普通のAPSカメラとデジタルカメラ、どちらを購入したらいいのか迷っています。
APSカメラは画像が良い、軽い・小さい、値段が安い、
現像後もカメラやさんでCDに書き込んでもらったらパソコンにも簡単に取り込める・・・。
デジタルカメラは、取り直しが出来るくらいしか利点が出てこないのですが、これだけたくさん売れているということは他にもいろいろ理由があるのでは・・・?

皆様、是非とも良いご意見を宜しくお願いいたします!

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (7件)

私もAPSコンパクトカメラとデジカメ両方持っています。

ちなみにどちらもIXYですv(^^)。
形がほとんど同じカメラの使い分けというと、「焼き増しして他の人にあげる」とか「プリントで残したい」ときは銀塩、「メモ的な写真」や「PCに取り込んで加工する」ときはデジカメ、という使い分けですね。IXYデジタルの場合は、テレビがあればそれに表示できるというのも楽しみ方としてはポイント高いです。
とはいえ、デジカメの画像を写真屋さんでプリントできますし(ちょっと高いですが)、APSも35mmに比べるとスキャナで取り込み易い(カートリッジ1本分を一回で取り込める)ので明確な線引きは最近は難しいです。
APSならではの特徴として、ハイビジョンサイズという、パノラマほどでないが横長の写真が撮れます。この画角というかプロポーションが結構気に入っていまして、記念写真とか風景撮るのに重宝してます。でも銀塩で画質優先ならやはり35mmです。
結局は目的が何なのか、でどの特徴(特長)に魅力を感じるか、ということになると思います。
    • good
    • 0

えっと画質のみの意見です。



APSは35mmフィルムよりも画像を映すサイズが小さいので
自分が使ってみている範囲ではISO400のフィルムになる
ともうデジカメが画質の点で逆転しているんじゃないか
なと思うこともあります。APSでノートリミングでキャビ
ネより大きく伸ばしても無駄ですが、300万画素のデジカ
メだとA4出力で鑑賞に堪えるようになってきていると思
うのですが。

APSは性能よりも機能性という側面で見たほうがよさそう
ですね。
    • good
    • 0

最終目標が、パソコン上での表示だとしたらデジカメですね。


逆に印刷したい、紙で欲しいと思うならAPSでしょう。
いくらプリンタの質が上がったとはいえ、銀塩のプリントにはかないません。更に画質で言えばAPSより35mmのほうが良いと思いますけどね。

デジカメでもメモリカード持込で紙に焼いてくれるサービスも有ったと思います。
    • good
    • 0

私が個人的に感じるところを書きますね。



○APSの良い点
  フィルム装填の失敗が少ない
  撮り切る前でもフィルムの出し入れが可能
  現時点でのフィルムの状態が分かる(未撮影、撮影中、現像済み)

×APSの悪い点
  インデックスプリントがないと焼き増しが不便
  海外では35ミリフィルムほどAPSフィルムが無い
  いまだに同時プリントに中一日かかる店がある

○デジカメの良い点
  (PCを使っての)画像管理がラク(加工も含む)
  ホームページ掲載を考えると手間が少ない
  撮影可能枚数が多い
  フィルムを使わないので枚数を気にせずバンバン撮れる
  結果、数ある写真から納得のいくものを選べる

×デジカメの悪い点
  バッテリーに気を遣う
  それなりの画質を求めるとやっぱりまだ高価

・・・といったところでしょうか?
私は銀塩35ミリ(一眼レフ&コンパクト)と
低価格デジカメを持っています。
ちゃんとしたポートレートの時は一眼レフ、
普段のスナップ(旅行時も)はコンパクト、
毎日更新するHPの写真はデジカメ、と割り切って使っています。
    • good
    • 0

APSではないですが、銀塩カメラとデジカメ両方使ってます。


銀塩はメディア=フィルムが手に入りやすく、電池の心配も事実上不要ですので長期間持ち歩く旅行やイベント時。
デジカメはちょこっと1~2枚だけ写真が欲しいとき、Web掲載用。
銀塩、デジカメともにメリット・デメリットがありますから
どのような用途に主に使いたいかですね。

デジカメは撮り直しができるといっても、消してもいい画像が無ければ結局メディア交換が必要で、
メモリカード式でなければ、それ以上撮ることは出来なくなります。
銀塩でも1枚のコストは10円かそこいらでしょうから、
ワタシはあまり気にしていません。
    • good
    • 0

Nakaさんのおっしゃるように目的によって違うでしょうね。


パソコンの壁紙にしたり、webページに載せたりするなら
デジタルカメラの方が便利ですが、
プリントアウトするのが目的ならAPSの方がよいでしょう。
スキャナがあればとりあえずコンピュータにも取り込めます。
#個人的にはAPSよりも35mmフィルムの方がおすすめですが

私の場合は35mmコンパクトカメラとデジタルカメラを両方使っています。
一眼レフは使う機会がめっきり減りましたが。
    • good
    • 0

◆Naka◆


「良いご意見」かどうかはわかりませんが… (^^;)

それは一重に「目的」によると思います。
また「PCを所有しているかどうか」も判断の基準になりますよね。
デジカメのメリットは、そのまま相対的にAPSのデメリットにもなりますから、それに絞ってお話しましょう。

◆撮り直しができる…cagouさんがおっしゃっていることですね。フィルムを使わないため、気に入らなければ何度でも撮り直しができる、ということです。

◆フィルム代・現像代がかからない…これも上に述べたことに関連しますが、フィルムがありませんから、当然フィルム代がかかりませんし、現像も不要なので現像代もかからない、ということになります。

◆PC上で扱うのが楽…さて、デジカメの真価を発揮するのはこの辺からです。デジカメのデータは、スマートメディア、コンパクトフラッシュ、メモリースティック等のメモリーカード、または本体内の固定メモリに記録されます。ですから、PCとのデータのやり取りが大変楽です。
これに対して銀鉛写真は、基本的にはプリントしてもらったものを、さらにスキャナで読み込ませなければPC上で扱えません。
CD-ROMにしてもらうサービスもありますが、安くはありませんし。

◆保存が楽…必ずしも写真をプリントしなくてもいい、という人が結構います。そういう人にとっては、PC上で扱えるデータの状態で取っておけば、保存自体も楽ですし、データが欠損しない限り画質が劣化することもありません。
また写真画質プリンタを持っていれば、必要なときにいつでもプリントアウトできますから、余計な保存スペースやアルバムなども不要になります。

◆加工できる…PC上で扱えれば、加工してアーティスティックな写真にしたり、カレンダーや年賀状に使ったり、と無限の利用法があります。

◆そして、これが決定的!すぐに見れる、使える!…液晶がついていれば撮ったその場で見れるのはもちろん、PCに取り込んでも数分後には、見て楽しんだり、加工して利用できる、という手軽さがいいですね。
もちろんカメラ屋さんがやっていない夜中でもOKというのが!

◆また、これも大きい!!…ここでは述べることができませんが…
で、わかっちゃいましたね。 (^^;) そういうことです。

とりあえず思いつくままに、いろいろ並べてみましたが、中にはAPSで可能なこともありますし、価格や重さの問題などもありますし、結局は最初に申し上げたとおり、「目的」が一番大きいと言ってよろしいでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ