昔みたドキュメンタリーでイルカの生態について
を紹介した番組がありました
どうしてもその番組名が分からないんですが
わかる方いらっしゃったら教えてください

記憶では
1、案内役でロビン・ウィリアムス(俳優)が出てきた
2. 家の庭が海に繋がっていてイルカが来る?(うろ覚え)
3. 水中でダイバーみたいな人がドーナツ型の気泡を口からだしているのをイルカが見て体を上下に動かしながら喜ぶ

たしかそんな感じだったんですが
もし心当たりあればお願いします
販売されていれば是非手に入れたい作品なんです

A 回答 (1件)

ずいぶん前に「野生発見の旅~イルカとロビン・ウィリアムス~」というイギリスの番組が放映されたとの情報がありました。

何度か再放送もされているようです。
ロビン・ウィリアムスの出演作品リストに、イルカ関連の番組はこれしかありませんでしたから、たぶんお探しの番組だと思います。

日本でのビデオ発売は確認できませんでしたが、原題の「In the Wild: Dolphins with Robin Williams」で調べるとアメリカやイギリスのamazonで中古が販売されているようでした。

同シリーズのDVDが「IN THE WILD 野生への旅」という題で国内発売されているようですが、メグ・ライアンやユアン・マクレガーのものしか見つからず…。
あいまいな情報ばかりですがお役に立てば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
まさか今日中に回答が来るなんて・・・
本当にありがとうございます
fine_dayさんのおっしゃる「In the Wild: Dolphins with Robin Williams」で調べたら記憶にある場面も出てきたのでこれだと確信できました

DVDの方は大型の専門店が仕事先にあるので調べてみます本当に助かりました。

お礼日時:2006/01/06 01:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歌手のイルカさんがライブで歌っていた歌です

『なごり雪』のイルカさんがライブで歌っていた曲ですが、歌詞の出だしが「雨にぬれても泣かないよ 君のことばより優しいから」という歌の曲名と、アルバムになっているならアルバム名を教えてください。そのほかに「僕は歩いてる無彩色の街を」「僕の破れたシャツはお日さまの匂いがいつもするよ」という歌詞の部分がありました。(歌詞から「いつか冷たい雨が」という歌かと思っていたのですが違いました。)力強い歌です。1980年頃に友人から借りたイルカさんのライブのテープに入っていました。そのライブがアルバムになっているのかどうかもわかりません。

Aベストアンサー

どうも今晩は!

1975年のファーストアルバム「イルカの世界」の9曲目に収録されている「つめたい街」ですね。
http://musicfinder.yahoo.co.jp/shop/c/10/crcp118

歌詞は↓こちら
http://lyric.kget.jp/lyric/gv/kh/index.html?c=0&a=%83C%83%8B%83J&t=&b=&f=%89J%82%C9

ご参考まで

QNHKの障害者のダイバーのドキュメンタリー番組

タイトルどおりなのですが、NHKの番組で、
障害者の方が、スキューバダイビングをなさっていらして
元々、ダイバーだったご自分が障害者の立場から、見えるようになり
今では、各地でダイビングを教えていらっしゃるという番組があったと
お聞きしました。
父が脳梗塞の後遺症で左半身に麻痺が残ったんですが、
元ダイバーだったので、夢をみせてあげたいと思いまして。。。
ご存知の方がいらしたら教えていただけると助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

福祉ネットワークという番組では
なかったでしょうか。

http://www.nhk.or.jp/fnet/

http://www.nhk.or.jp/fnet/arch/mon/50725.html

http://www.tokyodivers.co.jp/index0.htm

Qフォークソングのタイトルか歌手名を教えて下さい。

女性が歌っているフォークソングなのですが、歌手もタイトルもわかりません。
テレビで学生紛争など当時の世相の映像が流れた際によくBGMで流れていました。
うろ覚えながら以下情報です。
・女性のシンガーである。
・暗い曲調
・おそらく有名なのはこの一曲だけ
・若くして無くなった?
よろしくお願い致します。ちなみにイルカや森山良子ではありませんでした。

Aベストアンサー

森田童子では?

Qドキュメンタリー番組の謝礼

以前から疑問に思っていたのですが、日本のホームレスやブラジル・フィリピンなどのスラム街家庭など、極貧生活に密着したドキュメンタリー番組がよく放映されます。常識的に考えて、取材対象者になにがしの謝礼が支払われるはずだと思うのですが、どうなんでしょう。

テレビではその日の食べ物がなく、3日も我慢してようやくトウモロコシの粉をもらう…なんていう感じのものばかり。

「貧乏生活を取材させてくれ」「だったら金をくれ」というのは、その日暮らしをしている者にとっては当然の要求だと思うのですが…。しかし金をもらったら貧乏生活は撮影できない。

空腹に耐える生活を撮影し終えたら、謝礼がもらえるという事なんでしょうか。どなたか詳しい方、ご教示願います。

Aベストアンサー

当然、多少なりともお金が渡されます。
そうでなければ顔出しの取材は受けません。
もちろん高額ではなくアルバイト代程度と思います。

海外の場合は貨幣価値が違いますが、日々食うや食わずですから、相当安いはずです。
貧乏生活を変えてしまう金額など払いません。

Qイルカの引っ越しとその影響

イルカと食文化について質問です。
引っ越しをしたイルカは人間に食べられているんでしょうか?
伊豆七島のいくつかには野生のイルカが生息しています。
そのなかで、成長したオスのイルカというのは更なる棲息地をひろげるために引っ越しをすることが知られています。御蔵島などはイルカの保護と研究を目的として各イルカを固体識別して名前を付け、毎年見守りながら研究しています。現に御蔵島のイルカが千葉沖でやはり千葉のイルカ・クジラ保護団体によって発見されている例等を聞いています。
しかし、これらの引っ越し先がイルカを食べる習慣のある伊豆地方などの場合は、やはり捕獲され食肉として市場に流れたりしてしまうのが現実なのでしょうか?
漁師の方がイルカを固体識別して名前を知っているとも思えないので・・・
認めたくない現実なのですが、先日伊豆に行ってきたところ、今でも伊豆では普通にイルカを食べているようです。
どなたかその辺の実状をご存じの方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

 申し訳ありませんでした。

> 認めたくない現実なのですが、先日伊豆に行ってきたところ、今でも伊豆では普
> 通にイルカを食べているようです。

 と書かれると否定的に言われているとしか取れなかったもので…。

 それと、本題のほうについて知っている内容を補足させていただきます。

> 調査対象のイルカの行方について、どこかで捕獲され食用肉になりました。とい
> う報告が返って来るのかどうかです。

 ということですが、可能性としてはありえると思います。が、食肉用のイルカは市場に出回る前に解体されますので、あくまでそれはその際に解体される前に保護団体の方が運良く確認出来た場合に限ると思います。それにしたって、少なくとも一度の漁で数十頭、場合によっては千数百等のイルカを数日かけて追い込むことになりますので、一頭一頭を識別を識別するのはおそらく難しいのではないかと思います。ですから、イルカ漁で水揚げされた場合にはたいていの場合「行方不明」になってしまうのではないでしょうか。

 それと、イルカ漁にかかったからといって必ずしも殺されてしまうというわけでもないので、極僅かの生き残り組みに紛れ込んだ場合(もっともかなり運が良くなければそちらに紛れ込む事もないのが現実ですが)、「どこそこの水族館で泳いでいました」なんて事になる可能性もあります。

 以上、専門家ではないのでわずかばかりの知識からの推測に過ぎないのですが、なにかの参考になりましたら幸いです。

 申し訳ありませんでした。

> 認めたくない現実なのですが、先日伊豆に行ってきたところ、今でも伊豆では普
> 通にイルカを食べているようです。

 と書かれると否定的に言われているとしか取れなかったもので…。

 それと、本題のほうについて知っている内容を補足させていただきます。

> 調査対象のイルカの行方について、どこかで捕獲され食用肉になりました。とい
> う報告が返って来るのかどうかです。

 ということですが、可能性としてはありえると思います。が、食肉用のイルカは市場...続きを読む

Qアンリカルティエブレッソンのドキュメンタリー番組

NHK(おそらく)で以前、フランスの写真家アンリカルティエブレッソンのドキュメンタリー番組が放送されたのですがご覧になったかたはいませんか?
自分で放送局まで問い合わせをしたいので手がかりが欲しいです。(放送年月日など、些細な事でかまわないです)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1999年10月9日・ETVカルチャースペシャル
『写真と生きた20世紀』カルティエ=ブレッソン・91歳の証言
でしょうか?

http://www.mmjp.or.jp/RINGS/tv1999.html

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/RINGS/tv1999.html

Qイルカの水銀って危なくないですか

イルカの水銀って危なくないですか

このサイトで、イルカが水銀汚染でイルカが死亡するケースが多いと報じています(英文です;)
http://www.theage.com.au/national/mercury-poisoning-linked-to-dolphin-deaths-20080605-2mbw.html

イルカ肉にイルカも死んじゃうほどの水銀が含まれているのだからイルカ漁を禁止するのは当たり前なんじゃないですか?

Aベストアンサー

>イルカ肉にイルカも死んじゃうほどの水銀が含まれているのだから
 ご存知の通り世界中の海にイルカは生息しています。全てのイルカがとか、全ての海域で、という話ではないですね。ちなみに少なくともイルカ食が原因で水銀中毒を起こした日本人の記録はありません。

>人に影響がないって証拠はあるんですか?
 ないって証拠はありません。ただし、ここまでだったら影響はない、って科学的に確認された基準はいくつもあります。最大無作用量とか、一日摂取許容量とか。

 なお、「ないって証拠を出せ」という表現はおやめになられたほうが。ご存知の通りこれは悪魔の証明であって、神様以外に不可能なことです。論理性を疑われますよ。

Qドキュメンタリー番組に出たい

大家族や医療ものなど何かに向かって頑張る人(一般人)のドキュメンタリー番組がありますが、あの出演者はどのように決まるのでしょうか?
実は、近い将来お店を始めたいと思っており、素人が試行錯誤しながらお店を始めるまでをドキュメンタリー番組として作ってもらえたらいいなと思っています。
でも、テレビ局に直接お願いしていいものなのでしょうか。その場合、どこの部署にお願いしたらいいのでしょうか。それともどこかで出演者を募集しているのでしょうか。関係者の方や、この件についてご存知の方、アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

Mpack(エムパック)というサイトで、いろんな出演者の募集をしています。

アンケートサイトでもありますが、テレビ出演依頼が非常に多いです。
希望者、該当者が応募する感じです。
自分にあったテーマの募集がないとだめですが。

ご参考まで。

こちらから出演要望で、しかもドキュメンタリーとなるとテレビ局にじかじゃないとだめだと思います。
ただ、訴えるものが無いとコネなしでは苦しいような気がしますが。。。

参考URL:http://member.mpack.ne.jp/index.html

Qイルカ追い込み漁について詳しく知りたいと思います。

日本の伝統文化として、日本でイルカ追い込み漁によりイルカが殺され、食用にされたり、研究にまわされたり、水族館に売り飛ばされているということを知りました。大変衝撃的な出来事で、イルカはサメに襲われそうになってる人を助けたり、溺れている人を助けたりと、なんの見返りもなく人間や仲間を助ける優しい生き物です。いろんな意見があるでしょうけど、僕はいくらイルカを食べることが食文化だといっても、18世紀まではイルカは魚だと考えられており、それ以降にやっと哺乳類であるとわかって、哺乳類だから食べてはいけない、牛や豚はどうなんだと言われると正直自分でもどう整理したら分かりませんけど、たいしてイルカはうまくないと聞いています。それを伝統文化だから行事を行う感覚でイルカ追込み漁を行ってもよいのでしょうか?また水族館にイルカをうるために捕獲するという理由で。イルカを殺すことには僕は反対です。みなさんはどう思いますか?またイルカ追い込み漁について詳しく知っているわけではないので詳しく知っている方、無知な僕に教えてください。今後イルカやイルカセラピー、野生イルカ保護についてのホームページを作っていこうと思っています。

日本の伝統文化として、日本でイルカ追い込み漁によりイルカが殺され、食用にされたり、研究にまわされたり、水族館に売り飛ばされているということを知りました。大変衝撃的な出来事で、イルカはサメに襲われそうになってる人を助けたり、溺れている人を助けたりと、なんの見返りもなく人間や仲間を助ける優しい生き物です。いろんな意見があるでしょうけど、僕はいくらイルカを食べることが食文化だといっても、18世紀まではイルカは魚だと考えられており、それ以降にやっと哺乳類であるとわかって、哺乳類だ...続きを読む

Aベストアンサー

水産生物の保全を専攻している身から意見させていただきます。感情論で語る保全は悪です。感情論で保全を語った場合、人間の目から見た優劣がつきますね。たとえば、イルカがかわいい・鯨はかしこいといってその生物を保全するとします。人間は環境に対する影響力が最も高い生物です。そのため、その生物たちはたしかに数を増やしていくでしょうがそれは自然界のバランスを崩すもとであり、自然界に住む生物すべてに対する冒涜です。保全の基本は人間の手によって絶滅の危機に瀕している生物を保全し、増えすぎた生物を減らし自然のバランスを保つことなのです。人の目から見た保全をするのではなく、自然の目から見た保全を考えなくてはなりません、それがたとえ残酷といえる生業でもです。つまり、このイルカ追い込み漁を考える場合、イルカの種を無差別に搾取する乱獲に近い漁法なら非難するべきです。しかし、もしそれが増えすぎたイルカだけを取っているのであれば、それは逆に絶滅に瀕している他のイルカ種を救うことになりえるのです。イルカの生態は似てますからね、増えすぎたイルカ種が絶滅に瀕しているイルカ種を圧迫している可能性が高いですから。
水族館に売るという面でもそうです。イルカの研究はたいてい捕獲されたイルカを購入することでなりたってます。そのおかげでイルカの生態が解明され、保全に役に立っている面もあるのです。
最後にもう一度言わせてください。保全を本当に考えるなら人の感情で保全を考えないでください。あくまで自然の観点から保全を考え、ときには必要悪になることも保全には大切なことなのです。このことを踏まえてよいホームページを作ってください。楽しみにしております。

水産生物の保全を専攻している身から意見させていただきます。感情論で語る保全は悪です。感情論で保全を語った場合、人間の目から見た優劣がつきますね。たとえば、イルカがかわいい・鯨はかしこいといってその生物を保全するとします。人間は環境に対する影響力が最も高い生物です。そのため、その生物たちはたしかに数を増やしていくでしょうがそれは自然界のバランスを崩すもとであり、自然界に住む生物すべてに対する冒涜です。保全の基本は人間の手によって絶滅の危機に瀕している生物を保全し、増えすぎた...続きを読む

Qドキュメンタリー番組のタイトルがわかりません。冬山登山でザイルを切る話です。

昨日の夜、CSで見たドキュメンタリー番組のタイトルが分りません。素晴らしく感動的でした。途中から見たのですが目を離せなくなりました。それで関連書籍を購入したいと思ったのですがタイトルがわかりません。内容はコンビを組んでいる2人の登山家の話で生きるために1人が命綱のザイルを切ってしまい切られた人は雪原のクレパスに落ちてそこから這い上がって生還する話でした。人間の底力を感じました。CSの何ちゃんねるかもわかりません。こういう話に心当たりのある方はいませんか?

Aベストアンサー

こんにちは
こちらでしょうか?↓

運命を分けたザイル
http://www.movieplus.jp/movie-detail/index.php?film_id=CS-0000000000010437-000

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=321114


人気Q&Aランキング

おすすめ情報