絶対的平等と相対的平等の違いってなんですか?詳しく教えて下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 ある同じ職場に、同期入社で、仕事が良くできるAさんと、あまり役に立たないBさんが居て、同じ作業をしています。



 お給料が、仕事に応じて支払われる場合と、同じの場合などがそれに当たるのでは無いでしょうか。

 この場合、どっちが絶対的平等になるかはわかりませんし、Aさんの方が給料が高くなる事は明白ですが、AさんとBさんの労働価値の違いをいくらに換算するかは永遠の疑問の様な気がします。 

 回答を書いていて、上記の意味からすると、「絶対」はあり得ませんので、回答になっていない気がしてきました。 「?」付きで参考にして下さい。
(大いに自信無しです。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な例示、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/21 21:18

 過去に全く同じ質問に回答させていただきました。

ご参照ください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=180281
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ・・気付きませんでした!!ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/21 21:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実質的平等、相対的平等について教えてください

14条の定める平等について質問です。

「平等」の意味合いには実質的平等、形式的平等、相対的平等、絶対的平等の4種類があるとされていますが、
ほとんどどの文献を見てもこの4つの平等は

実質的平等と形式的平等

相対的平等と絶対的平等

という分け方をされている事がほとんどです。
この「分け方」はどういった基準で分けられているのでしょうか?この4つの平等はすべて平等の内容について語られているもので、ひとくくりに4つを並べて考えることは出来ないのでしょうか。

また、上記に重複するのですが、14条が意味するのは形式的平等であり相対的平等であると考えられている、ということですが
相対的平等には実質的平等の意味合いもあると思うのですが間違いでしょうか。

相対的平等とは同一条件下においては同一に扱うが、異なっているものは異なって扱う。
これは例えば生活保護を貧しい方に支給するがそうでない方には支給しない、といったものだと捉えていますが、これは結果の平等を意味する実質的平等に近いのではないでしょうか。

そして、形式的平等と絶対的平等も全く同じとは言えずとも同じような事が言えると思うのですが・・・。
(機会の均等と、機械的均等)

乱文ですが『実質的平等と形式的平等』『相対的平等と絶対的平等』はなぜ別のグループとして分けて考えられるのか、また相対的平等と実質的平等は全く違うものなのか?
こんがらがっています。教えてください。

14条の定める平等について質問です。

「平等」の意味合いには実質的平等、形式的平等、相対的平等、絶対的平等の4種類があるとされていますが、
ほとんどどの文献を見てもこの4つの平等は

実質的平等と形式的平等

相対的平等と絶対的平等

という分け方をされている事がほとんどです。
この「分け方」はどういった基準で分けられているのでしょうか?この4つの平等はすべて平等の内容について語られているもので、ひとくくりに4つを並べて考えることは出来ないのでしょうか。

また、上記に重複するのですが、1...続きを読む

Aベストアンサー

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等とは、密接に関連しますが、イコールではありません。

 絶対的平等と相対的平等相対的平等は、「平等」により禁止される行為は何かです。

 形式的平等と実質的平等は、「平等」の内容を問題にしています。

 したがって、相対的平等と形式的平等という組み合わせもあり得ます。機会の「実質的」平等を確保するため、相対的平等を採るという考え方は十分成り立つと思います。

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等の概念は、「自由」との関係で考察すると良いかもしれません。

 形式的平等と実質的平等における「実質的平等」概念は、自由との緊張関係があります。「自由」を認めることは、能力による結果の差異を認めることになります。結果の平等は、その能力による結果の差異を是正することになりますから、結果の平等は実質的に「自由」を否定することになるのではないか、という疑問です。

 これに対し、絶対的平等と相対的平等相対的平等における「相対的平等」概念は、自由を実質的に確保する手段ないし前提と考えることができます。「自由」を行使する前提条件として、平等に扱われることが必要という考え方です。この点で「自由」とは緊張関係にはないと考えることが可能です。

 平等概念は抽象的なので、勉強する場合にはどうしてもわかりづらいと思います。私の意見は1つの考え方として、参考にしていただければ幸いです。そして、できれば他の書籍にもあたって考察して下さい。

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等とは、密接に関連しますが、イコールではありません。

 絶対的平等と相対的平等相対的平等は、「平等」により禁止される行為は何かです。

 形式的平等と実質的平等は、「平等」の内容を問題にしています。

 したがって、相対的平等と形式的平等という組み合わせもあり得ます。機会の「実質的」平等を確保するため、相対的平等を採るという考え方は十分成り立つと思います。

 絶対的平等と相対的平等、形式的平等と実質的平等の概念は、「自由」との関係...続きを読む

Q相対的平等における合理的差別。この合理とは?

合理って言葉は抽象的ですよね。
例えば、金持ちからは多く税を取る累進課税は相対的平等であり、
合理的差別といわれますが、この合理の意味は、効率的(持ってない人からは
とりようがない)という意味?それとも理にかなってる(その人にとっての負担、痛みの度合いという理屈に合ってる)という意味?

Aベストアンサー

法律学における「合理性」とは、
ことばのとおり、「理にかなっている」と理解すれば良いでしょう。

功利主義的(効率的)な考え方は、新たな立法を検討する際はともかく、
他の社会科学を学んだ人はおどろくほど、
伝統的法解釈学(法律学の主流です)では重視されない傾向があります。

とくに憲法学はそうです。
御質問の累進課税だってそうです。
ほとんどの憲法学者が憲法14条を合理的差別(区別)を許容するものとし、
その中のほとんどの人が、「憲法は経済的弱者が困窮して、人間らしい生活
ができないことを回避していているから(福祉主義、25条以下)、
金持ちから多く税金を取って、貧乏人から取らない、、、
合理的なんじゃねーの」と、考えており、
法律を学んだ法曹、官僚、議員の多数も
「憲法ってそういうもんだ」と考えています。

累進課税についてではないですが、
功利主義的な考え方をする少数派もいますが、
これは、極めてマニアックな議論になるので、省略

Q自由か平等か

民主党政権誕生、千葉法務相の発言等から、自由と平等の対立軸は、
平等側へシフトしているようですね。

自由と平等の対立界面は、明確だとは思うのですが、
はたして、自由は平等を前提とした限界内で自由なのか、
それとも、自由を行使できる限界に平等があるのか、
つまり、ギリギリのところで平等優先か、自由優先かを
問いたいのです。そして、それは何故かです。

Aベストアンサー

苦境に陥ってはならない。しかし、苦境を苦境のままにしておいてはならない。苦境は既に起こっているのだと観て、部外者であってはならない。更に酷い苦境も想定されえるのだとこころに観て、怖気てはならない。
苦しみのはてを知って、それに応じるならば、安らぎを知るといわれる。

Q絶対的無効、相対的無効、無権代理無効

無効には、絶対的無効、相対的無効、無権代理無効と3つあるのでしょ
うか?
これらはどのように整理されるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 3つかどうかはともかくとして,民法上同じ「無効」とされていても,扱いが異なる場合があります.

 「絶対的無効」は,本来の意味?での無効です. 誰に対しても無効で,誰でもその無効を主張でき,追認により有効になることはありません(119条).
例としては,公序良俗違反(90条)など.

 「相対的無効」は,取消的な無効といわれるものですね. 無効であるけど,主張できる人が限られていたり(錯誤なら本人は言えるが,相手は言えない),主張する相手が制限されたりして,その性質が取消に近くなります.
例としては,錯誤無効(95条)など.

 「無権代理無効」は,追認可能(116条)な無効ですね.

 民法総則の基本書で,「無効」の項目を読めば,いろいろ書いてあると思いますよ.

Q不平等な世の中

手が二本ありますか?一本しかない人もいます、不平等ですね。
目が見えますか?見えない人もいます、不平等ですね。
歩けますか?歩けない人もいます、不平等ですね。
金持ちな人がいれば、貧乏な人もいます、不平等ですね。
いじめられるひともいます、不平等ですね。
差別を受ける人もいます、不平等ですね。
自分の性格で苦しむ人もいます、不平等ですね。
・・・何故、世の中はこんなに不平等なのでしょうか?

Aベストアンサー

 <蛇足>
補足を頂きまして、あなたが素晴らしい道を辿ってきた人であることがわかりました。
単純に見えたあなたの質問には、もっと深い意味が隠されていたように思います。
これは、私の私見に過ぎませんが、人生に勝利というゴールがあるとすれば、何かを達成することも重要なことだと思うのですが、
それ以上に、死を前にした時、自分の心が歪んでいなかったなら、それだけでも大勝利といえるのではないかと思います。
それぐらい、人間が歪まないという、たったそれだけのことが大変難しいことなのです。
子供から大人になって行く過程でさまざまな人間関係や経験を通して
知識や知恵も得ますが、少しずつであっても、我知らず心も歪んでしまうのです。
大人になって経験値が高くなるにつれ、本来の幸せ軌道からどんどんずれていくのは何とも皮肉なことと思います。
「人生、如何に幸せになるか!」の答えは、「人生、如何に歪まないか!」と置き換えることができるものと思います。
何か偉大な業績を打ち立てることも決して簡単なことではありませんが、もっと難しいのは、歪まない、捻くれない、ねじ曲がらないことだと思うのです。
人生の荒波に揉まれながらも、少しも歪まなかった人がいたなら、その人こそ、人間の道を制覇したと言えるのではないでしょうか。
歪まない先に、人間の完成した自然な姿が現れるように思います。
あなたが素晴らしい人だと思い、つい自分の持論を持ち出してしまいました。
お聞き苦しかったなら、どうかお許し下さい。

 <蛇足>
補足を頂きまして、あなたが素晴らしい道を辿ってきた人であることがわかりました。
単純に見えたあなたの質問には、もっと深い意味が隠されていたように思います。
これは、私の私見に過ぎませんが、人生に勝利というゴールがあるとすれば、何かを達成することも重要なことだと思うのですが、
それ以上に、死を前にした時、自分の心が歪んでいなかったなら、それだけでも大勝利といえるのではないかと思います。
それぐらい、人間が歪まないという、たったそれだけのことが大変難しいことなので...続きを読む

Q転得者の法的地位としての相対的構成、絶対的構成。

94条2項の善意の第三者から悪意の転得者について、また177条の
善意の第三者からの背信的悪意の転得者について、法律関係の早期の安
定を図る意味で絶対的構成が当然かと思っておりましたが、必ずしもそ
うでないと聞きまして迷っております。

法律関係の早期安定はともかくとしまして、追奪担保責任につきまして
は、相対的構成だからといっても、(詐害行為取消権が相対効であるこ
とから債務者に追奪担保責任を追及できないとされているのと同様に)
追及出来ないとの考えがあると聞きまして、であれば相対的構成でもよ
いかなと思い始めております。

Aベストアンサー

で、質問は何?
理論的には絶対的構成でも相対的構成でもどっちでも良いけど、試験との関係では絶対的構成の方が楽だよ。相対的構成で追奪担保責任を否定する法的根拠を説明するのは難しいしね。絶対的構成なら当たり前で済んじゃうから。

Q平等の定義について

平等の定義についてお聞かせください。
よく、男女平等とか学校・会社など様々なところで平等という事を簡単に口にしますが、何を基準に何を定義にして平等といえるのでしょうか?私は平等という言葉は世の中に使えない言葉だと思います。
多分、学校・会社など様々なところで、いちばん文句のでないルールを考えたらこういうルールになった。というだけの事だと思います。
一人一人能力や条件が違うんだから平等なんてありえないと思います。
どうせいうなら、「うちの会社は賃金に対して平等です。とか、仕事内容が、男も女もまったく同じ仕事をしてもらいます。」とか、
何々について平等だというふうに、といってもらいたいですね。現に勤続年数が同じで、仕事も同じ仕事をしてるのに賃金は違うし、平等なんてありえない言葉をつかうな!って感じです。

Aベストアンサー

今から60年とちょっと前に太平洋戦争が終わった直後、アメリカを中心とした占領軍たちから、それまでの圧政的であった軍国主義に変わって、自由と民主主義と平等ということについての指導があったと聞いています。しかし、われわれ日本人は、それまでの過酷な軍国主義からある日突然、天から降って沸いたような解放感に、嬉しさゆえにか、それ以降ついつい自由や平等の意味を取り違えてしまい、そしてそのまま今に至っているように思います。

一番の間違いは「うちの会社は仕事内容が、男も女もまったく同じ仕事をしてもらいますが、賃金に対しても平等です」という考え方です。一人一人能力や条件が違うんだから平等なんてありえないと思います・・・という考え方も違います。

結論から先に言いますと、人は、一人一人能力や条件が違うのだし、与えられる仕事も、期待される程度も、なにもかもが同じということはあり得ません、しかし、そのひとつひとつについて、出来る限り制約を廃し、活動を阻害することなく働く機会を与え、その結果を正しく評価し、正しく報酬を与える、これが平等の原則、つまり平等についての考え方です。

人はみな、大量生産されたロボットではありませんから、まったく同じではありません。男女の性差もありますし、持ち前の器用さも違えば考え方の深さも違います。体型も違えば腕力も違うし、健康な人もそうでない人もいます。ですが、そうしたいろいろ違う人に対して、ひとりひとりが出来る範囲で伸び伸びと精一杯のことが出来る機会を与え、その能力と結果で評価する、これが平等の原則、前に書いたことと同じです。
ですから、男性と女性が同じ仕事をして、同じ給料を得るというのは必ずしも平等ではないのです。たとえば、男性にしか適さないような力仕事を女性に与えるようなケースではけっして平等ではないからです。

男性には男性なりに、女性には女性なりに、それぞれの性質や特質に適した仕事がありますし、そうした仕事に就いて精一杯働いたなら、その成果に対して報酬を考えればよいのです。さらには、仕事の上で特別に大きな成果を挙げた人、とても有意義な改善や発明を考え出して、それによって会社に特別の利益をもたらした人、一日も休まず一心に努力するために、会社から高い信頼を得た人、部下や後輩たちを立派に指導し上手に動かし成果を高めた人、こうした人たちはさらに、特別の評価を得て、その分だけ余計な報酬を得ることもあってよいのです。となれば、自然、人一人一人、報酬の額に差が出ることは当然あります。そして、こうした実力に応じて正しく評価され、適正な報酬をえることこそが平等なのです。言い換えれば、受け取る給料に大きな差があっても、高い役職への昇格に早い遅いが生じても、その基になる評価が正しければ、それは平等の考えから外れてはいないのです。

ただ、そこには問題があります。人が働いた、その成果を誰がどれだけ正しく評価できるかという問題です。仕事には多くの種類がありますし、成果を期待できる水準も違います。そうした避けられない状況の中で、一人一人正しく評価することは至難の業です。ですから、完全な平等は存在するのかと聞かれたら、まだまだ理想論にしか過ぎないのだと言うほかはありません。
しかし現実には、「平等の原則」という考え方そのものは存在しますし、まだまだ過去から不平等さが残っていた社会のあれこれについて、それを平等の原則に沿って、少しでも現実に「平等にきわめて近いもの」に直し近づけて行こうという動きが今は活発に行われています。

今から60年とちょっと前に太平洋戦争が終わった直後、アメリカを中心とした占領軍たちから、それまでの圧政的であった軍国主義に変わって、自由と民主主義と平等ということについての指導があったと聞いています。しかし、われわれ日本人は、それまでの過酷な軍国主義からある日突然、天から降って沸いたような解放感に、嬉しさゆえにか、それ以降ついつい自由や平等の意味を取り違えてしまい、そしてそのまま今に至っているように思います。

一番の間違いは「うちの会社は仕事内容が、男も女もまったく同じ...続きを読む

Qウィキの法の下に平等の適用の平等説と内容の平等説

法の下に平等を語る上での適用の平等説と内容の平等説について、
意味としては、「適用の平等説」は法が国民誰しもに適用されること。
内容の平等説は、法の内容としても(絶対ではないが、条件(例えば同じ年収どうし)
さえ同じならば)平等という意味だと思いますが、

ウィキペディアだと3権のどれが当てはまるか?という話になっています。
これはどういうことでしょうか??

wikiより

* 法適用平等説(立法者非拘束説)は、14条1項は立法者を拘束するものではなく、三権のうち法律を適用する部門(行政と司法)だけを拘束するとする。
* 法内容平等説(立法者拘束説)は、14条1項は立法者を含めた三権のすべてを拘束するとする。

Aベストアンサー

日本では一般的には後者ですよ。


例えば、

裁判官が「指定暴力団員だから傷害罪の刑罰を2倍にする」として判決を下す。
これは法適用の不平等。司法への拘束。

国会の法律案で「指定暴力団員は傷害罪の法定刑を2倍とする」という法律を作る。
これは法内容の不平等。立法への拘束。


前者は言うまでもなく不平等ですが、後者は微妙なところです。

実際、指定暴力団のみ適用する法律もありますからね。
後者は合理的な理由がある場合に限り認められるとされています。

Q左翼は平等主義者であり平等で平和な世界がなぜ怖いの

左翼は平等主義者であり平等で平和な世界がなぜ怖いのかよくわかりません。なぜ怖がるのですか?

右翼は平等でない平和な世界を目標としています。

平等で平和な世界を目指す左翼と平等でない平和な世界を目指す右翼なら左翼が怖いっておかしくないですか?

右翼も左翼も両者とも平和のために戦争をしています。平等か平等でない世界の差異だけのために争っているのです。

Aベストアンサー

平等の定義を示して下さい。
耳障りの良い平等 の定義が曖昧なのが怖いです
仕事を同じ時間し 能力が反映されなくても同じ給料
効率良く歩合での給料格差
どちらが平等
知恵を絞り儲ける者
特殊な技術や能力で儲ける者
株や先物取引で儲ける者

いま現在日本の消費税引き上げを反対する政党は 大企業の余剰金富裕層に大量の税金を掛けて
それを補填に使う
お金を儲けるのが悪的に攻撃される 
それを平等と定義するのか その辺の定義が曖昧

それと戦い戦争は 自国 宗教を守る為の物で 決して平和や正義では無いです
勝ち取った物が 正義になり自国が平和になるのです。

Q平等原則と平等権

平等原則と平等権
憲法初学者です。現在、憲法14条について勉強しています。
かなり基本的な事項だと思いますが、平等権と平等原則の違いとは何なのでしょうか?
この14条を平等権か、平等原則か、どちらに判断するかによって、違憲合憲の判断の仕方や結果は変わってくるのでしょうか?

まだ勉強不足で、質問を明確に言葉にできないのですが、宜しければお答えください。

Aベストアンサー

法の下の平等には平等原則だけでなく平等を権利として主張すること(平等権)も保障する趣旨なのか問題になるが、平等権として権利性を認めるのが通説であり、判例もそれを認めている。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E3%81%AE%E4%B8%8B%E3%81%AE%E5%B9%B3%E7%AD%89


人気Q&Aランキング

おすすめ情報