痔になりやすい生活習慣とは?

去年の7月まで働いていたため国民健康保険に加入していました。
出産を機に仕事を辞め、主人の会社の社会保険の扶養に7月末の時点で入りました。

しかし今日、郵便で市から
「10月にかかった病院から国民健康保険に請求が来ているが、あなたの保険の資格がないためその金額を請求します。」
みたいな内容の文書が届きました。

もちろん10月にかかった際に新しい保険証を提示したはずだし、病院の手違いではないかと思うのですが、なにぶん今日から3連休。
病院も市役所も休みです。

まずは病院に確認した方がいいでしょうか?
それとも文書の通り、市に請求された金額を払って
今の社会保険(健保)に請求した方が良いでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

10月に病院に行った分は2ヶ月遅れで保険者(この場合は国保)に請求が行くので、このタイミングで書類がきたのだと思います。



新しい保険証を提示しても、病院のデータが変わっていないとこういうことが起こってしまいます。病院が手続をしてくれると思いますが、場合によってはあなたが先に国保に請求額を支払い、その金額をご主人の健保に請求することになるかもしれません。(療養費支給申請といいます。)

病院が適切な対応をしてくれるといいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。

火曜に病院に問い合わせた所、
やはり事務のミスで請求先を間違えてしまったようです。
病院側から市役所に訂正の申し立てをしてくれるそうです。

良かった良かった。

お礼日時:2006/01/12 13:50

 結論は概ね出ているようですが、若干まとめ的なことを。



 法令や国通知により、患者には保険証を提示する義務、医療機関には保険証を確認する義務が課せられています。この義務をどれだけ果たしたかで、責任の所在や事後処理の方法が変わると考えてください。

 患者が正当な保険証を医療機関に提示しなかった場合、医療費誤払いの責任は患者にあります。だから、患者は旧保険者に一旦お金を返した上で、新保険者に対して療養費払い(後払いによる保険給付)の申請をしなければなりません。患者がちゃんと保険証を提示していた場合、責任は事務処理ミスをした医療機関側にあります。ですから、新旧保険者との間の精算は医療機関が行うこととなります。

 umekiriさんの場合は医療機関側の処理ミスですから、umekiriさんご自身に責任はなく、その事実を保険者に伝えれば事足ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。

おっしゃるとおり、病院側で手配してくれると言うことになり、
ほっと一息ついてます。

お礼日時:2006/01/12 13:51

国民健康保険の文書自体に間違いはないと思います。


#1さんが仰るように医療機関の方できちんと変更手続きをしていないのだと思います。本来は変更した時点で医療機関は請求先をご主人の社会保険に変えなければならないのにそうしていないのでしょう。そういった正直いい加減な医療機関は多数あります。
本来あなたに国保からそういった文書が届くこと自体間違いなのできちんと医療機関に確認したうえで国民健康保険の担当部課にその旨連絡した方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

来週の火曜に早速病院へ問い合わせてみようと思います。

国保から健保への手続きもきちんとしてあるので
私の方は問題ないかと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/07 14:15

まずは病院に確認を取りましょう。

かかりつけの病院だと以前の健康保険のままで処理されていることもありますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

多分そうだと思います。
1月にかかって以来だったので、10月にかかった際は
受付の人に「保険が変わったんですね」と
確認されたのを覚えてしますし・・・

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/07 14:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q切替え前の保険証を使用してしまいました

今まで国民健康保険に加入していましたが、先日就職先の社会保険に加入しました。その際に新しい保険証が届くまでの間、家族が病院で診察を受け誤って切替え前の国民健康保険の保険証を提示し、支払いを済ませてしまいました。役所へ国保の保険証を返却する前に、病院で保険証の再提出等、手続きをし直した方が良いのでしょうか。

Aベストアンサー

社会保険に加入された時点で、国民健康保険の資格は失われます。
社保の保険証に「認定年月日」か「資格取得年月日」が入っているかと思いますが、
その日以降は国保は使用できません。
国保というのは、保険料を納付していればその市町村の有効期限までは保険証が交付
されますが、これは「この期間国保を使用できる」というものではありません。
交付年月日の時点で「現在国保に加入しています」というもので、質問者さんのように
有効期限内でも個人の理由で使用できなくる場合もあります。

よって、受診された医療機関には「保険証の資格喪失後の受診」として保険者側から
連絡・レセプト(診療報酬明細書)の返戻があり、新たな保険証の提出か、
医療費の全額負担を求められます。
医療機関側に保険者から連絡等がいくのは数ヶ月後になるかと思いますので、
すみやかに新しい保険証を提出してください。

今後も保険証の変更がある場合、また変更する予定の場合、新しい保険証が出来る前
でもいいので、医療機関の窓口に申し出でおいた方がいいですよ。

Q社保なのに国保で医療費を払ってしまった場合

はじめましてこんにちは。
教えてください。今まで国民健康保険に加入しておりましたが諸事情あって妻の扶養となり健康保険も妻の方の社会保険に入ることになりました。
2月半ばに手続きをして妻の方に入るのは3月からと聞いていましたので2月に通った病院では国保を使いました。しかし本日できた新しい妻の保険証は2月からという事になっていました。
この場合は本来、2月分は妻の方の健康保険証を使うのが正しいと思うのですがどのような手続きをすればよいのでしょうか?
病院に聞けばよいのですが本日午後より休診で聞けないものですから分かる方いらっしゃいましたらお教えください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今月中に病院に新しい保険証を提示すれば、面倒な手続きを行わなくてすむのですが・・・。

病院では月末にて締めますので、それまでに保険証を病院に見せることができれば、新しい保険証の保険者(社会保険事務所等)に医療費の請求を行うこととなります。

もし、保険証を今月中に病院に提示することが出来ない場合は、後から市区町村から医療費の返還についての請求が来ます。
それをいったん支払い、「療養費支給申請書」に、後日支払った分の領収書と、市区町村から送られてきた「開封厳禁」と記載された封筒をそのまま添付して、新しい保険証の保険者に請求すると、返還した分が支給されます。

Q病院のミスを患者が負担する決まりはありますか?

私は現在自立支援制度を受けており、医療負担を1割にしています。
今年、初めて自立支援制度の更新を忘れてしまいました。
8月にて切れる状態でした。
先日、11月の診察時に初めて更新が切れている事を受付にて指摘されました。
自分は更新をしていたとの思い込みにより、新しい「自立支援医療受給者症」を探しましたが、見つからずに、市役所に確認をしたところ、更新できてない事が分かりました。
至急手続きを行い、新しい「自立支援医療受給者症」を12月の診療時に持参しました。

私は11月の診療の際に1割負担で会計していただいたが、指摘を受けた時点で切れていたので、前回の診療料金は3割をお支払いしますと申し出たら、なんとすでに9月分までさかのぼり、3割の領収書を用意されておりました。

確かに私が更新が切れていた期間の3割負担をお支払すれば、病院の会計上の損失は無くなるとは思います。

自立支援の更新を忘れて3割負担になるのは自分の責任で病院には全く責任はないと思います。
しかし、私が負担しなければならないのは更新を忘れて、会計時に指摘される1回のみだと考えますし、市の福祉担当の方もきちんと期間が明記されている事から同意見であると言われました。

「自立支援医療受給者症」の期限が切れている、または古い書類である事の確認を忘れて患者に指摘できなかった期間の病院のミスを患者に負担させることは、一般通念でしょうか。

その説明を病院受付の方に求めたが「払いたくないと言う事ですね!」と払うのが当然という態度で、充分な説明を受けることができませんでした。
更新の管理は患者さんの責任ですと言われるばかりです。
「それでは、もしお互いに見落として何か月も経過したら、何年前まで遡り請求するのですか?」と確認したら、「それはと・・」明確なお返事が頂けませんでした。

これ以上この方とお話ししても理解できないだろうと、ほかの患者さんの迷惑を考え、対象機関の全ての3割料金(1割との差額)をお支払しました。
しかし、納得してお支払した訳ではありません。

支払うのが正しいのなら文句なくお支払する気持ちです。
しかし、病院も自分のミスを患者に依存するのではなく、自分のミスによるリスクは病院も受け持つべきと考えます。

このような事案について、明確に書面にされた内容または法的な根拠をご存知の方、教えて頂けますでしょうか。

私は現在自立支援制度を受けており、医療負担を1割にしています。
今年、初めて自立支援制度の更新を忘れてしまいました。
8月にて切れる状態でした。
先日、11月の診察時に初めて更新が切れている事を受付にて指摘されました。
自分は更新をしていたとの思い込みにより、新しい「自立支援医療受給者症」を探しましたが、見つからずに、市役所に確認をしたところ、更新できてない事が分かりました。
至急手続きを行い、新しい「自立支援医療受給者症」を12月の診療時に持参しました。

私は11月の診療の際に1割負...続きを読む

Aベストアンサー

健康保険法では、特別な条件に当てはまる人以外は自己負担が3割負担となっています。(ここは問題ないと思います)

取引の際にどちらかが勘違いをしていた場合、法律用語で「錯誤」といい、いったんその取引は無効になります。(民法95条)

その上で、医療行為はすでに実施しているのですから、病院は請求する権利(債権)をもっています。(健康保険法74条の2)
請求額は健康保険法74条の1がありますので、3割負担で計算されます。

いつまで請求できるかについては、民法第170条一項により、時効は3年となっています。

したがって、病院が勘違いして請求しなかった分について、3年間気づかなかった場合は病院の負担が発生します。


人気Q&Aランキング