転職を考えています。

人材紹介会社を利用しての、転職活動の利点とは何なのでしょうか?

在職中の人など、なかなか時間がとれない人。給与交渉など、
なかなか言いずらい事も間に入ってやってくれるそうですね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

人材紹介会社を利用しての、転職活動の利点は


 ・転職サイトでは公開されていない仕事情報を教えてくれる
 ・コーディネーターが色々アドバイスしてくれる
 ・給与交渉してくれる

など、表向きのメリットはたくさんあります。

ただ、裏側では人材紹介会社の売上は、斡旋した人材の年収の30%前後を紹介した会社から受け取っています。

なので、コーディネータによっては無理やり就職させる、、とか、
マッチングを考えないアドバイスをする、、、といったデメリットになる話も聞くことがあります。

私の経験上、これは出会ったコーディネータによって様々ですし、運もあると思います。

結論、人材紹介会社は使うべきだと思ってます。

企業は転職サイトに広告を出して、どばっと送られてくる履歴書をチェックする作業を面倒に思い、高い金額を出してでも人材紹介のみ利用しているケースが多く現実があるからです。

そういった企業と出会うためにも転職サイト・人材紹介をうまく併用するのが一番転職を成功させる方法だと思いました。

あとは、必ず最後の決断は自分自身で。。。
人生の多くの時間を会社に投資することを考えると、本当に自分で決断することが重要に思います。

参考URL:http://www.tensyoku.careerwins.jp/jobchange002.h …
    • good
    • 0

人材紹介会社によって、強い分野、弱い分野があります。


ですので、1つの人材紹介会社よりも
複数登録して、一度、カウンセリングを受けてみるといいです。
一番、的確な求人を紹介してくれるところやアドバイザーとの相性で決めるといいかもしれません。
    • good
    • 0

こんにちわ。



先日、私の彼が人材紹介会社を利用して転職しました。
・求人情報誌に掲載されていない求人募集が見られる(求人情報誌の情報量どころではない数をもっている)
・人材紹介会社によってですが、紹介した人(求職者)の年収の1割以上を「紹介料」として企業からもらえるので、結構必死に紹介してくれる
・年収・希望職種・希望勤務地や会社が上場企業であるなど希望を伝えておくと求職者の来社までにめぼしいところをチョイスしてくれる
・面接のセッティングや入社希望日などを交渉してくれる
・「こう聞かれたらこう答えろ」のような例文を持っているので(よく求人情報誌の特集にもあるけど、そんなところの比ではなく、企業の「質問する傾向」を知っている)、事前にある程度答えを準備できる

デメリットとすれば、面接のセッティングにミスをされ、伝えられた面接場所と実際の面接場所が違ってしまったというのがあったこと、給料については企業の社内規定があるので、「希望する会社(ブランド)=高給取りになれる」わけではないし、交渉はしてくれない。もちろん、「住宅補助や家族手当はあるのか」など質問を作っておけば企業に自分の代わりに質問はしてくれます。
給料交渉以前に、人材紹介会社が持っている求人票で希望年収をチョイスしてしまうので、交渉してはくれませんし、あくまでも「目安」であることには違いありませんね。
活動時期ですが、退職予定の半年前から始めたほうがいいみたいです。大手企業になると、書類提出後選考に1ヶ月~2ヶ月、面接が更に1ヵ月後、第二面接・第三面接が3週間置き、健康診断やTOEIC受験で1ヶ月以上などと時間がすごくかかります。

それと、人材紹介会社に登録するにはその職種に2年程度以上の経験があることが条件だったりします。未経験や異業種は門前払いするところもあるようなので注意ですね。

ではでは。
    • good
    • 0

人材紹介会社に期待し過ぎです。

利点は、
1.求人広告では募集されない求人情報を得られる
 新聞・雑誌の広告は有料だが、人材紹介会社へ頼むだけなら無料(成功報酬式)
2.会社によっては、次のことをしてくれる(しないところも多い)
 (1)履歴書や職務経歴書のアドバイス(こうなおしたらいい)
 (2)今回の募集理由や組織形態などの情報提供
 (3)その他の会社データ提供(会社案内のコピーくれたり)
3.給与交渉は、ほとんどないのでは
 理由:事前に紹介会社へ登録するときに、希望の月給と年収を登録するので、応募企業とは、その範囲で交渉になる
4.在職中でも、大きい企業ほど、土日や夜の面接はないので、人材紹介会社経由だからと言って、変わることはない
5.なお、人材紹介会社が企業から受け取る成功報酬は、入社決定者の年収の2~3割なので、求人広告で募集した場合のほうが、企業は安上がりのときがある
だから、人材紹介会社経由のほうが厳しい選考をする企業がある
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q在職中の転職について

いつもお世話になっております。
転職についてですが、
今の会社よりもっと能力を生かせる仕事に就きたいと思っています。
そこで質問なのですが、

1.在職中の転職先の見つけ方。
2.面接日はどのようにして会社を休むか。
3.今の会社を辞める時の理由は?
4.会社を辞めてから転職するのと、
  在職中に転職先を予め決めておくのとではどちらが有利?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして。
実は私も在職中ではありますが、転職先を探しております。
私の場合、求人情報はネットと情報誌(ビーングやとらばーゆ)を利用しています。まず、履歴書を郵送し、面接は書類選考の後で、というところに重点的に応募しています。面接の際はできれば土日や終業時間以降にしてもらいますが、無理な場合は半休をもらって行ったりしたいます。理由は私用のため。家の都合で・・・と言っています。会社を辞める理由というのは、面接の際?それとも今の会社に対してですか?どちらにせよ、今の気持ち(キャリアアップのため)を率直に伝えて差し支えないと思いますが・・・。
在職中に転職活動をしていて実感したことですが、私は転職先が見つかってから今の会社に辞意を伝え辞めようと考えています。これだと新しい会社への入社日は少なくても1ヵ月半くらい先になってしまいます。しかし、求人先はすぐにでも働ける人を探している場合が多いんですよね。その点で、いまいち不利かなーと思うことがあります。それなら、転職先が見つからなくても、切りのいいところで辞め、転職活動に専念したほうがいいかな?と思い始めているところです。
ご参考になるかわかりませんが。お互い頑張りましょう!

はじめまして。
実は私も在職中ではありますが、転職先を探しております。
私の場合、求人情報はネットと情報誌(ビーングやとらばーゆ)を利用しています。まず、履歴書を郵送し、面接は書類選考の後で、というところに重点的に応募しています。面接の際はできれば土日や終業時間以降にしてもらいますが、無理な場合は半休をもらって行ったりしたいます。理由は私用のため。家の都合で・・・と言っています。会社を辞める理由というのは、面接の際?それとも今の会社に対してですか?どちらにせよ、今の気持ち...続きを読む

Q在職中の就職(転職)活動について

現在、真剣に転職を考えています。在職のまま就職活動をしたいのですが
もし会社に知られてしまったら・・ということがとても気になっています。
ネットでもいくつか求人のサイトを見つけ 応募したいと思っている企業もあるのですが
問い合わせだけでも氏名や連絡先など明記しなければならないようなので結局躊躇しています。
企業側に応募の秘密をお願いしたりすることは出来るのでしょうか。
また秘密は守って頂けるものなのでしょうか。
まだ何も調べていないので無知でお恥ずかしい限りですが、
このような事に詳しい方、在職中に転職活動をされた経験のある方のお話を伺えたらと思っています。
現在のところ一番気になっているのは上記の件ですがその他の事でも構いません。
どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ。

生活源が途切れてしまうのも問題ですから、在職中の転職活動は当り前といえば当り前です。
多くの人は在職中に転職活動をすると思います。転職活動をしている応募者の「秘密厳守」は企業としては当り前なので問合せをされる心配は無いです。(賞罰の罰がある場合はあるかもしれないけど、殆どの人は無いと思うから)
Webで応募するにしてもページの隅に「応募の秘密厳守します」とか書かれていますよ。

人材紹介会社を利用すれば、自分の行きたい仕事の方向・希望年収・規模の会社をチョイスしてくれて、更にその中から自分で選ぶというカンジなので「会社を探す」手間が省けると思います。また、面接日なども掛け合ってくれます。もちろん、相手企業が「平日にしか面接はやらない」と言えば前もって「この日は面接に行って下さい」と言ってくるでしょうしね。
もちろん、応募は秘密にしてくれるし、メールや夜の電話などで連絡を取るので、日中職場に電話がかかってくることも無いです。

ただ、在職中に転職活動をするのは時間がかかる場合があります。人材紹介会社経由で転職活動をして、次の会社に就業するのに半年かかった人がいます。その間、一次面接・二次面接、TOEICを受けさせられたり健康診断をしたりと時間がかかります。
なお、書類選考から一次面接までが2ヶ月かかった企業もあります。
なので、退職予定日の半年~3ヶ月前くらいには余裕を持って活動した方がいいです。これはWebで応募の場合も同じだと思います。

がんばってくださいね。

こんにちわ。

生活源が途切れてしまうのも問題ですから、在職中の転職活動は当り前といえば当り前です。
多くの人は在職中に転職活動をすると思います。転職活動をしている応募者の「秘密厳守」は企業としては当り前なので問合せをされる心配は無いです。(賞罰の罰がある場合はあるかもしれないけど、殆どの人は無いと思うから)
Webで応募するにしてもページの隅に「応募の秘密厳守します」とか書かれていますよ。

人材紹介会社を利用すれば、自分の行きたい仕事の方向・希望年収・規模の会社をチョイス...続きを読む

Q人材紹介会社と人材派遣会社

皆様こんばんは!

ただ今転職をしようと活動中なのですが、
人材紹介会社を利用しての転職と
人材派遣会社での紹介予定派遣を検討中です、

今は、人材紹介会社二社ほど登録させて頂いており
順調に仕事の方はご紹介頂いているのですが、
まだ活動を始めたばかりで、転職に対する手ごたえ当は
全くつかめない状態です。

やはりスムーズに転職先が決まらなかった場合の事を考えて
紹介予定派遣もお願いした方が良いのでしょうか。

また、人材紹介会社のシステムについては紹介会社に
伺った時に説明を受けているので大体分かったのですが、
人材派遣会社も紹介会社とシステム的には一緒なのでしょうか?
それとも全く別な物なのでしょうか?

違いについてお分かりになる方
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

>紹介予定派遣って言うのは、人材紹介会社または人材派遣会社
>どちらでご紹介頂けるのかお分かりになりましたら
>教えてください。
人材派遣事業+有料職業紹介業の許認可を得ている企業が
紹介予定派遣での仕事紹介が可能です。
基本的には派遣会社から紹介を受けることが多いはずです。

>紹介会社を通すと、すぐに企業様と直接雇用関係が結ばれる物と
>勘違いをしておりました(×_×)
いえ、雇用関係はすぐに結ばれますよ。
人材紹介会社に登録→紹介会社から希望・キャリアに合う仕事を
紹介される→書類選考→面接数回→内定という流れです。
直接応募と違ったメリットとしては、給与交渉やスケジュール調整を
してもらえること、内情を教えてもらえること、書類・面接の
アドバイスをいただける事…などがあります。

紹介予定派遣の仕組みはご存知でしょうか?
もしかして上記の“勘違い”はこちらと混ざってしまってるのかな??
紹介予定派遣は最長6ヶ月、派遣社員として勤務した後に双方の
希望が合えば直接雇用される、という仕組みです。
なのでこちらは派遣期間後に先方からNGがくる場合もありますし
ご本人が給与希望が合わないのでNG…とすることもあります。
正社員になるにはちょっと遠回りかもしれませんね。

まだ活動を始めたばかりであればしばらくは紹介会社からの
案件で動いた方が良いかと思いますが、正直hinagiku2112様の
キャリア次第、といったところでしょうか。
コンサルタントの方にその辺りの不安も正直にお伝えした方が
良さそうですね。

hinagiku2112様の転職活動が上手く行きますよう、お祈り申し上げます。

こんにちは。

>紹介予定派遣って言うのは、人材紹介会社または人材派遣会社
>どちらでご紹介頂けるのかお分かりになりましたら
>教えてください。
人材派遣事業+有料職業紹介業の許認可を得ている企業が
紹介予定派遣での仕事紹介が可能です。
基本的には派遣会社から紹介を受けることが多いはずです。

>紹介会社を通すと、すぐに企業様と直接雇用関係が結ばれる物と
>勘違いをしておりました(×_×)
いえ、雇用関係はすぐに結ばれますよ。
人材紹介会社に登録→紹介会社から希望・キャリアに...続きを読む

Q人材銀行(人材バンク)

現在42歳、12月に会社を辞め家内の実家(北海道)へIターンします。

WEBで「再就職支援」と入力すると様々な再就職支援の会社が出てきています。これらをご利用になった際いかがでしたでしょうか。
どんなサービスが受けられますか。
一人で行う就職活動は、限界があると思い利用するつもりです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

人材紹介会社と再就職支援会社、確かに違います。
人材紹介会社は、企業から人探しの依頼が来る→紹介する→紹介した人が決まったら、企業から成功報酬をもらう。
再就職支援会社は、企業から早期退職する人を受け入れる→再就職のためのノウハウを教える。キャリアカウンセリングをする→その後も定着してもらうことで、早期退職を実施する企業から報酬をもらう

紹介会社にいった人で、傷ついて帰ってくる人がけっこういます。「あなたはスペックが足りないんですよね」とか「この年齢でこの仕事では…。本来はもっと若いうちに、キャリアを積んでおかなくては」など、アドバイスをしてくれますが、このアドバイスが本人にとっては「絶望的」に思えることだったりするからです。

紹介会社にいった方が「こう言われたから」と自信喪失している場合、回復していただくのに時間が掛かることがよくあります。ご自身の「市場価値」をわかってもらうにしても、もう少し言い方に気をつけていただきたいなと思うことは、少なくありません。

再就職支援会社も、担当するカウンセラーの力量にピンからキリまであるので、一概には言えませんが、「担当した人に再就職してもらうこと」を仕事としているため、真剣に勉強をしている人は、少なくありません。「紹介会社では売れない人」でも、就職し、その後定着してもらうことが仕事だからです。

紹介会社にしろ、再就職支援会社にしろ、「本当に就職のお手伝いを親身になってします」ということが伝わってくることが、大切な選ぶ基準かなと思います。

人材紹介会社と再就職支援会社、確かに違います。
人材紹介会社は、企業から人探しの依頼が来る→紹介する→紹介した人が決まったら、企業から成功報酬をもらう。
再就職支援会社は、企業から早期退職する人を受け入れる→再就職のためのノウハウを教える。キャリアカウンセリングをする→その後も定着してもらうことで、早期退職を実施する企業から報酬をもらう

紹介会社にいった人で、傷ついて帰ってくる人がけっこういます。「あなたはスペックが足りないんですよね」とか「この年齢でこの仕事では…。本来はも...続きを読む

Q人材派遣業界もしくは人材紹介業界ご存知の方いらっしゃいますか?

皆様、今晩は!
いつも大変お世話になっております。

今、転職を考えています。
人材派遣業界、もしくは人材紹介業界へ転職を考えています。

私が希望している職種は「コーデネイター」です。

いつも人材を募集しているように感じ、入れ替わりが激しいのかな??と思っています。
楽な仕事なんか、決してありません。
承知していますが、どうなのでしょう??

ご存知の方、お知らせ下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。派遣会社でコーディネーターをしています。

もちろん楽な仕事ではありませんが、入れ替わりの原因は、仕事内容の大変さというより、性格的な向き・不向きが影響しやすい職種なのかもしれません。向いてない人はすぐに辞めちゃいますし、合ってるなと思えば長くできる仕事だと思います。

スタッフさんに裏切られて落ち込んだりブチキレそうになったりもしますが、逆に「世の中、こんないい人がいるんだ~」と感動したり、いろんな人がいることを知ることができて、それなりに楽しんでおります。
派遣の場合、紹介と違って就業後もスタッフさんの様子を知ることができるので、同じ人材ビジネスでもわたしは派遣の方が好きです。

ちなみに、コーディネーターと同じく呼称していても、会社によって仕事の範囲が変わりますので、面接の際にはよく確認したほうがいいですよ。大手は細分化される傾向にあり、電話掛けだけだったりしますし、逆に中小だと営業活動も含まれたりします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報