ちょっとした疑問なんですけど、金属アレルギーは金属イオンが抗原として認識されて起こるんですよね。でも体内に金属イオンは含まれていますよね。その金属に対してアレルギー反応が起こったりはしないんでしょうか。
ナトリウムやカルシウムが金属アレルギーの原因になるようなことはないだろうし、金や銀は生物に必要じゃないのかもしれないけど、鉄なんかはどうなんでしょう。金属アレルギーは体内にない金属に対してだけ起こるんでしょうか? だとすれば銀やニッケルと、カリウムやナトリウムは免疫系にとってどこが違うんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

生体内で触媒や蛋白と結びついた形で必要な金属まで含めればほとんどの金属が含まれてしまいます。

鉄、ナトリウム、カリウムなどで言われているのは『大量に消費し処理する機構が存在する』というだけで、ニッケルや銅で同様に『大量に』処理できる機構がないということなんですね。少量存在することについての対策しかできていなければ過剰に存在すれば破綻してもおかしくはありません。これには環境中の存在比や個人的な耐性の違いなどが複雑に絡むため、定説までは説明がなされていますが、細説については研究途上としかいえないんですよ。

こういった質問に対してお答え可能なものは、現状において論文や学会で発表されたもの、中でも通説に近いものだけだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はっきりしたことはまだわかってないんですね。よく考えたらアレルギーは正常な状態じゃないんだから体に必要なものを排除してしまってもおかしくないですね。
大量に消費する金属だけ対応ができているというのは納得できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/24 13:18

 


  詳細は知りませんが、調べてみますと、金属アレルギーを引き起こす金属の種類は、「1987年、東京都済生会中央病院皮膚科の金属パッチテスト調べ」(以下URL1)によれば、多い順に、水銀、ニッケル、コバルト、スズ、パラジウム、クロム、銅、白金、亜鉛、金、カドミウム、アンチモンなどで、銅が7.3%、クロムが9.5%で、亜鉛以下は2%未満です。
 
  これらの物質を見てみると、銅も含め、いずれも体内に吸収されると中毒あるいは異常が生じる物質です。公害病の原因金属は、ほぼこれらのリストと対応します。ニッケルは毒性があるか確信がありませんが、水銀、コバルト、スズ、パラジウム、クロムなどは、体内に摂取すると、毒性を持ちます。何故そうなのかということと、金属アレルギーの原因金属であるのは、同じ理由を持っているのではないかとも想定される理由があります。
 
  或るサイトでの指摘では(URL2)、金属アレルギーは、汗などに金属が溶けてイオンとなり、それが体内のタンパク質と結合し、この複合物質が、体内で、二次的に作用してアレルゲン物質を誘導し、これによってアレルギーが起こるとされます。また、金属アレルギーは、IV型アレルギーに分類されるとのことで、この型のアレルギーはリンパ球が関係し:
 
  「リンパ球(ヘルパーTリンパ球)+抗原」→「化学伝達物質放出」→「貪食細胞(マクロファージ)呼び寄せ」→「各種化学伝達物質放出」→「炎症」
 
  というような過程で、アレルギーを引き起こすようです(URL3)。鉄やカリウム、ナトリウムは、タンパク質あるいはリンパ球と結合することなく、仮に結合したとしても、体内では、かなり普通の物質であるため、問題が起こらないのではないでしょうか(公害の中毒物質は、体内のタンパク質と結合して毒性を示すのだとも思います。水銀中毒などは、髪に水銀が検出されますが、これは髪の毛を構成する蛋白と水銀が結合しているのです。その他の金属も、中毒で、髪において検出されるのではないかと思います)。
 
  URL1 http://www.fujitv.co.jp/jp/kurashi/biyou/j137.htm
  URL2 http://www.dent.niigata-u.ac.jp/hosp/allergy/kin …
  URL3 http://www.med.or.jp/kensa/allergy/002.html
 

参考URL:http://www.fujitv.co.jp/jp/kurashi/biyou/j137.htm

この回答への補足

銅は一度に多量に取ると中毒を起こしますが、微量ならメラニンやヘモグロビンの合成に関わる酵素に含まれていたり、ビタミンCを使うときに使われたりするようです。コバルトもビタミンB12の成分として必要なのに、アレルギーを引き起こしてしまうのはなぜなのか疑問です。

補足日時:2001/12/21 00:18
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。確かに重金属はアレルギー体質でなくても体に悪そうですね。食物アレルギーとはまた機構が違うみたいですね。リンパ球が必要な金属に結合しないような仕組みがあるのかもしれませんね。

お礼日時:2001/12/21 00:18

固体のままの金属はアレルギーの原因となることはありません。

アレルギーの原因となるのは、イオン化して活性な状態にある金属です。これらの金属イオンは金属イオンのまま刺激になるのでなく、生体に含まれるたんぱく質と結びついて刺激物質(抗原)になります。こうした性質は金属だけでなく、ディーゼルエンジンからでる煤煙などでも知られていて、この性質をもつ物質全般を総称して『ハプテン』といいます。

ハプテンとなるにはタンパク質との反応性が重要であることから、スズやニッケルなどが代表的となるのです。鉄は元々体の中に代謝機能が出来ていて、結合しても問題のないタンパクが体の中にあるのです。プラチナや金は反応性が元々低い物質ですよね(だから永久の輝き!)

この回答への補足

もともと生体内で代謝機能ができている物質は問題ないんですね。ナトリウムやカリウムも安全に扱える機構があるんでしょうね。
ところでニッケルは尿素を分解する酵素の成分だし核酸の安定化にも働くので体に必要なものだと思うんですけど、なぜアレルギーを起こすんでしょうか。

補足日時:2001/12/20 23:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございます。イオンにならない限りアレルギーの原因にはならず、イオンになったとしても代謝に使われるものなら大丈夫な仕組みがあるってことですね。

お礼日時:2001/12/21 00:04

カリウム・ナトリウムと金・銀では、前者はアルカリ金属で遷移金属では化学的な性質が異なります。


ご存知のように、カリウム・ナトリウムはイオン状態で細胞の内外でイオンポンプ・イオンチャネル等で出入りしてます。
基本的にイオンに対する抗原・抗体反応はないのでは・・・?

遷移金属でも、例にあげている「鉄」はヘム(Fe(II)ポルフィリン)として錯体としてあるいはトランスフェリンとして蛋白質と結合(?)して存在してます。勿論ヘムもヘモグロビンとしてグロビン蛋白の中に存在してます。

これらに対して、抗体が産生されてアレルギー反応が起こる症例があるのかどうか分かりませんが・・・?

一方「金・銀」に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
このようにメカニズムは分かりませんが、あるようですね?
さらにアクセサリー等の金属によるアレルギーもありますよね?
これらは接触する皮膚の面と金属の間でどのような作用があるのでしょうか・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.dent.niigata-u.ac.jp/nds/2601/05-j.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やっぱり生体内の金属ではアレルギー反応は起こらないんでしょうか。

お礼日時:2001/12/20 23:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアゾ染料の質問です:塩基性染料は接触性皮膚炎などのアレルギーを引き起こ

アゾ染料の質問です:塩基性染料は接触性皮膚炎などのアレルギーを引き起こす恐れは無いのでしょうか、又食用色素:赤色102号や黄色4号等は酸性染料になるのでしょうか?

Aベストアンサー

1)アゾ染料はモノによって、色々な毒性が知られ、その量によって、アレルギー症状を起こす事も知られています。繊維に吸着した、アゾ染料は、洗浄してから着用する方がいいでしょう、特にアレルギーに弱い方とか、乳幼児には、。。
2)赤色102号、黄色4号などは、-SO3Na を含んでイルノデ、酸性染料でしょう。ヨーロッパでは規制されていますが、日本では、まだ規制が緩やかです。(残念ながら)、これらは発癌性もあるようで、毎日食べていると確かに健康には、(10-50年後)良くないでしょう。 特に乳幼児によくありません。
3)インターネット で Google > 赤色102, 黄色4 (Wikipedia) 等を調べると色々詳しくわかります。

QT細胞の抗原認識システム

免疫学を勉強しています。
わからないところがあるので教えてください。

T細胞は抗原を認識するTCR(T細胞レセプター)を細胞膜表面に発現しているわけですが、抗原提示細胞から抗原を提示される時のこのレセプターについて質問があります。

抗原は交差反応性はないものとしてお願いします。

一つのT細胞のTCRは一種類の抗原のみ認識できるのでしょうか。
⇒未知の抗原にも対応できるように、あらかじめA~Zの抗原に対するTCRをもつT細胞26種類が存在していて、抗原Aが入ってきた場合、抗原Aを認識できるT細胞がクローン増殖する。

で合っていますか?

それともT細胞のTCRはたくさんの種類の抗原を認識できるのですか?

Aベストアンサー

合っていると思います。

基本的には抗原を認識できるT細胞クローンが選択されて増殖する、そのとおりです。

ただ、増殖したT細胞が他の抗原をも認識することもあります。
これを交差反応といいますが、この点ではTCRがたくさんの抗原を認識できるといっても間違いではありません。

参考になりましたか?

Q金属アレルギーと腕時計

金属アレルギーの方は、普段腕時計はどんな物を身に付けていますか?また、購入はどこのお店や通販サイトを使っていますか?

私自身もそこそこの金アレもちで、腕時計はスウォッチのみ(金属製だと、バンドや文字盤の裏の部分でかぶれる為)で、ベルトもバックルでかぶれる為革のみで出来た物を使ったり、アクセサリーはサージカルステンレス製?の物のみを身に付けています。

スウォッチ自体はデザインも色も豊富で使いやすくて好きなんですが、やっぱりたまには、金属製の華奢なデザインや綺麗目なデザインの物を身に付けてみたい!!と思ってしまいます;

ブランド物の腕時計でも、いくつか気に入った物はあるんですが、どれもやはり金属製です…

時計好きだけど金属アレルギー…でも、金属製の腕時計を使ってるよ!という方は、どちらのお店や通販サイトで手に入れているんでしょうか?

また、スウォッチ以外で金アル持ちでも気にせず使える腕時計のメーカーやショップをご存知でしょうか?Baby-G(←名称が間違ってたらすみません)は、個人的にちょっとゴツゴツし過ぎなのでNGです;

また、先にチラッと書きましたが、その今気になってるブランド(ちなみにアニエスbの物です)の腕時計の素材を調べた所、素材の所にステンレススチールと確か書いてあったんですが…ステンレススチールという素材は、金アル的には、アレルギーは出にくい素材なんでしょうか?

私自身は、皮膚科に行って検査した訳ではないので正確には分からずですが、とりあえず今までに、時計の文字盤・ベルトのバックル・(恐らくかなり安価な)雑貨屋等に売られている休めのネックレスや指輪等でかぶれた事があります。

ご回答宜しくお願いいたします!m(__)m

金属アレルギーの方は、普段腕時計はどんな物を身に付けていますか?また、購入はどこのお店や通販サイトを使っていますか?

私自身もそこそこの金アレもちで、腕時計はスウォッチのみ(金属製だと、バンドや文字盤の裏の部分でかぶれる為)で、ベルトもバックルでかぶれる為革のみで出来た物を使ったり、アクセサリーはサージカルステンレス製?の物のみを身に付けています。

スウォッチ自体はデザインも色も豊富で使いやすくて好きなんですが、やっぱりたまには、金属製の華奢なデザインや綺麗目なデザイン...続きを読む

Aベストアンサー

チタン製品なら金属アレルギーを起こさないようです。
腕時計ならチタン製のものがよくあります。
ステンはアレルギーを起こすと思います。
   
取り敢えずチタン製レディース用腕時計ですがお気に召す物はありませんか?
http://www.google.co.jp/webhp?rls=ig#q=%E3%83%81%E3%82%BF%E3%83%B3+%E8%85%95%E6%99%82%E8%A8%88+%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B9&hl=ja&newwindow=1&rls=ig&prmd=imvns&source=univ&tbm=shop&tbo=u&sa=X&ei=TrPETseXO8GgmQXM_fy5Cw&ved=0CH4QrQQ&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.,cf.osb&fp=8f2d2cb068101659&biw=1676&bih=719

QT細胞、B細胞の抗原認識の違い

T細胞とB細胞の抗原の認識において、異なる点は何でしょうか?
TCRとBCRの構造上の違いから生じるものなのでしょうか?
それとも、MHCクラスの違いからなのでしょうか?
知識がこんがらかっていて、検討違いの質問でしたら、申し訳ありません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

T細胞は、抗原提示細胞がMHC上に提示した抗原をTCRで認識します。
つまり、ウイルスのペプチドなど、他の細胞の内部で作られた抗原を認識します。
MHC分子が、細胞内にできた抗原ペプチドを結合して細胞表面に提示されたときに、認識が行われます。
T細胞は、MHC分子ー抗原ペプチド複合体の固有の構造を認識するのにTCRを用います。

B細胞は、抗原分子に存在する抗原決定基(エピトープ)を直接BCRで認識します。



説明が下手でごめんなさい。

もっとくだいてみると…

T細胞の抗原認識の登場人物は、
・T細胞
・抗原提示細胞
・抗原
です。
抗原提示細胞が抗原を取り込んで、
T細胞に「抗原があったよ~」と知らせます。
T細胞は、抗原提示細胞がMHCに載せた抗原を確認します。

B細胞の抗原認識の登場人物は、
・B細胞
・抗原
です。
抗原が体内に入ってくると、
B細胞はそのまま抗原を見つけることができます。


ちなみに、B細胞は抗原を見つけると、
・その抗原に対する抗体を作る   だけではなくて、
・抗原提示をする(つまり、T細胞などに抗原があったよ~と知らせる)
役目もやっています。

T細胞は、抗原提示細胞がMHC上に提示した抗原をTCRで認識します。
つまり、ウイルスのペプチドなど、他の細胞の内部で作られた抗原を認識します。
MHC分子が、細胞内にできた抗原ペプチドを結合して細胞表面に提示されたときに、認識が行われます。
T細胞は、MHC分子ー抗原ペプチド複合体の固有の構造を認識するのにTCRを用います。

B細胞は、抗原分子に存在する抗原決定基(エピトープ)を直接BCRで認識します。



説明が下手でごめんなさい。

もっとくだいてみると…

T細...続きを読む

Q金属アレルギーでも出来るピアスってなにがありますか?

妊娠してから金属アレルギーになってしまって、前に付けていたピアスができなくなってしまいました。
そんなにひどくなくて、軽いアレルギーみたいなのですが
長時間ピアスしているとやっぱりかゆくなってくるので、
夏になるとさらに酷くなるんじゃないかと心配しています。

でも、どうしてもピアスがしたいんです。
金属アレルギーでもピアスができる方法ってありますか?

Aベストアンサー

金属アレルギー大変ですね。そういう私も金属アレルギーです。
これまでいろんな金属アレルギー対応のピアスを試してきましたが、最近のお気に入りは下記のピアスです。
http://www.mix-core.co.jp/category/felpia/
金属アレルギー対応なのはもちろんですが、ボリュームの割りには軽いため耳への負担も少なく重宝しています。

アレルギー対応の商品でもその人の体質によって合う合わないがあると思うので、いろんなピアスを試してみてはいかがですか?
きっと素敵なピアスが見つかると思いますよ!体質に合う可愛いピアスが見つかるといいですね。

QA型B型AB型O型それぞれの人がもっているH抗原についてなんですけど・・・

A型B型AB型O型それぞれの人がもっているH抗原についてなんですけど、何故「H抗原」と呼ぶんでしょうか?A型赤血球ならA抗原が付いていると言いますし、B型赤血球ならB抗原が付いていると言うのは分かるんですけど、O型だけ何故「H抗原を持つ」というのでしょうか?A抗原もB抗原も持たないからすべての血液型が持っているH抗原の名前を使って呼んでいるだけですか?又H抗原の「H」って何かの略語ですか?知識をお持ちのかたよろしくお願いします!

Aベストアンサー

O型は正しくは0(ゼロ)型というべきだったのだそうです。
つまり、AもBも持っていないという意味で、0(ゼロ)だったのですが、誰かが0(ゼロ)をOと間違えて定着したと言う事なので、O型抗原というものがないので、H抗原になっているのだと思います。

Q金属アレルギーで虫歯治療。

金属アレルギーの疑いのある人間なのですが、金属アレルギーのパッチテストなどをしてくれて歯の治療をしてくれる歯科、、大阪にないでしょうか?

Aベストアンサー

歯科医院に勤めています。まえに金属アレルギーなので。という患者さんが見えましたが、その方は、大学病院の口腔外科や、皮膚科でどの金属が体に合わないか調べてもらっていました。そしてその結果を持って受診されました。

Q細菌の抗原の略称について

こんばんは

鞭毛抗原 = H抗原
莢膜抗原 = K抗原
リポ多糖抗原 =O抗原

ですが、H,K,Oって何の略なのでしょうか?
略称でなければ、なぜそういう名前になったのかを教えてほしいです。

Aベストアンサー

K抗原・・・ドイツ語のKapsel(莢膜)、英語だとcapsule
(wikipedia日本語に掲載 http://ja.wikipedia.org/wiki/莢膜)

H抗原・・・Hauch ドイツ語の「(ガラスの曇らせる)息」

O抗原・・・Ohne Hauch hauchじゃ「ない」から

F抗原・・・fimbriae これはそのまま「繊毛」

以上、感染研のどこかのページ。
http://www.nih.go.jp/niid/bac/O&H.html
英語圏のdefinitionのサイトでも多数掲載なので、
まず間違いないかと。
http://www.biology-online.org/dictionary/Ohne_hauch

Q接触性皮膚炎(化粧アレルギー)

先日化粧をすると顔が赤くなる為皮膚科に行きました。
頬と鼻、眉付近が赤くなるのでSLEかと心配もしたのですが、特に検査もされず「接触性皮膚炎」と診断されました(症状が出た時の写メは見せました)。

あっさり「化粧水」を使わないように言われ、特に何も処方されませんでした。

そこで質問なのですが、
1、化粧アレルギーは顔全体ではなく、頬、鼻、眉あたりだけが赤くなるのでしょうか?
2、一応皮膚科でサンプルの化粧水をもらって問題はなかったのですが、かなり高額なので、他のを使ってみたいと思うのですが、サンプルを試して問題なければ使い続けても大丈夫でしょうか?
3、この接触性皮膚炎は敏感肌ということなのでしょうか?

Aベストアンサー

1、顔のなかでも出っ張ってるところほど血流が悪いからです。

血流が悪いとそこに沈着した悪いもの(いわば毒です)が洗い流せなくなってしまいます。しかし、体は良く出来た仕組みを持っています。体はこの不都合を察知すると、自ら一生懸命血管を拡張して血流を増やし、その体に溜まった毒を洗い流そうとします。この時痒みや発赤、腫れなどの症状が出るのです。

皮膚も排泄器官の一つです。皮膚が赤くなるのはまさに体が毒を追い出してる姿ですからクスリを使ってそれを抑えこんではいけないわけです。そのまま出し切ってしまえば治ります。

2、試しに使って問題がなければそれを使っても良いのではないでしょうか。

3、敏感肌かどうかは別として、ある特定の成分に反応したということだと思います。それが分かれば以後その成分の入った化粧品は避ければ良いと思います。

Q機械刺激とイオン刺激で何故筋収縮が起こるか?

大学で神経について習っています。電気的刺激で何故筋肉が収縮するのか
ということは、分かっているつもりなのですが、
何故イオン刺激と機械刺激で筋肉が収縮するのか、というのがよく分かりません。
イオン刺激では、普段静止電位で膜の中がマイナスに帯電したタンパク質で
マイナスの電位を生じているけれど、膜外からプラスに帯電したイオンが入り込むことによって活動電位が生じて伝達物質が筋肉に伝わり
収縮するのかな?と考えたのですがこれでもよいのでしょうか?
でも機械刺激によって筋肉が何故収縮するのかについては全く分かりません。
また伝達物質とはこの場合具体的には何なのでしょう?

お暇な方でよろしければ教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 自分も大学生です。

 自分で書くとそれなりに長くなるので、トロポニン、アクチン、ミオシン、アセチルコリン、でgoogle検索したところ、適当なものが見つかりました。

 http://www7a.biglobe.ne.jp/~hiro-line/hiro/biobook/biob037.htm

>伝達物質とはこの場合具体的には何なのでしょう

 アセチルコリンだと思います。


人気Q&Aランキング