液晶ディスプレーのデジタルとアナログの違いを、初心者でもわかるように説明してもらいたいのですが、よろしくお願い致します。

A 回答 (1件)

そうですね。


液晶は元々デジタルで画像を再現します。
ブラウン管ディスプレイはデジタル画像を途中でアナログに変換する作業が必要です。
まず、この点を覚えて置いてください。

本題です。
元々液晶ディスプレイはデジタル使用ですから、そのままパソコンからデジタルで映像信号を送るのが最もベストに画質を再現できます。これを使うことで画像のゆがみなども少なく最適な表示が可能になります。
デジタルディスプレイというのは、PCと接続する端子にDVIやTMDS(パネルリンク)などのデジタル接続を使うもをさします。

それに対し、端子がアナログではパソコン上でデジタル信号をアナログに変換してD-sub15pinの端子を使ってPCからアナログ信号をディスプレイに送ります。
その後さらにディスプレイ上で信号をアナログからデジタルに変換して表示という手順を踏むのがアナログの液晶となります。こちらはノイズ影響を受けやすいのが特徴です。しかし、パソコンの多くはD-sub15pinを使っている場合が多くその点ではこのアナログ液晶も必要です。

最近はアナログ入力とデジタルの両方に対応した液晶も出ています。

いかがでしょう。
もし何かあれば補足を
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご解答をありがとうございました。

お礼日時:2001/12/20 15:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報