-ic.com …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4月からV-max(新車)が買えなくなるって本当ですか?

私はV-maxに乗りたくてバイクの免許(今は中型)を取りました。1年以内に大型免許を取ってV-maxを買おうと思っていたのですが、4月以降排ガス規制のために新車のV-max(逆車)の登録ができなくなるという噂を聞きました。この噂が本当か知りたいのです。
もし本当なら3月中にV-maxを買って、とりあえず大型免許を取って乗れるようになるまでガレージに置いておこうと思うのですが、ただ置いておくだけでもバイクは痛むと聞きました。これも本当なのでしょうか?
私は女でしかも小柄。でもV-maxのためにバイクの免許を取ったし、いつかV-maxを乗りこなせるようにと運転技術を向上させたくてライディングスクールにも通っています。これでV-maxに乗れなかったら・・・と思うと悲しくなります。
どんな情報でも構いません。ご存知の方教えてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

排ガス規制でV-MAX(逆車)が入らなくなるかはよく分りませんが、買ったバイクを長期にわたり放置すると色々不具合が生じるのは確かです。(体験済み)
ガソリンタンクからガソリンを抜いて放置すれば、タンク
内部に錆が出ます。かといってガソリンを入れたままだと
ガソリンが酸化しキャブレター内部に付着し、キャブのオーバーホールをしなくてはならなくなります。(かなり長期に放置した場合)
当然、バッテリーもはずして保管しなければならないし、
エンジンオイルも抜いた方がいいと思います。
クラッチがくっ付いてしまう事もあるので、クラッチレバーをグリップに引いた状態で固定したりとか、色々です。
よく周に1度くらいエンジンをかけ、数分間アイドリング
状態にすれば何とかなる・・・などと言われましたが
私の場合はあまり効果が見られませんでした。
なんにせよ、もし限定解除をする前にバイクを購入するなら(期間にもよりますが)それなりの覚悟は必要かと思います。
バイク(とくに大型)は楽しいのでがんばってください。

Q負電圧を正電圧に変換したい(PIC AD変換)

PICマイコンを使いLCDにATX電源の電圧表示をする回路を組んでます。
使っているマイコンはAD変換付きの16F877です。
3.3V,5V,12Vは問題ないのですが、-12Vの測定で悩んでます。

まだ試してないのですが
1・別途AD変換ICを容易して-12VをGNDにする
2・分圧しOPアンプで反転・増幅して取り出す(出来るのでしょうか?)

アドバイス・ヒントで構いません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使える電源が+3.3V、+5V、±12V しかないので、以下のように、±12V をOPアンプの電源として(これは変動しても大丈夫)、入力を1/5に分圧してから3V電圧シフトすれば測定できます。+12V入力時には +5.4V、-12V入力のとき 0.6Vが Vout に出力されます。つまり Vin = 5* ( Vout - 3V ) という計算で Vin を測定できます。

                       ┌────────┬─R7── +12V
                       │            │+
                      7├ C ┨         C1
                 3 ┏━━┷┓           ┷ -
 Vin ─ R1 ─┬─┬──-┨+    ┠──┬─ R6 ─┬─── Vout (A/D Input)
         R2 C   2┌┨-    ┃1   │      C
 GND ───┼─┘   │┗┯━━┛   │      ┷
 (0V)      ┷      │4 ├ C ┨    │
                 │  │       │
                 ├─ )─ R4 ─-┘
                │   │
                │  └───────────-┬──-┬─R7─ -12V
                R3                     R5    │-
                │                ┌──┤-5V  C1
                │ 7┏━━━┓5  Vc   │   │    ┷ +
              Vc├─┨    +┠──┬─→VR   ▼ ZD
                │  ┃    -┠─┐C    │   │
                │  ┗━━━┛6 │└──┴──┤
                └───────┘         ┷
     8     5        
     ┏━━━┓         ┬ ┴ ┤├ ┼ はつながってる配線  
      )     ┃Top View   ─)─ はつながっていない配線
     ┗━━━┛         
     1     4         R1 = 100kΩ*、R2 = 10kΩ*、R3 = 10kΩ*、R4 = 10kΩ* + 1kΩ*
     TL072            R5 = 10kΩ、R6 = 100Ω、R7 = 100Ω
     MJM4558など       C = 0.1μF(積層セラミック)、C1 = 100μF(電解)
                    ZD = 3V~10V ツェナーダイオード、VRは 1kΩ~100kΩ、*は精度1%

この回路で、R3の下側の電圧を Vc とすれば
   Vout = R2*( R3 + R4 )/{ R3*( R1 + R2 ) }*Vin - R4/R3*Vc
となります。したがって R1 = 100kΩ、R2 = 10kΩ とすれば
   Vout = 10/110*( 1 + R4/R3 )*Vin - R4/R3*Vc
となるので
   10/110*( 1 + R4/R3 ) = 1/5
とするには、R4/R3 = 1.1 ( 例えば R3 = 10kΩ、R4 = 11kΩ)とします。すると
   Vout = Vin/5 - 1.1*Vc
となります。- 1.1*Vc の部分はキリの良い電圧のほうが計算しやすいので、たとえば
    - 1.1*Vc = 3V
と決めます。すると、Vc = -2.7273V
となり、結局
   Vout = Vin/5 + 3V
となります。

R1~R4 は変換精度に影響するので、精度1%の金属皮膜抵抗を使ったほうがいいでしょう。OPアンプは2回路入りのNJM4558 やTL072など、バイアス電流が1μAを超えず、±12Vの電源電圧に耐えるものなら何でも使えます。OPアンプの電源端子(4, 8pin)についているコンデンサはパスコンですので電源pinの近くにつけてください。他の C は高周波のノイズ除去用ですが、これはなくても構わないかもしれません(測定対象がノイズの多いスイッチング電源なので念のために入れました)。Vc の電圧(-2.7273V)は ZD(ツェナーダイオード)の出力電圧をVR(可変抵抗)で分圧して作り出します。ZDを使ったのは部品1個で済むためですが、ZDが手元になければ、三端子レギュレータ [1] やシャントレギュレータ [2] でも構いません(最終的に -2.7273Vが作れればいい)。+5V電源や±12V電源を分圧して 5V を作らなかったのは、電源電圧が変動するとこの基準電圧が変動してしまって意味がないからです。R7とC1は電源ラインのノイズ除去用です。C1の極性に注意してください。

[1] 5V三端子レギュレータ http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=%22I-01250%22&s=popularity&p=1&r=1&page=0&cl=1
[2] 5Vシャントレギュレータ http://www.sengoku.co.jp/modules/sgk_cart/search.php?toku=%C8%BE%C6%B3%C2%CE%C5%C5%B8%BB%C2%BE&cond8=or&dai=&chu=&syo=&k3=0&pflg=n&list=2

使える電源が+3.3V、+5V、±12V しかないので、以下のように、±12V をOPアンプの電源として(これは変動しても大丈夫)、入力を1/5に分圧してから3V電圧シフトすれば測定できます。+12V入力時には +5.4V、-12V入力のとき 0.6Vが Vout に出力されます。つまり Vin = 5* ( Vout - 3V ) という計算で Vin を測定できます。

                       ┌────────┬─R7── +12V
                       │            │+
                 ...続きを読む

QV-MAXのライバル車は出てこないか??

僕のイメージですがV-MAXの対抗車はX4だと思います。
しかし、X4は生産中止となりV-MAXの対抗車が
なくなってしまったように感じます。
今後X4の復活やV-MAXの対抗車としてドラッグマシン
が新発売されたりすることはないのでしょうか?
個人的にはX4が好きだったので生産中止なったことは
非常に残念です。

Aベストアンサー

この車種なんかどうでしょう?
排気量の違いがあるのでライバルとはいえないかもしれませんが。

参考URL:http://www.presto-corp.jp/lineup/05_mt-01/index.html

Q電界Eと電圧Vの関係を積分形であらわすとどうなりますか?V=∫Edxで

電界Eと電圧Vの関係を積分形であらわすとどうなりますか?V=∫Edxでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
惜しいですね。

V = -∫E・dx
です。

なぜかというと、

1.
Vは地図で言えば標高。電界は坂道の急峻さ。
山頂をVボルト、山のすそを0ボルトとすると、
プラスの電荷を坂道にそっと置くと、山頂から斥力を受けるので、坂道の下方面に動こうとします。
一方、Vは坂道を上る方向をプラスとする量なので、VとEは符号が逆になります。

2.
E と dx の間に ・ を打っているところが味噌です。
これは、E や x がベクトルの場合、E・dx は、E と dx の内積です。
E と dx が直角の関係だと、V=一定値 になりますが、
これは、等高線に沿っていくら歩いても、登山者がいる標高が変わらないことを意味します。

ベクトルの場合、E や x や dx は、太字で書きます。
ちなみに、V は標高ですから、ベクトルではなくスカラーです。

以上、ご参考になれば。

QV-MAXについて

私の知人がV-MAXに非常に興味があるらしいので、いくつか質問させていただきたく投稿しました。

・まず、インプレ集などでV-MAXは加速「感」が物凄いとよく見ますが、加速感が凄いだけで実質の加速はさほど凄くないのでしょうか?
CBR1000RRやR-1など各社SSと比べると厳しいものがあるかとは思いますが、排気量なりの加速は味わえるのでしょうか?

・あと、以前雑誌で時期V-MAXが発売されるという記事を見たのですが、皆さんの予想ではいつぐらいに発売されると予測されていますか?

それではよろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際の加速も凄いです。
ほとんどの人が満足できます。
しかし現在ではもっと速いバイクがあるのが現実です。
V-MAXの基本設計は85年から同じですから。

新型は、まだ出ないんじゃないですかね。

Qオペアンプのオフセット調節について

ひとつのICの中にオペアンプが複数個ある場合、オフセット調節ピンはオペアンプの数だけICに調節ピンを用意する必要があるのでしょうか??たとえば、ICの中にオペアンプが6個ある場合はICの内部で配線を共通にして一組の調節ぴんとしてしまって良いのでしょうか。ご回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。

それはダメでしょう。同じチップ内でも全てちゃんと特性が全く同じにできないから調整端子を設けるわけです。

全部の端子を出すか、全く出さないで、入力に差分を逆相で加えて補償してもらうんじゃないでしょうか?

実際に使う場合にはオペアンプ回路をいくつもつないで使う場合は全段で補償はせずに、増幅度の一番大きい段のみで補償します。

QV-MAXに似たバイク

この間雑誌を見ていたらV-MAXというバイクがあり、一目惚れしました。

V-MAXの形似た中型・大型のバイクってあるのでしょうか?

中型・大型バイクについて全くの初心者なので失礼な質問かもしれませんが、ご存じの方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ああ、判りますその気持ち。
私も20ン年前にV-MAXにあこがれて限定解除したオッサンですので。
あまり似たのってないんですが、
意匠的に類似点があるとすると
FZX750とかT-MAX(これはスクーターですが)あたりでしょうかね‥‥。

Qオペアンプのバイアス電流の影響

現在フォトダイオードから出る電流をオペアンプの帰還抵抗を使って電圧にかえる回路を作製しています。

暗室で光が全く当たらない状態で回路が動くか試してみたのですが、2.5V近く出ています。これはバイアス電流の影響なのでしょうか?また普通に光を照射させると、この電圧を足した出力電圧がでるのでしょうか?

回答よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

> フォトダイオードのデータシートで暗電流を確認してみたところ
> 最大で0.02nAだったので、暗電流の影響かと思われます。
LM358Nのデータシートでバイアス電流を確認したら100nA(>>0.02nA)でした.
http://www.national.com/JPN/ds/LM/LM358.pdf
暗電流の問題とは思えませんが?

> 暗電流というのは、・・・
フォトダイオードの技術資料を読めばわかると思うけど.
用語の説明
http://jp.hamamatsu.com/resources/products/ssd/pdf/tech/si_pd_term.pdf
特性と使い方
http://jp.hamamatsu.com/resources/products/ssd/pdf/tech/si_pd_technical_information.pdf
応用回路例
http://jp.hamamatsu.com/resources/products/ssd/pdf/tech/si_pd_circuit.pdf

QV-MAX乗りの聖地

V-MAX乗りの聖地ってどこですかね?

Aベストアンサー

V-MAXに限ると難しいですが、ヤマハ車の母胎ということで静岡県磐田市の製造工場はいかがでしょうか?

東京圏、大阪圏のライダーとも集まりやすいエリアなのでオフ会も多く開催されているみたいです。

Qオペアンプについて教えてください。

オペアンプの特性にとして、入出力の増幅の線形性がどこまで成立し、線形性が成立しなくなるのはなぜか?教えてください。

Aベストアンサー

OPアンプ単体の電気的特性は、反転入力端子にかかる電圧をV1、非反転入力端子にかかる電圧をV2とし、出力電圧をV0とした場合、
 V0 = (V2 - V1)・Ad = Vd・Ad
 となる。ここで、Vdは反転入力端子に対する非反転入力端子の差電圧、Adはその差電圧に対する増幅率。
 また、OPアンプにはOPアンプの電源電圧より大きくはならないという特性もある。この特性により、いくら効率のいい回路を作ったとしても、必ずOPアンプの電源電圧(±共に)のところで横軸に平行となる。

 結論は、理想回路では、線形性が成立するのはOPアンプの電源電圧まで(±ともに)。成立しなくなる理由は、上記より。

 さらに詳しいことは、下記参考URL参照。

参考URL:http://markun.cs.shinshu-u.ac.jp/learn/OPamp/whatop.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報