第二次世界大戦中、JOAK(NHK東京放送局)から放送された演奏記録、資料を入手する方法をご存知の方、教えてください。時期は、1941年(昭和16年)です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まずはNHKの放送博物館に問い合わせるのが早道でしょう。



戦争中のラジオの展示コーナーは【戦時体制とラジオ放送(昭和12年~20年)】にあります。

日中戦争への突入から太平洋戦争を経て終戦までの言論統制がきびしさを増した時代、玉音放送による終戦などを取り上げている。


http://www.nhk.or.jp/bunken/museum-jp/

参考URL:http://www.nhk.or.jp/bunken/museum-jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第二次世界大戦の原因

第二次世界大戦の原因

第一次世界大戦でこりたにもかかわらず、どうして短期間のうちに第二次世界大戦が起こったのでしょうか。

第二次世界大戦の根本原因を教えてください。

また、どのような原因と結果の積み重ねで第二次大戦が起こったのか、その「原因と結果の流れ」を教えてください。

Aベストアンサー

第二次大戦は規模が大きかったから目立つだけで、歴史的にはむしろよくあるパターンが再度繰り返されたように見えます。

つまり経済的に貧しい国が、富国強兵・富国強兵で軍備を増強して富裕国へ攻め込むというパターン。第二次大戦ではこのパターンの国がドイツと日本の2国あったので規模が大きくなりましたが、世界史的にはゲルマン人のローマ帝国侵略とか、突厥の中国蚕食とか、中世の十字軍も広い意味でいえばそうであるし、日本史でも武田軍の信濃侵攻とか、島津軍の九州北上みたいなもの。これらの場合、侵略には略奪がセットになっているので、貧しい国にとっては戦争は半分経済活動でもあった訳です。

そう考えると、第二次大戦の根本要因は貧富の差だといえます。
で、貧富の差は現在むしろ大きくなっているので、第二次対戦で懲りたどころか、同じようなものは再度おこってもおかしくないと考えるべきです。一例を挙げればイラクとリビアと北朝鮮みたいな国、これが同時に暴発して、中国あたりが援助すれば用意に第三次大戦にはなり得るでしょう。
その抑止力があるとすれば核でしょうか。つまり、今度大戦をやったら勝者はいないという意識が辛うじてそのような事態を食い止めているのかもしれません。

第二次大戦は規模が大きかったから目立つだけで、歴史的にはむしろよくあるパターンが再度繰り返されたように見えます。

つまり経済的に貧しい国が、富国強兵・富国強兵で軍備を増強して富裕国へ攻め込むというパターン。第二次大戦ではこのパターンの国がドイツと日本の2国あったので規模が大きくなりましたが、世界史的にはゲルマン人のローマ帝国侵略とか、突厥の中国蚕食とか、中世の十字軍も広い意味でいえばそうであるし、日本史でも武田軍の信濃侵攻とか、島津軍の九州北上みたいなもの。これらの場合...続きを読む

Q先日、高市総務大臣が政治的に公平性を欠く放送を繰り返している放送局には、電波を停止させる事もある。と

先日、高市総務大臣が政治的に公平性を欠く放送を繰り返している放送局には、電波を停止させる事もある。との発言がありました。
みなさんのご意見をお聞かせくださいませ!

Aベストアンサー

この問題は多くの場で議論されていますが、政府を批判する人達は抽象的な概念や感情を語るだけで、全く自説の正当性の根拠や資料を出していないように思います。


>大臣の立場でその発言をすれば、社会に余計な刺激を与えてしまいましたね。
>我々一般庶民でもそうでしょう、本当のことをそのまま言っていまえば
>人間関係がぎくしゃくしてしまうってことが・・・。

ということは、高市氏が言っている「放送局は公平性を欠く放送を繰り返している」とうことは事実ということですね。



>そもそも高市さんは放送法4条の解釈を間違えてますね。
>裁判の判決や通説でも、放送局の倫理規定というのが一般的な解釈です。

自分の解釈や論理を出して比較することもなく、ありもしない判例や、資料も出さずに自説を通説と称して正当性を主張するのは、詐欺師や詭弁化の常套手段。



>与党攻撃放送は「政治的に公平性を欠く放送」となるが、
>「野党への蔑視放送」は問題にしないでしょう。

高市氏は「政治的に公平性を欠く放送」について語っており、その場合は対象(与党野党)に関わらず処分を検討すると言っているに過ぎません。

内容を歪曲して主旨をすり替えたり、一方で事実を話しもう一方については願望や推測を騙ることで特定の認識に誘導するの、は詐欺師や詭弁家の常套手段ですね。

また、この場合「与党」ではなく「自民党」だと思います。
マスコミは自民党以外の党を攻撃したことはありません。

そして、自民党は与党の時でも野党の時でも叩かれています。


自民党はこの問題の他にも、お金の事で批判を受けていますが、マスコミは↓の元「与党」の件についてどれだけの報道をしたのでしょうか。

(肩書きは当時。「元」議員も含む)

民主党:朝鮮総連にパーティ券販売
小沢氏:事務所費が4億円と突出(政治資金で不動産取得と判明→後の「陸山会」献金問題へ )
菅直人首相:在日韓国人から104万円献金
野田元首相:「中国人パブ」に政治活動費21万円 小沢元代表も4万円発覚
江田法務大臣ら:政治活動費で 「韓国女性クラブ」や「ニューハーフショーパブ」
古川経財相:偽装牛肉事件の摘発業者から献金
小宮山厚労相:行政処分企業から献金
赤松広隆:外国人経営企業6社から300万円献金
前原誠司外務大臣:在日韓国人から25万、2社から135万円献金(辞職)
蓮舫:脱税関係企業から120万円献金。事務所兼自宅、母親のファミリー企業が所有と判明→「家賃支払いの有無」など回答せず実態不透明
枝野:革マル派系労組から800万円献金
馬淵国交相:粉飾社長から12万円献金
海江田大臣:管轄する公取から摘発を受けた3社から140万円献金  
小林正夫:東電労組や電力総連から6650万円献金
小林千代美:北教組(日教組)から1600万献金(公職選挙法違反で起訴され辞職)
福山哲郎:六本木のガールズバー代を「会合費」で支出 マスコミ関係者との懇談で使用
北沢副代表:香典217万円・祝儀29万円・見舞金20万円を政治資金から支出
大串博志議員:殺された暴力団組長の葬儀弔問に訪れ香典と焼香
枝野幹事長:新年会収入240万円を記載せず・・「単純ミス」と言いわけ
山井和則:後援会収入3年間記載なし・・「単純ミス」と言いわけ
菅首相や鳩山前首相ら:拉致事件の容疑者周辺団体へ総額2億500万円を献金
荒井聰大臣:実態のない事務所費4222万円計上(内訳は キャミソールやパチンコCD代など)→ 菅内閣は国会を”審議拒否”して野党反発
中井洽氏:光熱水費問題、架空1070万円発覚
鳩山首相:3億円超の献金虚偽事件と12億円脱税疑惑が発覚 →秘書のせいにして説明責任を果たしたと豪語
松本政調会長:家賃のいらない衆院会館に1866万円の事務所費
渡部最高顧問:実態ない事務所費が約1億8千万円・・「10年前は当たり前」と弁解
山下八洲夫:領土問題などの右翼恫喝出版社から見返り収入受け取り

↓は各局のニュースで流れたのでしょうか。
マスコミはどのような評価をしたのでしょうか(していないでしょうか)

https://www.youtube.com/watch?v=aLWdwPyzOfc

鳩山氏はこの件で辞職したのでしょうか。

【菅直人、拉致関与が疑われる団体への多額の献金認める】(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=EVx1xEE-gj8

この問題は多くの場で議論されていますが、政府を批判する人達は抽象的な概念や感情を語るだけで、全く自説の正当性の根拠や資料を出していないように思います。


>大臣の立場でその発言をすれば、社会に余計な刺激を与えてしまいましたね。
>我々一般庶民でもそうでしょう、本当のことをそのまま言っていまえば
>人間関係がぎくしゃくしてしまうってことが・・・。

ということは、高市氏が言っている「放送局は公平性を欠く放送を繰り返している」とうことは事実ということですね。



>そもそも高市さんは...続きを読む

Q今卒業論文を書いていますが、第二次世界大戦中の日本が行なったファシズムについて書こうと思っています。

今卒業論文を書いていますが、第二次世界大戦中の日本が行なったファシズムについて書こうと思っています。
参考になれる本や資料について教えてください。

また、そもそも日本は第二次世界大戦中にファシズム政治を行っているいるのか教えてください。

Aベストアンサー

俗説を盲信しているようですが、日本にはヒトラーのドイツや、ムッソリーニのイタリアのようなファシズムはありませんでした。 日本にファシズムが存在したと言う話をでっち上げたのは、アメリカ、イギリス、ソ連を始めとする当時の連合国側であり、第二次世界大戦は彼らによって「ファシズムと民主主義の戦争」だと規定され、後者の当然な勝利によって終結したと説明され、理論づけられたものです。 日本にファシズムがなかったことは、林房雄氏の著書『大東亜戦争肯定論』(夏目書房)を読めば良く解ります。

QNHKの重複放送

NHKの衛星第2では時々総合テレビとの重複放送(同時刻の同一放送)があります。

例えば(私の知っているのは)国会中継、大相撲などです。

上記重複番組があるときはいつもやっている(レギュラー番組みたいなもの)が無くなったり、時間の変更、短縮などがあり、その番組を楽しみにしている人は面食らったりがっかりしたりします。

同じ番組を重複放送することは、あまりにも無駄が多いように思えますが、 その無駄以上の理由があってのことでしょうか?教えて下さい。

本来NHKに問い合わせるべきとは思いましたが、中立な回答が欲しくここでの質問となりました。

Aベストアンサー

田舎や離島などは、衛星放送しか映らない場所もあるんですよ。
だから、人気のある番組、国会中継のような重要な番組は重複させるのでしょう。

Q第二次世界大戦時の日本の軍事力は現在の北朝鮮と比べてどうですか?

第二次世界大戦では歴史に名を残すような戦闘機や戦艦がありましたよね?
今の北朝鮮と当時(昭和前半)の日本が戦争してたら
どっちが勝つでしょうか?(核兵器なし)

また、何故第二次世界大戦では民間人を多く殺したのですか?
最近の戦争(イラク攻撃)など見ていると、民間人を避けて軍事施設などを中心に攻撃してますよね。
しかし第二次世界大戦では、連合軍は日本の軍事施設だけでは無く、都会を中心に無差別爆撃してますよね?原爆なんか特に軍事施設を狙った訳でもなく、明らかに民間人を狙ってますよね。

日本もそうですが、何故あの時代の戦争は民間人をも大量虐殺したのですか?

Aベストアンサー

非現実的な質問ですが、できるだけ現実的に回答しましょう。

先ず、昔の日本軍と現在の北朝鮮軍との戦いの勝者は、疑いなく北朝鮮軍です。
戦いにおいては、力の強いほうが勝ちます。力とは、第一に火力です。昔の日本軍の火力は貧弱で、当時のソ連軍にも劣り、なすすべもなく撃滅されました(ノモンハン事件)。北朝鮮軍はそのソ連軍の直系の子孫であり、もちろん、その火力は当時のソ連軍の数十倍です。北朝鮮の海軍は小規模ですが、それでもゼロ戦や戦艦大和などのオモチャが通用するほど弱い軍隊ではありません。昔の日本軍が勝利する可能性はゼロです。

次に、攻撃目標についてです。100年前の第一次世界大戦終了後、従来、漠然とした不文律として存在していた戦時における民間人の保護が「陸戦の法規及び慣例に関する条約(別名:ハーグ条約)」により明文化されました。その後、このルールは少しずつ整備され、現在では「軍事目標主義」という戦争における重要なルールとして確立されています。
しかしこのルール、常に違反が絶えないように見えます。これには理由があります。

軍人は、民間人を殺傷してはいけないことは熟知しています。しかし、軍事目標と民間施設が近接している場合、軍事目標を攻撃することによって周辺の民間施設に被害が及ぶことは避けられません。軍事目標は、当然、攻撃を受ける(攻撃してよい)のですから、その近傍の民間人を保護するのは政府の責任です。
また、戦場において軍事目標(敵)と民間人・施設を瞬時に、かつ、確実に区別することは、現在の軍事科学技術を駆使しても不可能であり、両者の間には常にグレーゾーンが存在します。このようなグレーゾーンに対する攻撃は、事前に、戦場において実行可能な偵察・調査を尽くしたうえで攻撃することが認められています。軍事施設の可能性が高い、と判断して攻撃したが、実は民間施設であった場合、民間人の犠牲が発生しますが、上記のような偵察・調査を実施した上でのものであれば、戦争に伴うやむを得ない犠牲ということになります(攻撃は合法)。
第二次大戦中の米軍による本土爆撃は、ハーグ条約の防守都市に対する攻撃として行われており、当時の戦時国際法を前提としても合法・違法の意見が分かれるものです(個人的には違法と考えます。しかし、合法論も根強く、例えば、昭和天皇は合法と考えていました)。ただし、戦時国際法が厳格化した現在、同じことをやれば、確実に違法とされます。

現在の日本人は、戦争についてあまりにも無知です。No.5あたりも、根本的なルールを知らず、そしてそれに対する自己の無知を知らず、枝葉末節の事実に幻惑されています。殺す、殺されるなどということは、誤解を恐れず言えば、戦争においてはどうでもいいことです。なぜなら、戦争のルールを守って殺せばいいのですから。大切なことは、ルールを知り、それを可能な限り遵守することなのです。ルールの枠内で行なわれる殺傷行為は合法・正当、これが国際社会の一般常識なのです。

非現実的な質問ですが、できるだけ現実的に回答しましょう。

先ず、昔の日本軍と現在の北朝鮮軍との戦いの勝者は、疑いなく北朝鮮軍です。
戦いにおいては、力の強いほうが勝ちます。力とは、第一に火力です。昔の日本軍の火力は貧弱で、当時のソ連軍にも劣り、なすすべもなく撃滅されました(ノモンハン事件)。北朝鮮軍はそのソ連軍の直系の子孫であり、もちろん、その火力は当時のソ連軍の数十倍です。北朝鮮の海軍は小規模ですが、それでもゼロ戦や戦艦大和などのオモチャが通用するほど弱い軍隊ではあり...続きを読む

Q放送局の再編について

2011年の地上波テレビの全面デジタル化を控えて放送業界もいろいろとあわただしくなっていますが(TBSの楽天との関係など)、東京以外の地方局の合併の計画はどのような状況になっているのでしょうか。ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともと、放送局同士の合併は法律で
禁止されていました。

が、一昨年から今年に掛けてこの用件が緩和される
方向となっています。
詳しくは参考URLを御覧ください。

ただ、地方局の場合、合併によるメリットは
あまりありません。もともとキー局からの番組を
そのまま流すことが多いですから。

ありうるとすると、経済圏が同じ処で隣接している
局同士だけでしょう。
経済圏が違うと別々に営業する必要が出て
CMも中継局ごとに切り替えなんて事が生じますが、
それをするぐらいなら別々の局でいるほうが楽です。

参考URL:http://www.soumu.go.jp/s-news/2003/030227_7.html

Q太平洋戦争や、第二次世界大戦を起こしたのは、本当に日本なんですか?

太平洋戦争や、第二次世界大戦を起こしたのは、本当に日本なんですか?

Aベストアンサー

第二次大戦のヨーロッパ戦線はすでにドイツにより
開始されているので、おいておくとして、
太平洋戦争(対米英戦争)は、日本が米英に攻撃開始し、宣戦布告しているので、
日本が起こしたのは間違いない。
日本が米英を攻撃し、宣戦布告するように仕向けたのは米国だとの評価がありますが、
そうだとしても、日本が攻撃開始し宣戦布告した事実はなくならないため、日本が起こしたのでよいはず。
英米が起こすよう仕向けたとして、仕向けたことをもって起こしたと表現することがあってもいいかもしれないですが、その場合でも、日本が起こしていないというのは不正確だと思います。

QNHKは「国営放送」?

テレビを観ていての素朴な疑問。
民放のバラエティー番組などで、NHKのことを、「某国営放送」と言ったりしますが、本気で「NHKは国営放送」と思っているのか、それとも何か意図してそういう表現をしているのか、非常にささいなことではありますが、暇なときにでも、皆さんの回答をいただければ、幸いです。

Aベストアンサー

NHKのことを最初に「某国営放送」と言った人は、おそらく受信料制度に支えられた成り立ちを揶揄する意図があったのだと思います。
この呼び名(?)は、もうずっと昔から使われていますね。現在それを使っているタレントたちは、かつて民放で見聞きしたその呼び名を、単に受け継いでいるだけだと思います。
どうせ、たいした内容の話ではないのでしょうから、『国営ではない、訂正せよ』などと誰も注意しないのですよ。
冗談は大目に見ているということでしょう。
中には、国営だと誤解しているタレントもいるとは思います。タレントの知識なんてそんなもんです。(笑)

民放(民間放送)と言っていますが、本当は商業放送です。広告を放送することで成り立っています。その広告費は、商品の価格に含まれています。
つまり、わたくしたちは間接的に民放にも受信料を払っているわけです。

Q【歴史・日本史】日本の休日が日曜日になったのは、アメリカに負けて第二次世界大戦後のアメリカ占領下の時

【歴史・日本史】日本の休日が日曜日になったのは、アメリカに負けて第二次世界大戦後のアメリカ占領下の時にキリスト教の教えである日曜日を祝日にアメリカ指導の元に日本も導入されたのでしょうか。

第二次世界大戦前は日本人は日曜日ぬ休みという感覚はなく1週間ずっと働いていた?

日本はいつから日曜日が休日になったのでしょうか。

室町時代とかでも庶民も日曜日は休んで仕事をしていなかったのか教えてください。

Aベストアンサー

過去何度も同じ質問がされていますが、一番良さそうな回答を以下に貼ります。 江戸時代は、商家には5節句、盆以外に大坂では「もん日」といわれた6斎日、江戸では1日、15日、28日を休みとしている例もありました。また、農村でも農閑期を中心として、大小の休日があり、50日前後の記録があります。



No.2ベストアンサー

回答者: Eivis
回答日時:2002/09/30 12:16
.
1876(明治9年) 一・六の休日を廃し、日曜日を休日とする(1月6日)、

http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/somu/zenkokuhy … ・・・全国教育略年表 明治・大正・昭和19年以前 

http://www.sc.itc.keio.ac.jp/anatomy/kokikawa/hi … ・・・日本近代史(年表)


http://nnh.to/03/12.html ・・・3月12日(記念日)

これによると次のように書いてあるので、実施されたのは(1876)、明治9年3月12日ということが分ります。

1)1876(明治9)年、官公庁で土曜半休・日曜休日制が実施されました。

2)それまでは、1868(明治元)年9月の太政官布告により、31日を除く1と6のつく日を休日としていました。

3)しかし、欧米との交易等で不便があったため、欧米と同じ仕組みに改めることとしました。

参考URL:http://nnh.to/03/12.html

good
0

過去何度も同じ質問がされていますが、一番良さそうな回答を以下に貼ります。 江戸時代は、商家には5節句、盆以外に大坂では「もん日」といわれた6斎日、江戸では1日、15日、28日を休みとしている例もありました。また、農村でも農閑期を中心として、大小の休日があり、50日前後の記録があります。



No.2ベストアンサー

回答者: Eivis
回答日時:2002/09/30 12:16
.
1876(明治9年) 一・六の休日を廃し、日曜日を休日とする(1月6日)、

http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/so...続きを読む

Q昭和56年付近の高校生

昭和56年の高校を舞台にした小説を書きたいので、高校生の服装(スカートの丈とか)や流行してたことを教えて下さい。
あと社会事情も知りたいです。

Aベストアンサー

出来事などは、参考URLを見てみてください。

参考URL:http://www.ucatv.ne.jp/~shuumei/1981.html


人気Q&Aランキング