なぜ、(格付けの低い)日本国債よりアメリカ国債のほうが利率が高いのですか?
信用が低い=金利が高い のであるのなら、矛盾しているとおもうのでが・・。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

各国の政策金利は中央銀行が決定しますが、中央銀行は主にインフレ率(物価上昇率)に応じて政策金利を決定いたします。

この政策金利に連動する形で国債の金利(利回り)が決定されています。

簡単に言えば
日本のインフレ率 < 米国のインフレ率
ですから
日本の金利 < 米国の金利
となります。
日本は消費者物価ベースではインフレ率がマイナス(つまりデフレ)ですので。

ちなみに『信用リスクが高い=金利が高い』という考え方において現状でもあながち間違っているとは言えません。
この場合の金利には“実質金利”を使用する事が一般的です。
実質金利=名目金利 - インフレ率
※名目金利とは見た目通りの金利という意味で通常の金利の事です。
日本の実質金利 > 米国の実質金利
となっています。しかも、この状態において足元で円が売られて米ドルが買われていますので実態に即した動きと考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、実質金利というものがあったんですね。よく分かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/26 15:15

日本の公定歩合よりも、アメリカのFRB金利(日本の公定歩合に相当する金利)が高いからです。

    • good
    • 0

簡単です。


信用が低い≠金利が高い
だからです。
ハイリスクハイリターンは、
この場合無関係です。
公定歩合はそんな理由で決まらないでしょう?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長期金利と10年国債の利回りとの関係について

 よろしくお願いします。
長期金利が10年国債の利回りを決定づけるのでしょうか?それとも10年国債の利回りが長期金利を決定づけるのでしょうか?
 それと日本経済新聞1面に長期金利(10年国債利回り)と出ていますが、これは長期金利が毎日変化していると解釈すれば良いのでしょうか?それとも10年国債利回りが毎日変化していると解釈すれば良いのでしょうか?頭がこんがらがってます。
 何卒、ご教示の程お願いいたします。

Aベストアンサー

個人向けでない10年国債は、入札制です。
国が発行総額と利率を提示し、銀行とかが応札します。
人気があれば、買い入れ単価が100円を上回り、たとえば103円
上回った3円分、利息を食いますので、利率が下がる。
満期の時は100円でしか返ってきませんからね。

逆に誰も見向きもせねば、単価は97円といいったふうに下がり、
下がった分、国は、償還の時3円つけて100円で償還しますから
その分利率は上がります。

このように、長期利率にあわせて国は利率を設定し、
それにあわせて応札者は、入札し、その結果が
市場の長期利率を形成していくわけです。
もちつもたれつです。

新規発売に限らず、既発債もまた同様です。
ただ売り手は国ではなく、保有者の違いだけです。

日経にのっている指標は、長期利率の動向を代表的な10年国債で
あらわすことで把握します。
もちろん、長期金融商品はほかにもまだまだありますが、
市場の風向きを読むのには、流通量、取引量の多い国債が
選ばれているわけです。

Q信用格付け会社の格付けと言うのはどの程度参考になるものなのでしょうか?

信用格付け会社の格付けと言うのはどの程度参考になるものなのでしょうか?
現在、どこかの銀行で円定期を検討しています。利率が良いところでオリックス信託銀行がA、東京スター銀行BBBとなっていました。Aは何となく安心感があるのですがBBBってどうなんでしょうか??
後、安心な銀行を選ぶ際の参考基準となるもの、そして特に東京スター銀行の評価などを何でも良いので教えて教えて下さい。
無知な質問で申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本、利益の相反があるかもしれません。つまり格付け会社は格付けする会社から手数料をもらっているという、そんなに厳しくできないという。
勝手につけてしまう格付けもあります。金が絡まないから客観的かというと、そんなことはなくて、ある意図を持っていたりします。

AとBBBがどの程度違うかというのは、格付け会社ごとに決まってます。それがわからないと、5段階成績表の4と3くらい違うのか、同じ4でも5に近い4と3に近い4なのか、わかりません。

つまりは格付けなどというものは、あまりあてにならないです。3つ星レストランって誰にでも美味しい料理が出てきますか?


なお、元本1000万円までなら、銀行が破綻しても預金保険で保証されるのは、ご存知だと思います。

Qローンの金利を変動とした場合

ローンの金利を変動とした場合には、金融情勢の変化における金利変動に合わせて日々変わってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

金利は毎日変わることはなく、半年毎に見直されることになります。ただ返済額は5年間変わらないので、返済額に占める金利額と元本返済率が変動することになります。ここで返済額が変わる時に125%ルールなるものがあり、25%以上の上昇はありません。良いことのように聞えますが、金利が急上昇する場面では返済額でも金利額を賄えず、元本が減るどころか未払い金利によってどんどん増えて行くこともあり得ます。
http://allabout.co.jp/gm/gc/10400/
http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/plan/090319_mibarai/
http://www.zenginkyo.or.jp/service/manage/article/article02.html

もし変動金利を選ぶならその仕組みを十分に理解し、全期間固定金利でも無理のないローンかつ、差額は将来の金利上昇に備えて貯蓄しておかないと安心出来ないかもしれませんよ。

金利タイプの違いは、少々金利が高くても総支払額が決まっている安心を取るか、変動金利で総支払額が少なくなるかもしれない賭けをするかの違いでしょう。結果は完済時まで分かりませんし、選ぶのは自分です。幾ら金利が上がっても完済出来る貯蓄があるとか、金利分上がった返済差額を払える貯蓄があるとかなら変動金利を選ぶのもありでしょう。頭金を多く払ってローン残高より家の価値の方が高ければいつでも売却して清算出来ますので、これもリスクヘッジになります。そうではなくて、頭金もなく変動金利で当初の返済額でしか返せない試算なら、金利上昇で破綻する可能性があるということです。

金利は毎日変わることはなく、半年毎に見直されることになります。ただ返済額は5年間変わらないので、返済額に占める金利額と元本返済率が変動することになります。ここで返済額が変わる時に125%ルールなるものがあり、25%以上の上昇はありません。良いことのように聞えますが、金利が急上昇する場面では返済額でも金利額を賄えず、元本が減るどころか未払い金利によってどんどん増えて行くこともあり得ます。
http://allabout.co.jp/gm/gc/10400/
http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/plan/090319_mibarai/
http:...続きを読む

Q国債金利と長期金利

国債の金利が下がると長期金利が上がると聞いたのですがなぜそうなるのでしょうか?
仕組みがよくわかりません
宜しくお願いします

Aベストアンサー

>でいいんですか?
その通りです。それを実際にそのように取引されるのが割引国債と呼ばれているものです。

>それならば、国債の「価値」が下がると、つまり国債の危険性が上がると国債金利は上昇するのでしょうか?
そういうことです。
価値が下がるのは必ずしも危険度が高いというわけではなく、普通は他の要因(もっとおいしい投資先があるとそちらに資金が流れる)ですが。もちろん国によっては危険性が高くてということもあります。

Q「10年利付き国債利回り」と「長期金利」について

ニュースで「金利が上がった」などと言われますよね。ここで言う「金利」とは「10年利付き国債利回り」のことを言っているようですが、どうして「金利=10年利付き国債利回り」となるのか分かりません。そもそも、「金利」と「利回り」は別ものですよね?「利回り」は債券価格の変化に伴って変化することは分かるので、「利回り」が上がったと言われれば納得です。しかし、10年利付き国債は固定金利なのに、どうして前日比で「金利」が上がったという表現が可能なのか理解できません。
例えば、6/24の「利回り」と6/25の「利回り」が違うと言われれば、国債の債券価格が日々変化するからという理由で理解できます。しかし、なぜ「金利」が違うと言えるのか理解できません。その理由は、いずれの日の国債も260回債であるのでクーポンレートは同じはずであり、よって「金利」が上がったとは言えないと思うからです。
なぜ世間では「金利」が上がったとか下がったなど表現されるのでしょうか?「利回り」は変わっていても「金利」は変わってないと思うのですが。
自分で自分の考えのどこがおかしいのか分かりません。どなたか教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

ニュースで「金利が上がった」などと言われますよね。ここで言う「金利」とは「10年利付き国債利回り」のことを言っているようですが、どうして「金利=10年利付き国債利回り」となるのか分かりません。そもそも、「金利」と「利回り」は別ものですよね?「利回り」は債券価格の変化に伴って変化することは分かるので、「利回り」が上がったと言われれば納得です。しかし、10年利付き国債は固定金利なのに、どうして前日比で「金利」が上がったという表現が可能なのか理解できません。
例えば、6/24の「利回り」...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃる通り新聞などに言う「金利」は10年国債の「利回り」をさしているのが正解でその意味でご指摘は正しいと思います。おそらく市場報道の立場から言うと

発行済みの国債の利回りが上昇した(価格が下落した)=市場の長期金利が上昇している(この時点で新規に発行するとすれば「金利」が高く表示される)

ということをすっ飛ばして表現して長期資金の調達環境を説明しているだけでしょう。その意味で特定の10年国債の利回りを説明しているつもりではないのだと思います。

10年国債は豊富な発行量や流動性から長期金利の指標としてふさわしいため期間の長い資金需給の動向をつかむための代表として取り上げられているのです。長期債券の期間を海外と比較する場合も10年が使われているので「長期」代表のふさわしい期間といえます。それより期間の長い20年、30年などの国債は市場性が相対的に劣ることなどから指標として歴史ある10年債が使われているのでしょう。

Q預金金利と国債金利は一致するのですか?

竹中平蔵氏の雑誌への寄稿文で、「通常、成熟した国では預金金利と国債金利は理屈のうえでは一致するはず」と、書かれていました。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090817-00000002-voice-pol

1.この場合の金利は、どういうものですか?(普通預金の金利なのか定期預金の金利なのか?国債の金利も種類がありますね)
2.解り易く仕組みを教えてください(参考書籍やサイトでも良いです)。
3.国債の現金化(の手数料)やリスク等は、どう評価されますか?
4.現実的にあり得るのでしょうか?実際に金利が一致したことはありますか?
5.もしそうなれば、郵便局は「成り立たなくなる」と竹中氏は書かれています。他の金融機関も一部を国債で運用していると思いますが、影響はありますか?

全くの素人考えでは、二つの金利は、「理屈のうえでは一致する」のでしょうが、現実的にはあり得ないと思うのですが、どうなのでしょうか?竹中氏の寄稿文の内容や政策への評価などは抜きにして、純粋に経済学的に教えてください。

竹中平蔵氏の雑誌への寄稿文で、「通常、成熟した国では預金金利と国債金利は理屈のうえでは一致するはず」と、書かれていました。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090817-00000002-voice-pol

1.この場合の金利は、どういうものですか?(普通預金の金利なのか定期預金の金利なのか?国債の金利も種類がありますね)
2.解り易く仕組みを教えてください(参考書籍やサイトでも良いです)。
3.国債の現金化(の手数料)やリスク等は、どう評価されますか?
4.現実的にあり得るのでしょうか?実際に金利が...続きを読む

Aベストアンサー

竹中氏の意図は分からないが、私なりの回答。


1.
その預金に対応する国債。
5年定期なら5年国債。10年定期なら10年国債。

2.
国債も銀行預金も、国が元本と利子を補償している。(ペイオフ有)
投資家の立場から考えるとこの2つに差は無い。どちらかの金利だけが高ければ、そちらに人気が集まるので、金利差は縮小して消滅する。

3.
預金のリスクも同等。国債を売りたいという人が殺到する危険があるように、銀行預金も取り付け騒ぎの危険がある。

4.
瞬間的や特定行に限れば一致することもある。
例えば2009年の5年国債は0.6%~0.8%台で推移している。各銀行の金利情報を見るとじぶん銀行の5年定期が0.75%、ソニー銀行の5年定期が0.779%。瞬間的に一致したかもしれない。

5.
影響がある。ノーリスクの鞘抜きが難しくなれば、株式などのリスク資産に投資したり、証券化業務や保険販売などの手数料ビジネスで稼がなくてはいけなくなる。

QIS-LM分析の縦軸が名目金利でなく実質金利だったら

IS-LM分析の縦軸は名目金利だと思うんですが、もし縦軸を実質金利としたらIS-LM曲線はどのように変化しますか。
例えば、かくかくしかじかの経済情勢の時には、かくかくしかじかに変化する。とかいう事例で教えていただけると有難いです。
変な質問だと思いますが、とても気になって頭がおかしくなりそうなので助けて下さい。

Aベストアンサー

> IS-LM分析の縦軸は名目金利だと思うんですが

IS-LM 分析は静学的分析なので、物価変動の影響ありません。したがって結論は実質金利でも同じです。
ただし、流動性の罠の議論などは実質で議論すると利子率が負になることを許すために影響を受けることになります。

また、動学的な分析を行っても、いくつかの仮定の下では価格変動を考慮しても全く同じ結論が得られることが分かっています。

Qどこの銀行の金利も低いですが、皆様が参考にしている銀行の金利が毎日アッ

どこの銀行の金利も低いですが、皆様が参考にしている銀行の金利が毎日アップデートされ、お勧めの定期の金利がわかるHPを教えてください。ボーナス時にネット銀行などの金利が良くなるのは、知っているのですが、情報を早い段階で知っておきたく。

Aベストアンサー

主要定期預金

http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=23

Q金利が見れるサイト

先日家を購入した兄弟から金利が高くなった、金利が高くなったと、ローンの支払いが大変になったとお金に困っているようなことを言っているのですが、政策金利などが上がると以前に購入ローン契約をしていても、今後の支払いは次期金利で算出されるんですか?

そもそも今金利はどのように変化しているのでしょうか?参考になるサイトなどありましたら教えて下さい。年月日と金利がわかるものがいいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

基本的な住宅ローンの構造から。

主に3つあります。

初めだけ固定金利と全期間固定金利と変動金利です。

固定金利はとは、金利が固定されるのですが、金利は少し上乗せされます。

今回のように金利が変動する場合は変動金利か一定期間だけの固定金利を利用していると思われます。

変動更金利とは、短期プライムレートという銀行の借入金利に少し金利を上乗せしたレートを用いられています。

よって、参考になるのは短期プライムレート(新聞に載ってます)ですが、借りている銀行によって少しずつ上乗せ金利が違うので、借りている銀行のホームページで調べるのがもっとも正確です。

変動金利とは、まさに政策金利(短期プライムレート)に連動しているのです。

こちらはちょっと見にくいけど正確な超短期プライムレートについて書かれた日銀のサイトです。
http://www.boj.or.jp/statistics/dl/loan/prime/prime.htm/

参考URLはフラット35のものです。

是非参考にしてください。

参考URL:http://www.jloan.net/prospect/index.html

基本的な住宅ローンの構造から。

主に3つあります。

初めだけ固定金利と全期間固定金利と変動金利です。

固定金利はとは、金利が固定されるのですが、金利は少し上乗せされます。

今回のように金利が変動する場合は変動金利か一定期間だけの固定金利を利用していると思われます。

変動更金利とは、短期プライムレートという銀行の借入金利に少し金利を上乗せしたレートを用いられています。

よって、参考になるのは短期プライムレート(新聞に載ってます)ですが、借りている銀行によって少しずつ上乗せ金利...続きを読む

Q高金利の国に貯金したら金利はウハウハ??

見てくださってありがとうございます。
最近ふと思ったのですが、
今の日本の金利はかなり低いですよね。(何パーセントかわかりませんが)
例えば100万円持っているとして、1年間は下ろさないとします。
日本で貯金するより金利が高い外国に貯金したほうが金利が多くもらえるからラッキーですよね。
社会はそう甘くないので、どこかに落とし穴があるのだと思うのですが
100万円を1年間を、例えばアメリカに貯金した場合
どうすれば上手く高金利をゲットし、利益を出すことができるのでしょうか?
僕が疑問に思っているのは

(1)1年間で高金利をゲットしたとしても、為替手数料がかなりかかるのでしょうか?
(2)外国で口座は開けないのでしょうか?

の二つです。経済などについては初心者で、まだまだ勉強の身です。
ふと疑問に思ったので質問させていただきました。

知識がある方からしたら変な文章かもしれませんが、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1年間で高金利をゲットしたとしても、為替手数料がかなりかかるのでしょうか?

円から外貨に両替する場合と、外貨から円に両替する場合に為替手数料が必要です。
為替手数料は、金融機関によって異なります。

>外国で口座は開けないのでしょうか?

海外の口座開設は可能です。
但し、最低預金高とか色々と条件があります。
オーストラリア・ニュージーランド銀行、HSBC、ロイズ銀行が有名な銀行です。

ただ・・・。
貯金金利だけで口座を開設すると、痛い目に遭いますよ。
極端な例ですが、南朝鮮・韓国(英文では、South Korea)の銀行に100万円をウォンに両替し1年前に貯金したとします。
金利・為替手数料を無視すると、為替だけの影響だけで(ウォン暴落中2月末時点で)「既に元本が50万円前後」に減少しています。
金利が年10%でも、大損ですね。
(韓国は、第二回国家破産の可能性が囁かれています。日本が300億ドルまで融資枠を決めました)
これなら、国内のネットバンクとか新生・あおぞら銀行などの金利1%の方が安全です。預金保護の対象です。

質問者さまも、最低G7各国の通貨及びオーストラリア$・ニュージーランド$など比較的政治・経済が安定している通貨を選ぶ事が必要です。

>1年間で高金利をゲットしたとしても、為替手数料がかなりかかるのでしょうか?

円から外貨に両替する場合と、外貨から円に両替する場合に為替手数料が必要です。
為替手数料は、金融機関によって異なります。

>外国で口座は開けないのでしょうか?

海外の口座開設は可能です。
但し、最低預金高とか色々と条件があります。
オーストラリア・ニュージーランド銀行、HSBC、ロイズ銀行が有名な銀行です。

ただ・・・。
貯金金利だけで口座を開設すると、痛い目に遭いますよ。
極端な例です...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報