火傷など治療法についていくつかの論文を読んでいますが『デブリドマン』という言葉が度々出てきますが,難しくてよく理解ができません.
簡単にいうとどのようなことを行なう治療法ですか?
分かりやすく説明できる方いましたら教えてください.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


傷ややけどなどの、死んだり変質した組織などを除去する事です。

つまりきれいな生きた組織が露出した創面を作って、薬を塗ったり縫合したりなどの処置をするわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは.
あっそういうことなんですね.
分かりました.ありがとうございました.

お礼日時:2006/01/05 22:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシシリー・ソンダースに関する書籍・論文、又はシシリーが書いた論文で日本語で読めるもの

タイトルの通り、シシリー・ソンダースに関する書籍・論文、又はシシリーが書いた論文で日本語で読めるものを探しています。
今のところ下のような資料が見つかっています。
・「ホスピスの創始者-シシリー・ソンダース-」シャーリー・ドゥブレイ
・「終末ケアに関するシシリー・ソンダース研究についての考察」佐々木隆志
これ以外で何かありましたら大至急教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

少しお探しのものとは異なるかもしれませんが、
=================================
ホスピスケアハンドブック / シシリー・ソンダース[他]. -- 家の光協会, 1984.7
=================================

ご参考まで。

Qこの治療法の名前は??

患者1人1人について、その人に特別な(大げさに言えば、漢方薬みたいにその人だけの)薬を出したり・医療チームが付いたりetcの治療ってなんていうのですか???

レポートでこの治療法についてふれたいと思ったんですけど肝心の名前が出てこなくなってしまって。。。
どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

オーダーメード治療。テーラーメード治療
洋服屋に服をオーダーする感じであわせるとゆうのでしょうけど、マスコミ用語で医学用語にはありません

Qメニエル病の治療法について

私の彼がメニエル病で
耳が聞こえません。

彼は今まで
治すために病院に通い
色々な薬を
試したみたいなのですが
効果はなく‥。
去年までは高音はかすかに
聞こえていたようなのですが
去年の暮れから
今年の始めくらいに
それも聞こえなくなって
しまったようなんです‥。

この先、彼の聴力を
取り戻す事は
できないのでしょうか??

例えば、手術で
正常な耳を移植するなど
そういうことは
可能なんでしょうか??

Aベストアンサー

こんな治療方法もあります。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/health/CK2010031902000125.html

信じられないでしょうが、ちゃんとした大学病院が研究している治療方法であり、
いわゆる民間療法とは違います。
試す価値はあると思います。

QHIVの治療法について

献血関連で色々と調べていたらHIVの治療法が出てきました。内容は専門的で分かりませんでしたが…
HIVって感染しても治る病気でしたっけ?
詳しく分かりやすく説明出来る方、お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

簡単に言えばHIVは感染後本格的に発病するまで10年近く無症候期(何の症状もない期間)が続きます。
現在の治療方法は、この無症候期をできるだけ維持して発症を先延ばしにすることを狙っているものです。要するに一度感染したウィルスを体内から除去することは出来ないが、静かにさせておくことはある程度可能になってきたということです。但し、100%確実に眠らせておくことができるかは分からないし、宿主が死ぬまで静かにしておくことができるかも?です。

お役にたてば幸いです。

Q慢性腎不全の治療法について

医療分野を勉強する大学2年のものです。
慢性腎不全の場合、多くの方は週3回の人工透析をされていますが
ある症例で慢性腎不全でかかわらず、人工透析を受けていない方を目にしました。
受けない理由を関係者に聞くと、その方は腎癆をしているからだということでした。
あとで調べてみたところ腎癆は本来尿管が結石、腫瘍、炎症、等で閉塞し、
それによって引き起こされる症状が著しい場合に腎臓にカテーテルを挿入することだとわかったのですが、
慢性腎不全に対してどうして行うのかわからないので教えてください。

Aベストアンサー

腎不全には腎前性、腎性、腎後性があります。多くは腎性で透析が必要ですが、腎後性の場合は腎ろうなどの処置が有効です。
この方の場合は腎後性という事です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報