私は交通事故で右胸鎖関節脱臼、右肩板損傷、頚部捻挫、右第2,3,4,肋骨骨折の損傷を負い、その1年後に胸郭出口症候群と診断されました。私の場合、事故から1年ぐらいしてから、右肩の筋肉が萎縮し始め、左肩に比べ大幅に下方転移していきました。大学病院でSEP検査を受けたところ、胸郭出口症候群による尺骨神経損傷だと言われました。しかし、保険会社からは尺骨神経損傷で右肩の大幅な筋萎縮による下方転移や右肩の可動域制限が起こるとは説明できないと言われました。尺骨神経損傷だけでは右肩の大幅な筋萎縮や下方転移や右肩の可動域制限は説明できないのでしょうか。
知人から尺骨神経だけではなく、他の神経もやられているのではないかと言われました。また、右上腕神経叢損傷ではないかなどとも言われました。こんな私の状態に合う、よい検査方法はないでしょうか。SEP検査ではそこまではわからないのでしょうか。
保険会社は、事故後1年も経過してからの右肩の大幅な下方転移及び筋萎縮であり、また私の右肩の可動域制限の後遺障害についても交通事故と因果関係のある障害と認定するには立証不十分であるとのことであり、大きな後遺障害を抱え、十分な補償が受けられないままで、困り果てています。
私の障害が交通事故によるものであると立証するために、私の症状に合った検査方法を探しています。何かよい検査方法はないでしょうか。また、右肩部上腕神経叢や神経損傷について詳しい専門医のいる病院あれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、「肩板損傷」とは肩関節腱板損傷のことですよね。


腱板は肩甲骨と上腕骨につく筋群で、肩関節の上方の筋群が損傷されたということです。
腱板は肩関節を動かすときに大変重要な筋群で、肩関節の安定性に関与しています。

mimayaさんはリハビリは行なったのでしょうか?
十分なリハを行なってれば、筋の萎縮や肩の転移(これは腱板損傷による痛みのために肩を正常なパターンで動かさなかったことによる肩甲骨の動きに使われる筋の萎縮により肩甲骨が下方回旋したもので、肩が下がって見えるのだと考えられます。また、頚部の捻挫も何かしら影響してるとは思います)はみられないと思うのですが・・・
ちなみに肩甲骨が十分な動きをしなければ、それにつく肩の動きにも制限が出ます。


また、「胸郭出口症候群による尺骨神経損傷」では肩関節の筋の萎縮は説明できないと私も思います。
尺骨神経の支配筋は主に指の筋です。指の筋は萎縮や知覚障害がおこっているのですか?
胸郭出口には腕神経叢、鎖骨下動・静脈が通っています。
腕神経叢はいずれ分岐して尺骨神経にいきますが、もっと上位の肩甲背神経・肩甲上神経などの肩甲骨や肩関節の筋をつかさどる神経が障害されているのではないでしょうか。

質問の内容と違ってきているかもしれませんが、一年後に筋の萎縮が見られ始めたというのは、事故によるものというより廃用性、つまり十分な運動をしなかったことによる萎縮とも考えられるのではないでしょうか。(その場合、保険がおりるかどうかはわかりません)
いち早くお近くの名の知れたリハビリ病院に行き、診断・リハビリ・場合によってはopeをすることをお勧めします。(怒られるかもしれませんが、大学病院だからといって正しい診断が出来る医者がいるとは限りません。)

今までの経過を知らずに書いてますので、違うことがあったらすみません。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

私は整形外科、神経内科は専門外で、直接の回答はできませんが、対応に関して少しでも役立てばと考えアドバイスいたします。



この場合、主治医の先生に現状をよくお話になられて(保険会社は保険金を『払わない』のが仕事ですから、必ずしも言っていることが正しいとは限らないのです。)、医学的に妥当性があることを診断書にしていただくか、立証不十分であることを立証するために必要な専門家(整形外科医のなかでもさらに権威と呼ばれる人たち)を紹介していただくしかないと思います。

一般的に考えて、変性疾患が存在せず、こうした事例があればやはり交通事故との因果関係を考えるのが臨床医です。保険会社の高圧的な態度とは関係無しに専門家の判断を仰ぎ、必要であれば訴訟も辞さない対応をされるのが正しいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肩関節可動域制限ROMについて。

高校生女子。1月末に体育の授業中転倒、左橈骨遠位端骨折と診断され、3週間シーネ固定、
4月初旬まで包帯固定を行いました。
また、4月中旬に左肘関節炎を発症しました。
5月初旬に左肩に痛みを感じ、診察を受けましたが、X線検査、血液検査(リウマチ検査)ともに以上ありませんでした。
しかしなかなか痛みがひかなかったので、先週MRIを撮りましたが、こちらも異常がありませんでした。
可動域制限あるといわれ、昨日からリハビリでROMが始まりました。
前から後ろに上げていく動作では150度くらいしかあがりませんでしたが、整形外科医に「痛くてもこれくらいあげないと治らない」といわれ、激痛のため冷や汗がでるほど腕をあげられました。

今朝、おきてみると、左肘がすごく痛みました。
湿布をはり、以前もらっていた薬で症状は治まっていますが、肩関節のROMで肘まで痛むようになるのは仕方ないことなのでしょうか・・・。

医師に肘まで痛んだことを伝えるべきか、我慢すべきか迷っています。

ご助言お願いします。

Aベストアンサー

骨折に伴う肩関節周囲炎でしょうか。結構多いですよ。


>医師に肘まで痛んだことを伝えるべきか、我慢すべきか迷っています。

リハビリは医師に行ってもらっているわけではないですよね?医師に伝えるということは、わざわざ診察を希望するということですか?

これはリハビリの加減の問題ですから医師に言っても何も変わりません。担当のリハビリスタッフ(PT)に直接伝えてみてください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

Q筋萎縮性側索硬化症と診断された場合生活は?

 叔母が筋萎縮性側索硬化症と診断されました。
Drは、「とても進行が早いタイプ」という事で、人工呼吸器についてなどの話をしたいと言っています。
 叔母は、現在生活保護を受給していますが、息子が知的障害があり、今後の決断が出来る者がいません。
 こういった場合は、どうなるんでしょうか?
 また、人工呼吸器をつけても、会話や生活は今までどおり行えるんでしょうか?
 病気については、ある程度調べましたが、実際進行していく過程での、本人の状況(会話や食事・意思の疎通)がどの程度行えるものなのか?などが知りたいです。

Aベストアンサー

以前にALSの患者さんを拝見した事のある医師です.
ご家族のご心中お察し申し上げます.

ALSについては担当医師から十分に説明されたと思います.人工呼吸器をつける場合というのは呼吸筋麻痺が出てきた場合です.現在の医学では,一応,ALSにも薬があることはありますが効果のほどは…という状況なので一度人口呼吸器をつけたならば一生それが必要になります.そのためには気管切開といってのどの所に穴を開ける必要があるでしょう.当然食事もできなくなりますので,「胃ろう」といってみぞおちに穴を開けて直接胃に栄養のある液体を注入する,という方法が現在は最善かと思います.全身の筋肉もいずれは衰えてしまいますので,完全に寝たきりとなります.

一方,ALSに「おきにくいもの」として(1)眼球運動障害(これを利用して意思の疎通をはかる機械があります.)(2)感覚障害(嗅覚,聴覚や触覚など感覚は保たれます.)(3)膀胱直腸障害(尿意や便意はご自分でわかります.)(4)じょくそう(いわゆる床ずれです.)があります.

以上から,まったく動けないけれども感覚は保たれる事が多いため音楽や花の香りといったものは味わえる,という状況がその後の人生で続いていくという事がお分かりいただけると思います.

そこで問題になるのが,「どこでその生活を続けていくか」です.息子さんがそのような状態ですと病院で,ということになろうかと思います.残念ながら,現在の保険制度では在院日数の問題で3ヶ月をめどとして転院を迫られる事が一般的です.その際に,自宅への退院の可能性がない呼吸器がついている患者さんを受け入れてくれる病院を探すことは非常に大変なことです.いわゆる「療養病床」というものもありますが,国の政策として縮小傾向にあり,かつ,療養という言葉通り安定したご病状の方が入る病床ですから呼吸器の管理などの高度な
医療は困難である事が多く,受け入れてくれる病院は更に少ないでしょう.

以上を踏まえた上で,ご本人が決断されるのが一番かと思います.動けずに誰かの力をかりないと生きていけない生活が続くのが辛い,という方もいますし,それでもいつか治療法が見つかるかもしれない,という希望のもとに少しでも長く生きることを選択される方もいます.

以上,長文になり申し訳ありませんでした.

以前にALSの患者さんを拝見した事のある医師です.
ご家族のご心中お察し申し上げます.

ALSについては担当医師から十分に説明されたと思います.人工呼吸器をつける場合というのは呼吸筋麻痺が出てきた場合です.現在の医学では,一応,ALSにも薬があることはありますが効果のほどは…という状況なので一度人口呼吸器をつけたならば一生それが必要になります.そのためには気管切開といってのどの所に穴を開ける必要があるでしょう.当然食事もできなくなりますので,「胃ろう」といってみぞおちに穴を開けて...続きを読む

Q転移したガンと診断されました

私が愛する妻の話です。

妻は40代後半、先日、甲状腺の違和感で受診し、生検の結果「転移したガン」と診断され、後日PETにより原発巣を探す事になりそうです。

当初、仮にガンであっても甲状腺ガンなら他のガンよりはましかな・・・程度に考えていたので、甲状腺のガン自体は転移したもの、と言われ動揺しております。

このように、生検で「転移したガン」とういのがわかるものなのでしょうか?

また、転移、という以上は余命の話となるのが普通でしょうか。

私たちには子供がないので、老後は2人でペットを飼って過ごそうね、と約束していました。
なんとか、それを実現させてやりたいながら何もできない自分を恥じています。

何卒、ご教示をお願いいたします。

Aベストアンサー

(Q)どうして、転移とわかるのか?
(A)がんは、正常な細胞が異常に増殖したものです。
従って、もともとの細胞の性質を持っています。
甲状腺のがんの細胞を調べれば、
それは、もともと甲状腺の細胞でなければなりません。
しかし、他の場所から転移してきたのならば、
甲状腺の細胞ではない、別の特徴を持っていることに
なります。
なので、転移とわかります。
例えば、腸の粘膜の性質を持っているとか……

また、胃がんが甲状腺に転移したのならば、
甲状腺の癌の治療の使うのは、甲状腺の癌の抗がん剤ではなく、
胃がんの抗がん剤です。
なぜなら、そこで大きくなっているのは、甲状腺の異常な
細胞ではなく、胃がんの異常な細胞だからです。

(Q)転移、という以上は余命の話となるのが普通でしょうか。
(A)いいえ。どの程度、がんが進行しているのか、
という程度によります。

がんは、それ自体が毒素をだすわけではないので、
がんがあるから、死ぬということはありません。
でも、異常に増殖することで、正常な機能が失われます。
それが、肺、肝臓、腎臓のように重要な臓器だと、
生命を維持することができなくなる、ということです。

なので、まずは、どこに、どの程度広がっているのか?
原発部位はどこなのか?
手術、放射線、抗がん剤など治療方法は何か?
などなど、これから検討することになります。

まずは、情報の収集でしょう。
患者側としても、患者のための情報を集めてください。
「サイコオンコロジー」「医療コーディネーター」
この2つは、がん患者でありながら、聞いたことがない
という方が多くいます。
知っておくべきです。
「セカンドオピニオン」も調べてください。
多くの方が誤解をしています。
実際、誤解をしている人の方が多いとさえ思えます。
「ホスピス」も調べてください。
いざとなってから、ホスピスとなると、現実として
受け入れられないということも起きてしまいます。
でも、時間だけは急速に進みます。
なので、今のうちに、情報として知っておいてください。

原発のがんが判明したら、医学的な情報も集めてください。
気を付けることは、体験談ではなくて、
大きな病院(がんセンター)や多くの医師が集まって書いている
(一人の医師では、個人的な考えになりかねない)、
大手の製薬メーカーのサイトなどの信用度が高いです。

患者になると、どうしても、藁をもつかむという気持ちになって、
効きもしないサプリメントや実証されていない医学理論に
飛びついてしまいます。

最後に……
希望は常にあります。
お元気になられることをお祈り申し上げます。

(Q)どうして、転移とわかるのか?
(A)がんは、正常な細胞が異常に増殖したものです。
従って、もともとの細胞の性質を持っています。
甲状腺のがんの細胞を調べれば、
それは、もともと甲状腺の細胞でなければなりません。
しかし、他の場所から転移してきたのならば、
甲状腺の細胞ではない、別の特徴を持っていることに
なります。
なので、転移とわかります。
例えば、腸の粘膜の性質を持っているとか……

また、胃がんが甲状腺に転移したのならば、
甲状腺の癌の治療の使うのは、甲状腺の癌の抗がん剤で...続きを読む

Q半月板損傷?こんなに痛いの?膝の痛みについて!

けが時に膝内に大量(注射4本分400MLほど)血液が溜まっていたようで膝から大量の血を抜かれました。

当時、MRIがなくレントゲンのみ(半月板だけが移る造影剤での)で半月板亀裂と診断だれ、
1か月ギプス→徐々にリハビリで一度は痛みもなく生活できるようになりました。

その間、軽いスポーツや仕事などで何度か膝に痛みや違和感を感じることがありましたが、
特に通院せず23年放置していた結果、最近になり立ち仕事(重たい荷物をもってのしゃがみなども多数ある仕事)を続けた結果

膝だけでなく、脛~膝~ふとともに走る神経のぴりっとした痛み、膝の奥がズーンと響くような痛み、
長歩きやふんばると【ズキッ!】と耐えがたい痛みまででるようになり…

仕事をリタイヤして整形外科に再度通い始めています。

学生時代に【半月板を痛めたのが23年前で、さらに最近の仕事やかなり高いヒールばかりを履き続けてきた】と医師に伝えました。

MRIの結果【やはり半月板水平断裂】と診断されたのですが…

靭帯とか見てくれたのか?という不安があり、【靭帯とか痛めてるわけではないか】を訪ねてもそれはないと言います。

しかし…

本当に痛くて痛くて歩けません。

鍼も試しましたがむしろ痛みが悪化した気さえします。
(一度だけでしたが、激痛で次行くのが怖いくらいでした)

違う整形外科にも行ってみましたが、やはり最初に私が【半月板損傷と診断されたが、痛みが尋常でないのと足が伸びないのでセカンドオピニオンがほしい】と見てもらったところ

【やはり半月板水平断裂ですね】
という診断。

もしかしたら、私が【半月板損傷】ということで医師はその箇所だけを確認しているだけなのではないかという疑いがでております。

本当に、それ以外の組織や、脛にも広がる痛みとして他の可能性も見てくれているのだろうか?
と…

たとえばオスグッドだとかジャンパー膝だとか滑液包炎だとか山ほど膝の痛みの原因となるものがあるようですが

【半月板損傷】だけではたしてここまで痛むものなのでしょうか。

さらに違う整形外科に行って、次は【半月板損傷】と言わず、膝の痛みや伸びないことなど今の症状だけを伝えてみるのが良いのでしょうか?

医師、そのた医療関係の方で膝に詳しい方や膝の痛み経験者の方からのご意見を頂けると幸いです。

けが時に膝内に大量(注射4本分400MLほど)血液が溜まっていたようで膝から大量の血を抜かれました。

当時、MRIがなくレントゲンのみ(半月板だけが移る造影剤での)で半月板亀裂と診断だれ、
1か月ギプス→徐々にリハビリで一度は痛みもなく生活できるようになりました。

その間、軽いスポーツや仕事などで何度か膝に痛みや違和感を感じることがありましたが、
特に通院せず23年放置していた結果、最近になり立ち仕事(重たい荷物をもってのしゃがみなども多数ある仕事)を続けた結果

膝だけでなく、脛~膝~ふ...続きを読む

Aベストアンサー

>たとえばオスグッドだとかジャンパー膝だとか滑液包炎だとか山ほど膝の痛みの原因となるものがあるようですが

医師は頭はいいが口下手の方が多い、それに加え忙しさにかまけて流れ作業になっているので貴方の様な方が出てくるのでしょう。可能な限りご説明します。

まず、膝の診察とは問診、視診、触診、レントゲンなどの画像検査、徒手検査などを行い確定します。例えば、いつから痛いのか?傷めたきっかけはあるのか?などを尋ね、「最近転びそうになって踏ん張った時に傷めた」という問診が得られれば、これは靭帯・半月板損傷などケガの可能性があることを示します。逆に「きっかけはありませんが、仕事を変えてからなんとなく違和感があり最近我慢できなくなりました」というようなものでは逆に靭帯・半月板損傷などケガの可能性は低くなります。

ご質問中にあります、オスグッドやジャンパー膝というのは触診でおおよその見当がつきます。貴方の場合、押して痛いところはどこですか?おそらく膝の内側周辺なのかなと思うのですがオスグッドではお皿の下、脛の骨の上、ジャンパー膝ではお皿の直下の筋(脚気の検査をするところ)に痛みを訴えるわけです。半月板損傷と同じ個所で痛むのは変形性膝関節症や特発性大腿骨内側顆骨壊死症などあります。触診である程度絞り、レントゲンで確認、骨の変形や軟骨の変性が認められなければ、変形性など可能性は無くなります。この時点で半月板の異常が消去法で高くなるわけですが、最後に徒手検査と言われる検査を行いそれで陽性ならば確定します。ただし半月板の状態を詳細に調べるため、その後MRIを行うこともあります。

少し長くなりましたが、このように医師はあらゆる可能性を考えて診察に臨みますので、患者さんが「半月板損傷だから」といって「患者がそういうなら・・・」という医師はいないはずです。それに今回のケースでは2、3件別の病院に行かれているわけですから、その点は安心してもいいと思います。


>膝だけでなく、脛~膝~ふとともに走る神経のぴりっとした痛み、膝の奥がズーンと響くような痛み、
長歩きやふんばると【ズキッ!】と耐えがたい痛みまででるようになり…

ただしこの情報は少し解せません。このような症状が出るときは膝以外の原因の方が多いです。例えば腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、特発性大腿骨頭壊死症などです。前二つは腰の疾患、三つ目は股関節の疾患です。脚の神経は全て腰から出ています。ですから腰に異常があれば、お尻、腿、膝、足などに痛みや痺れなどの症状が出ます。これは腰に自覚症状が無くても起こりえますので、どこに原因があるのかよく見極める必要があります。もう一つは股関節の病気です。股関節の骨が壊死をおこすものですが、これも腰の異常と似たような症状を呈しますので、注意深く見極める必要があります。もちろんこれらの異常と膝の異常を合併していることも考えらますので、腰や股関節に異常がないか調べてもらってはいかがでしょうか。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

>たとえばオスグッドだとかジャンパー膝だとか滑液包炎だとか山ほど膝の痛みの原因となるものがあるようですが

医師は頭はいいが口下手の方が多い、それに加え忙しさにかまけて流れ作業になっているので貴方の様な方が出てくるのでしょう。可能な限りご説明します。

まず、膝の診察とは問診、視診、触診、レントゲンなどの画像検査、徒手検査などを行い確定します。例えば、いつから痛いのか?傷めたきっかけはあるのか?などを尋ね、「最近転びそうになって踏ん張った時に傷めた」という問診が得られれば、こ...続きを読む

Q靭帯を損傷したみたいです。その場合、整形外科?

お世話になります。

靭帯を損傷したみたいです。その場合、整形外科に行けば
良いのでしょうか?
それとも外科ですか?
そもそも、整形外科と外科の違いがわからないのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

整形外科です!

予断ですが、私も最近、捻挫しました。靭帯断裂の可能性があるからと、骨のレントゲンに加え、さらに捻挫した状態で足をひねりながらの靭帯を伸ばした状態でのレントゲンをなきながら撮りました。結局、ただの捻挫(靭帯損傷)で、無駄な放射線を浴びてしまいました・・・

靭帯は切れていないなら、日にち薬で直すしがないですねぇ・・・お大事に


人気Q&Aランキング

おすすめ情報