昨夜尿道の部分に黄色っぽい膿のようなものを発見し、病院に行って来ました。 数日前から陰茎の根本部分に時折痛みがありましたので、おかしいとは感じていたのですが。診断は「クラミジアだろう」との事でした。尿検査を行いましたので後日ハッキリした(淋病かクラミジアか)診断がされると思いますし、処方してもらい薬を飲み始めましたので先ずは胸をなでおろしているところなのですが、ここで問題なのは以下のような事情からです、

セックスをここ半月の間で4回ほどしました。オーラルセックス以外ではコンドームを付けていましたので経口感染の可能性が高いです。私の感なのですが、約10日前にある女性にフェラチオしてもらった時に感染したのではないかと。実はその時(いやな予感)がしたのでコンドームを付けた状態でフェラをしてもらおうとしたのですが、女性にゴムを外されてしまいました。フェラチオは数分で、そのあと”やる気”がなくなりましたので、女性器への挿入は全くしませんでした。この2日後ぐらいから尿道に違和感が・・・
そこで質問ですが、
○オーラルセックスの場合とそうでない場合症状が出るまでの期間に違いはありますか?
○キャリア男性のペニスを女性がフェラチオした場合、口の中に残された菌は行為のすぐ後、イソジンで菌を殺すことは可能ですか?Webで調べたところによると”喉ちんこ”で菌が繁殖し感染を続けていくようですが。
○感染初期の頃(1週間以内)後期(10日程度で膿が出てくるような段階)ではその感染率は度の程度の差があるのでしょうか?(抽象的ですいません)
経口感染するこれらSTDであれば、ディープキスした男性の口の中も淋菌が住み着く事になり、その男性の口でクリニングスされた女性器にも感染してしまう可能性はあるのでしょうか?つまり、私の口を通じて淋病orクラミジアが女性器に次々感染してしまう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

勝手に番号をふらせて頂きます。

○の順番に上からです。

1)ありません
2)無効です。というか一部には効くかもしれませんが、全てにとはいえないのと医学的に有効な方法でされている保証がありませんので、基本的にはできないと考えるべきです。
3)膿が出ていればそれだけ菌量が多いといういうことですから、それだけ感染させる頻度は高いでしょう。しかし、初期の頃の菌量で感染が起こらないわけではありません。また、実際に人でこの種の実験を行うことはできませんので、信頼できるだけのまとまったデータはないでしょう(少なくとも私は存じません。)
後半の質問については「可能性はあります」とだけの回答しかできません。女性の咽頭につくことができて、男性にはできない…それが考えられないからです。ですが、通常咽頭にあればペニスにもあるでしょうし、ペニスから診断されて薬物投与されれば咽頭の部分にも効果が出ます。咽頭だけ検出されて外陰部にはない…これはファッションヘルスの特殊な業務形態のなせる業と考えましょう。

以上泌尿器科的な見解です。
咽頭は耳鼻科の領域ですから、その部分は専門家ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。専門家の方のアドバイスを頂き納得!?しました。
臨床実験等の手段が無いのと事例検証が難しいでしょうから、あくまでも確立論になるのでしょうね。1回関係があったから感染しなかったとか、3回だから感染したとか・・・接触時間も関係してくるでしょうし。菌の量にも左右される。
という事は、キスで淋菌やクラミジア菌が感染してしまう可能性がゼロとは言い切れない。 女性保菌者からフェラチオでクラミジアが男性に感染してしますのは、陰茎を飲みこむ事でより咽頭に接近し菌が移りやすい。 逆に男性の咽頭にクラミジア菌が生息していたとしてもクリニングスで女性器に感染するのは前出と比較して多少確率が低くなると解釈した方がよさそうですね。

「咽頭だけ検出されて外陰部にはない」<=ということはクラミジアがウィルスではなく菌だという証左なのでしょうか?

ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/19 19:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q院内感染?MRSA・大腸菌

1歳の赤ちゃんです。咽頭の炎症と熱がでて、次の日に嘔吐、痙攣、悪寒戦慄、せん妄状態となりました。その日の培養でMRSA(咽頭培養)と大腸菌(血液培養)が数日後検出されました。次の日の採血でAST6000
ALT4500 CRP9,3 CPK990 白血球3,8
血小板44 IL-6 13900の異常値が出ました。この子は実は生後すぐからずっと入院してIVHを行っていました。カテーテルは留置して8ヶ月たっているものです。41度の高熱が急に出たことからまずカテーテル感染?を疑ったのですが、MRSAも出てきたり、大腸菌もでてきたりで何が起因になったのか実はいまだに不明というか病院からわかりませんといわれました。意識障害も進み、そのまま急性脳症へと移行し、重度の障害を残しました。別の病気で入院していて突然の予期せぬ出来事に理解も納得もできません。
娘に何がおこったのでしょうか・・カテーテル感染でもなくMRSAも保菌、大腸菌も採血でまじっただけかも・・と言われ他にウイルス等はいろいろな培養でも見つからず、結局原因は不明ですといわれました。1年の入院を経てもうすぐ退院のメドがついていたときのことで毎日何故?なんで?といった気持ちでとても苦しいです。抗生剤の投与はあったらしいですが
CRPが7日目位には0,8くらいまで戻ったせいか
カテーテルはそのまま留置し抜去はなしでした。
咽頭培養からMRSAはよくでますが(特に娘は長期入院IVH長期施行なので)咽頭が真っ赤に炎症をおこし
急激な高熱、意識障害などがでていても、この値だと
MRSAや大腸菌による敗血症やショック状態とは言わないのですか?混乱しています。何でもいいので情報をください。お願いします。

1歳の赤ちゃんです。咽頭の炎症と熱がでて、次の日に嘔吐、痙攣、悪寒戦慄、せん妄状態となりました。その日の培養でMRSA(咽頭培養)と大腸菌(血液培養)が数日後検出されました。次の日の採血でAST6000
ALT4500 CRP9,3 CPK990 白血球3,8
血小板44 IL-6 13900の異常値が出ました。この子は実は生後すぐからずっと入院してIVHを行っていました。カテーテルは留置して8ヶ月たっているものです。41度の高熱が急に出たことからまずカテーテル感染?を疑ったのですが、MRSAも出...続きを読む

Aベストアンサー

いろいろなことを考えました。IVHとは不適切な表現で、通常はCVカテーテルで、高カロリー輸液をIVHといってますので、区別しましょうね。
1歳だと全身麻酔で鎖骨下穿刺、またはカットダウンでいれたのでしょうか。定期的な入れ替えを考えると、その手技と将来的な困難さから極力そのままに、という気持ちも分からないではありません。たしかに8ヶ月は長いでしょうが、問題が起こる前に入れ替えていたら、そのことで問題が起きそうな気もします。
いずれにしても、このような人工的な管理をせざるを得ないとなると、さまざまな合併症を覚悟しないといけないのでしょう。それを問題視するなら、医療行為を中止して自然経過にゆだねるか、という極論までいきかねません。
むずかしい問題ですね。

Q口内の虫歯菌、歯周病菌を絶滅させる治療法について

口内の虫歯菌や歯周病菌を絶滅させる治療法はありますか。
また、その治療法で、副作用はありますか。

Aベストアンサー

当方、歯科医ではありませんが・・・

3DSの事でしょうかね?
特別な副作用は無いと思いますが、口腔内細菌叢(良い菌と悪さをする菌それぞれでバランスを取っている状態)を崩してしまうので、極論的に言えばミュータンス菌やジンジバリス菌など一般的悪玉よりも更に「強い悪者」に感染するリスクは高くなります。

あと、マウスピースを結構長時間付けるので、それに因る制限があります。

もっと簡単なところでは、「ピンキー頂戴!」のCMで知られている会社(フレンテ・インターナショナル)が東海大学の先生と共同で商品化した「乳酸菌LS1の含まれるお菓子」をガンガン摂取する という手もあります。
こちらの場合は食べ過ぎると、便が緩くなる場合があります。

参考URL:http://frente-int.co.jp/news/detail/18.html

Q親が結核菌保菌だと子供のBCGはどうなりますか?

先日、生後4ヶ月の子供のBCGの予防接種に出かけました。
その問診で、私が4~5年前に勤めていた会社のツベルクリン検査で保菌していると言われたことを伝えると、大きな病院の小児科で子供を見てもらって、BCGを打ってもいいか確認してください、と言われました。
私は、子供の頃の集団検診の時から、ツベルクリンを打っても、BCGは打ったことはありません。
これって、昔から菌を持っていたということですか?
また、妊娠前に数年勤めていた会社ではレントゲン検査が年に2回ありましたが、そこでは何も言われませんでした。
うろ覚えなのですが、以前の勤め先での産業医(?)さんが、予防のお薬を飲みますか?と聞かれたのですが、予防のためなので、どちらでもいいと言われ、半年も飲むと聞いたので、断った記憶があります。
もし、本当に保菌しているなら、排菌してなくても子供にうつったりすることはあるのですか?
また、そうなら、今からお薬を飲んでも子供へうつさない効果はありますか?
病院には近々連れて行く予定ですが、ご存知の方がいらっしゃれば、教えていただけませんでしょうか。

先日、生後4ヶ月の子供のBCGの予防接種に出かけました。
その問診で、私が4~5年前に勤めていた会社のツベルクリン検査で保菌していると言われたことを伝えると、大きな病院の小児科で子供を見てもらって、BCGを打ってもいいか確認してください、と言われました。
私は、子供の頃の集団検診の時から、ツベルクリンを打っても、BCGは打ったことはありません。
これって、昔から菌を持っていたということですか?
また、妊娠前に数年勤めていた会社ではレントゲン検査が年に2回ありましたが、そこで...続きを読む

Aベストアンサー

ツ反の径はどのくらいだったのでしょうか?
今まで、ツ反をしてからBCGを打っていたので、ツ反陽性でBCGをうたなかった学童が3.6%程度います。しかし、実際にはこんなに結核に感染している訳ではなく偽陽性者であったとされ、BCG接種が必要だったにもかかわらず、BCG接種する機会を逃してしまったという反省があり、よって、最近のツ反なしのBCG接種となりました。
よって、BCGを打っていないから結核に感染していたというのは正しくはありません(していないともいえませんが、これまで発病していないのなら感染していなかった可能性が高いと思います)。
また、60歳以上の人は5割以上が既感染ですが、これらの人が孫に接触して感染させていたら大変な事になりますがそうはなっていません。この事から分かるように既感染だからといって感染性がある訳ではありません。定期的なレントゲン検診で十分かと思います。QFTという採血検査もありますが、当初、森先生が発表されたよりも感度、特異度が低いと分かってきたのであまりあてにならないと感じています。

また、万が一、赤ちゃんが感染していたとしてもBCGを打つことでコッホ現象がおこるだけでコッホ現象は普通は重症化しませんからBCG禁忌でないと思います。むしろ、感染が早期に分かったという事で発病を抑えるチャンスかと思います。もちろん、ツベルクリンをしてからBCGという選択もあるとは思います。

ツ反の径はどのくらいだったのでしょうか?
今まで、ツ反をしてからBCGを打っていたので、ツ反陽性でBCGをうたなかった学童が3.6%程度います。しかし、実際にはこんなに結核に感染している訳ではなく偽陽性者であったとされ、BCG接種が必要だったにもかかわらず、BCG接種する機会を逃してしまったという反省があり、よって、最近のツ反なしのBCG接種となりました。
よって、BCGを打っていないから結核に感染していたというのは正しくはありません(していないともいえませんが、これまで発病...続きを読む

Qエイズとオーラルセックス

最近風俗店で働き始めたのですが、HIVに感染する可能性を考えると非常に不安です。
お店では本番は無しで、フェラチオと口内発射をしています。実は最近、口内炎ができているのにお客さんにフェラチオをしてしまったのですが、口内炎がないときに比べて危険性はどのくらい高まるものなのでしょうか?
また、エイズに関するサイトを見ると、性交渉でのエイズ感染率は1~0.1%と言われ、オーラルセックスでは更に低くなっているようなのですが、これは通常の状態(口腔内に傷がない)での感染の可能性は高くはないと考えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

医学的な統計というものは回収条件をかなり狭くして、抽象化して行っているもので実情を現に表しているとは限りません。
参考URLの中でも述べられていますが、リスクが高いとは理論上いえたとしても具体的に証明するのはもっと多くの症例数を要するのと、実際の性交渉の形態までを単一に抽象化することは非常に難しいんです。オーラルでさらに口内炎があってというのを具体的に数値をだしている信頼できるデータは存じません。

私は少ないながらAIDS患者さんの担当経験もありますが、その中にはヘルス勤務者も含まれます。エイズ専門医でないのにです。可能性は高くないというのは比較的の話で、それだけ接触があればどこで罹患してもちっとも不思議ではないのです。体を大切にしてあげてください。

いち泌尿器科医として回答

参考URL:http://www.hokenkai.or.jp/HIV/library/zituzou/aids_t_3.html

Q空気感染と飛沫感染の違い

空気感染と飛沫感染の違いがよくわかりません。

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

空気感染と飛沫感染は、混同して使用されています。飛沫感染を起こす病原体は、水分を含んでいて遠くまで飛びません。1m位の距離までした飛ばないので、感染距離が短いということです。また病原体の大きさも5マイクロメーター以上ということです。

一方、空気感染する病原体は、小さく(5マイクロメーター以下)で水分を含まないので遠くまで飛ぶことができるので感染範囲がひろくなります。

詳細は、参考URLを閲覧してください。

参考URL:http://yutasin.at.infoseek.co.jp/transmission.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報