よく倍音だと理解しやすいですが、原音より低い音が本当に鳴るのでしょうか。合唱団の人が言っていましたが。

A 回答 (2件)

差音と呼ばれています.



実際に鳴っているわけではないのですが、
人間の耳にはそういう音が鳴っているように感じられます.

私がはっきりと体感できたのは,パイプオルガンのストップでです。
    • good
    • 0

先ず聞こえる波長は、100Hzと150Hzの合成波と言う事です。


100Hzと150Hzなら、100回と150回で1秒と言う事ですので、
それぞれが2回と3回の所で一致する事になります。

つまり50Hzの毎に、波形繰り返されると言う事です。
これにより、50Hzの音が聞こえる事になります。

細かい波形は、各波形を絵に書いて単純に合成波を描くと、直ぐに解ると思うのですが...。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報