住宅の建築を考えています。
「高気密住宅」「2×4」「在来工法」「FPの家」「エアサイクル」「スーパーシェル」などなどいろいろな言葉があり過ぎて、どれがいいのか訳が分からずにいます。

雪国に住んでおりますので、気密性のいいところがいいのはもちろんですし、農家ということもあり、設計についてはいろいろ融通がきくような(自由設計できる)ところがいいし。
みなさん&お知り合いの方が建てた家で、オススメの情報がありましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

いろんなメーカーの「いいところ」を全部もらって建築士の人と一緒にnana_nanaさんが設計されてはいかがですか?ちなみに私は大阪で建築設計をしてます。

信頼のおける工務店で、施工監理を怠らない建築士となら、メーカーの家よりいいものが安くできると思います。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/megumisekkei/
    • good
    • 0

新潟在住の者です


私も木造住宅がやっぱりお勧めです
(私のアドバイス)
・2×4工法は木材を釘で抱き合わせて使用するためよじ れ等が少ないし在来工法と違い通し柱とうの規制なく1 階間2階の取りが組める。
 ただし増改築の際、強度の問題とうでの規制が多く同じ
 工法の工務店でのみとなる
 (○×ホームの例)
 箱を並べたように壁が2重(2倍)の厚さの場合もあ  りました。
 在来工法は、このようなことは無いようです。
・換気不足となりがちですので石油ストーブ/石油ファンヒ ーター等の湿気の出る暖房器具はNG。FF式ファンヒー ター/エアコン暖房が基本となるようです。
・サッシはペアガラスもしくは2重サッシにすると良いで すよ。

P.S
地元で、建てた方にいろいろ話を聞かれるのが一番よいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

在来工法での検討をすすめられそうです
あとは、どのような断熱材がいいのか勉強してみます。

お礼日時:2000/12/14 23:11

私は名古屋で設計施工の建築会社を経営しています。


雪国の住宅はあまり詳しくありませんが、寒冷地は木造が良いと思います。1.「外断熱」は建物の外に断熱材(グラスウール、発砲ウレタンなど)を貼りますので、保温力がぐんと良くなります。製品も沢山あります。2.気密化で特に気をつけるのは、換気が必要なことです。1時間に大人一人で約6帖ほどの空気が無いと空気汚染して、健康に良くありません。建材から有害物質が出たら大変です。3.できたら住宅専門の設計士を探して良く相談されるのが、ベストだとおもいますが?監理がきちんとされれば失敗しませんよ。30代の設計士だと意欲的だと思います。ちなみに私は40代ですけど。

参考URL:http://www.housecompe.net/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
断熱材も、換気システムもいろいろあり過ぎて、悩んでいました。

父の柱のある家がいい!という言葉を守ってあげられそうな心強いお話ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/14 23:08

私は北海道に住んでいます。



自宅は1年半前に施工しました。在来工法ですが、暖房は熱交換換気システムを使っているので寒い部屋がなく、湿気を呼びません。灯油代は今のところ1月150リットルぐらいですが電気代がとてもかかり月に15000円位掛かります。(ちなみに家は36坪で日中も在宅の状態です)

こちらも設計のとき、結構手直しを頼みました。一つ後悔することは部屋を全部南向きに集めたので夏場どこも暑く涼める部屋がないことです。

それから、先にkazupnmさんが専門家の立場から鉄筋コンクリートを推薦されていますが、金銭的にはかなり高いそうです。(確か2倍くらい?)
しかし、耐久力でいえば鉄筋が一番のようです。
 以上、経験談でした。

この回答への補足

ありがとうございます。北海道の方と聞くと心強いです。

 ちなみに断熱材はどこのメーカーの何というものを使ったか教えていただけますか?
 
  

補足日時:2000/12/14 22:53
    • good
    • 0

鉄筋コンクリート造りをオススメしたいですね。



最近の木造だと30年位で建て替えますが、鉄筋なら生涯建て替えなくても済みますし地震にも火事にも一番強い。
今後、建築廃材等、産業廃棄物の処理費が上がっていくのは目に見えていますしネ。

(鉄骨も悪くありませんが火事には弱いです。鉄骨が熱にやられてしまう為、そして水漏れにも割と弱いです。構造上原因が発見しづらく、新築でもたまに有るようです。)

そして少し割高ですが、「外断熱」にすると家全体を包み込むためとても暖かく、暖房効率も良いです。
そして何より健康に良い。
(アトピーの人、カビ、異臭、結露などが軽減されるようです)

日本では内断熱が主流ですが、欧米では100%近く外断熱です。近いうちに日本でも主流になって行くと思います。
トータルで考えるとお得なように思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
全く考えていないことでしたので、目からウロコ状態です。そして教えていただきたいのですが、鉄筋だと大体どの程度金額的に違ってくるのでしょうか?

また、どのようなメーカーにお話を聞きに行くのが、いいのでしょうか?   

お礼日時:2000/12/14 22:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q油圧ポンプを使って長い棒を水平に持ち上げたい

すみません、技術的な事が全くの素人で分らなくて、かつ、あくまでも理論上の話しなのですが質問させて下さい。

手動の油圧ポンプを使って長い均一な物(例えば住宅の柱)を水平に持ち上げるとします。
この際に柱の両端に油圧ポンプの力を作用させます。
その時に、2台の全く同じスペックの手動油圧ポンプからの力を各々棒の両端に作用させ2台の手動油圧ポンプの加圧部分を同じ距離だけ押したとすると、棒は水平に持ち上がりますでしょうか。

また、一台の油圧ポンプの加圧部分は一つで、穴の面積が同じ出力部分を二つ作ったとします。
こうすると2つの出力部分の上昇距離は同じになりますでしょうか?

Aベストアンサー

<2台の全く同じスペックの手動油圧ポンプからの力を各々棒の両端に作用させ2台の手動油圧ポンプの加圧部分を同じ距離だけ押したとすると、棒は水平に持ち上がりますでしょうか。
=加圧部分を同じだけとは、シリンダヘッドが同じ寸法だけ動くように手動ポンプのてこを動かすということでしょうか?
同じ仕様のポンプでも厳密には全く同じというわけには行きません。
複雑な動きをどのようにして、同時進行にするのかが問題です。
ロッドの目分量の範囲でなら、一応出来るとしておきましょう。
理論的にはじぐざくで動くことになります。

<1台の油圧ポンプの加圧部分は一つで、穴の面積が同じ出力部分を二つ作ったとします。
油は圧力の弱い方に逃げますのでますます傾くことになります。
(すなわち、二つの面は繋がっているわけですから、片方の抵抗が大きければ、軽い方ばかりに流れます)

Q在来工法とは??

家を建てるときのいろいろな工法があるようですが
在来工法ってなんですか。
大工さんが行う普通の木造建築のことですか?
この他にもなにか工法があるのでしょうか。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

耐震性と工法の関係は一定ではありません。

前回の回答の繰り返しです。
>質問がさらに発展する時には、新しい質問を書き込んだ方が良いとおもいます。

Q重機用の油圧ポンプ回転数は?

中古油圧ポンプを使用して、薪割機を自作したいのですが、ユンボやブル等に載っている油圧シリンダーを動かす油圧ポンプは、普通、毎分何回転くらいで使用されているものでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、snow--manと申します。

重機(建機)に使用されている油圧ポンプの回転数は重機のクラスにもよりますが、1000rpm~2500rpmといったところです。かなり大型の重機(ユンボでは7tクラス以上)になりますとディーゼルターボを搭載している機種が増え、使用最高回転数は3500rpm程度まで上がります。

しかし実際に使用されている回転数は油圧ポンプの常用回転数域の一部を使っているに過ぎず、油圧ポンプ自体は700~4000rpmくらいの範囲は使用可能です。あまり回転数が低すぎるとポンプの機械効率(摩擦等の損失)が極端に悪くなり、また高い回転数では油膜切れを起こして焼きつきます。ポンプの種類・メーカーにもよりますので詳しくはそのメーカーに問い合わされると良いでしょう。このカテに投稿して下さればまたお答えすることもできます。

薪割機を自作されるということで、私には想像が付きかねますがきっとかなりの技術を必要とするのでしょうね!薪割機の規模がわからないのでお勧めのポンプサイズが判りませんが、一般的に重機と呼ばれる7t以上のクラスの物はポンプもかなり大きく、最高出力を得ようとするならば60~80PSを発生する動力が必要となります。重機のポンプはピストンポンプと呼ばれる物がほとんどで、最高使用回転数と最高使用圧力が高い(250~300kgf/mm2)のが特徴です。

個人的に使われる薪割機であれば上記ほどの規模は必要無いかと思いますので、ミニ建機のポンプでいかがでしょうか?クラスにもよりますが5PS程度から40PS程度まで必要入力は様々です。5~10PS程度の動力で駆動する小型の油圧ポンプはギヤポンプを使用しているものもあり、こちらはピストンに比べて安価ですが最高使用圧力は若干低め(200kgf/mm2程度まで)です。また、吐出量が常に一定であるため過大な負荷は直接動力源の負荷になります。ピストンポンプは過大な負荷に対して吐出量を減じることで動力源への負担を減らし、エンストを防ぐ構造となっています。

以上のようなことを踏まえてbonzinさんが必要とされる目的に合った油圧ポンプをお選びください。
わからないことが有りましたらまた同カテにご質問どうぞ。

はじめまして、snow--manと申します。

重機(建機)に使用されている油圧ポンプの回転数は重機のクラスにもよりますが、1000rpm~2500rpmといったところです。かなり大型の重機(ユンボでは7tクラス以上)になりますとディーゼルターボを搭載している機種が増え、使用最高回転数は3500rpm程度まで上がります。

しかし実際に使用されている回転数は油圧ポンプの常用回転数域の一部を使っているに過ぎず、油圧ポンプ自体は700~4000rpmくらいの範囲は使用可能です...続きを読む

Q天井壁にひびがひどく、在来工法木造住宅築10年心配

私の家は、築10年目を迎える在来工法の木造住宅です。
5年前に一階の壁のクロスにひびが出始めました。
窓枠の上に一本ひび割れが天井までと部屋の四隅に少しひびが少し、その時に、工務店に見てもらいましたが、木造の住宅ではよくあることですと言われ、なにかパテのようなものを塗っただけの対応でした。
その後、他にはひびが出てきませんでしたが、それから2年後に、窓枠の下にひびが出始めました。
そして、それから一年後、こちらは雪が積もる地域で、大雪になり、二階のふすまが開かないくらいに家がきしみ、ふすまの上にひびが入るくらい、それでも、雪が解けてからは、元通り、ふすまが開く状態でありましたので、一安心していましたところ。
今年になってから、二階の部屋の各所に、天井から床まで縦にひびが入り、ボードの中まで亀裂が入っています。
小さい部屋では、天井には亀裂は入っておりませんが、大広間10畳の天井には、天井の真ん中から十字に壁まで亀裂が入っています。
壁材・天井の材質は、耐火ボード(石膏ボード)のような感じのものです。
(基礎がないところにくぎを打てばゆるゆると外れるようなボード)
それで、倒壊しなければ見栄えが、悪くても良しとするところですが、心配です。
因みに柱は節があるタイプのもので、当時大工に、柱に節があるけれど、大丈夫?と聞いたところ、
今の普通の家よりも、この家は、昔の家のように柱は太いのを使っているから大丈夫と言っていました。
今不景気で、リホームも難しい中、倒壊だけは避けたいのです。
柱がゆがんでいるぐらいなら良いのですが・・・・・

私の家は、築10年目を迎える在来工法の木造住宅です。
5年前に一階の壁のクロスにひびが出始めました。
窓枠の上に一本ひび割れが天井までと部屋の四隅に少しひびが少し、その時に、工務店に見てもらいましたが、木造の住宅ではよくあることですと言われ、なにかパテのようなものを塗っただけの対応でした。
その後、他にはひびが出てきませんでしたが、それから2年後に、窓枠の下にひびが出始めました。
そして、それから一年後、こちらは雪が積もる地域で、大雪になり、二階のふすまが開かないくらいに家が...続きを読む

Aベストアンサー

柱の節は強度には関係しません。むしろ節が有る方が強いとも言われている位です。

ちょっと心配なのが、基礎の不動沈下です。
基礎は東西方向、南北方向ともに端から端まで水平でなくてはいけませんが、地盤の強度が均一でない場合、片方だけが地盤ごと沈下することがあります。そうすると基礎の上にたっている木構造には曲げの力が懸かります。とくに大雪のときなどは何トンもの荷重が家全体を曲げようとする力が懸かります。昔、”我社の建物は頑丈です”ということをアピールする為に家に象を乗せた広告をした会社が有りましが、これは笑えました。実際、積雪の重さは象より重いからです。建築を知らない建築会社だということを全国に宣伝して笑いものになりましたね。

話を戻しますが、不動沈下が有るかないかは上を見るのではなくて床を見ます。
パチンコ屋さんで遊んだ帰りにパチンコ玉を数個持ち帰ったことはありませんか?
廊下や板の間など平らな床面にパチンコ玉を数個置いてみましょう。
家中どこに置いても置いたところに留まっていれば合格ですし、散らばったとしてもばらばらの方向に散らばるならば良しとしましょう。もし数個のパチンコ玉が同方向に一斉に転がるようだと、家全体が傾いているということになります。

家全体が傾く原因の第一は基礎の不動沈下です。
不動沈下ですと、建物内部を小手先で補修しても解決になりません。

立地が道路よりも低いとか、昔、田んぼや、窪地、沼地だったところで、地盤改良を十分に行っていない場合には良くある話です。
確認の上、不動沈下が疑われる場合はすぐに専門家に相談しましょう。。10年以内だと建築会社に瑕疵保証を要求できるかもしれませんので、専門家(消費者センター、弁護士事務所の法律相談など)に建築請負契約書を持ち込んで相談されることをお勧めします。

柱の節は強度には関係しません。むしろ節が有る方が強いとも言われている位です。

ちょっと心配なのが、基礎の不動沈下です。
基礎は東西方向、南北方向ともに端から端まで水平でなくてはいけませんが、地盤の強度が均一でない場合、片方だけが地盤ごと沈下することがあります。そうすると基礎の上にたっている木構造には曲げの力が懸かります。とくに大雪のときなどは何トンもの荷重が家全体を曲げようとする力が懸かります。昔、”我社の建物は頑丈です”ということをアピールする為に家に象を乗せた広告をした会...続きを読む

Q油圧ポンプで圧力が生じる原理

油圧ポンプについて教えてください。

以下のサイトを参考にして油圧ポンプについて調べました。
http://www.ishinotec.com/Lecture/foundation/pump.html

油圧ポンプの目的は、高い圧力の油を機械等に送り込む
ことです。吸入側より吐出側のほうが高い圧力を持っていないと
いけないと思いますが、
上記サイトのイラストを見たところ、圧力が生じる原理が
わかりません。
イラストを見たところ、油を送っているだけに見えます。

ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

歯の切れ目に入ったオイルは、歯車の外周を回って送られますが、反対側で歯車がかみ合うことで行き場が無くなり、その先のパイプに送り出されます。
行き場が無くなって歯車から押し出されるオイルは、その先で抵抗を受けても、次々と歯車が回ることで送り出されるオイルに押されて圧力が生じることになります。
歯車の回転する力が強ければ、逃げ出す場所が無く成ったオイルの圧力はそれ相応に高くなることになります。

ちなみに、送られるオイルの逃げ場が無くなるギア式のポンプと違う通常の低圧ポンプは、回転する羽根の遠心力で飛び出す力を利用しているので、出口側に負荷が掛かれば空転することになって高い圧力を生むことが出来ません。

Q給水工事の工法は分岐工法かヘッダー工法か?

現在、新築一戸建てを検討中で給水工事の工法で迷っています。
4LDKで2階建てですが、2階に水周りはありません。給湯はエコキュートです。
お風呂使用中に台所やトイレを使用したときに水量が減ったりしないようにしたいのですが、この場合さや管ヘッダー工法がいいでしょうか?
HM標準は分岐工法でヘッダー工法にすると15万のコストアップになります。
分岐工法でも、樹脂管のサイズを大きくすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

理想はヘッダーでしょうね。

でも予算等当然あることなので先分岐工法でも問題ないかと思います。
従来の配管はすべて分岐工法ですよ。

メインの樹脂管を16Jで配管してもらいましょう。(20mm相当とメーカーは言っています。ただしチーズ等がない場合ですが)あくまで水道メーターが20mmという前提です。

ヘッダー 先分岐工法どちらも施工していますが、先分岐工法で苦情等在ったことは無いです。
理屈上はヘッダーと比べれば確かに同時使用率において流量の変化は激しいですが・・・特に水圧が落ちるエコ給湯みたいなので。
あくまで個人的にですが気にならないと思います。(シャワーについては、台所等の同時使用の場合は気になる場合もあるかもしれません)
どこまで質問者様が気にするかだけの問題です。

※ヘッダーにしたからといって水量の変化は必ずあります。あくまで少ないということだけです。メンテも床下は入れるなら特に問題なしと考えます。
気になるならシャワーだけ簡易ヘッダーみたいに一番手前で分岐をして配管してもらっては?どうなるかはわかりませんが・・・。

理想はヘッダーでしょうね。

でも予算等当然あることなので先分岐工法でも問題ないかと思います。
従来の配管はすべて分岐工法ですよ。

メインの樹脂管を16Jで配管してもらいましょう。(20mm相当とメーカーは言っています。ただしチーズ等がない場合ですが)あくまで水道メーターが20mmという前提です。

ヘッダー 先分岐工法どちらも施工していますが、先分岐工法で苦情等在ったことは無いです。
理屈上はヘッダーと比べれば確かに同時使用率において流量の変化は激しいですが・・・特に水圧...続きを読む

Q油圧ポンプの電磁弁と圧力計について

油圧ポンプの電磁弁と圧力について教えてください。

新品の油圧ポンプを購入しました。
電磁弁は片袖で、それが流入と流出用に2つついています。

試運転時、電磁弁と油圧機械をホースで接続せずに 電磁弁の
接続穴には蓋をしたままで行ったところ、圧力計の針がまったく
上昇しませんでした。

油圧機械に接続すると圧力計の針は上がっていきました。


電磁弁に蓋をしているので、そこで油が止まり圧力は上がっていくように
思えてしまいます。

申し訳ありませんが、なぜ 圧力は上がっていかないのかを
教えてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

回答(1)さんのアンロード回路の解説

動く油圧空気圧講座
http://www.ishinotec.com/lecture/html/circuit/index.html
[アンロード回路(無負荷運転)の動作説明]

「主電源」と書いてある左側の緑ボタンをクリックすると
電源が入ってポンプが運転されます
その下の前進/後退の△マークの黄ボタンをクリックすると
電磁弁が動作してシリンダが前進/後退します
(ボタンを押すと動作/離すと停止)

このアンロード回路とこのすぐ上にある
「基本的な回路の動作説明」の回路の動作を比べてみましょう

ただ片ソレではこのアンロード回路は成り立たないと思う


で、本件の事例はこのサイトの中段辺りに有る
「メーターイン/メーターアウト」
この回路はあくまで絞り弁の動作を解説する為の物

でも、この回路の電磁弁負荷側をメクラすると圧力計は上がらなくなる

Qプレカット(在来工法)のミスについて

先日、上棟式が終わりホッと一安心です。
自然素材にこだわり基本的に「杉」&「漆喰壁」で作っています。

ですが、1カ所(柱1本)に漆喰壁用ラスボードの切れ込みが柱の同じ面に縦2本、幅各約1cmが上から下まで必要ないところに入ってました。

設計事務所に言ったら埋めるしかないですね・・・と軽く流されてしまいました。

最善の対応策は埋めることでしょうか?
柱を取替えてもらう(大変だと思いますが)ことは可能でしょうか?


ご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

状況がはっきりしませんので、対応策として考えられるのは、

1.隠れる部分であればそのままとする
2.表しの部分(隠れない)であれば、デザインを考えてうまく隠すことを考える
3.単純に埋める
4.取り替える。
 2F柱であればまだよいけど、1Fでさらに構造上重要部分だとなるべく避けたいところ。
 金物工法なら取替えやすいけどホゾ組みしていると特に。。。

です。1番ですめば一番良いし、最悪は4番です。
出来れは一度組みあがったものは極力はずしたくはないです。

まあそういう小さなミスというのはこれからも出てくると思いますよ。
建築の場合は一品物なのでいたし方がない点ではあります。

Q油圧ポンプとエンジンの直結方法

8馬力のディーゼルエンジン(耕運機の中古でフライホイールにプーリがついている)と油圧ポンプを市販のカップリングを使って直結したいのですが・・・この中古ポンプのシャフトにはスプライン(ギア)?があります。Q:そのまま使えるカップリングってあるんでしょうか?またはどんな方法があるでしょうか?薪割り機を製作中です。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ガソリンエンジンようのカップリングは市販されていますがディーゼルエンジンはフライホイールにプーリーが取り付けされているため直接はつり付けられないと思います。ディーセルエンジンのセンターとオイルポンプのセンター位置が違うためカップリングでの接続よりvベルトで接続した法が簡単だと思います。空冷のディーセルエンジンならカップリングで直接取り付けできます。
プーリーはどこの機械店でも売っていますしシャフトのスピールにあわせて加工できます。回転数の調整も簡単です。
図面を引いて加工に出せば製作はできますが高価になると思います

Qパネル工法と2×4工法の違い

パネル工法と2×4工法の違いを教えてください。
関連サイトもあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

【パネル工法】
床・壁などの構造体をパネルとして工場生産した物を現場で組立てる工法
「木質系パネル」「鉄鋼系パネル」「コンクリート系パネル」がある。
【2×4工法】
2×4インチ(5×10cm)の断面の木材で作られた枠組に構造用合板を釘打ちした木製パネルを組合せる工法。

【社団法人日本木材加工技術協会関西支部】
http://wwwsoc.nii.ac.jp/wtak/index.html

「パネル工法と2×4工法の違い」
http://wwwsoc.nii.ac.jp/wtak/hatena/answers/a129.html

参考URL「住宅基礎知識」

参考URL:http://www.sumainonet.com/j/j_top.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報