はじめまして、
今日はどうしても聞いてほしいことがあったので、
書き込みしました。
ネットでも出回っている、
同人誌は著作権違法ではないのですか?
その同人誌を売っているお店は法律的には問題ないのですか?
あと、同人誌をスキャンして
サイトでスキャンした同人誌をたくさんの人に見せるということは法律にはかからないのですか?
ちなみに同人誌には著作権表示マーク(○C(まるしー))はついていませんでした
それではよろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 丁寧なお礼を有難うございました。


 さて、

 > 同人誌の場合で前例がどれほどありますか?

 えーと、これは、「何の」前例をお尋ねなのでしょうか……?
 「同人誌」作家が著作権者から訴えられた前例……でしょうか?

 私の貧弱な記憶でお答え致しますと、いわゆる「同人誌」が著作権者から訴えられたのは、かの有名な「ポケモン同人誌事件」ぐらいだったのではないでしょうか。ポルノだったから訴えられたと誤解している人もいるようですが、少なくとも表面的には、≪複製権侵害≫で訴えられた筈です。
 著作権者からは黙認されている(当然、著作権者が侵害行為を知らないケースもあるでしょう)……でもいつ訴えられてもおかしくないし、訴えられたら抗弁は難しい……というのが、現在の「パロディ同人誌」の置かれている状況です。


 > それと、ある人(ネットで集めた同人誌好き)が集まって、
 > お金を出し合って一冊(複数冊の場合もあり)の同人誌を買って
 > それ同人誌仲間のどうしで見るのはどうなんですか?

 これは……
 直接現物を回して読む分には、著作権法上からは、何の問題もないです。購入した時点で、その“物体”の所有権自体は、購入者に移転しますから。煮ようが焼こうが自由です(笑)。

 ですが、もし、現物を回し読む代わりにメンバーの誰かがネットにその「同人誌」を載せて他のメンバーが見られるようにする、というのであれば、やはり≪公衆送信権侵害≫になってしまいます。
 (誰が見るか、は全く問題ではなく、サーバーにアップした(=公衆送信可能化)時点で侵害行為となるのです)
 これは、「パロディ同人誌」であろうと「オリジナル同人誌」であろうと、同じです。ただ、「パロディ同人誌」の場合は、元々の著作権者と「パロディ同人誌」の作家(下で north073さんが触れていらっしゃる通り、“違法著作物”にも著作権は発生します)、双方の公衆送信権を侵害していることになります。


 ……お求めになっていることへの回答になっておりますでしょうか?
 ピントがずれている恐れがありますので、≪自信なし≫にします……(^_^;;

 なお、当方、土日・休日はネットに出入り出来ない環境におりますので、何か更に御質問等いただいてもすぐにはお答え出来ませんことを、あらかじめお詫びしておきます。
 (……お詳しい方、御専門の方、宜しくお願い致します)
    • good
    • 0

誰の著作権についての問題か、によって答が変わってきます。


創作、評論など以外のパロディ系同人誌に対する、原作の著作権者の著作権については、下でTosshie-Toshikoさんのおっしゃっているとおりです。

ただ、最近、同人誌作家側の著作権ということも問題にされるようになってきましたので、この点について補足しておきます。
(創作の場合を前提としておきます)

>ネットでも出回っている、
>同人誌は著作権違法ではないのですか?
>その同人誌を売っているお店は法律的には問題ないのですか?
これは、一般の単行本をネットオークションやブックオフで売っても著作権法上の問題はないように、同人誌を売っても同人誌作家の著作権侵害にはなりません。
著作権では、売っているものを買った本や同人誌をまた売ることについて権利を設定していません。

>あと、同人誌をスキャンして
>サイトでスキャンした同人誌をたくさんの人に見せるということは法律にはかからないのですか?
同人誌を描いた人の「公衆送信権」という著作権の対象になりますから、同人誌を描いた人の了解が必要です。

仮にこの同人誌がパロディものだったとしても、同人誌を描いた人は同じ権利を持ちます。
ただし、サイトに載せる場合には、原作者の了解もあわせて必要になります。
また、無断でキャラクターを使っている同人誌などであれば、たとえば訴訟などの場面では同人作家側の著作権が認められる場面は限られてくることも考えられます。

なお、日本においては、著作権表示の有無と著作権保護の有無は関係ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
もう一つ質問してもいいですか?
今までにどのくらい前例がありますか?
(同人誌の場合で)
よかったら教えてください。

お礼日時:2001/12/21 15:38

 yu-ji777さん、こんにちは。


 著作権法に違反しているのでは? という問いかけから察するに、此処でお尋ねになりたい「同人誌」とは、主としていわゆる「同人誌即売会」(コミックマーケットなど)で頒布されている、アニメ・漫画・小説などの既存商業作品の「パロディ」本を指しているのですね?
 そうであると仮定して、当方の知識でお答え出来る範囲のことをお答え致します。
 (なお、「同人誌」という言葉の本来の意味は、既に下の方が書かれている通りのものです)


 > 同人誌は著作権違法ではないのですか?

 アニメ・漫画のパロディ「同人誌」は、多くの場合、≪複製権侵害≫の“違法著作物”になります。
 ですが、著作権法違反はあくまでも親告罪ですので、著作者(或いは著作権者)が告訴しない限りは、裁かれたり処罰されたりすることはありません。
 著作権者が「侵害されても利益の方が大きい」と判断すれば、黙認されるでしょうね。

 但し、一部、現行著作権法下では“シロ”になってしまう「同人誌」があります。その“どうにもならない”ケースについては、先日質問を立ち上げ、有益な御回答を頂きましたので、御参考になさってください。
 下の【参考URL】欄に、URLを貼り付けておきますね。
 質問にお答えくださった皆様が紹介してくださったサイトの中にも、yu-ji777さんの疑問を解く鍵が沢山あると存じます。


 > その同人誌を売っているお店は法律的には問題ないのですか?

 いわゆる「同人誌の書店売り」ですね。
 これも、“違法著作物”を「情を知って頒布し、又は頒布の目的をもって所持する行為」に該当すれば、様々な著作権を侵害する行為であると見做されます。
 逆に言えば、“違法著作物”であることを知らずに頒布等した場合には、罪を免れるわけです。
 まあ、「情を知」らないで、つまり既存商業作品のパロディと知らずに置く書店は、現実にはないと思われますが……(^_^;;


 > 同人誌をスキャンして
 > サイトでスキャンした同人誌をたくさんの人に見せるということは法律にはかからないのですか?

 これが“違法著作物”である「同人誌」であった場合、≪複製権侵害≫した物、つまり複製物を勝手にネット上で公開するわけですから、≪公衆送信権侵害≫にもなってしまいます。


 もっとも、上記のことは全て、著作権者(元々の作者とは限りません)に許可を得ていれば、違法とはなりません。

 以上、御参考になれば幸いです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=182738
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とってもながいレス&URLありがとうございました。
すごく参考になりました。
法律って微妙なところですね。(苦笑)
同人誌の場合で前例がどれほどありますか?
それと、ある人(ネットで集めた同人誌好き)が集まって、
お金を出し合って一冊(複数冊の場合もあり)の同人誌を買って
それ同人誌仲間のどうしで見るのはどうなんですか?
よかったら教えてください。

お礼日時:2001/12/21 15:53

ご質問の件は、コミケで売られているような同人誌ですよね?



「ネットで出回っている」のが何を指しているか不明瞭なので、仮定で書きますと、
1.ネットオークション
中古本の個人取り引きという扱いになっていますが、厳密には「古本」で商売をするためには古物商の資格が必要です。著作権法に触れるかどうかは私には判断できません。また、即売会で大量に買い取りオークションで高値で売りつけるのは倫理的に問題がありますが、同人誌には再販制度が存在しないため何ともいえません。
もちろん、通信販売法に基づけば問題はあります。
2.同人誌専門店
中古本については古本と同じ扱いです。先ほどの1.と同様のことが言えますが、新本については同人誌の発行元からの委託で販売しているケースが多く、その場合には発行元の直接販売と変わりありません。大手の専門店は通信販売法に基づく表示もきちっとやっているところもあります。

で、同人誌そのものですが、「パロディや引用の範囲内」であればOKだといわれています。
しかし、スキャン画像を使った同人誌などは明らかに著作権法違反です。
(現にある作家の作品で盗用に近いものがあり、係争されたことがあります。)
また、他人の同人誌をスキャンして了解無くサイトに上げることも同様に著作権法違反です。
(そうされることも一定了解されている作家の方もおられます。稀有な例ですが)
ちなみに、マルシーマークが無くても著作権が存在することにはかわりはありません。
日本の著作権法では、完全に著作権を放棄した作品というのは存在しません。
(コンピュータのフリーウェアでも再配布・改変が自由と作者が主張しても著作権は存在します。)

参考URL:http://www.clamp-net.com/info/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

著作権はいろいろ難しいし、
すごく参考になりました
皆さん本当にありがとうございます。
また質問になってしまいますが、
tosshie-tosikoさんの質問と同じなのですが、
そのような場合はどうなりますか?教えてください。m(._.)m ペコッ

お礼日時:2001/12/21 15:58

 


  同人誌には、普通、作品寄稿している同人と、編集人、発行人などがいます。同人から作品発表の委任を受けている編集人・発行人が、同人の合意の元で、同人誌を書店などで委託販売等することは、合法です。またオンライン同人誌も、同人が発行人・編集人等に、このような形の発表形式で、作品発表を許諾乃至同意している場合は合法です。
 
  問題は、第三者が、同人誌を引用あるいは転載する場合です。ある作品全体を転載する場合、その作品の作者及び編集人等の許諾なしで、転載を行うと、法律違反です。ただ、「適正な引用条件に適う」「引用」であれば、合法です(適正な引用とは、著作権法に明示されています)。同人誌全体の転載の場合も同じ基準が当てはまります。作品の作者全員の許諾と編集人・発行人の許諾があれば、全体を転載できます。ただし、転載許可をもらったということは、「作品の著作権」や同人誌の「編集権」までも、譲り受けた、ということではありません。転載した作品などを更に転載したいと別の人が求めてきた場合、元々の著作権者・編集権者に許諾を求めねばなりません。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

starfloraさんすごく参考になりました
ありがとうございます。
また質問になってしまいますが、
tosshie-tosikoさんの質問と同じなのですが、
そのような場合はどうなりますか?同じ質問でごめんなさい。
よかったら教えてください。

お礼日時:2001/12/21 16:00

まず、「同人誌」という言葉の定義ですが、


この言葉自体は作家と編集者が同一の出版物のことを
言うのだと思います。

ただし、ここで言う同人誌は漫画のパロディーを
載せているコミケなどで売っているものだと考えます。

それでよろしいでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になりました^^

お礼日時:2001/12/21 15:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法律系資格取得のステップアップ

私は法律系の知識は全くありませんが、これから勉強していこうと思っております。
そこで法律系資格を目標にしようと考えておりますが、最終的に弁護士資格を目指すとして、資格のステップアップ順を教えてください。

Aベストアンサー

ステップアップの王道としてはNo.1さんの書かれているとおりですね。法律系の資格の本を見るとよく書かれています。

ただし、弁護士取得が最終目的なら、最初から弁護士を目指すべきだと思います。理由は以下に述べます。

1.各スクールとも初学者向けのコースを準備しています。
従って、法律知識が無いからといって、それが直接大きなデメリットになるわけではありません。

2.遠回りする時間が無駄。
これはNo.1さんのようにビジョンがあって、計画どおり勉強し結果を出している方もいらっしゃるように、一概に無駄という訳ではありませんが、多くの人に当てはまるものだと思います。法律資格を勉強するには、多大な時間と費用と気力を必要とします。これから自分のプライベートの時間は大幅に制限が加わりますし、友達や家族との時間も大幅に制限が加わります。質問者さんが現在どういう立場かは分かりませんが、もし勉強に専念するのならば、その間に仕事(バイト)等をしないとなると、その間に得られるはずだった給料等も得られない(若しくは減る)事になりますし、社会人としての経験も得られない事になります。その間、家族等に扶養してもらうことになると、家族にも負担をかける事になります。

最終目標を達成するまでに時間がかかればかかるほど、それだけ失う利益も大きくなるし、社会との関わりも制限されるし、自分のモチベーションをどう保つかも考えないといけません。途中で脱落して、今までのお金と時間が無駄、というのが最悪のパターンです。ちなみに私はこの最悪のパターンに陥る人を多数見てきました。こういう人は予備校のパンフレットの甘い宣伝文句を見て軽く考えて勉強をはじめた人で、現実問題としてかなり多くを占めています。

3.仮に弁護士資格に途中で脱落しても他の資格への移行ができること。
失礼ですが、仮に弁護士の勉強に挫折したとした場合、弁護士の勉強で得た知識は高度な内容ですから、それは別の法律資格に活用する事ができます。ステップアップならぬ、いい意味でのステップダウンという事ですね。司法書士試験にも応用が利きますし、行政書士や宅建は比較的容易に取得できると思います。法学検定やビジネス実務法務検定の4級・3級あたりなら2~3日の勉強だけで取得できると思います。

ただ、これから法律の勉強をはじめるうえで、いきなり難関資格を目指すことにとまどいがあり、順番にステップアップして行きたいという気持ちはよく分かります。

従って、現実問題としては、法学検定(4級)やビジネス実務法務検定(3級)が一番簡単な法律資格で、たいした勉強時間も必要ありませんから、とりあえずこれらのいずれかを勉強してみて、自分の法律に対する適性や、どのくらい勉強時間が取れそうだとかのシミュレーションを行うというのはいかがでしょうか。ちなみに自分に法律に対する適性があるかどうかを調べる事は個人的には非常に大事なのだと思います。なお、弁護士を目指す以上、法学検定4級やビジ法3級程度の資格には満点近くで合格できないと逆にやばいぐらいだと思って自分を追い込んで勉強するべきだと思います。

最後に、弁護士資格取得には、私が思うに地道な努力もそうですが、他にも頭のよさとか才能とかも必要なのだと思います。従ってもしこれらに自信がなければ、勉強をする前の今の段階できっぱりあきらめて別の道を検討するというのも賢い選択肢のひとつである事を付け加えておきます。弁護士以外にも、質問者さんの目指すべきもっと良い道があるかも知れません。

以上、長くなりましたが参考になりましたら幸いです。

ステップアップの王道としてはNo.1さんの書かれているとおりですね。法律系の資格の本を見るとよく書かれています。

ただし、弁護士取得が最終目的なら、最初から弁護士を目指すべきだと思います。理由は以下に述べます。

1.各スクールとも初学者向けのコースを準備しています。
従って、法律知識が無いからといって、それが直接大きなデメリットになるわけではありません。

2.遠回りする時間が無駄。
これはNo.1さんのようにビジョンがあって、計画どおり勉強し結果を出している方もいらっしゃる...続きを読む

Q同人誌における著作権について

2次創作はで同人誌を販売し訴えられた話をよく耳にしますが、
これは金銭が絡むため訴えられるのでしょうか?

もし、2次創作の漫画(成人向け)などを販売せず、無料で公開した場合はどうなるのでしょうか?

・著作権に触れるのではないか?
・成人向け表現により、キャラクターのイメージを傷つけてメーカーから訴えられたりしないのか?

等が主な不安要素です。
後者に関しては私ごときが公開した所で何の影響もないのかもしれませんが・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同人誌を始めとする二次創作は、厳密に言えば著作権法違反です
ただ、企業によっては、同人誌が作られると言う事は
その作品に対する人気のバロメーターだと言う事が判っている為
二次創作に関して認めている企業が多く有ります(Keyなんかは特に寛大)

ただ、サンライズの様に二次創作はおろか、自作のイラストや小説を
営利、非営利に関わらず公開する事を禁止している所もあります
ですので、著作権違反で訴えられるか否かは、版権元次第と言う事になります

ただ、二次創作を認めている企業の場合、ホームページに
二次創作に関してのガイドラインを設けている場合が多く
その内容に反しない限りは、訴えられる事は無いです

ですので、まずはガイドラインの有無の確認で有ればそれに従い
無い場合は、グレーゾーンで、明確に禁止されている場合はアウトですね

>・成人向け表現により、キャラクターのイメージを傷つけてメーカーから訴えられたりしないのか?

これは非常に危険ですね
事実、以前ピカチュウを擬人化した18禁の同人誌を作った作者が
任天堂から刑事告訴され、逮捕に至った前例があります

>私ごときが公開した所で何の影響もないのかもしれませんが・・・

その考えも危険です
先のピカチュウ事件の発端は、自分の子供が購入した18禁の同人誌を発見した
母親の1本の通報から始まっています
ですので、危険は何処にあるのか判らないと言う事です


あと、余談ですが場合によっては同人誌その物が危険になる可能性もあります

と、言うのも今話題になっているTPPですが、関税云々以外にも『知的財産権』に関する項目もあり
今まで、著作権方は親告罪で、著作権元が訴えなければ、問題にはならなかったのですが
TPPの交渉如何によっては著作権侵害の非親告罪化もあり得る訳です
早い話、同人誌を作ったら、第三者からの通報で著作権法違反で逮捕される可能性もあると言う訳です

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1212/13/news047.html

まあ、TPP交渉自体、まだ終わっていないので、この問題もどうなるかは
定かではないですが…

同人誌を始めとする二次創作は、厳密に言えば著作権法違反です
ただ、企業によっては、同人誌が作られると言う事は
その作品に対する人気のバロメーターだと言う事が判っている為
二次創作に関して認めている企業が多く有ります(Keyなんかは特に寛大)

ただ、サンライズの様に二次創作はおろか、自作のイラストや小説を
営利、非営利に関わらず公開する事を禁止している所もあります
ですので、著作権違反で訴えられるか否かは、版権元次第と言う事になります

ただ、二次創作を認めている企業の場合、ホーム...続きを読む

Q法律関係の資格で、高校生でもとることができる資格はあるでしょうか。

法律関係の資格で、高校生でもとることができる資格はあるでしょうか。

Aベストアンサー

公務員試験III種、市役所初級、消防・警察III類など。

Q同人誌などは著作権侵害になる?

よく同人誌などで、実際にあるマンガのキャラクターを真似て違うストーリーなどを書いたものなどが売られていますけど、
あれって、著作権を侵害したことにはならないんですか??
問題になったことは一度もないのでしょうか?

その同人誌によって、その本家の方のマンガのイメージに影響が出て問題に・・・
といった感じの問題は今までなかったのでしょうか?

ファンの間でとかではなく、法的なもので問題にはならないのですか?

今、著作権の勉強をしているため、
いろいろ知りたくて・・・

どなたか回答お願いします!

Aベストアンサー

#1でお答えの通りですが、判例など含めて補足しておきます。

まず、現在の通説・判例は、漫画のキャラクター自体に著作権は発生せず、キャラクターの絵柄が漫画という著作物の中で保護されるにとどまる、としています。

*キャラクターという言葉の定義自体が曖昧ですが、ここではその容姿風貌や人格などの総体としてのキャラクターという認識です。「絵柄としての登場人物」の意味ではありません。

その判例ですが、東京地判S.51.5.26 無体集8-1-219(サザエさん事件)において、キャラクターとは登場人物の容貌・姿態・性格等を表現するものであるとされました。また最近では、東京地判H2.2.19 無体集22-1-34(ポパイ事件) および 最判H9.7.17 民集51-6-2714(ポパイ事件) [ 両事件は別の事案 ] において、「具体的漫画を離れては、そのキャラクターをもって著作物とはいえない」とし、性格などまで含めたキャラクターについては著作物製を否定しています。

*判決文は最高裁の知財判例データベースで検索してください。

「サザエさん事件」は、バスの車体にサザエ・カツオ・ワカメ等の頭部を描いたものが、新聞連載の4コマ漫画「サザエさん」の複製権を侵害するか否かについて争われた事例ですが、本件においてはバス会社の過失を認めて損害賠償請求を容認しています。

ただし、いずれの判決によっても、人格としてのキャラクターまでを保護する趣旨ではなく、あくまで漫画の再製と認められる限りでのみ著作権侵害を認めるという立場に変わりはありません。

近年の学説では、タレントやスポーツ選手なども含めて、人格的イメージも含めて保護するべきであるという議論もありますが、まだ決着を見ていません。
とはいえ、個人的には、人格まで含めるかどうかはともかくとしても、漫画のキャラクターの絵柄それ自体は著作物として保護しても良いのではないかという気はしています。(熟考したわけではありませんが...)

なお、参考文献として、「知的財産法 第2版」角田=辰巳 著 有斐閣アルマ をお薦めしておきます。入門から中級程度の知識・考え方の整理に役立つ本だと思います。

参考URL:http://www.courts.go.jp/

#1でお答えの通りですが、判例など含めて補足しておきます。

まず、現在の通説・判例は、漫画のキャラクター自体に著作権は発生せず、キャラクターの絵柄が漫画という著作物の中で保護されるにとどまる、としています。

*キャラクターという言葉の定義自体が曖昧ですが、ここではその容姿風貌や人格などの総体としてのキャラクターという認識です。「絵柄としての登場人物」の意味ではありません。

その判例ですが、東京地判S.51.5.26 無体集8-1-219(サザエさん事件)において、キャラクターとは登場人物...続きを読む

Q法律系資格への幻想・・・

こんにちは。いつもお世話になります。以前からネットなどを見ていると、掲示板や、通信教育のなどの所に、司法書士、社労士、行政書士は安定の仕事、また、掲示板では、資格をとり転職などど書かれているのを見るのですが、法律系の資格に対する世間一般の幻想ってひどくないでしょうか??法律系資格=安定、仕事がる。と思っている方があまりにも多い気がします。私自身、10年前に社労士の資格を所得しましたが、私の周りで法律系の資格で高級とりの人は1人もいません。テレビなどで出ている方は本当に一握りの方だと思います。事前に仕事の需要があるか調べもせずとりあえず所得と考える方が多いんでしょうか??

Aベストアンサー

確かに年収が500万以上平均とか書いてありますね。40以上の人間なら民間企業の平均賃金のほうが高いです。

ただ企業の中で本部はエリート職種ですし そこで行われている仕事が法務である事が ステイタスとしてはやる仕事としては よい印象になるのでしょうね。

但し これは社員同様 いや 社員よりご都合主義で経営者に雇われている外部の便利屋さんでして 社員がやるより安く効果的に出来なければ雇わないし 必要なときだけでいい。これを質問者さんの言う需要という話であれば 
一番最初にリストラされるのは 実は派遣労働者よりも 外注請負ですよね。しかも みんなが法律知識を得るだけで 資格取得者の経済価値が更に下がる=教育機関は儲かる

つまり 今勝ち組は予備校と学校法人 学生と資格取得者ではありません。

でも社労士を所得?して其の仕事が出来ているならたいしたものですね。

年収400万は個人事業者では勝ち組ですから。

Qおしえて!gooの回答を運用スタッフが一部改変するのは、著作権のうち著作者人格権の同一性保持権の侵害ではないのでしょうか?

教えて!gooのわたしの回答が一つ削除され、その旨をメールで通知されました。
同時に、同じ質問中の自分の別の回答が一部改変されている(一行消されている)のに気
がつきました。こちらは通知はありません。

回答を消された事はマナー違反を指摘されたので納得していますが、一部改変は連絡も
なく心外です。

そこでいろいろ調べてみると、利用規約は
 第14条(投稿内容の利用権)
 4.投稿内容の著作権は、当社に帰属します。この場合、当社は、会員に対し、
   何らの支払も要しないものとします。
 5.当社は、投稿内容の編集、改変、複製、転載(何れも商用利用の場合を含みます)
   を行うことができます。これらを行う場合でも、当社は、会員に対し、
   何らの支払も要しないものとします。
とあり、「改変」できる事になります。

しかし、著作権法上は、

 著作権法 第59条
  著作者人格権は、著作者の一身に専属し、譲渡することができない。

とあり、この著作者人格権の一つである同一性保持権は、

 著作権法 第20条 第1項
  著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、
  その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする。

 同法 同条 第2項
  前項の規定は、次の各号のいずれかに該当する改変については、適用しない。
            (中略)
  4 前三号に掲げるもののほか、著作物の性質並びにその利用の目的及び態様に
    照らしやむを得ないと認められる改変

とあり、一般には改変はできないと思われます。
また、わたしの一行分が削除が止むを得ない程有害とも思えません。

今回の改変は同一性保持権の侵害ではないでしょうか?
また、利用規約第14条5項は同一性保持権を一般的に否定する問題のある規定では
ないでしょうか?

教えて!gooのわたしの回答が一つ削除され、その旨をメールで通知されました。
同時に、同じ質問中の自分の別の回答が一部改変されている(一行消されている)のに気
がつきました。こちらは通知はありません。

回答を消された事はマナー違反を指摘されたので納得していますが、一部改変は連絡も
なく心外です。

そこでいろいろ調べてみると、利用規約は
 第14条(投稿内容の利用権)
 4.投稿内容の著作権は、当社に帰属します。この場合、当社は、会員に対し、
   何らの支払も要しないものと...続きを読む

Aベストアンサー

ご指摘の通り、著作者人格権は一身専属の権利であり、譲渡、放棄することはできません(通説判例)。また、20条2項4号にいう「やむを得ないと認められる改変」とは、たとえば明白な誤字脱字の訂正や、36条の規定によって試験問題に用いる際に虫食いにするなど、ごく限られた範囲における改変を指すものと解されています。したがって、質問・回答文の一部を削除する行為は、同一性保持権の侵害にあたる可能性が高いといえるでしょう。

なお、ここの質問文・回答文は、著作物と認められるものも多数存在するでしょう。もっとも、一行のみの回答や、誰が書いても同様の表現とならざるを得ないもの、たんなる事実の叙述などは除かれます。

そこで、利用規約の話になりますが、利用規約への同意は契約の一種であるといって間違いはないでしょう。しかし、契約があればあらゆる権利が制限できるわけではなく、強行規定は契約に優位しますし、契約に瑕疵があれば無効となる場合もあり得ます。また、権利濫用の場合も考えられます。

著作者人格権は、文字通り人格権的な要素が強く、これが強行規定であるか、任意規定であるかについては学説上の争いがあります。もっとも、現在の著作権ビジネスの現状や慣行、世界的な動向をふまえて、契約によって不行使とする(放棄はできない)ことができるとする説の方が有力でしょう。

そこで、再び利用規約に戻りますが、この部分に関してはNo.4の方と同意見です。まったく問題がないとは思いませんが、同一性保持権の不行使特約と読んでも良いかと思います。
もっとも、タイトルが「投稿内容の利用権」とあるので、あくまで著作財産権の範囲に限るという反論もできそうです(著作権法では、財産権的権利に関して「利用」、著作物の享受に関して「使用」と、その語を使い分けています)。また、「なんらの支払いも要しない」だけであって、「通知しない」とまでは述べていませんね。
削除通知等に、「関連する他の回答の一部を改変することがある」旨の記載があったかと思いますが、これも、改変の通知としては少々乱暴というか、どこがどのように改変されたか、されていないか、もうちょっと具体的に書かれた方が、個人的には好ましいと思いますが。

いずれにせよ、同一性保持権に関しては不行使特約があると考えて良いのではないかと思います。

ご指摘の通り、著作者人格権は一身専属の権利であり、譲渡、放棄することはできません(通説判例)。また、20条2項4号にいう「やむを得ないと認められる改変」とは、たとえば明白な誤字脱字の訂正や、36条の規定によって試験問題に用いる際に虫食いにするなど、ごく限られた範囲における改変を指すものと解されています。したがって、質問・回答文の一部を削除する行為は、同一性保持権の侵害にあたる可能性が高いといえるでしょう。

なお、ここの質問文・回答文は、著作物と認められるものも多数存在するでし...続きを読む

Q法律関係の【入門的な資格】は何でしょう?

こんにちは。
法律を勉強して、生活や就職に役立てていこうと思っています。
そこで質問です。
パソコンのシステムなら「初級シスアド」…のような、
法律関係における「入門的な資格」は何なのでしょうか?
まずはこれから勉強して、そして次にステップアップするような資格です。
資格ってものすごくたくさんの種類があるので、ちょっと混乱して、
このように質問することにしました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

資格試験は、法令に基づいたものが多いので、何らかの法律を勉強することになります。

私は、こんな系統があるのではないかと思います。

総務経営系資格

行政書士<社会保険労務士<中小企業診断士<司法書士

会計系

簿記2級<簿記1級<税理士<公認会計士

建築系

宅地建物取引主任者<マンション管理士<不動産鑑定士

建築そのものなら建築士があります。

参考になれば

Q同人誌の著作権問題について

先日質問した事とかぶる事ですが
知り合いと同人誌の漫画を描き出品することになりました。
今連載中のワンピースや銀魂とか人気漫画の
キャラクターや自分たちで物語などを考えて
イベントなどで売り出すというものなのですが
友達は、数種類出していくということです。
売れるかとかそういうのは、別として
気になっているのが著作権問題なのですが・・・

友達は、俺が知っている人は、連載中のアニメや
終わったアニメとかをブックストーリーとして
毎回イベントで出品して、ほぼそれだけで食べていける位
稼いでいると言い、別に連載中のアニメを描いて
いくら売り上げようと著作権にはひっかからないし
どちらにせよ、著作権は、ほとんどが親告罪であって
応援しているファンを著者が訴える事はないし
知らなければ大丈夫と言います・・
一応自分なりの著作権について調べましたが・・・
今一分かりません・・・
来月にでも第一回目のイベントがあるのですが
本当に大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、原則論(法律論)でいえば、行為の態様としては、間違いなく著作権の侵害に当たります。著作権の侵害に当たるかどうかは、利益を得ているか(営利目的かどうか)は関係なく、行為の態様だけで決まります。また、出版権が設定されている場合は(作品を出版社が買い上げるのではなくて、漫画家が著作権を持ったまま、印税をもらって出版させる)、その侵害にも当たります。

なお、著作権は著作者の死後50年間存続しますから、連載が終わっても100年近くは(無許諾では)使えない場合もあります。

したがって、その法的効果として、民事上の責任として損害賠償請求を受けるだけでなく(賠償額は、原則として、侵害によって得た利益の額と同じ)だけでなく、刑事上の責任として10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはこれらの併科に処せられる可能性があります(著作権法119条1項)。

確かに、著作権侵害罪は親告罪であり(法123条)、その意味では権利者が知らなかったり、知っていても告訴しなければ、民事上・刑事上の責任を負うことはありません。しかし、だからといって、進んで違法行為をして良いというのは「盗人猛々しい(http://zokugo-dict.com/23nu/nusutotakedakesi.htm)」というものです。

仮に、製本代を賄う程度の値段で販売しているのであれば、ファンの活動ということで黙認、あるいは積極的に了解を得られるケースもあるでしょうが、他人の成果にただ乗りして自分の食い扶持を得るのは、もはやファンの活動とは言えません(あくまで法律的な評価=裁判官がどう思うかの話なので、あなたの(良くない)友人がどう思っているかは、ここではどうでも良い話です。むしろ、いけしゃあしゃあと侵害行為をして、あなたを巻き込もうとしている点で、裁判官の心証は悪くなるといって良いでしょう)。したがって、「バレたら訴えられる可能性も低くはない」「訴えられたら99.99%負ける(有罪)」行為だと思った方が良いでしょう。

したがって、これに加担した場合、共同正犯(2人そろって悪さをした)とされるか、少なくとも幇助犯(他人の悪さを手助けした)とされる可能性があります。

当たり前ですが、まったく独自のキャラクターやストーリーを創作して同人誌にして売るのは、まったく自由です(わいせつ表現などで違法とされない限りは)。

まず、原則論(法律論)でいえば、行為の態様としては、間違いなく著作権の侵害に当たります。著作権の侵害に当たるかどうかは、利益を得ているか(営利目的かどうか)は関係なく、行為の態様だけで決まります。また、出版権が設定されている場合は(作品を出版社が買い上げるのではなくて、漫画家が著作権を持ったまま、印税をもらって出版させる)、その侵害にも当たります。

なお、著作権は著作者の死後50年間存続しますから、連載が終わっても100年近くは(無許諾では)使えない場合もあります。

したが...続きを読む

Q法律系資格について教えてください。

質問させて下さい。法律系職業についてです。

司法書士、行政書士、公務員系、裁判所事務官など法律資格職は様々ありますが、自分が目指すとして今、大学生なのでいきなり司法書士はハードルが高いです。

法学検定の存在を知り、次回4級を受けようと思います。

法律系資格として、そのほかにステップアップとなるくらいの難易度のものはどのようなものがありますか?パンフレット等見てもあまり体系的に書かれてないのでわかりにくいです。

法学検定まずは目指して法学の基礎知識付けようと思いますが、そのほかどのような資格があるでしょうか?

法学検定の存在も最近知りました。

Aベストアンサー

こんにはです。法律系資格について自分の経験した範囲で書き込みさせていただきますネ。

私の場合は、その法学検定の存在自体を知りませんでした(^^;このサイトに来てからそういうのがあるんだなんて、、、(笑)
で、法律系の資格をどうステップアップしていくかなんですが、もし司法書士に挑戦するならば、、宅建⇒行政書士⇒司法書士で行くかな~なんて。私の場合は宅建(勉強期間3ヶ月)⇒行政書士(勉強期間1年)まで行きました。ただ、司法書士が目的だったわけではないのでそこまでは受験しませんでした。でも、ステップアップの方法としては悪くなかったように思いますけどネ。宅建を最初にかませたのは私が法学初心者(大学の専攻などは全く違いましたし、、、汗)で独学だったため、全く知識がなくどうしてもかなり低い段階から始める必要があったため民法が比較的易しく入っていた宅建で肩慣らしをした感じです。
ただし、宅建⇒行政書士はかなり難易度に開きがあったので行書の時は結構ヒヤヒヤでした(^^;おそらく行政書士⇒司法書士もかなり難易度に開きがあるので、私には予想でしか言えませんが、行政書士に受かる力があっても司法書士のために相当量の勉強が必要だと思います。
司法書士の前に行政書士あたりでもかませればすこしは自信になったり、自分の力を確認できるんじゃないでしょうかネ。

こんにはです。法律系資格について自分の経験した範囲で書き込みさせていただきますネ。

私の場合は、その法学検定の存在自体を知りませんでした(^^;このサイトに来てからそういうのがあるんだなんて、、、(笑)
で、法律系の資格をどうステップアップしていくかなんですが、もし司法書士に挑戦するならば、、宅建⇒行政書士⇒司法書士で行くかな~なんて。私の場合は宅建(勉強期間3ヶ月)⇒行政書士(勉強期間1年)まで行きました。ただ、司法書士が目的だったわけではないのでそこまでは受験しませんで...続きを読む

Q同人誌における公共物の著作権について

同人誌やWEBなどにおいて、イラストやマンガの中で公共、もしくは観光等で有名な場所や建築物は描いても問題ないのでしょうか?
例えば、都庁・県庁・駅・橋・や東京タワー・スカイツリー・通天閣・城・国会議事堂・時計台などです。

特定の企業名や商品名は伏せ、資料は自分で撮影した写真か著作権フリーで写真素材を提供しているサイトや本からを使うのを前提とします。
以前、「風景の一部として描くのは問題ない」と聞いたことがあったのですがそれをハッキリ描いていいのか、少しアレンジしたり一部だけ描くなどして「やや架空のもの」として描いた方がいいのか迷っていまして…。

また、その建築物の名前(「あれが○○城です」)を作品の文章の中ではっきり明記するのも大丈夫なのでしょうか。

ご回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

建築物の外観に関しては「建築物としてマネする場合」以外は
著作権が認められていませんので、絵で描くことはまったく問題ありません。

商用利用する場合は企業の商標権の侵害になることがあるので、
企業名やロゴの記載は避けたほうが良いです。


それと外観から見えないような内装部分はダメです。

そのため、入場料を入らないと見えないような
TDLのシンデレラ城などは外観も対象外となります。


人気Q&Aランキング