ベース初心者の者ですが、
ピックよりも2フィンガーのほうがやりやすく
感じるので指弾きでやってるのですが、
基本の弾き方は人差し指、中指の交互で
弾くのがふつうなのでしょうか?
それだけじゃないのなら他の方法も
ぜひ教えてください。
おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

他の回答にもあるように、指弾きには色んなバリエーションがあります。

その上で、2フィンガーの基本をお問い合わせのようですので、2フィンガーに限ってお答えします。

まず、2フィンガーは文字通りには指2本ってことなので、人差し指と中指に限ったものではないんでしょうが(^◇^;) スラップがサムピングとプラッキングを別々の指でまかなうからといって、これを2フィンガーと言うことはありません。なので、ここでの「2フィンガー」は人差し指と中指によるピチカートに限定しておきます。

さて、その2本指を交互に使う場合、「オルタネイト・ピッキング」といいます。ピックだとアップとダウンのオルタネイトになりますが、2フィンガーだと2本指交互を指します。

では、これが「基本」と言えるか? たぶん「いえない」と思います。

練習の上では「これが基本」と言われるのは確かです。しかし、実践においては必ずしも基本とは言えません。

まず、超少数派ですが、チャック・レイニーは人差し指「だけで」オルタネイトします。指先をピックのようにしてアップとダウンするわけですね。よって、この人にはアポヤンドとアルアレイの厳密な区別も適用できないかもしれません。

こういう例外に限らず、2フィンガーのオルタネイトを厳密に遵守するのは、実はものすごく難しいのですよ。

たとえば、何らかのコード・フォームで押弦して、高音側から低音側に向かってピッキングする場合を考えてみます。弦1本につき1音を押さえています(コード・フォームですから)。これでオルタネイトにする場合、1本目は、たとえば人差し指、2本目は中指、3本目はまた人差し指、と交互にピッキングします。やってみれば分かりますが、これ、ホントに難しいんですよ。指がもつれて、当方にはできません。

この、難しいピッキングを、タイムキープのためと称して本気で守ってやっていた(少なくともやろうとしていた)プロのベーシストに、諸田コウって人がいます(アル雑誌で読みました。無茶するなぁと思ったものです)。が、こう言う人はホントに少数派だと思います。

では、普通はどうするかというと、人差し指だけ、あるいは中指だけで、高音側から低音側に向かって連続してピッキングするわけです。これを「レイキング」と言います。当方の場合は、人差し指を主体に使います。

また、8ビートをルートだけでひたすらプレイする場合。オルタネイトでは、次第に揺れが出てくる場合があります。もちろん、だから練習! とも言えるのですが、人差し指と中指とでは音の堅さが違う場合もあります。そんなわけで、当方の場合は、こちらも人差し指だけでプレイします。

では、いつ中指を使うのか? というと、それなりに速いパッセージを弾ききるときに、人差し指だけでは追いつかない場合。こう言うときは、意識しなくても自ずと中指で人差し指をサポートします。こう言うときに、オルタネイトを使いますが、むしろこう言うときだけかなぁ? ほとんど、人差し指一本で対応している、というのが、あくまで当方の場合の実情です。

また、たとえばメジャー・スケールをプレイする場合。いちいちオルタネイトでプレイすると、特にテンポが速くなると、各音がブツブツと切れてしまいます。ドから上のドまで、8音全部ブツブツと途切れます。通常、1オクターブは3本弦にまたがりますが、弦毎にピッキングしてハンマリングで処理した方が、よりテヌート気味に、スムーズにプレイできます。こうしたやり方によって、ピッキングの頻度自体を下げると、ますますオルタネイトを使う場面が減ります。まぁ、飽くまで当方の場合ですけどね。

ただし、中指は忘れた頃に、人差し指のサポートで使いますし、そんなときに音色が人差し指と異なっているようでは困るので、ウォームアップ的な「練習」では、意識してオルタネイトを使うようにしています。それこそ、上で述べたスケールで、オルタネイトでもできるだけ音がブツブツ切れないように意識して、オルタネイトでピッキングしてみるわけです。

こうしたわけで、「基本の弾き方」と言われてしまうと、オルタネイトが果たして基本的と言えるかどうかは、かなり微妙に思えてきます。飽くまで当方に限ったことかもしれませんが、2フィンガーとは言っても、オルタネイトで使う場面はむしろ希で、たいていは人差し指だけで、たまに中指でサポートする程度、というやり方をしています。

他のフィンガー・ピッキングのバリエーションは、

・アコギから流用された3フィンガー(親指・人差し指・中指)
・ベースならではの3フィンガー(人差し指・中指・薬指、ビリー・シーンやパーシー・ジョーンズが使っています)
・クラシック・ギターから流用された5本指全部を使うピッキング
・他の方も述べている、親指の奏法(これ、特に手刀部分でブリッジをミュートさせて使うと効果的です)

と、色んな方法があります。

そんなわけで、何が基本的か? と聞かれてしまえば、

「そんなの気にせず好きにプレイすればいいじゃん」

と言いたくなるのが正直なところでして(^◇^;)

確かに2フィンガーが主流ですが、その2フィンガーにしても、必ずしもオルタネイトが基本とは言いづらい状況ですので、やりやすいようにプレイするのが一番ではないかと、ハイ(^◇^;)

ちなみに、当方は3フィンガーを覚えようとして挫折した口です(爆)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「気にせず」ですか・・・
たしかにそんな気もしますが変な癖がついてしまったら困るので、教則本を読んでいろいろな指使いを
マスターしたいと思います。
どうも長々とありがとうございました!!

お礼日時:2006/01/10 15:50

基本は人差し指と中指の交互でしょうね.


#1 さんの挙げた以外の奏法だと,親指一本で弾く (いかりや長介など) とか,人差し指一本で弾く (ジェームズジェマーソンなど),親指から薬指まで使う (アンソニージャクソンなど) があります.ちなみに3本指でコンバスを弾くジャズベース奏者の例はスタンリークラーク.

私は基本は人差し指と中指のツーフィンガーで,親指一本をときどき併用します.
フレーズによりますが,小指以外全部使って弾くこともあります (クラシックギターをやっていたのでとくに抵抗はない).
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・
とにかく交互あやつれるよう練習しときます!!
ありがとうございました!

お礼日時:2006/01/10 15:48

スラップ


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%A9% …

三本指のピチカート
人、薬、中の順番で弾く人が最も多いとされています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3% …

上記リンクにはハードロックの奏者が例に挙げられていますが、コントラバスを三本指で弾くジャズベーシスト奏者も存在します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

3本など自分では考えられないですね・・・笑
わざわざありがとうございます!!

お礼日時:2006/01/10 15:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベースの指弾きにアドバイス下さい。

基本的に指弾きで演奏するはゆったりとした曲が多かったのですが、地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズという本を見てから、指弾きの早さが欲しいと思いました。

実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。


そこで質問なんですが。
1.どうすれば指が早くなりますか?
ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じとか、指は伸ばしたままでとかも教えてもらえると嬉しいです。


2.指弾きで曲を弾いた場合、早い曲になると最初の方はいいのですが、途中から筋トレした時の感覚と一緒で乳酸が溜まるのか、重くだるい感覚になり指弾きの早さも下がってきます。
こういうのは弾き続けて解消するしかないのでしょうか?


3.また体験程度でレッスンに通った事があるのですが、そこの先生は「おもいっきり弦を指で弾け!じゃないとベース本来の音が出無い!」と言ってました。
がそんな力ずくじゃ指弾きの音もリズムも安定しないです。本当に思いきりの方がいいと思いますか?


3はちょっと気になったので一緒に質問してみたのですが、普段から指だけで弾いてる方や、こういう意識を練習中にしたら早くなったという人が居たら是非教えてください。

基本的に指弾きで演奏するはゆったりとした曲が多かったのですが、地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズという本を見てから、指弾きの早さが欲しいと思いました。

実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。


そこで質問なんですが。
1.どうすれば指が早くなりますか?
ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じと...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。 ベース暦:40年、53歳の男性です。
(私の経歴は、プロフィールを参照してください)

私も9割は指弾き(2フィンガー)です。
私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<質問1> どうすれば、指が早くなるか?

右手の人差指と中指で弾く2フィンガーのことでよろしいかと思います。
右手の意識としては、
(1)腕(前腕部=手首から肘まで)には殆ど力を入れない。
(2)指は第二関節から先を動かすイメージ

(2)は、実際は指の根本から動いてしまいますが、頭の中のイメージ、あるいは
右手の感覚としては第二間接から先を動かすように意識すると早く動かすことができます。

また、右手自体は軽く小指側に手首を折って弾きます。
これは、中指と人差指の長さの差を手首を折ることで吸収してやるのです。
右手の中指と人差指が弦に対して直角になるように構えると中指は曲げながら
弾き、人差指は伸ばして弾くことになります。
これですと、いわゆる「ツブ」が揃わないし、中指と人差指の力の入れ方が
異なるため、同じような力・感覚(タッチ)で弾けないためです。


<質問2> 早い曲は途中から重くだるい感覚になる

これは、おそらく右手・右腕(前腕部)に力を入れて弾いているため、
疲れてくるためです。

ベースの右手の極意は「力を入れずに力強く弾く」ことです。
矛盾していることを言っているようですが、兎にも角にも「力を入れない(抜く)」
ことができるかどうかが肝心です。

右手(腕)に力を入れずに力強く弾くためには、まず、右腕(前腕部)を
鍛えなければなりません。
私はこの年になっても、寝る前に両手でグーパーを100回やって寝ます。
前腕部が疲れてだるくなる感覚ですが、これを毎晩やります。
すると少しずつ、前腕部の力がついてくるので、自分では力を入れて弾いて
いるつもりがなくても、実際は力強く弦を弾いているのです。
私も自宅で土・日は3~4時間くらい練習しますが、右手はまったく疲れません。

弦は一定以上の振動がないと良い音がしません。
良い音が必要な力が「5」だとすると、「3」の力でしか弾けない人は、
いつも多くの力を入れながら弾かなければなりません。
逆に、「7」とか「8」の力がある人は、力を抜いて「5」で弾くことが
できるので、疲れ知らずで良い音で弾けるのです。

それから、ベースを構える位置も関係しているかもしれません。
右手の位置が高すぎるか、低すぎると余計な力が必要になるため、早い曲だと
ついて行けなくなるのかもしれません。

右手の構え方・力の入れ方、弾き方、そして、ベースの構え方で一番綺麗で
すばらしいのは、やはり、故・ジャコ パストリアスですね。
YOUTUBEでたくさん見ることができますので、参考にしてください。

<質問3> 思いっきり弦を弾け!

これは、体験教室での話しですので、まったくのベース初心者への指導だと
思った方がよろしいと思います。

私も多くの方にベースを教えてきましたが、まったく初めてベースを
弾く方は、右手(指)で上へ弱々しく引っ掻くように弦をはじきます。
ものすごく弱く、音にもならない程度のものです。

私が先生だったとしたら、やはり「もっと力を入れて、思いっきり弾いて」と
言うでしょう。

質問2でも申し上げた通り、右手(腕)は鍛えて一定の力を出せるように
する必要があると思います。
鍛えると言っても、筋肉隆々の必要はなく、ベースギターで良い音が
出せるレベルの鍛え方で十分です。


何事もそうですが、上級者ほど、経験者ほど、余計な力を入れずに
すごいことをやりますよね。
何回も何回も何回も練習すると、どこで力を入れて、どこで力を抜くかが
少しずつ分かってきます。

大丈夫です。 これからも頑張ってください。

お役に立ったでしょうか? 長文失礼しました。
楽しいBass Lifeを!

こんばんは。 ベース暦:40年、53歳の男性です。
(私の経歴は、プロフィールを参照してください)

私も9割は指弾き(2フィンガー)です。
私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<質問1> どうすれば、指が早くなるか?

右手の人差指と中指で弾く2フィンガーのことでよろしいかと思います。
右手の意識としては、
(1)腕(前腕部=手首から肘まで)には殆ど力を入れない。
(2)指は第二関節から先を動かすイメージ

(2)は、実際は指の根本から動いてしまいますが、頭の中のイメージ、...続きを読む

Qベースが上手くなる方法教えてください

こんにちは
高校2年生の女子です。

私は高校から憧れてた軽音部に入り
バンドを組み何となくベースを始めました。
今はベースの魅力がわかって?とても大好きです!

janne da arc のka-yuとかを見て
すごくベースを極めたいんですけど、どうやったらうまい人になれますか?
実際他のバンドの一番上手い辺りの男子たちから
「○○(私)めっちゃうまいねー」「なかなかだねこいつ」
とか言われるてんですけど
それはただ曲をコピーして
ミスがないとかリズムがずれてないで弾けてる
ってだけで言われてるだけなんです

やっぱり基礎が本当に出来てなくて
というよりも基礎力をつけたいけどどうしたら良いかわからないんです。
基礎が出来た上に応用力を付けて、それから「本当にうまい人」と言われるように
なりたいんです。

リズム感や音程、知識などは
小学校からピアノ・金管・吹奏楽で身に付けたので自信はあります
だけどベースのことがよくわからなくて・・・
教本はやっています。
だけど本当にこれでいいのかなって感じです。
詳しくしっかり教えてくれる人はいないし
ベース教室行きたいですけど忙しいしお金ないし・・・
もうベース初めて一年経ちます。
後輩入ってくるので焦ります(; ;)

元々好きなことには負けず嫌いで
同じ学年の女子のベースには絶対負けたくないです
できればその一番上の辺りの男子たちも抜かしたいとか思っています(笑);
その人たちはもうスラップとか出来ちゃってますが
基礎力ちゃんと付けてない気がします。
あとベースがめちゃくちゃ上手い先輩にも少し見て欲しいので・・・


理想高いです、ごめんなさい

どういう練習をしたら少しでもプロレベルに近づけますか??
こういう練習したら上手くなったとか
またベースをやっている人、練習方法を教えていただきたいです。

こんにちは
高校2年生の女子です。

私は高校から憧れてた軽音部に入り
バンドを組み何となくベースを始めました。
今はベースの魅力がわかって?とても大好きです!

janne da arc のka-yuとかを見て
すごくベースを極めたいんですけど、どうやったらうまい人になれますか?
実際他のバンドの一番上手い辺りの男子たちから
「○○(私)めっちゃうまいねー」「なかなかだねこいつ」
とか言われるてんですけど
それはただ曲をコピーして
ミスがないとかリズムがずれてないで弾けてる
ってだけで言われてるだけなんで...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。 ベース暦:約40年、52歳の男性です。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

文面から拝察するに、高校生になって1年間ベースを弾き、その魅力が解りかけて
きた時…。 これから更に精進するには? と言う感じでしょうか?
私もそういう頃がありましたので、私の経験を踏まえて回答してみたいと思います。

<ベースの絶対必要条件>
まず、バンドにおけるベースギターの絶対必要条件は「正確であること」です。
この「正確」と言う言葉には、2つ意味があります。
時間(リズム感・タイム感)が正確であること。そして、音程が正確である(音を
外さない)ことです。
その意味では、きちんとコピーもできて間違わずに弾く技量があるようですので、
基本的にOKです。自信を持ってください。


<上手いベースとは…?>
次に、「上手いベース」と言う解釈です。
いろいろな意見があると思いますが、大きく二つに分かれると思われます。
一つは「テクニックが凄い」と言う意味、そして、「ベースとしての役割を完璧に
遂行できる(果せる)」と言う意味です。

楽器をはじめて一定のレベルになると、どうしても「テクニック」に走ります。
ベースギターの場合だと、スラップ、タッピング(ライトハンド奏法)、スリー
フィンガー、ピック弾きのネックアップ奏法、などなどたくさんありますね。
それはそれで良いことだし、頑張る価値もありますが、あまりテクニックの有る無し、
高い低いに捕らわれると、ベースとしての基本的な役割をおろそかにしてしましますので、
注意が必要です。

<ベースの役割>
一方、後者の「ベースとしての役割を完璧に遂行できる」ですが、これは、ギターや
ドラム担当から「おまえのベースだと、いっしょに演奏していて気持ちイイ!」とか、
「やっぱりおまえのベースが一番!」とか、「曲が安定する」とかの評価をもらうこと
であり、これらの評価は「ベースの役割を果たしている」と言うことを意味します。

では、「ベースの役割とは何か?」…、考えたことはありますか?
これも色々な意見があると思いますが、共通して言えるのは、ベースと言う言葉の通り、
「楽曲全体を基礎から支える」ことがベースの役割でしょう。

では、その具体的な内容・意味は?

(1)リズム感・タイム感
  リズム感やタイム感は、一見ドラムが出しているように思いますが、実はベースなのです。
  ベースが走ればドラムも走る。ベースがもたつけばドラムももたつく。
  ドラム担当に「バンドでドラムを叩く時、何の楽器を聴いているか?」を訊いてみて
  ください。
  ドラムがなくてもバンドは成り立ちますが、ドラムがいてもベースがいないバンドは
  スカスカで全くどっちらけのサウンドになり、バンドとして成り立ちません。

(2)グルーブ感
  グルーブとは色々な解釈がありますが、いわゆる「ノリ」とか「うねり感」とかですネ。
  これは、1年程度バンドをやっていれば、だいたいお分かりかと思います。
  細かいことを言うと「前ノリ」や「後ノリ」等を自由に操れるのもベースの特許です。

(3)バンド全体のコードの響き(ボイシング)
  ベースが何の音を弾くかによって、コード(進行上)の聞こえ方が変わります。
  例えば、「C Am7 C Am7」という進行があったとき、C(ド)をずっと弾いていると
  バンド全体としては、ずっとCのコードが続いているように聞こえます。

  あるいは、C(ド) Am7(ラ) C(ド) Am7(ラ)と弾くと バンド全体がC Am C Amと
  弾いているように聞こえるし、ドとラの間にシを入れれば、ド-シ-ラ-シ-ド-シ-ラ
  と言うようにコード全体が流れているように聞こえます。
  つまり、ベースはバンド全体のボイシング(webで調べてネ!)も司ることができるのです。
  
  曲の時間の流れ・刻みを「横軸」、その瞬間瞬間の音の重なり(コード・和音)を縦軸と
 した時、このようにベースは横軸と縦軸の両方に大きな影響を持っているのです。
  ドラムは、横軸(時間の刻み)のみ、ギターやキーボードは縦軸(音の重なり:コード・
 和音)を担当することが主たる役割ですが、ベースは両方に大きな役割があるのです。

  ですから「上手いベース」と言うのは、横軸と縦軸の両方に長けており、前述の通り、
 「正確であること」が求められるのです。


<練習方法>
 では、横軸と縦軸の両方を習得するためにどうするか? 練習方法等をいくつか紹介します。
(偉そうなことを言ってますが、私もまだまだ修行中です。 m(_ _)m )

(1)横軸(時間軸)の練習
 ・リズム感、タイム感、グルーブ感の練習です。
 ・ちょうど、他の方の質問に私が「前ノリ」「ジャスト」「後ノリ」、あるいは「テヌート」
  「スタッカート」について回答をしていますので、参考にしてください。
   http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7409542.html
 ・必ずメトロノーム(リズムボックスでも可)でやることが重要です。

(2)縦軸の練習(コード・和音遍)
 ・実際の練習の前に音楽理論の勉強が必要ですが、小学校の時から勉強されたようですね。
  コード全般の知識はどうでしょうか?
 ・コードには、C,Cm,C7,CM7,Caug,Csus4,Cdimなどなど、たくさんありますが、どういう音の
  構成になっているのか?は理解されていますか?(理解されているならばOKです)
 ・コードや和音が理解できていると、楽曲の中に出てくるコードによってベースは何の音を
  弾いたら効果的なのかを考えることができます。

(3)縦軸の練習(技術遍)
 ・ベースギターの全てのポジション(何弦の何フレット)の音=音階を覚えます。
 ・次に、スケールを覚えます。(例:ペンタトニックなど)
  ベースのスケールはギターほど多くはありません。webで「ベース スケール」などで調べて
  ください。
 ・(2)と(3)が解ってくると、何のコードの時はどこのポジションでどう弾けば良いかが
  解ってきます。

 基本的には、これらの練習を地道にやれば、1年くらいで相当の力がつくはずです。
 最後に貴方へ、ベースを練習するにあたっての「3K・1R」を贈ります。

1.基本(基礎)練習をきちんとやる。
 運指やスケールなどの基本・基礎練習をやる。基本(基礎)は力なり。

2.毎日少しずつやる。
 一日10時間よりも、1日1時間を10日間やった方が身につきます。継続は力なり。

3.色々な曲をコピーしてみる。
 色々な曲を耳コピーして弾いてみる。経験は力なり。

4.音楽理論を勉強する
 スケールやコード、和声などの音楽理論を勉強する。必ず後で役に立ちます。
 理論は「理屈とルール」です。 バレーもサッカーも野球も理屈やルールを知らずに
 やったら、ただのボール遊びと同じです。 理論(理屈)は必須なり。

 以上です。 お役に立ったでしょうか?
 貴方が素晴らしいベースプレイヤーになることを祈っています。
 楽しいBass Lifeを!  超長文失礼しました。 m(_ _)m

はじめまして。 ベース暦:約40年、52歳の男性です。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

文面から拝察するに、高校生になって1年間ベースを弾き、その魅力が解りかけて
きた時…。 これから更に精進するには? と言う感じでしょうか?
私もそういう頃がありましたので、私の経験を踏まえて回答してみたいと思います。

<ベースの絶対必要条件>
まず、バンドにおけるベースギターの絶対必要条件は「正確であること」です。
この「正確」と言う言葉には、2つ意味があります。
時間(リズム感...続きを読む

Qベース 指弾きの際の親指の位置について

ベースの教則本を読んだところ、指弾きで4弦と3弦を弾くときはピックアップ、1弦と2弦を弾くときは4弦の上に親指を置くと書いてありました。

しかし、私の場合親指はピックアップの上から動かさないほうが弾きやすいのです。
元々、独学で始めて1,2弦を弾くときも親指をピックアップの上から動かさずに弾いてきたので癖になってしまって直そうとしても中々直りません。

これは、早く直したほうがいいのでしょうか?
また、親指を4弦の上に置くことのメリットは何でしょうか?

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

弾かない時の4弦のミュートがきちんとできていて、1、2弦を弾く時でも3、4弦を弾く時でも、音の粒がそこそこきちんと揃えられているなら、そんなに気にしなくても良いです。

私もその手の書き方の教則本で育った口ですが(って、その後色々あって、今はほとんどピックベース専門になってはいますが(^^ゞ)、私の考え方では「まだ、その手の教則本のどおりに練習するしかないレベル」の人にとっては理にかなっている面があるけど、もっと上のレベルの弾き方ができている人なら気にしなくて良い…というタイプの技術だと思います。

初心者で、まだ弾き方がたどたどしいレベルでしたら、4弦のミュートなど思いもよらない段階なので、「1,2弦を弾く時には、4弦は(厳密には3弦もですが)しっかりミュートする事に身体を慣れさせる」という点では、まんざら馬鹿にした方法でも無い…という面はあります。
また、初心者では親指をピックアップに置いたままで人差指や中指を1,2弦方向に伸ばし、かつ十分に力を入れて弦を弾ききるのは、指が開きすぎて(もちろん、最終的にはその程度は指が動くようにならないと話にならないが)、ある意味、変な力の入れ方の癖が付きがちです。そこで、1,2弦を弾く時には積極的に手全体の位置をずらさせて、親指と弦を弾く指との距離感を一定に保つようにさせた方が、基本的な弾弦時の力の入れ方をマスターさせやすいという面も、まんざらでもないです。

特に、ご存じの通り普通のベースは、1~4の各弦を非常に単純に弾くと、1、2弦と3、4弦ではかなり音色が違います。初心者は、その違いがベースの特性か自分の弾き方のせいか…なんてこともわかりませんから、まずは無理なく正しい弾弦の形を、手に覚え込ませる練習をしっかりやるべし…という考え方なら、あながち間違いとは言えない気がしますね。

ということで、繰り返しになりますが、1、2弦を弾く時に4弦に親指を移すのは、
・支点の親指と人差指、中指の距離感を保てるので、親指ピックアップで3、4弦を弾くのと右手のフォームが同じにできる。
・1、2弦を弾く時に4弦を確実にミュートできる。
の2点が主なメリットです。
だから、全弦親指ピックアップでも、1、2弦は思い通りに弾けるし、3、4弦のミュートもきちんとできる…という人なら、何もこだわる必要はないですね。

弾かない時の4弦のミュートがきちんとできていて、1、2弦を弾く時でも3、4弦を弾く時でも、音の粒がそこそこきちんと揃えられているなら、そんなに気にしなくても良いです。

私もその手の書き方の教則本で育った口ですが(って、その後色々あって、今はほとんどピックベース専門になってはいますが(^^ゞ)、私の考え方では「まだ、その手の教則本のどおりに練習するしかないレベル」の人にとっては理にかなっている面があるけど、もっと上のレベルの弾き方ができている人なら気にしなくて良い…というタイ...続きを読む

Qベース、指弾きについて。

ベース初心者なんですが、
今、弦をはじく指の順が
中指→人差し指→中指→人差し指・・・・
で慣れてしまい
一応、どちらの指からでも弾けるようには練習してはいるんですが
曲を演奏するときなどはついつい中指から弾いてしまいます。

できるだけ人差し指から弾くようにしなければ
後々なにか弾きにくい影響が出たりするのでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

特に問題は無いですよ!
どちらから弾き始めた方がいいと言う事もありませんし。

ただ、各指の独立性を身につけるためにどちらからでも弾けるようにする練習は続けた方が良いでしょう。
その上で質問者様のやりやすい方を選べば良いと思います。

Qベースの指弾きで早弾き

結構長い間(8年間くらい)、ベースを弾いている者ですが、二本指でのスピードが伸び悩んでます。16分音符でBPM=112が限度です。三本指だともう少し速く(といってもBPM=120)弾けますが、敢えて二本で弾きたいのです。陸上競技じゃないんだから、いくら速く弾いてもうまいとは言われないでしょうし、素直にピックにすればいいんですが…ある種の意地です。
皆さんは二本指でどのくらいの速さまで弾けるのでしょうか?
また、速く弾くコツはあるのでしょうか?

※QNo.50810にも同じような質問がありましたが、まだ納得できていません。

Aベストアンサー

右手の独立はとても重要です。
左手の独立の練習、例えば4本の指の組み合わせ(1234,1243,1324,1342,、、、、、、、)と基本的に24パターンあります。
このパターンを使って練習することによって左手全体にバランスの良い筋肉がつきます。
同様に右手にも言える事です。
最初は慣れないかもしれませんが同じ事を右手のピッキングで練習してください。
その時に無理に早く弾く必要はありません。練習ですから、完璧をめざしてください。
意識を集中し指の独立を感じてください。
指の動き弦との接する角度、深さ。指のスピード。ピッキングするときの指のしなり具合。
そしてでてくる音のクオリティー、ダイナミクス、アーティキュレーション。
最初はメトロノーム40から8分もしくは16分で。
完璧だと思ったら41にしてください。
後は自分への挑戦です。
右手にバランスの良い筋肉がつき、独立できたら。二本指で同様の事を意識しながらテンポ40から、頑張ってください。

あと、もっと早く弾きたかったら親指も使ってください。
各指の音を均一にするのには時間がかかりますが。。。
マットギャリソンは親指を含めた4本でトレモロをします。
彼のCDをチェックしてみてください。彼のホームページで購入できます。

早く弾こうという意地は大切にしてください。とても重要だと思いますよ。
そこからゆっくり弾く事がどれだけ難しいか、美しい音をだすのがどれだけ難しいか分かってくるかもしれません。

おたがい頑張りましょうね。

右手の独立はとても重要です。
左手の独立の練習、例えば4本の指の組み合わせ(1234,1243,1324,1342,、、、、、、、)と基本的に24パターンあります。
このパターンを使って練習することによって左手全体にバランスの良い筋肉がつきます。
同様に右手にも言える事です。
最初は慣れないかもしれませんが同じ事を右手のピッキングで練習してください。
その時に無理に早く弾く必要はありません。練習ですから、完璧をめざしてください。
意識を集中し指の独立を感じてください。
指...続きを読む

Qベースを指弾きする際に困ったことが…

いつもお世話になってます。

普段はピックでベースを弾いているのですが、コピーの曲を演奏する際に原曲が指弾きで演奏されている為、見よう見まねで指弾きで演奏しています。
最初の頃はコツもわからず、音が全然出ない事などもあったのですが、ようやく他のパートと合わせて弾いても聞き苦しくないくらいのレベルまで到達しました。
ところが、先日一人でスタジオに入って練習した際に、アンプに繋いで弾いていたら「カツ、カツ」という指板に弦がぶつかる音が大きすぎて不快になり、気分が萎えてしまいました。

これは単に僕の弾き方に問題があるのでしょうか?
それとも、ベース本体に何か問題があるのでしょうか?
僕の周りにはベース弾きがいないので、一人で悩んでいても全くわかりません。

どなたか、アドバイスを頂けたら嬉しく思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。私もベース弾きです。10年位演奏しています。
指板に当たる音が気になるという事ですが、まずハード的な問題と演奏方法の問題が考えられます。
ハード的な問題だと、先に上げられた、弦高の低さが考えられます。その楽器をピックで弾いた時は気にならないのであれば問題ないです。あお、ピックアップに弦が当たってしまうと、同じような(もっと酷い)現象になります。
これは弦高・ピックアップの高さを改善すれば良くなると思います。
演奏方法の問題ですが、恐らくこちらの方が怪しいです。
右手のフィンガリングですが、ピックで演奏している時のように、弦がボディーに対して平行に振動するように弾いていますでしょうか?恐らく、指が弦に引っかかるように演奏し、弦の振動がボディに対し斜めになっているのだと思います。特にスタジオで他のパートの音とセッションする時には気が付かないあいだに、ピッキングにチカラが入り、指に弦が引っかかってしまうような演奏になってしまいがちです。
なるべくチカラを抜いて、徐々になれてゆけば改善されてゆくと思います。

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

QSquier(スクワイア)のベースの事で相談があります。

初めてベースを買おうと思っているのですが、
今の予算が5万円で、Squierのベースを買おうと思っています。
ですが、Squierの評判が、「Fenderの子会社」とか、「Fender Japanよりも下だ」とか「どうせ兼価モノじゃん」等の理由で敬遠されているようで、どうしても購入に踏み出せません。
挙句の果てには、「ライブとかじゃ恥ずかしいよ」との意見も聞きました。
そんなにSquierはやめた方がいいのでしょうか?
もうちょっと貯めて、Japanや、USAを買った方がいいのでしょうか?
賛否両方の意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

No1様の意見に激しく同意です。

もうちょい貯めて、他のものをというのは別に反対しませんが
お金を貯めている間にモチベーションが下がることの方が
心配な気もします(^^;

Squierに関しては、Fenderの子会社だからこそ、
良いコストパフォーマンスを実現していると思います。
安い割りに良質だと聞いてます。
弾いたことはないのですが・・・

「ライブじゃ恥ずかしいよ」という意見は無視で。
弾ける人はどんな楽器弾いてても、カッコよく見えますよ。
楽器のブランドだけでプレイヤーを判断するような人は自分でサウンドを聞く耳を持ってないんじゃないかと思います。
ちょっと感情的ですね。申し訳ないです。

以前、Fender Japan使ってて、USA使ってる人に
「なんだジャパンか」みたいな事言われて、スゲー腹たった事があります。
そんなわけで、kazuさんの言われたことを見て、なんだか腹立たしくなりました。
メーカーだけで楽器を判断するようなバンドマンにはなって欲しくないっす。
そんなヤツはプレイで見返してやってください!

No1様の意見に激しく同意です。

もうちょい貯めて、他のものをというのは別に反対しませんが
お金を貯めている間にモチベーションが下がることの方が
心配な気もします(^^;

Squierに関しては、Fenderの子会社だからこそ、
良いコストパフォーマンスを実現していると思います。
安い割りに良質だと聞いてます。
弾いたことはないのですが・・・

「ライブじゃ恥ずかしいよ」という意見は無視で。
弾ける人はどんな楽器弾いてても、カッコよく見えますよ。
楽器のブランドだけでプレイヤーを判...続きを読む

Q【ベース】1弦を弾くとき親指は3弦、2弦を弾くとき親指は4弦

ベース初心者の高校生です。(指弾きです。)

よく教則本に、
「4・3弦を弾くときは親指をピックアップ上に、
2弦を弾くとき親指は4弦上あたりに、
1弦を弾くとき親指は3弦上あたりに移動する」
とあるんですが、
なかなかうまく親指をスムーズに移動できません。

何かコツがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

実際のところはNo.1の方のおっしゃるとおりなんですが、初心者が少しずつ技量を高めていく上での「中間的な練習方法」としては、教則本の方法でも弾ける様に『指の動きを鍛えておく』のは悪い事ではありません。
多分、教則本の練習深度の上では、まだ速いフレーズを弾く段階での話ではないと思います。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが…
親指を「力の支点」として、弾指を親指に力を込めて引きつける様な弾き方をしていると、親指自体に力が入りすぎてしまうので、弾弦が変わる時に親指がスムースに移動できません。
今の練習の目的は
・親指と弾指の「位置と距離」の関係を、どの弦を弾く場合でも一定に保てるよう、その感覚を『右手に覚え込ませる』
→そのことで、どの弦でも弾指を一定の力でしっかり弾ける感覚を養う
・親指は右手指全体の「位置決め」として添えるだけで、弦は弾指の力だけで鳴らす感覚を掴む
→親指にはほとんど力は込めずにピックアップまたは弦に添えるだけ
という練習だと考えればよいです。

もちろん、初心者にはこれはこれで難しいので、できるよう引き続きの練習が必要でしょうが、最終的には「どんな状態でも一定の力で弦を弾ける」ようになるための基礎練習…と考えるのが大事かと。
親指は位置決めのために(教則本指定位置に)力を入れずに添えるだけで、弾く力は弾指だけに入れる…という感覚がわかったら、親指の移動は苦もなく自然にできるようになります。

それができるようになったら、その次の段階として、親指をいちいちあまり大きく動かさずとも、どの弦でも弾指さえ届けば自由に弾ける様になり、No.1の方の「実践での指使い」に近づけられる…という段取りです。

がんばって下さい。

実際のところはNo.1の方のおっしゃるとおりなんですが、初心者が少しずつ技量を高めていく上での「中間的な練習方法」としては、教則本の方法でも弾ける様に『指の動きを鍛えておく』のは悪い事ではありません。
多分、教則本の練習深度の上では、まだ速いフレーズを弾く段階での話ではないと思います。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが…
親指を「力の支点」として、弾指を親指に力を込めて引きつける様な弾き方をしていると、親指自体に力が入りすぎてしまうので、弾弦が変わる時に親指がスムースに移...続きを読む

Qベース初心者です。ツーフィンガー奏法ついて

ベース初心者です。(歴2日)(ギター1ヶ月)

ツーフィンガー奏法ついての質問ですが
最初は弾く指に力を入れるとリズムが全然
合わないので、
弾く時に右手の指に力を全然入れずに
アンプの力だけに頼って弾いていました。
なので初めは指弾きの時
弦を弾く指にはちからを入れないものだと思っていました。
しかし練習しているうちに少しずつ
力を入れても(強く弾いても)リズムが合うようになってきました。

これって成長しているということでしょうか?
また本来、指には力を入れるものなのでしょうか?

それと左手についてですが
どうしても弦を抑えるとき、人差し指を使う割合が高いです。
全部の指を平等に使った方がいいですか?

長文失礼しました。

Aベストアンサー

リズムが合ってきたのは、もちろん練習の成果だと思います。

ただし、正しい弾き方(目標とする弾き方)で練習されているかどうかが
非常に重要です。
指弾きの場合、多彩なトーンが得られる分、色々な弾き方がありますので、
ご自分の目指す弾き方、フォームで練習しないと、遠回りをすることになります。

・通常に弾く方法と、弾いた後、隣の弦で止める弾き方(たとえば、2弦を
 弾いた指をそのまま3弦に当てる)があります。

・指の先端近くで弾く方法と、結構深い位置(先端と第1関節の中間ぐらい)
 で弾く方法があります。

・ブリッジ近くで弾くのとネック近くで弾くのでトーンが全然違います。

最も重いトーンを出すには、指の結構深い位置で弾き、弾いた後に隣の弦に当てる方法です。
ところが、タイミングが非常に狂いやすく、また2本の指のバランスも取りにくい
方法でもあります。指弾きベーシストの基本的な奏法ですが、短期間では習得できません。

また、ストラップの長さと弦を弾くポジション(ネック寄り、ブリッジ寄り、中間?)
によって、手首の曲がり方が変わりますので、後から変更するのは結構大変です。

さらに、質問者さんの疑問に思われている弾く強さの要素も加わりますので、
1つ1つ明確に意識して練習する必要があります。

ですので、早い目に指導を受けるのが理想ですが、無理な場合は、教則本のDVDや動画など
を活用して、研究されることをお勧めします。

ちなにみ、弾く強さは、最弱から最強まで安定したタイミングで弾けることが必要ですが、
最初は少し弱めでいいと思います。音の粒とタイミングを揃えることを意識しましょう。

左手は、全部の指が使えるようになる必要がありますね。
この辺も、教則本の練習パターンにあると思います。

リズムが合ってきたのは、もちろん練習の成果だと思います。

ただし、正しい弾き方(目標とする弾き方)で練習されているかどうかが
非常に重要です。
指弾きの場合、多彩なトーンが得られる分、色々な弾き方がありますので、
ご自分の目指す弾き方、フォームで練習しないと、遠回りをすることになります。

・通常に弾く方法と、弾いた後、隣の弦で止める弾き方(たとえば、2弦を
 弾いた指をそのまま3弦に当てる)があります。

・指の先端近くで弾く方法と、結構深い位置(先端と第1関節の中間ぐらい)
 で...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報