最近、環境や残留性などの安全性などの問題から、石けんがみなおされていますね。
石けんは、「脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム」なのだということは、基礎知識として
知っています。

が、よくわからないことがあります。
食器洗い洗剤や、シャンプー、ボディーソープなどで、100%植物性洗剤、とあります。
これって、やはり石けんとは違うのでしょうが、よく言われる洗剤の問題点は、これでは
解決できていないのでしょうか。

というか、植物性だと、何がよいのでしょう。
気分だけ?

できれば、わかりやすく教えていただきたいですが、多少の化学的知識は持っているので、
それを前提としても構いません。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

植物性の洗剤が合成洗剤ではないと、いった間違った解釈をしないことがまず必要ではないでしょうか。


たとえ原料が植物性100%でも助剤に何が使われているかも問題です。
石鹸にも無添剤と添剤入りがあり、前者は助剤を用いませんが、後者にはケイ酸塩や炭酸塩が用いられます。
他に「複合石鹸」と「合成洗剤」があり、添剤として、炭酸塩・硫酸塩・ケイ酸塩・蛍光剤・金属封鎖剤・香料・酵素などが含まれます。
原料が植物性だから良いということにはなりません。
合成界面活性剤の原料が植物だということに過ぎないのですから。

石鹸も界面活性剤の一種ですが、石鹸の特徴として
・どんなに高濃度でも皮膚から侵入することはない
・濃度が薄くなれば界面活性剤の性質が消滅してしまう
が上げられます。

一方合成洗剤の場合は、
・皮膚から人体に侵入する
・侵入した合成洗剤は皮膚細胞を破壊
・人体のあらゆる臓器を駆け巡る
・最後は毒物を無毒な物に処理する肝臓にいくが、ここでも分解されず油脂になじみやすい性質で肝臓に定着し、肝臓又は腎臓の細胞を破壊する
環境への害はご存知でしょうから割愛します。

安全な石鹸と有害な合成洗剤を見分けるためには品質表示を見れば解ります。
石鹸の場合は、「脂肪酸ナトリウム99%」などの単純な表示ですが、合成洗剤は他にもいろいろと書き込まれているでしょう。

わかりやすくというご注文ですので、組成や個々の成分の名称などは割愛しましたが、石鹸の価値を知る術として「自然流せっけん読本 森田光徳著 農文協」がわかりやすく解説しています。
参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「合成界面活性剤の原料が植物だということに過ぎない」
つまりは、こういうことなんですよね。

ま、当たり前といえば、当たり前のことですが・・・。
情けない話、構造の面については、もう一度勉強し直さないと、ちゃんとは理解でき
ないと思いますが、概念は、よくわかりました。

ただ、挙げられている有害性については、どうなのかなって気もしてきています。
環境面で見ても、『石けん信仰』も、必ずしも正しくないようですし。
(石鹸洗剤工業会とかのプロパガンダに踊らされてますかね)

やはり、もう少し勉強したいと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/04/22 22:27

こんにちは。



皆さんが詳しく答えていることですし、簡単に述べたいと思います。

植物性100%と表示されたり宣伝されますと容器内のすべての成分が植物から
できているのか。と思わされますが、実際は洗浄成分だけが植物性であるのが
ほとんどです。
でもまあ植物性とうたっている洗剤はいくらかはましだとは思うのですが。
洗浄力が劣ったりするのでいくつかの界面活性剤を配合してうまく造ってる
ようです。

そして原料が植物性であろうとなんだろうと最終的にできた物質は何なのか?
これが重要だと思うのです。
最終的にできた成分が合成界面活性剤であることには何の変りはないわけですから。

あと私ですが肌が弱く手あれもひどいことから数年前から体や髪の毛は無添加
石鹸で洗い、リンスは食酢を水で5~6倍に薄めてやってます。
台所用洗剤は生協の液体石鹸で、衣服の洗濯では洗濯用粉石けん使用しています。
肌や健康にいいのがわかりますし髪の毛が薄くならないのにも役立ってるよう
です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって、申し訳ありません。
年明けから、いろいろ忙しくて、こちらにも殆ど立ち寄ってなかったので。
m(..)m

概念を大変わかりやすく解説してくださって、ありがとうございます。
気分的にかなり納得して、すっきりしました。
(論理的な理解をするには、知識が無くなってしまってたので。)

私も男性。
髪の毛が薄くならない、とは、かなり気になります。
やはり、しばらく試してみよう。

でも、酢でリンスってところが、ちょっと抵抗あるんですよね。
液体石けんも、容器の口がすぐに詰まるし・・・。
ただ、石けんで洗ったあとの方が、気分がいいですね。
油汚れなどの落ちも、とても良いですし。

ご回答いただき、どうもありがとうございました。


それにしても、回答していただいた方、みんなすごい方ばかりだ。
(お礼ポイントとの多さで)

お礼日時:2002/04/22 22:46

回答の主旨から外れるかとも思いましたので、「回答」ではなく「アドバイス」にさせてもらいます。



私は長年アトピーで悩まされているのですが、皮膚科の先生から市販のシャンプーを止めて普通の石鹸で洗いなさいとアドバイスを受けました。
「植物性」うんぬんではなくです。
敏感な皮膚には刺激が強すぎるとのことでした。
で、石鹸シャンプーに切り替えたところ、最初はごわごわしたりシャキシャキになったりしたのですが、1週間ほどでかゆみも炎症も止まりました。
すごいもんです。

それ以来、食事の後片付けも洗濯も基本的には石鹸系の洗剤を使っています。

この話とは別に最近知ったサイトをご紹介します。判断は任せます。

参考URL:http://www.asyura.com/kaminoke.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なかなか過激な(失礼、積極的な)HPですね。 (^_^;)

興味から、このようなHPや記事も見ていましたが、やはり、石鹸を使おうかな、
と思ってしまいますね。

最近、お試しキットを買ってきて、使用中です。
さて、私には合うでしょうか。

例えば、コンタクトもそうですが、『良くはない』と思っても、その利便性、
快適性から、その危険性を知っても使ってしまうんですよね。

まあ、冷静に判断したいと思います。
ただ、『石鹸信仰』の批判も気にしてみていますが、私の中では、まだまだ石
けんの方が、ずっと優位なのですが。

ご回答、どうもありがとうございました。
私も、子供のことは、アトピーがひどかったですが、石けんを使うなどすれば、改善していたのかしらん。

お礼日時:2002/04/22 22:36

合成洗剤の構造式を御存知として.答えます。



「植物性洗剤」ですが.疎水きの長さ炭化水素の供給源を植物がせいごうせいしたかるぼんさんから取ったという意味です。
石鹸はかるぼんさんアルカリ金属塩ですが.合成洗剤はべんぜんするほんきとかホリエーテルきとかを親水性きとして導入しています。

かって.合成炭化水素を使った頃が有りまして.この炭化水素はハード型とも呼ばれ.ターシャルき(名称疑問.分岐炭化水素さの分岐炭素部位)の位置で生分解が停止し.自然界で分解されないという特徴を持っていました。その結果.下水は先見の泡だらけになり環境汚染として騒がれました。
生分解は末端炭素から2炭素づづ分解されますので.直さ炭素をもつもっとも低価格な原料が植物油脂であったのです。(動物油脂はふほうわきの存在の関係で使いにくい)。その結果が.宣伝文句になっているのです。

ただ.末端炭素からの分解は行われますが.ベンゼンするほんき等の親水性部分の生分解があまり行われない(分解速度が遅く.下水処理場で泡を吹く)等の問題が有り.石鹸を使おうと宣伝しているわけです。これはたしか.琵琶湖周辺での実験で.BOD負荷の低下かが起こるとの報告が有ったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時折、ひらがなが出てくるのがかわいいです。
正直、ちょっと読みにくいですが・・・。 (^_^;)

別の回答へのお礼にも何度も書いてますが、勉強不足で、多くを忘れてしまい、
後半部分は、難しいです。

もうちょっと勉強してみます。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/04/22 22:30

植物系に対比されて考えられるのは合成洗剤等なので


しょうが、結局は「合成洗剤は危ない」ってことから
植物系にシフトされてきているって事でしょうか。


代表的な界面活性剤(要は洗剤の原料ですな)には
 ○ABS
   アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
 ○AES
  アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム
 ○LAS
   直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
 ○POE・R
   ポリオキシエチレンアルキルエーテル
 ○POE・P
   ポリオキシエチレンアルキルフェノールエーテル
 ○SAS
   アルキルスルホン酸ナトリウム

なんて物がありまして、こいつらは、人体に対しては
「発ガン性、溶血性皮膚障害、催奇性」なんて問題点が
排水として自然界に放出されてからは「魚毒、植物生育
阻害」等の問題点が指摘されていると.....。

で、これに対して植物性の洗剤類は、植物油をけん化し
た物で、合成系は一切入っていないと...。

  ※下手したら過剰アルカリの残留はあるでしょう
   し、香料の問題は?ってところもありますが。

それだけに、使用中の問題がない(確認されていない)
自然界での分解も合成系に比べて問題が少ない(確認
されていない)or早いとされているようで。

そのような所から、「まぁ使っていてもOKでしょう」
って考えですね。

  ※:他方では、植物油採取工業等での少年
    少女の過酷な労働形態とか、排水問題とか
    そういう物もあるようですし、植物系とは
    言え、過ぎたるは何とやらが無いっていう
    のは、未確認なだけじゃないのかな?っと       も思いますが....。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、どうもありがとうございました。
お礼が大変遅くなって申し訳ありません。

「植物性の洗剤類は、植物油をけん化した物で、合成系は一切入っていない」
とありますが、この部分は、ちょっと?
植物油をけん化すると、それはすなわち石けんではないのかなぁ?
私も自信がないので、久しぶりに化学の本を出してきて、調べてしまいました。
基礎知識があるなどと偉そう書きましたが、殆ど忘れてしまっており、難しい・・・。
もうちょっと、勉強し直してみます。

「過酷な労働形態」のあたりまで言及いただき、なるほど、そんな見方もあるんだ、と、ちょっとびっくりしました。

お礼日時:2002/04/22 22:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q溶血と赤血球

i157403hさん

溶血と赤血球
血液検査の前日に15キロ位ランニングをすると、溶血反応がでるのですか?なんかの雑誌で激しい運動をすると、赤血球が壊れ、溶血になると書いてありました。確かに走った次の日の血液検査で溶血1とかかれてました。先生に聞いたら、採血の時に少しだけ失敗しただけで気にしなくていいとい悪ましたが、なんか、全体的によくわかりません。赤血球が壊れるのは大丈夫なのでしょうか?血液検査前日は運動はしないほうがいいのでしょうか?このモヤモヤっとした感じにたいしてアドバイスおねがいします。

Aベストアンサー

参考になればいいです。

反復的に足を動かすことにより、足裏では赤血球が圧力により溶血をひきおこします。
そもそも溶血とは
いろいろな要因により赤血球の膜が壊れ、酸素を運ぶ役割を失うことです。

よってマラソンなど長距離走では、溶血による貧血がしばしば起きます。

また採血の際にも、
たまに溶血は起きるみたいです。


私の考えですが、
血液検査は血液成分をしらべることであり、あまり赤血球は関係ないと思います。

Q古くなった酒石酸水素カリウム(クリームターター)の活用法。

台所を整理していたところ、年代ものの酒石酸水素カリウム(cream of tartar)が出てまいりました。未開封なのですが、食用するのは少々怖いので何か別の活用法を探しています。
説明を読むとベーキングパウダーの一種のようですので、重曹のように掃除に使えたりするんでしょうか?
何か良い活用法をご存知でしたらぜひ教えてください。それではよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「酒石酸水素カリウム」で検索したら、あまり参考になりそうなサイトが出てこなかったので、英語で検索しました。そうしたら地球に優しい使い方がたくさん出てきました。

1. ありよけ:ありが家の中に入ってこないように、ありの通り道などに沿って境界線のようにまく。

2. アルミ・銅などの鍋を磨く。水を約1lに対して小さじ2杯溶かして使う。

3. 入ればの掃除。レモンジュースに溶かしたクリーム タルタルを入れ歯に塗ると白くなるようです。

4.洗面所の水あか落とし。

5. トイレを磨く。

6. パイプの掃除。水 240ml、重層 1.5カップ、塩 1.5カップ、クリームタルタル 1/3カップを混ぜ合われた物の1/4を洗面所に流し、フ沸騰したお湯を流し込む。

7. さび落し。

8. 赤ワインやコーヒーの染み抜きに使う。わたしはコーヒーを白いトレーナーにぶっかけたことがあるのですが、漂白剤でも落ちなかった染みにクリークタルタルを塗り付けて、沸騰したお湯に入れて数秒茹でたら、コーヒーの染みが見事に消えていました。赤ワインではまだ試したことがありませんが、コーヒーの染みにはすごい効き目ですよ。

こんなにいろいろな使い方がありとは知りませんでした。

「酒石酸水素カリウム」で検索したら、あまり参考になりそうなサイトが出てこなかったので、英語で検索しました。そうしたら地球に優しい使い方がたくさん出てきました。

1. ありよけ:ありが家の中に入ってこないように、ありの通り道などに沿って境界線のようにまく。

2. アルミ・銅などの鍋を磨く。水を約1lに対して小さじ2杯溶かして使う。

3. 入ればの掃除。レモンジュースに溶かしたクリーム タルタルを入れ歯に塗ると白くなるようです。

4.洗面所の水あか落とし。

5. トイレを...続きを読む

Q溶血と核の関係

初めて質問します。
足りない部分もあるかもしれませんが、おねがいします。

溶血について質問です。
赤血球が溶血をするのに核の有無は関係あるのでしょうか?というのは、哺乳類の血液中には無核の赤血球以外にも有核細胞があるのに…、って思ったからです。
鳥類の赤血球は有核ですが、この場合はどうなるのでしょう。
溶血という現象が存在するのか…。

どうか教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。お呼びのようです。

白血球がお亡くなりになっててもよければ、血液算定(血算)で白血球を数える方法は、ずばり、赤血球を溶血除去する方法です。

顕微鏡で尿沈渣を見ると、溶血してパンクした赤血球(ゴーストセル)がある状態で水分を吸ってふやけた白血球を見る事もあるので、白血球の方が浸透圧などに対して抵抗性があるようです。

また生きていて欲しい場合は、人間では、白血球や血小板と赤血球を分離するには、普通は比重の違いを利用します。
遠心分離機で強いGをかける方法が、あまり厳密を要しない分離に使われます。
白血球の層(バッフィーコート)は赤血球の上にのっかります。
赤血球はヘモグロビンという大きいたんぱく質が濃縮されて詰まってるので重くなります。
赤芽球も沢山のヘモグロビンを含んでるので、赤血球層に入ります。

できるだけ正確に分離するには、赤血球と白血球等との中間の比重の液に入れて遠心分離をする方法や、白血球は物に付着する性質があるので、繊維や多くの隙間のあるフィルターみたいな物を通して分離すると、白血球はその物体に付着してモタモタするので、通過速度が遅くなる事を利用する方法、また、特定の抗原を付着させた物体を存在させると、その抗原に反応するリンパ球だけが寄り道するので、それを利用する方法などが実用化されています。

こんにちは。お呼びのようです。

白血球がお亡くなりになっててもよければ、血液算定(血算)で白血球を数える方法は、ずばり、赤血球を溶血除去する方法です。

顕微鏡で尿沈渣を見ると、溶血してパンクした赤血球(ゴーストセル)がある状態で水分を吸ってふやけた白血球を見る事もあるので、白血球の方が浸透圧などに対して抵抗性があるようです。

また生きていて欲しい場合は、人間では、白血球や血小板と赤血球を分離するには、普通は比重の違いを利用します。
遠心分離機で強いGをかける方法が、...続きを読む

Q完全に石けんに切り替えなければダメ?

もともと肌が弱いので、合成洗剤→低刺激のものに変えていきたいと思っています。

そこで石けんやアルカリウォッシュに注目しているのですが、
溶け残りやカビなどの問題があることも知りました。

対策として基本は石けん、時々合成洗剤という使い方をしても大丈夫でしょうか?
(例:普段は石けん洗濯、汚れのひどいものなどは時々合成洗剤)
忙しい時など合成洗剤に頼りたい時もあると思うので。。。

合成洗剤を使うことで残る界面活性剤を取り去る為に
石けんに完全に切り替えた方がいいという意見もあり迷っています。

皆様の体験・ご意見を教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

合成洗剤と石けんの話はいろんな説があって、本当に迷いますが、下記でいろいろな意見が出されているので、ご参照ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3417179.html

私は、少しずつ石けんに切り替えて、現在はほぼ完全に石けんライフです。
一番最後に住居用洗剤を石けんに変えたのですが、
そしたら長年の足裏のひび割れが数ヶ月で治りました。
浴槽洗剤が悪さしてたのでしょう。

無理なく、自分にあったペースでなさるといいですよ。

Q溶血とは?

この前病院で採血してもらったのですが、溶血していたので取り直しといわれました。溶血て何ですか。なんで取り直ししたのかどなたか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
血液の成分は、赤血球という細胞と僅かの白血球という細胞、そして赤血球と同じ位の量の血漿(けっしょう)という液体が混ざっています。

採血して検査する時は、赤血球を数えたり、白血球を数えたりするのが血算(けっさん:血液算定)という貧血などの検査です。

また、血漿という液体部分を取り出して、成分を調べるのが生化学検査と言われるGOTとかGPTとか・・・聞いた事があるでしょう。

溶血とは、血液の中の赤血球が破裂してしまって、中のヘモグロビンという物質が血漿と混ざった状態になってしまう事を言います。

赤血球が破裂してしまうので数えられなくなりますし、血漿には真っ赤な色がついてしまって検査薬を反応させても色の変化がわからなくなったりして検査不可能になってしまいます。

この溶血は、採血の時、手間取ったり、うまく血液が出てくれなくて起こる事もありますし、赤血球が弱くて起こる事もあります。

検査できないので取り直しにせざるをえません。

Qどこかの猫が地植えの植物周りに糞せっかく植えた植物の周りに3、4日に1回ぐらいのペースでどこかの

どこかの猫が地植えの植物周りに糞

せっかく植えた植物の周りに3、4日に1回ぐらいのペースでどこかの猫が糞をします、糞をした後に土をかけて植物もぐちゃぐちゃになったのもあります、ペットボトルに水を入れて何本か置いても意味がなく捕まえて保健所に連れて行こうかとも思いましたがやっぱりそんなこと可哀想で出来ません。何か良い方法は有りませんか?あったら教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

さらさら(と言うほどでもないけど)の砂地が、トイレに好まれるみたいですよ。
水を撒くのは結構有効なんですが、1日のうち何回もできませんね。
うちは、剪定した枝などを置いています。

Q【トルエンと溶血について】

溶血についての質問です。

血液に精製水を加えると溶血しますが、これは分かるのですが
トルエンを加える場合もあると言われました。
しかし考えてもなぜトルエンを加えるのかが分かりません。

教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

ゴメンネ。専門外だから憶測でお答えします。
調べても検査法が出てなかったので、化学屋の考えで。
分液する場合に、上精に含まれる油分をトルエンに吸収させて、
分離するしか考えられません。
洗浄分液で、使う方法です。水とトルエンは混じりあうことが無いから

Q小さな石けんをひとつにまとめる方法

1つにつき直径5cmにも満たない小さな化粧品サンプルの洗顔石けんが手元にたくさんあります。
これをひとつにまとめて使い勝手良くしたいと思っています。
空き牛乳パックなどに入れて電子レンジで溶かして、固めても大丈夫でしょうか?
よい方法があったら教えてください。

Aベストアンサー

  こんばんは。

 元々石鹸は廃油などを煮詰めて苛性ソーダを加えて固めたものですので、再度溶かすことは可能です。

 ただ、電子レンジのワット数による加熱具合や加熱時間が分かりませんので、長時間掛けると沸騰して飛び跳ねる危険が考えられます。

 1分とか2分とか少しずつ増やして取り出して溶ける様子を見ながらやってみるのが良いと思います。

 溶けたらそのまま涼しい場所に置いておけば自然と固まります。

Q溶血性黄疸について

溶血性黄疸はどのような仕組みでおこるのでしょうか。赤血球が肝臓に入る前に血液中で溶血して、ヘモグロビンがそれによって、正常時よりも大量に肝臓に入った状態になり、その分解産物?であるビリルビンを肝臓で処理しきれなくなって、処理しきれなくなったビリルビンが胆管とは逆方向に?進み、血中にでてくると考えてもよいのでしょうか。だれか回答お願いします。

Aベストアンサー

>赤血球が肝臓に入る前に血液中で溶血
その通りですが、赤血球のほとんどは通常、脾臓で壊されます。なんらかの原因で、血管内や、脾臓で大量に赤血球が壊されて、ヘモグロビンが細胞外に出て、非抱合型のビリルビンになり、非抱合型のビリルビンが血中に増加しているのに、肝臓で処理しきれない状態です。

Q使用済み食用油で石けん製造

使用済みの食用油で以前石けんをつくりましたが、酸化が進んでいたのか
スグに苛性ソーダと反応してしまい、まだらになり大失敗してしまいました
(油を温めない方法で製造しました)
使用済み油を長く保管しておいて使用したりすると、こういうことになるのでしょうか?
一度石けんを製造する前に温めたらちゃんとできるのでしょうか?

Aベストアンサー

食用油の化学構造から考えて、油の酸化が進んでいても苛性ソーダと反応する部分とは無関係のハズですよ。
使用済みの油を使ったとのことですので、何か油に酸性のもの(例えばお酢など)が混ざっていて苛性ソーダと反応したのかもしれません。
また、水が混入して長期間保管した油だと一部が分解して長鎖脂肪酸(これも酸性のもの)が遊離していた可能性もあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報