私は、金融業界なかでも証券会社(証券アナリストやその他総合職として)に興味を持っているのですが、どういった勉強をしたらよいのでしょうか?また、実際にどのような仕事をしているのか、どういった人が働いているのか詳しく知りたいです。これらの業界に詳しい方教えてください!!お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>ディーラー


証券会社の自己資本と資金を使用して、自己勘定で有価証券取引を行い、収益を稼ぐ職種

>トレーダー
自己勘定で相対しポジションを持つこともありますが、基本的には有価証券の売手と買手の両方を見つけてその両方の取引をほぼ同時に行うことで値鞘を稼ぐ職種


>引受担当者
基本的には有価証券の発行体を訪問し、財務上に有益なアドバイスを行い、代わりに有価証券の引受シンジケード団に加えてもらうことを目的とする職種

>リスク管理
会社で保有している有価証券の市場リスクを計量的に分析する職種。リスクを計測することは経営判断において重要なことです。

>法令管理
近年、証券会社は金融庁から証券取引法違反の指摘を受けるようになってきました。この指摘を受けることは、会社にとって大きな損失につながります。このようなリスクを法的リスクと呼び、それを管理することがこの職種の仕事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な解説ありがとうございました!!!!

お礼日時:2001/12/29 00:26

>どういった勉強をしたらよいのでしょうか?



学生のうちに証券アナリスト資格を取得すればかなり有利になります。
将来的には知っていなければならないことですので、勉強する過程で興味を持ちつづけられるかどうかの判断もできると思います。
最も、資格さえあればということは間違いで、最近ではコミュニケーション能力も充用しされます。単なる資格マニアはいらないですが、面接の場で自分の意見をきちんと熱意を持って話す事ができれば自ずと道が開けると思います。
証券会社で働く上において、不必要な知識というものはありませんから、深くなくても構いませんので、広く色々なことを知るように努力してください。
後、日経新聞くらいは毎日きちんと読むようにした方が良いと思います。
これだけできてば完璧だと思います。

>実際にどのような仕事をしているのか
証券会社で働く人間のほとんどは営業職です。お客さんに色々な商品を買っていいただくことで手数料を頂戴する事が仕事です。質問の中に書かれている証券アナリストは調査部門に属する職種で営業の補助的な位置付けです。他の業種にもあるような人事、財務などは省略し、特別にある職種としてはディーラー、トレーダー、引受担当者、リスク管理、法令管理などです。
ずっと異動しない人もいますが、3年に一度程度の頻度で異動することが多く、最初に配属されたところでずっと働く事は少ないと思います。

>どういった人が働いているのか詳しく知りたいです

これは業界というよりも、会社によって随分異なると思います。うちの会社ではマニアックな人が多いです(自分も含めて)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました!!!かなり参考になりました。加えて、ディーラー、トレーダー、引受担当者、リスク管理、法令管理という仕事についても教えていただけませんでしょうか?よろしくおねがいします

お礼日時:2001/12/20 00:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q証券会社に就職しようと思っていますどう思いますか?

今大学3年生で就活を控えています。私はファイナンスに大変興味があり、証券、銀行を希望しています。
特に今自分がトレーダーをしているのもあり、証券会社に就職したいです。毎日iモードを使って、相場の流れ、自分の買っている銘柄のチェック、チャートなんかを見ています。同期は皆証券会社に行くの辞めておけといいます。何と言っても、仕事がかなりきついみたいで、休みがないそうです。離職率も7割らしく、通年採用をしています。
自分は会社の花形でもある営業に大変興味があります。友達に聞いた話では100件電話して、1件話を聞いてもらえればいいとか・・・。私は何とかして、日本をアメリカのように直接金融型に移行させたい。日本人はどうも株を投機と思いがちである。
友達から、過労死するぞとか、辞めておけと言われます。皆さんは証券会社をどうご覧になりますか??

Aベストアンサー

興味のあることをやったらいいんじゃないでしょうか。

いまどきテレコールなんかガンガンやってる証券会社があるのかどうか知りませんが、営業で言うと100件電話するなんか全然大変じゃないですよ。ぼくは若いころ丸一日電話に齧りついてたときは300件以上は電話してましたけど、300件とか500件とか電話するのが大変なんじゃなくて、1件のお客さんと集中して話すことの方が100倍大変です。自分の声のトーンと相手の声から伝わってくる情報に全神経を集中して本気で電話してれば1件の電話でも疲れ果てることがあります。別に怒鳴るわけじゃないですよ。夜の10時まで飛び込みすることよりも昼の1時から3時までの2時間お客さんの事務所で喋ることの方が100倍大変。
営業は営業でまたそういう楽しみがあります。大変というのは裏返すとけっこう楽しいことでもあります。そしてたぶん相場を教えてくれるのはお客さんです。下手なお客さんだって実にいろんなことを教えてくれます。自分が学ぼうとしないとわからないことだと思いますけど。
最終的に面白くないなと思えばやめればいいじゃないですか。
ぼくは電話営業やってるときは実に面白くないと思ってましたけど、3年は必死になってやらないとモノも言えないと思って3年頑張りました。それでちゃんと数字叩きながら3年やって、面白くないからやめますといったら、面白い仕事やらせてくれましたよ。運が良かっただけかもしれないけど。
理屈だけ言っててもダメです。ちゃんと会社に収益を与えてあげた上でモノ言わないと、誰も耳貸さないですね。仕事するってそういうことだから。
失礼なことを書きますけど、海のものとも山のものともわからない大学ポッと出の小僧が何を言っても残念ながら誰も耳を貸しません。

楽な生活がしたいなら地方公務員になるのがいいと思います。仕事は安定しててそれ以外に楽しみを求めるという人生もいいものです。けっきょくは好き嫌いだと思います。
仕事がキツイったって、電通の営業だってトラックの運ちゃんだって一日14時間以上労働なんか実態で言うと実はごく普通。うちの顧問弁護士だって夜中の3時ごろに仕事のメール寄越してきたりします。国家公務員上級の金融庁とか財務省のキャリア組でも深夜12時とかまで仕事してたりしてます。残業代すごいでしょって聞いたら、予算があるから請求できないと言ってました。夜中に霞ヶ関の官庁街走ってみて下さい。けっこう電気ついてますから。役所といっても社会保険庁みたいなボケナスなことをしてるところばっかりじゃないんですね。
手塚治虫は一日平均睡眠時間3時間だったって言いました。イチロー選手なんかメンタルには朝起きた瞬間から試合の準備してるそうで、それどころか寝てるときに体の物理的なバランスが崩れないように定期的に寝返りをわざとうつそうですから、試合時間は知れてますけど24時間365日仕事してるようなもんです。
それでも人間そんなに簡単に過労死なんかするもんじゃありません。

ところで話は変わりますけど、証券会社に勤務してもたぶんトレーダーをしている自分にとってのイメージとは全く違う世界だと思います。証券会社の社員の99%ぐらいは、株のことはよく知っているかもしれませんが、残念ながらトレードのことは全然知りません。しかも自分が知らないということを知らない、という、きっとソクラテスに言わせると致命的なアホウばっかりです。でもお客さんに向かって実は相場はやったことがないから知らないんですとは言えませんし、そもそも本質的にブローカーというのは運用する側と利益相反の関係がありますから、構造的に仕方が無いことかもしれません。たくさん儲ける為には手数料はなるべく払わない方がいいですが手数料を払ってもらわないと証券会社は倒産します。トレードの手法を知っててお客さんに教えてあげても証券会社は儲からない。

そういうことはあるけど株が好きなら証券会社の内情も見ないより見てた方がいいと思います。何が見えるのかはあなたの問題で、目に映っていても見ようとしなければ脳が理解しませんから見たことにならない。
またなろうとしないものにはなれませんしやろうとしないことは実現しないものです。日本の金融システムを直接金融型に移行させたいといいますけど誰のためにまたは何のためにそうしたいんでしょうか。
「日本人は株は投機と思いがち」と書かれてますが、ぼくは投機の何が悪いのかという立場です。投機って丁半博打じゃないですよ。機会に投資する、いいじゃないですか。ベンチャーファンドなんかエンジェル投資なんて一生懸命体裁取り繕ってますけどバリバリコテコテの投機です。個人的にはもっと真剣に考えて投機すればいいと思う。
構造改革をやりたいならきっと金融庁に入庁するか政治家になった方が手っ取り早いと思いますけど。金融庁の役人とか政治家ってトレードなんてことが全くわからない人種の最右翼でしょうから、そんな人がいたら大好きになると思います。ぼくに好かれても仕方ないでしょうけど。

とりとめのないことばっかり書いてオチがありませんが、何かの参考になれば。

興味のあることをやったらいいんじゃないでしょうか。

いまどきテレコールなんかガンガンやってる証券会社があるのかどうか知りませんが、営業で言うと100件電話するなんか全然大変じゃないですよ。ぼくは若いころ丸一日電話に齧りついてたときは300件以上は電話してましたけど、300件とか500件とか電話するのが大変なんじゃなくて、1件のお客さんと集中して話すことの方が100倍大変です。自分の声のトーンと相手の声から伝わってくる情報に全神経を集中して本気で電話してれば1件の電話でも...続きを読む

Q銀行や証券会社に就職した人って…

ふと感じた素朴な疑問です。

大学を出て銀行や証券会社に就職する方は、みながみな経済学部出身というわけではありませんよね?
銀行や証券会社で働くのに経済学の専門知識は必要ないのですか?
入社試験でなんらかの形で知識を問われたりするのでしょうか?

ちなみに私は大学1年生で、法学部生です。一般教養の授業で経済を少し勉強しているときに、ふと疑問に思いました。
銀行や証券会社への就職を考えているわけではありませんが…教えてください。

Aベストアンサー

元銀行員です。
入社の際の筆記試験でも比較的他の業界より
一般的な金融の問題や数学的な問題が出てきますので、
全く何にも知らない人は入社することはないかと。

とはいえそれで通用するわけもないので、
もちろん研修があります。銀行にもよるかと思いますが
私のいたところでは新卒は4月に入社して6月くらいまで
座学(銀行商品や金融の勉強)をしました。
そしてお客様の前に出る前には証券外務員の資格取得が必須でした。

お客様の前で話ができるようになるための資格は
銀行によっていろいろと規定があるようです。
だいたい証券外務員から初めて、業務をしながら、
保険商品の資格だったり、証券関係の資格だったり、FPだったり
社内資格まで含めるとキリがないくらいいろんな資格をとる必要が
出てきて、とらないと昇給できなかったりします。
証券会社の場合も似たようなかんじです。

ちなみにこれは個人向け営業系の職種のことで、
一般事務職はもう少し資格をとる義務が緩和されていますし、
逆にバックオフィスや法人部門のようなところでは、
院生や各大学の経済学部の成績優秀者などしかは入れませんので、
ある程度専門知識が必要とされます。

元銀行員です。
入社の際の筆記試験でも比較的他の業界より
一般的な金融の問題や数学的な問題が出てきますので、
全く何にも知らない人は入社することはないかと。

とはいえそれで通用するわけもないので、
もちろん研修があります。銀行にもよるかと思いますが
私のいたところでは新卒は4月に入社して6月くらいまで
座学(銀行商品や金融の勉強)をしました。
そしてお客様の前に出る前には証券外務員の資格取得が必須でした。

お客様の前で話ができるようになるための資格は
銀行によっていろいろ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報