弁護団がつくケースというのは何となく重大事件とかのばあいみたいですが、
被告側に弁護団がつくのはどのようなときでしょう?
法律素人です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

刑事の場合ですね。


国選弁護人は一人だろうから、「私選」で何人かにおねがいした場合でしょう。
あと、オ○ム事件みたいに被告人の数が多くてそれぞれの被告人の裁判が平行して行なわれる場合には、それぞれ別々にやるより「団」としてまとまってやる方が合理的。
それぞれの弁護士さんが「○○弁護士事務所」「○○法律事務所」に所属していると、一人が「国選」をたのまれても、みんなで、という場合があるでしょう。「七人の女弁護士」では、いつも複数で当たっていました。(それぐらいの事件でないとドラマにならない・・。)

民事で公害裁判があったりすると、企業側は顧問弁護士を何人も持っているだろうから、「団」になりますね。(薬害エイズでは刑事告発もあるから、刑事裁判もある)
    • good
    • 0

そうですね。

国選弁護人で何人もつけられるはずはないですね。
「七人の女弁護士」で、賀来さんがやっている事件に岡江さんがかかわっても、ただの「お手伝い」ですので、法廷では傍聴席で見ているだけ。

オウム裁判で、私選がついているのかどうかわからないのですが、松本、林、青山・・・被告人がたくさんいる事件の場合、国選はそれぞれ一人ずつつくわけだろうから、「弁護団」をつくるわけでなくても、「団体」になっていくのではないかと思うのですが。
    • good
    • 0

弁護団は私撰弁護人ですね。


国選弁護人は逮捕-起訴された場合に、経済的に無理な場合はつけられます。
起訴前には私撰弁護人しかつけられません。
起訴されない場合は、国選はつけられないということです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q押尾被告裁判で検察側と弁護人側の証人(救急専門医)が救命の可能性のあり

押尾被告裁判で検察側と弁護人側の証人(救急専門医)が救命の可能性のあり、なしについて真っ向から対立する証言をしています。裁判官は医師ではありません。裁判員も同じです。どちらの医師が真実を言っているか何を根拠に判断するのでしょうか。どちらが真実を言っているか「心証」というものだけで判断するのですか。

Aベストアンサー

今回の場合は、専門的な知識は必要ですが、「中毒」の場合は薬物が「致死量」の状況ではありませんから、「即死」ではないとの証明です。

そこで問題があり、「初期救急」の論議が「弁護側」ではされていません。
例えば、「覚せい剤」を致死量注射しても「即死」はありません。

意識不明になり、昏睡状態から「脳」に酸素が行かなくなり、脳破壊から「心肺停止」に至ります。
毒物・劇物での死亡とは違い、即死がないのが「薬物中毒死」になります。

今回の場合、検察側は「当日」の救急の出場状態、交通状態、死亡時間の特定、薬物の血中濃度から証明していますから、そのデーターは裁判員にも見せられています。
心証だけではなく、それらの「証拠」も併せて判断します。
それは「素人」が見ても、判りやすく書かれています。

Qなぜ、松本智津夫被告の弁護団は辞めるのに控訴するのですか?

2/27にオウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫被告(4/8)の判決公判あり、小川正持(しょうじ)裁判長は求刑通り死刑を言い渡した。弁護団は同日控訴し、全員が控訴審の弁護は受任しない方針を明らかにした。

でも、なぜなのでしょう?辞めるんだったら控訴するのは無責任では?
被告が何にも言わないんだったら、このまま死刑を確定させれば良いのに。
そうなったら松本智津夫被告も焦って何かしゃべる気になるかもしれないのに。
なぜ、弁護団は辞めるのに控訴するのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

なぜ控訴するかというのは、他の方も書かれているように、事実関係を争って無罪を主張している以上、弁護人としてなしうることは全部やるということだろうと思います。

それなのになぜ全員辞任するかというのは、どのような事情があるのかわからないのでなんとも言いようがありません。

ただ、もし#3の方が書かれているように時間稼ぎというのが目的であるとすれば、無責任と言われてもしかたがないと思います。

どのような被告人であれ、その正当な利益を最大限に保護するのが弁護士の役割であることはもちろんですが、裁判を無駄に引き延ばすことは被告人の正当な利益とはいえないでしょう。刑事裁判は長くかかればかかるほど被告人の利益になるという考え方自体が考え直されるべきだと思います。

Q損害賠償訴訟での被告側の弁護士費用

損害賠償請求で訴訟された場合には、弁護士への着手金や報酬額などはその要求金額に応じて算出されるようですが、報酬額は成功報酬とのことですが、もし、全面勝訴して1円も弁済しなくて良い場合には要求額の全額から、また半額に減額されたとしても弁済債務が発生した場合などでもその要求額の半額から報酬額を算出するのでしょうか?

Aベストアンサー

そうですね。
弁護士報酬は、弁護士と依頼人の契約で決まります。普通は、着手金と成功報酬の2本立てです。
被告の場合、着手金は、訴えられた金額で決まります。報酬は、経済的利益額で決まります。判決や和解で決まった額が、請求された額より減少していれば、減少額が経済的利益です。通常、経済的利益の10%くらいが報酬です。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/feedefend.html

Q被告が複数の場合、ある被告だけ被告の住所に移送(裁判の分離)できるでしょうか?

民事事件で原告が被告4名を大阪地裁に提訴した場合、
(原告の住所は大阪、被告の住所は被告Aが京都で被告BとCが京都近辺、被告Dが東京)
被告Dだけを東京地裁に移送できますでしょうか?

具体的には、被告A、B、C、Dは家族だが、被告Dが被告A、B、Cらと訴訟の対応について意見の相違があり、自分の訴訟対象物の分の裁判だけを東京地裁に移送し、被告A、B、Cらとは別に独立して裁判をすることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

第百五十二条  裁判所は、口頭弁論の制限、分離若しくは併合を命じ、又はその命令を取り消すことができる。

152条は、本件の移送とは少々違いますので取り消します。

Q原告とその弁護士と、被告とその弁護士の接触はアリ?

ドラマ『下町ロケット』を見て思ったのですが、裁判当日に裁判所のロビーみたいな所(=法廷の外)で原告とその弁護士が、被告とその弁護士を待ち伏せして話かけるのはアリなんでしょうか?

あと、原告の弁護士と被告の弁護士が裁判期間中、プライベートで電話(で揺さぶり)をかけるのもアリなんでしょうか?

前に同じ事務所にいたという設定なので、お互いの携帯は知ってても不思議じゃないのですが、法律的に問題がないのか教えてください。

Aベストアンサー

その「揺さぶり」と言うのは、ないと思いますが、当事者の代理人どおしの話し合いは、いくらでもあります。
勿論のことプライベートでの接触はあります。
旅行や飲み会も現実にあります。
それらは何ら問題とはならないです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報