すみません、愚問ですが・・

素人なので具体的にはわかりませんが、弁護士のミステイク・・重要証拠の提出忘れ(?)や、書類の不備等は実際あるのでしょうか。
また、それが原因で本来当然勝訴であるべき訴訟で負けてしまった場合、弁護士の責任はどうなるのでしょうか。

あり得ないことでしたらすみません。
差し迫った問題があるわけでもないので、お暇な時にでもどなたかご回答ください。

A 回答 (2件)

 全くあり得ないことでもありません。

過去に、敗訴になった事件における弁護士の損害賠償責任を認めた事例もあります。ただ、簡単に弁護士に対する損害賠償を認めてしまえば、敗訴のたびに依頼人が訴訟を起こすことになってしまいます。通常であれば間違いなく勝訴判決が取れたであろうにも拘わらず、弁護士の能力不足やミスで敗訴に至った場合は、弁護士といえども損害賠償義務を免れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりましたが、参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/18 12:14

弁護士の過失で依頼者が被害を蒙ったら、弁護士は損害賠償責任を負うこととなります。



しかし、裁判については、その結果と弁護士の懈怠の状況との相当因果関係を立証するのは困難であるというのが現実でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりましたが参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/18 12:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過失割合が10:0ってあり得るのかあり得ないのか

こんばんは!

車同士の事故で過失割合が10:0はあり得ないと聞きますが
あり得ると言う意見も多数聞きます。
1)実際のところどうなのでしょうか?どういう場合に過失割合が10:0になるんですか?

2)片側一車線の道で、普通に制限速度を守って走っていて、
後ろから暴走車が自分の車+50kmの速度で後ろにぶつかった場合の過失割合は?
こういうのは自分も速度を上げない限り逃げられないと思うんです
片側一車線だと車を止めて先に行かせる事もできませんしどうなんでしょう?

Aベストアンサー

皆さん勘違いしていますが、過失割合と言うのは当方の車が動いているかどうかと言うことは全く関係ないことなのです。
つまり双方の過失の割合を数字に表したものであってここでも多くの人が誤って解釈してしまっているのが改めて解りました。

つまり当該事故を起こされた被害者側が回避不能であることが証明されれば過失割合は100:0になります。勿論交通法規を遵守していた場合と言うのが絶対条件になります。

例えば相手が故意に体当たりしてきた場合などこちらに全く落ち度が無くしかも回避不能の状態であっても過失責任を取られることなどは法律の趣旨から鑑みてもあってはならないことなのです。

また立体的に交差する道路上方よりガードレールを突き破って落下してきた車を回避することなども到底不可能でありこれも100:0にしなければ社会通念上おかしなことになりますね。

少し極端な例でしたがこれらに近い状況で回避不可能であることが立証されれば過失責任を取られることはありません。
法律とは常識的な感覚に近いものであるべきであまりにも理不尽なことはそのまま通る筈もありません。

ご参考に

皆さん勘違いしていますが、過失割合と言うのは当方の車が動いているかどうかと言うことは全く関係ないことなのです。
つまり双方の過失の割合を数字に表したものであってここでも多くの人が誤って解釈してしまっているのが改めて解りました。

つまり当該事故を起こされた被害者側が回避不能であることが証明されれば過失割合は100:0になります。勿論交通法規を遵守していた場合と言うのが絶対条件になります。

例えば相手が故意に体当たりしてきた場合などこちらに全く落ち度が無くしかも回避不能の...続きを読む

Q証拠申出書と証拠説明書

民事訴訟で当事者が提出する、証拠申出書と証拠説明書とは、どう違うのでしょうか?
位置付けが良く分からないので、お願いします。

Aベストアンサー

証拠申出書っていうのは、↓にあるとおり。
http://www.nichibenren.or.jp/contact/information/doc-04.html

証拠説明書っていうのは、甲各号証を大雑把に説明した一覧書です。
甲号証で1~3の証拠しかないようでしたら、作成する必要はないですが、甲号証として、多数の証拠を提出するならば、証拠説明書を作成するほうが良いです。
http://www.nichibenren.or.jp/contact/information/doc-05.html

Q脅迫被害証拠として録音する際に日付の証拠を入れる方法。

脅迫被害の証拠として脅迫セリフを録音するという方法がありますが
いろいろ検索した結果、「会話内容に名前や日付も入るようにしておくと良い」ということを知りました。
でも名前は自然に会話中に入れられそうですが
日付を会話中に入れるというのは難しいというか、不自然ですよね。
「テレビ(ニュースなど)の音声をバックに流しておく」という手もあるらしく
テレビやラジオがある場所で脅迫されるのなら使える手ですが
そんな都合良くいかない時のほうが多いでしょう。
ですので、やはり会話の中に自分の声か相手の声で
日付をさりげなく入れるという方法が良いと思うのですが
さりげない方法が自分では思いつきません。
会話で、さりげなく日付を入れるお知恵を貸して頂きたく思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

金品の要求じゃないから、約束するというのも難しそうだね。
いつごろから脅迫されているのかな?

たとえば、
「今日は2月12日ですよね。最初に言われた(脅迫された)のがいつだったか憶えてませんけど、
かれこれもう1ヶ月ぐらいやられてこっちも参ってるんです。もう勘弁していただけませんか」
とかね。

脅迫された期間もさりげなく言えればいいし、会話に「参ってる」とか「怖い」などと入れておけば、
相手はそれを認識しながらやってるということで、後で言い逃れがしにくくなるよ。

Q行政訴訟(勝訴)の後、原状回復を要求するにどうすればいいでしょうか

知人の大学教員のことで、アドバイスをお願いします。

ある大学の教員が、学生に対して「アカハラ」を行ったという一方的な理由で、教授会決定で職務を外されました。反論も許されず、多勢に無勢の一方的な決定で権限のない教授会が実質的な懲戒処分しました。この措置に対して、この先生は、設置者を相手に行政訴訟を起し、完全勝訴しました。

勝訴の原因は、アカハラという理由が明確でないこと、もしかりにアカハラがあったとしても職務を外すほどとは判断できない、実質的な懲戒処分を課しているのに法的な手続きがないないなどの理由です。要するに、教授会の一方的な筋書きで「学生に対するアカハラを理由にした教員に対するアカハラ」が行われていたということです。背景には、人事問題があったそうです。

敗訴した設置者はこの先生に慰謝料を支払いました。敗訴により、教授会決定は間違いであったことは明白なのですが、職務の原状回復には、教授会決定をしなければならないと思います。教授会を開催して、原状回復の要求をするには、どのような方法が有効でしょうか。教授会のメンバーには、当時の教授が残っています。

一審、二審の結果勝訴)が出るたびに、弁護士から「要望書」を出しています。しかし、学長・学部長は完全無視の姿勢を示してきました。弁護士にも相談したようですが、あまりいいアイデアがないそうです。そこで、何かいいアドバイスをいただけないかと考えお尋ねする次第です。

知人の大学教員のことで、アドバイスをお願いします。

ある大学の教員が、学生に対して「アカハラ」を行ったという一方的な理由で、教授会決定で職務を外されました。反論も許されず、多勢に無勢の一方的な決定で権限のない教授会が実質的な懲戒処分しました。この措置に対して、この先生は、設置者を相手に行政訴訟を起し、完全勝訴しました。

勝訴の原因は、アカハラという理由が明確でないこと、もしかりにアカハラがあったとしても職務を外すほどとは判断できない、実質的な懲戒処分を課しているのに法...続きを読む

Aベストアンサー

行政訴訟であるということですが、取消訴訟でしょうか。
それなら、勝訴によって処分の効力が失効しているので、法的には処分以前の状態に戻っているはずです。
処分の無効等確認の訴えの場合にも、勝訴によって無効が確定したわけですから同様でしょう。
原状回復というのが、どういう状態を指しているのか不明ですが、処分がなくなったのでしょうから、格別の手続きなく処分以前の勤務を続ければよいと思うのですが、どんなもんでしょう。

行政事件訴訟法
(取消判決等の効力)
第32条 処分又は裁決を取り消す判決は、第三者に対しても効力を有する。

Q逆転勝訴

こんにちは。
逆転勝訴した事例をネットで探しています。
しかし、ゲームや難しい内容のものばかりがヒットしてしまい、思うようなのがでてきません。
逆転勝訴事例がわかりやすく書かれたサイトをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

今日の判決で言えば,大阪高裁での逆転無罪判決があります。
あなたのいう,逆転勝訴というのは刑事事件をいうのか民事事件をいうのかは分かりませんが,民事事件であれば高等裁判所の判決の主文が「原判決を取り消す。」であれば,一方当事者によるならば逆転勝訴になるのではないでしょうか。
ですので,最高裁のHPから下級裁判決検索で,「原判決を取り消す」と検索すれば,逆転判決が出てくると思います。

参考URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040922-00000118-kyodo-soci


人気Q&Aランキング

おすすめ情報