リストラで退職になり国民健康保険に加入しなければならなくなった場合に
家族で両親が国民健康保険に加入している場合と
弟の厚生保険の扶養に入ってる場合とでは自分の
国民健康保険税の額はどっちが少なくなるのでしょうか?

自分一人だけより、家族も国民健康保険に加入している場合は
多くなるようなことをテレビで聞いたのですが、どうなんでしょう?
あと、自分が弟の厚生保険の扶養に入るのは難しいようなので
国保に入るしかなさそうなのでぜひ、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

実際の生活が弟さんの扶養になっているのであれば、扶養に入れば、保険料は不用です。

ただし、兄弟だと、認定は難しいです。弟には兄の扶養義務はないですから。
親兄弟で一緒に暮らしている場合は、無理でしょう。

国保のばあいの所得割は「世帯」でかかってきますので、均等割りが一人増えるだけでなく、あなたの分の所得(前年実績で)が計算されるので、全体の所得割がすぐ、「最高額」になります。私の知人は、親の年金と息子の非常勤講師の収入で「最高額」になりました。

とりあえずは「任意継続」がおすすめです。自己負担の有利のほかに、入院した時の傷病手当(休職補償)があります。もし、失業が続けば、所得が下がるので、そのときに国保に入っても保険料は下がっている、ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/21 01:07

ところで厚生保険とありますが健康保険の勘違いですよね。


>弟には兄の扶養義務はないですから。
扶養の義務がなければ扶養認定の対象にすらなりません。直系血族および三親等内の親族は扶養の範囲として認められています。つまり兄弟は扶養できるのです。ただ兄弟でも年上の兄弟(兄姉)は同居し生計を共にする関係でないと認めてもらえません。年下の兄弟(弟妹)は別居していても収入の限度などほかの基準を満たしていればOKです。
弟さんと同居していないという時点で被扶養者になれません。

任意継続はお勧めではありますが、退職時の標準報酬が適用されます。つまり所得がなくなっても会社に勤めていた時と同じだけの保険料を徴収されます。(実際には事業所が負担してくれていた分も払うので増額になりますね)原則2年の加入期間のうちずっと同じ保険料を払い続けることになります。それに任意継続は本来「国保に入りたいから」という理由で脱退が出来ません。(実際には違いますが、原則...)その辺り考えた方がよろしいかと。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/21 01:05

 弟さんの社会保険の扶養に加入するのは、難しいと思います。

弟が兄を扶養するよりも、親に扶養してもらうのが順番です。また、成人者が無職を理由に、親や兄弟の扶養になるのには条件が厳しい保険者が多いようです。

 仮に、弟さんの扶養になれた場合は、あなたは国民健康保険ではなく社会保険ですので、国民健康保険税は発生しません。また、弟さんの給料から引かれる社会保険料も変わりません。

 家族が国民健康保険ですので、あなたが国民健康保険に加入した場合は、従来の保険税に均等割といって1人当り年間**円という額と、前年所得に対する所得割、あなた名義の固定資産税があるのでしたらその固定資産税額に対する資産割、この3種類の額が加算されることになります。具体的な額につきましては、市町村によって料・率が異なるため、お住まいになっている役所の国民健康保険担当課に尋ねると概算で教えてくれます。また、国保に加入すると年金は国民年金となり、現在は1ヶ月13,300円を納めることになっています。

 もうひとつの方法ですが、社会保険の加入期間が2ヶ月以上あるのでしたら、退職しても社会保険を継続する「任意継続」という方法があり、2年間まで継続できます。言葉の通り、退職しても社会保険を継続できるのですが、退職していますので保険料の会社負担がありませんので、保険料は退職時の2倍程度になります。しかし、病院での自己負担は2割のままです。この制度を選択しても、年金は国民年金へ加入することになります。

 従って、社会保険の任意継続をして、保険料を従来の2倍納め病院の自己負担割合を2割のほうを選択するか、国民健康保険に加入して自己負担3割を選ぶか、どちらかの得な方を選択すると良いでしょう。なお、国民健康保険に加入しても、社会保険のときに継続して治療している疾病がある場合には、継続療養制度により2割で診療を受けれる制度もあります。

 社会保険の任意継続は、退職後20日以内に管轄している社会保険事務所で、手続きを行ってください。国保と国民年金の手続きは、住所ちの役所の国保担当課・国民年金担当課で行ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/21 01:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民健康保険税と国民健康保険料

「国民健康保険税」と「国民健康保険料」の違いは何でしょうか?

引越しをして、住民票の転入手続きをしたら以前住んでいたところと、今住んでいるところから支払い書が来て、重複している期があって疑問に思ったのですが、ご存知の方あれば、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 国民健康保険税と国民健康保険料は私たちへ影響を及ぼす大きな違いというのはあまりありません。気になさらなくてもいいのでは。市町村によって税方式だったり料方式だったりします。遡及期間とかでの違いがあるはずですが。

で、前の市町村と引越し後の市町村での重複期間があるとのことですが、これもありえます。前の市町村が国民健康保険税(料)を何期で納めることになっていたか、今の市町村が国民健康保険税(料)を何期で納めるなっているかにより重なったりします。

 健康保険税(料)転入日以降の分は今住んでいる市町村に納め、それまでの日に対する分は前の市町村に納めることになります。前のところからきた納付書は多分、転出したことにより資格がなくなり、それにより国民健康保険税(料)を再計算したのち不足分がおくられてきたのではないのでしょうか。

Q国民健康保険料と国民健康保険税について

国民健康保険の保険料は保険料として徴収している自治体と
国民健康保険税という地方税として徴収している自治体があります。

地方自治法上はどちらでもいいようなのですが、
なぜ自治体によって違うのですか?
なにか基準があるのでしょうか、それとも各自治体の自由な判断でできるのでしょう
か。

また保険料または保険税によることの
それぞれのメリット、デメリットってどんなものがあるのでしょうか。
こちらも併せて教えてください。

Aベストアンサー

基本的には、計算方法などは同じです。
時効期間は、異なります。
あと、大きな違いとしては、保険税の場合は、条例に税率まで規定されますので、税率を変更するときは、議会の議決が必要となります。
保険料の場合は、賦課割合や計算方式が条例に規定されているだけで、料率は規定されていません。議会との関わりは、予算審議の際に料率を含めて説明するだけです。料率の決定は、首長の告示で決定されます。

また、全国的には、都市部で保険料が採用され、中小市町村では保険税が採用される傾向にあります。採用しているし町村の数では、圧倒的に国保税が多いのですが、被保険者の割合でいえば半々ぐらいであったと思います。

社会保険の理念である相互扶助の精神からすれば、強制力の無い保険料の方が理想的と思います。

Q国民健康保険料と国民健康保険税は別ですか?

主人が1月から社保から国保に切り替わりました。
なので国民健康保険料の納付書が来ました。それは当然のことなのでよいのですが、
国民健康保険税納付書が世帯主の母へ来ました。(我が家はサザエさんなので母は私の扶養になっています)
「国民健康保険税とは世帯主にくる」といのは理解できましたが、主人が1月から国民健康保険に加入したので今月中に払いなさいという内容で、しかも8万を超える額に???状態です。
主人は昨年から半年、事故で休業していましたが保険料はちゃんと払っていました。

保険料と保険税は別物でそれぞれ払わないといけないのですか?
無知ですみません、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>我が家はサザエさんなので…

フネさんととマスオさんの住民登録地が違うのではありませんか。

>保険料と保険税は別物でそれぞれ払わないといけないのですか…

国保は自治体によって、保険料としているところと保険税としているところがあります。
その違いは時効の期間で、保険料なら 2年、保険税なら他の税金と同じ 5年とされています。

いずれにしても、一つの自治体で保険料と保険税とが同居していることはあり得ません。

>主人が1月から社保から国保に…
>国民健康保険税納付書が世帯主の母へ来ました…

国保は世帯ごとの加入ですが、サザエさんなら住民票が別になっているでしょう。
しかも、フネさんが A市でマスオさんは B市とかでないですか。

>しかも8万を超える額に???状態です…
>主人は昨年から半年、事故で休業していましたが…

今なら 22年分の所得が計算の元になります。

Q国民健康保険加入と任意継続被保険者

今年度末(来年3月末)で、再就職した会社を退職します。
その退職後の健康保険について、現在、加入している健康保険組合を任意継続被保険者となるか、国民健康保険に加入するか、どちらかの方法があるとテレビの番組で聞きました。
ただ、私は、年金を受給しながら現在の会社に契約社員として勤務しております。
この場合でも、任意継続被保険者となることができるのでしょうか?
もし、可能の場合、保険料は、会社からの給料を標準とした保険料となるのでしょうか、それとも、年金受給額も合わせた額を標準とした保険料となるのでしょうか?
どなたか、ご教示方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在働いている会社で、保険が出してもらえるなら
(それだけの給料をもらえるなら)その方が特になることが多いです。

保険に加入するほどの給料が出ないなら、一般的には(前年度所得によりますが)
任意継続のほうが割安になることが多いです。
 
その他の収入があるかにもよりますが、2年目からは国保のほうが安くなることが
多いと思います。

どちらにしても、保険に加入できるのか、できない場合任意継続の保険料がいくらに
なるのかは現在働いておられるところで聞いてみてください。

Q社会保険から国民健康保険への加入変更のタイミング

GW明けに夫が失踪した為、解雇予告通知書(6/10で解雇)を受け取りました。今月中に他県へ私と子供二人(中1と生後6ヶ月)は転居します。扶養から抜け国保に加入し各種手当を受ける予定ですが、何か良い方法はないでしょうか?
このまま6/10まで社会保険に入り、解雇後国保に入るべきか、それとも転居前に社会保険から抜けるべきか、どちらのタイミングが一番良いでしょうか。また、それ以外に良い方法があれば教えていただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

正直、どちらも大差ないですが、今月中に国保に入れば保険料が発生しますから、6月10日以降に国保に入れば良いと思います。

また、会社側には国保に入る旨を伝え、「健康保険資格喪失証明書」を出すように伝えておくと、国保加入手続きが早くできると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報