人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

どちらですか。またそれは何故ですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (30件中1~10件)

>輪廻の度に自分で自分の人生を決めてうまれ変ってきていると言う事です。


そんな事ないでしょ。
輪廻転生なんて。それは、人間が作った希望でしょ。
来世でも、又会おうねとかの。

>自分で自分の人生を決めて生まれ変わる
そんな根拠も無い事を言うから、宗教に騙される人が
いるんですよ。

宗教とは学問である。
倫理・道徳や自分自身を見つめる為の。

神とは偶像である。
菅原道真みたいに、学問の出切る様に
なりたいと願い、敬うものである。。

>本人が決めてきた事を神様が変えてしまう様なよけいな事はしません。
当たり前です。
しいていうなら、「神様が変えてしまう様な余計な事はしません」
              ↓
出来ません。なぜなら神はいないから。が
正解でしょ。そういう解釈は、占いと同じで
怖い事です。神様が変える事なんて。

>人がした行為は良い事にしろ悪い事にしろ必ず返ってきます。すぐにではないでしょうが、何年か経っても返ってきます。(本人がたとえ死んでからでも返ります)
本人が死んでからも返ります。・・・?。
どう意味なのでしょうか?。
残った人に、怨念が降りかかるとの事なのでしょうか?。
ありえません。そんな事いうから、幽霊だのどうだのと
話が出てくるんですよ。

おいらは宗教も神も好きですよ。
信じてはいないけど。ただ、何も
疑問を持たずにただ信じるのは
恐ろしい事なんですよ。

輪廻転生だってそう。話としては面白い事
だけど、実際には??でしょ。
そういう観点から、見ると宗教や神様は
面白いんです。おいらが、なぜ好きなのは
そういう観点から見るから。

しいて言えば、自分自身が苦しんでる時に
道しるべ(解けない問題が解けた時など)
が発見した時に、「あぁ~神はいるんだ」
と思うのがベスト。
その程度でいいんです。

信じる信じないは個人の自由だけど
それを人に押し付けるのは良くない事。
どっちを信じるからといって、その人が
損になる事はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

私もときどき人に誘われて宗教の集まりに
行くのは、輪廻とかそういう話が面白いので
というのがあります。映画や小説のように
楽しんでいる分には、自分とは関係なく
見ていられるかなと思います。

お礼日時:2006/01/10 14:52

No.18です。

もう一度
神様が助けてくれる者と考えている方が多いようですが、例えば、学問の神様に拝んだからと言って合格させてもらえるかと言えば、それは無理ですよね。

拝んでも勉強してなければ、受からないし、勉強をしてもそれが、自分の運命ではなくて他に道があれば、そこには進ませてもらえません。

学問だけでなく何事でも、百日毎日でも拝んで意識する事で、努力をするから報われるんでしょう。

がんばったのに落ちてしまった、そこで腐ってしまわないで、さらにそこからまたその人に架せられた修行をするのです。それを乗り越えなくてなならない様に自分で人生設計を生前に選んできているのです。
話が複雑になってしまいますが、輪廻の度に自分で自分の人生を決めてうまれ変ってきていると言う事です。

だから神様はただ困っているからと言って助けてはくれないのです。本人の努力を当たり前の様に見守っています。

すがっても利益のみのすがりは意味がありません。
本人が決めてきた事を神様が変えてしまう様なよけいな事はしません。

ようすあるに常日頃から自分本位にならないように、努力する事を神を信じる事に夜って自分で反省するための存在でしょうか。

ただがんばらなくて、自分に楽に楽に生きている人
悪い事をする人には罰を与えます。
人がした行為は良い事にしろ悪い事にしろ必ず返ってきます。すぐにではないでしょうが、何年か経っても返ってきます。(本人がたとえ死んでからでも返ります)

ちなみに座敷童子も神様の造った者です。
必要の無い家からは神様が移動を命じます。

神社は寺にいらっしゃる神様などはまだ本当の神様のお手伝いをされている方々なので、霊能力があれば見ることができます。

この話は霊能力を信じるか信じないかにも関わってくるので、簡単には答えられないかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

輪廻転生というのは、私も聞いたことが
あります。人間は500年周期くらいで
人間界に生まれ変わってきていて
その間は動物をやっているという話でした。
でもそんなことは嘘か本当かは誰もわかりませんが。

お礼日時:2006/01/10 14:45

万能の神は信じません。


でもまぁ変わった神を本気で信じてます。

理由は、座敷童子にあったから
…一応守り神。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

座敷童子ですか。それはまた珍しい体験を
お持ちですね。

お礼日時:2006/01/10 08:42

そうですね。


おいらも信じません。
ただ、宗教は好きです。
でも、新興宗教とかには入ってませんよ(笑)

だって、今まで神に祈って叶った事が一つもありませんモン。

そういう意味で、只祈るだけだけのキリスト教はあんまり好きではありません。

なので、おいらは密教とかが好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

密教って何か神秘的そうですね。

お礼日時:2006/01/09 19:44

私はどれも信じません。


実体がないものだからです。
つまり裏付けがないし出来ない。
いまと違って解らなかった事が多い時代に、そのよりどころとして作り出されたものと考えます。

まあ万人を納得させるための存在だと考えれば良いかも知れません。自然現象のように生物の力ではどうにも出来ないものに対して、これは神のせいだと言えば納得する方が多いですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

何でも神のおぼしめしだといえばすっきりという
ところかもしれません。

お礼日時:2006/01/09 12:09

絶対信じません。


もう何かにすがりつく時代は終わった方がいいんじゃないですかね。
神なんて信じていてもしょうがないじゃないですか

17歳高校生より
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

確かに世の中は
何かにすがりついて裏切られたということを
くりかえしているような気がします。

お礼日時:2006/01/09 12:08

宗教を信じるというか、一つの宗教の考え方があっているのかどうか分かりませんので、一つの宗教を信じることが出来ません。



それから、神の存在ですが、これも分かりませんね。いるというひともいれば、いないというひともいる。神をみたことがあるというひとも、いれば、いないひともいる。とにかく、現在の科学が地球上におきている全てのことについて、証明できるかとういと、出来ませんよね。だから、神様がいるのかどうかは分かりません。信じる、信じないというより、「分からない」というのが私の答えです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

神がいるいないというのは永遠のテーマでしょうね。

お礼日時:2006/01/09 08:42

本当に人々を救える存在であれば、何とでも手を組みます。

信じるかどうかではなく、実態で判断します。
具体的には、特定の宗教をやっている人を見て、自分もその人のようになりたいと思うか、協力したいと思うなら、喜んで手を組みます。

基本的に、私自身、神仏や宗教に何かをしてもらおうとは思いません。有益と判断すれば手を組みますし、無益ないしは有害と判断すれば、無視します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

宗教の勧誘をやっている人はいかにも
強引で「なぜそこまで?」と疑問を持ちますが
その前に自分の行いを振り返れば
いいのにと思います。

お礼日時:2006/01/09 08:41

NO.21さんに付け足すと、信じないと言うのも危険です。


信じないと言うのは、つまり現実しか見ないと言うことです。見えるものしか見ない人間の行き着く先は現実に心を売った機械人形です。あるいは「現実の信仰者」とも言えるかもしれません。
例えば日本の政治家はいい例でしょう。理念が無く現実の対症法的政策と自分の腹の肥やしにばかり目が行って、日本は沈没寸前です。欧米はここまで馬鹿なことはしません。他の国に迷惑掛けてでもきちんと自国だけは守ります。それは欧米には理念があるからです。『こいつらだけは守る』「自分の国は誇りだ」『神は見守ってくださる』と言う考え方があるからです。だからいくら悲劇を繰り返してきたとしても彼らは立ち上がり、少なくとも自分たちはきちんと神の恩恵を受けたのです。
未開人の方々の太陽の信仰なども、自分たちの生に誇りを持たせ、無益な争いを避け、運命を受け入れる覚悟を与えるものとして機能しました。
つまり生きていくのに信仰は必要なものなのです。
金におぼれるような「現実信仰者」は自分が何を望むのかもわからずにただ金を集め、阿呆なくだらないことにそれを使い、呆けたようにこの世界を生きるでしょう。
ですから現実的な見解から考えても、何かを信じ「なければいけない」のです。
つまりわれわれは、何かを信じなければいけないが、それは現存する宗教などに頼った信仰ではいけない、と言うことになります。
では一体神を信じると言うのは、どういった行為を経て成されるべきものなのか、については、これもNO.21さんがすでに記述なさっていることなので、私はこれにて失礼させていただきます。

この回答への補足

今日たまたま読んだものの中に
マザーテレサが神の啓示を聞き貧しい人を
助けるようになったということが書かれていました。

serve the poorest people
around the world...

日本もどん底まで貧しくなると誰が神の声を聞く人が
出るかもしれません。

補足日時:2006/01/09 12:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

理念ということでは日本にはそういったものが
確立されていないので、政治にしろあっちにふらふらこっちにふらふらしている現状ですが、かといって
宗教団体がどれを見ても胡散臭いものが多いという
ことにも問題があると思いますね。
欧米にはキリスト教という文化が長い歴史の中で
根付いてきているので、一人ひとりの心の中に
ピュアなものが代々受け継がれてきているのでは
と思います。

お礼日時:2006/01/09 08:38

神も仏も信じます。



宗教は信じません。

神を信じる事、仏を信じる事は、自分を信じる事につながるからです。

そもそも、教義・経典と言うものは、人間としての倫理・道徳を説いているもので有り、当然のことと思っています。
それを、勝手に解釈して、宗派が違うと言って争う。
神や仏を愚弄するものであり、自分を否定するものと解釈しています。

神を敬い尊ぶと言う事は、先人を敬い尊ぶ事であるのみならず、自分をそれに近づけようとする心の発露と思います。

鰯の頭も信心から。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

倫理・道徳という意味では必要ですよね。

お礼日時:2006/01/09 08:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ神様を誰も見たことないのに信じるのでしょうか?

なぜ神様を誰も見たことないのに
信じるのでしょうか?

私は神様を信じでいません。
ですが神は要ると言う人はいますね。

誰も見たことなくて神が居ることを証明できない=「いない」
なのに
なぜそれが「いる」と決めつけられるのか不思議です。

度言う言う心理なのかわかる方
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私論ですが、いなくても居ると思えばきっといるんです。
存在しなくても心に想像すればとりあえずは心の中には存在しているということになりますよね。

そうやってどうしようもなく救われない物事を
実際は存在せずとも理解してくれるよりどころになってくれる
そういった自分に必要な『支え』を求めているから信じている人がいるのではないでしょうか。

私は別に宗教などをしているわけではないですが
もしも神様が目の見えないところに居てくれたなら
自分が誰にも気付かれず苦しんでいたとしても
神様は何もしてくれないけどただ、その苦しみは理解して見てくれてるんじゃないかな
など想像します。

Q神や仏を信じていない人間は、なにを信じて生きているのでしょうか。

神や仏を信じていない人間は、なにを信じて生きているのでしょうか。

Aベストアンサー

周りに頼らない、何者にも縋(すが)らないと言う意識だと思いますので
自分を信じていくしかないと思います。

Q神がいると信じる人がいるのは何故か?

神がいると信じる人がいるのは何故か?

いないと思う理由↓
私は無神論者ですが、その理由は神がいたとしたら、人間、動物には苦痛はなく、幸せしかないはずです。しかし私たちには苦痛があります。つまり絶対的な神はいない。

たとえいたとしても、役立たず↓
毎日神にたいしてお祈りをしても、道路に飛び出せば確実に轢かれます。つまり神は、信じる者、信じない者の、どちらにも平等です。つまり信じようが信じまいが結果が同じ。

上記の事実を知らない人間はいません。(知らない人は宗教すら知らない白知の人です。)
にも関わらず人は神を信じます。
何故でしょうか?
私は、理論的に考える瞬間があれば「神がいる」という考えは絶対に起こらないと思うのですが。。。
強迫観念があって、「神がいない」という考えに対して思考をやめてしまうのでしょうか。
メサイアコンプレックスとか、トラウマとか、精神的な欠落以外で神を信じている人はいるのでしょうか。
(宗教があった方が都合がいいとか、いると思った方が神秘的で気持ちがいいからと思っている様な完全には信じてない人は除きます。)

Aベストアンサー

これ心理学ー?

Q生理予定日の一週間前にSEXしたら・・・

それが妊娠につながっていたとしたら、一週間後の生理は来なくなるんでしょうか?

とりあえずその生理だけはきて、その後は来ないとかですかねぇ?

Aベストアンサー

自分が生理予定日だと勝手に思い込んでいた日の1週間前が、実は生理予定日の2週間前=排卵日だったら、妊娠につながる可能性は高いです。
で、妊娠したら生理はぜぇったいに来ないので、「1週間後の生理は来なくなる」で正解です。

しかし、自分が思っていた生理予定日から本当に生理が開始するとしたら、つまりその日から生理が始まるよう体の準備が整っている状態だったら、その1週間前に行為があっても妊娠できないので=妊娠につながらないので、生理は来ます。

つまり、生理予定日の1週間前かどうかよりも、行為が妊娠につながったかどうかで、生理が来るか来ないか決まります。
予定日は、あくまでも予定日。結果論として「生理が本当に始まった日」の1週間前は、排卵はもう過ぎてるので、妊娠しないけど、「生理予定日」の1週間前は、排卵が遅れてたら妊娠する可能性があります。
排卵が遅れていたら、連動して生理も遅れます。

生理予定日の1週間前に、行為があったとして、それで妊娠した場合。
1週間後に生理を始める準備をしてたから、それは初めてしまうんじゃないか?と思ってしまうかもしれませんが、排卵し妊娠した段階で、次の生理を始める準備はストップしますので、「とりあえず、その生理だけは来る」っていう事はありません。

自分が生理予定日だと勝手に思い込んでいた日の1週間前が、実は生理予定日の2週間前=排卵日だったら、妊娠につながる可能性は高いです。
で、妊娠したら生理はぜぇったいに来ないので、「1週間後の生理は来なくなる」で正解です。

しかし、自分が思っていた生理予定日から本当に生理が開始するとしたら、つまりその日から生理が始まるよう体の準備が整っている状態だったら、その1週間前に行為があっても妊娠できないので=妊娠につながらないので、生理は来ます。

つまり、生理予定日の1週間前かど...続きを読む

Q神の存在を信じますか?

こんにちは。MSN相談箱、たまにお世話になっております。30代女性です。

皆さんは、神がいると思いますか?

信じている・信じていない 理由を教えてください。信じている方は宗教名も明記願います。

ちなみに私は無神論派です(あ、でも夜寝る前に神様云々・・・とお祈りしたことあるので無神論ではないかもですね)。
もし、全知全能の神がいるなら、世界はこんなに悲しい事(紛争・貧困・殺人など)が溢れているわけないですよね・・・。
学校は公立で、ミッションスクールではありませんでした。家には仏壇があります。

(凡人の頭脳ですので、分かりやすく書いて頂けたら嬉しいです。)

Aベストアンサー

渡りにくい物をわかりやすく説明することは出来ません。なぜならそこには大きな誤差を生じてしまうからです。

まず最初に、神はいずれかの宗教に属するから信じるものではありません。例えば貴方という存在は確実にあります。そして貴方の親から見た貴方を示す表現、男友達から見た貴方の表現、女友達から見た貴方、学校の先生から見た貴方、小学校の友人、大学の友人・・それは全て完全一致はしませんよね。
同様に太陽を見ても、核反応によっても悦天体と答える人もいれば、恵みの根源と答える人も、逆に全てを焼き尽くす恐怖と答える人もいるでしょう。
貴方や太陽という存在は確実に一つでも、見方や自分の求めるものによって解釈がことなる。神と宗教の関係も同じです。
私は神を信じ、カトリックですが、私の認める神は既にカトリックでもイスラムでも神道でもありません。私は神の本質を信じているからです。

貴方のおっしゃる全知全能の神はカトリックやユダヤ教、イスラムの「神」像でしかありません。しかも歪められた神の偶像でしかないのです。
 神や仏が自然の災害を避ける・・などとはキリストも釈迦もムハンマドもだれも言っていません。自然の驚異は自然の営みでしかないのです。そして私達はその荒波に漂う小さな小舟でしかありません。災害をなくしたら地球は死にます。月は営みが無いから自身も嵐もないけれど死の世界なのです。
いけるもの全ては障害を乗り越える事によってのみ進化します。シーラカンスはさほど苦難のある環境に居ないから大きな進化を遂げませんでした。生物もまた苦難がなくなれば絶滅するのみです。

紛争や貧困、様々な事件は神が起こしているのですか?人間ですよね。人間の努力不足で引き起こしていることを神の所為にするのはおかしいですよね。そういう人は自分が運動不足で太っても他人の所為だといい、楽して生きられないのは政府の所為だと言っている連中と同じです。

太陽は私達のために燃えているのではありません。でも私達は太陽によって存在しえるのです。だから私たちが今あるのは太陽のお陰。それが信仰の基盤となるものです。

祈りというのは自然な心の発揚です。自分の愛するものが平安な一生を送ってほしいと願うのは自然な気持ちです。
「神など居ないから願いなど持たない」「科学的根拠がないから願うのは無駄だ」「祈ったって祈らなくったって医学で治せばいい、それでもだめなものはダメなんだ」こういう人って情があると思いますか?
私はこういう人には情などないと思います。むしろそう考えている人は「情など無意味だ」と思っているんでしょうね。彼や彼女を作ったって愛しているからではない。単なる性欲処理でしょう。
それが無神論者ということですよ。いずれかの宗教の神を否定するから無神論ではありません。もしそのように言う人がいれば、それは単に知識の狭さを自慢しているだけに過ぎません。なぜなら冒頭に言ったように神は先に宗教ありき存在ではないからです。
また一つの宗教にこだわらない私も、神を信じていても無神論者という事になります。
無神論者が空に向かって祈る・・これを「虚しい」というのです。

太陽や月は別に何かを求めて存在しているのではありません。でも太陽は暖かさを生育を与えてくれますし、月は繁殖を与えてくれます。海の生物の多くは満月に繁殖します。これが「恵」です。対価を求めるものは取引です。
恵を与えてくれる物に感謝のできる人間は信仰のある人間です。そこに神性を感じるから感謝が出来ます。神=恵なのです。そこにあるものが「お陰」の心です。つまりお陰の心が無い祈りは商談取引でしかありません。つまり信仰ではないのです。
だから、神を信じれば何かをくれるという宗教の考えは信仰ではなく取引でしかないのです。

太陽の暖かさに「ありがたい」と思ったら素直にありがとうと言ってみましょう。明日も無事に過ごしたいと思ったら素直に声に出しましょう。それが祈りであり信仰なのです。
だれを信じるのではありません、神です。

渡りにくい物をわかりやすく説明することは出来ません。なぜならそこには大きな誤差を生じてしまうからです。

まず最初に、神はいずれかの宗教に属するから信じるものではありません。例えば貴方という存在は確実にあります。そして貴方の親から見た貴方を示す表現、男友達から見た貴方の表現、女友達から見た貴方、学校の先生から見た貴方、小学校の友人、大学の友人・・それは全て完全一致はしませんよね。
同様に太陽を見ても、核反応によっても悦天体と答える人もいれば、恵みの根源と答える人も、逆に全てを...続きを読む


人気Q&Aランキング