高砂市の民話・昔話・伝説を集め漫画化したいのですが、数が揃いません。
もしご存知の方、もしくはそれらが記載されている文献をご存知の方、ぜひ教えて下さい。
現在集まっているのは、石の宝殿・梅の井・藤の井・相生の松位です。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

よく、まとまっているものとしては、以下の2種があります。

購入・入手は困難でしょうが、図書館等で閲覧することは可能と思います。

・「日本伝説叢書 明石の巻」(藤沢衛彦/編、大正7年 日本伝説叢書刊行会=発行、1978年 すばる書房=復刻)
 :概ね、地域別になっています(大正時代の町村名ですが)。加古郡高砂町の伝説として、「地名説明伝説 高砂(たかさご)尾上(おのへ)」「居所伝説 天空月西上人(てんくうげっさいしょうにん)庵室跡」「居所伝説 天竺徳兵衛(てんじくとくべえ)」が採られています。

・「日本昔話通観 16 兵庫」(稲田浩二、小沢俊夫/責任編集、1978年 同朋舎=発行)
 :地域別の編集ではないので、高砂市のものだけ抽出することは困難かもしれませんが、兵庫県内で収録された民話が476編収録されています。)

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、図書館へ行ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/23 22:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の民話や説話にオオカミがあまり出てこないのはどうしてでしょうか?

西洋の民話ではオオカミは重要な役割を果たしています。
でも日本の民話にはあまりオオカミは登場してきません。
なぜでしょうか?
次のうち正解がありますか。
1.日本では人間とオオカミの接触が少なかった。
2.日本のオオカミは獰猛ではなく、畏怖の念がわかなかった。
3.実は日本の民話にオオカミはよく出てくる。(質問者が無知)


よろしくお願いします。
また、オオカミの出てくる民話があれば教えてください。

Aベストアンサー

Elimさんの言うとおり、日本は農耕民族でした。
そして、狼は畑の作物を食い荒らす狸やウサギなどを追い払ってくれました。それにより、日本人は畑を荒らされずにすみました。
日本人にとって、狼は益獣だったのです。

また、狼を山の神、山の神の使いとしてあがめていた所もあります。
というわけで狼を悪役に仕立て上げたくはなかったのでしょう。いい狼(?)が出てくる話ならあると思います。
このあたりは、「ドキドキ!ぜつめつ動物園」という本(漫画です)に日本狼について書いてあるのでもしよければ。

ちなみに絶滅理由ですが、山野の開発、狩猟の開始による餌の現象&狼も撃たれた、狂犬病などの病気が持ち込まれたという要因が重なって絶滅したようです。

Q「理科の”良い”授業の条件」について書かれた文献を探しています。ご存知の方いらっしゃいましたらご教授ください。

お世話になります。初等教員養成系の学部3年生です。
教育実習を通して、授業の善し悪しについて客観的な観点が欲しいな、と感じました。
そこで、いつかの社会科教育法の講義で、社会科の授業評価の観点について(残念なことに詳細を覚えていません。社会認識形成がなんたら・・・とか言っていた気がするのですが・・・)学んだことを思い出したのですが、その理科バージョンを探しています。

理科の”良い”授業とは、一口に言ってしまえば、理科の目標をできるだけ達成した授業ということになりますが、具体的にどのような授業であれば「科学的な見方や考え方を養う」ことができるのでしょうか。
たとえば、「取り扱う内容が一般的である」とか、「児童が応用していく余地がある」とかいったような(上述の社会科授業評価の観点がこんな感じでした)、”良い”授業の条件のようなものはないのでしょうか。そしてそういった観点についての到達度で理科の授業を評価する方法はないのでしょうか。

「理科 授業評価」で検索をかけても、大学講義の授業評価についてばかりがヒットしてしまいます。少し理科教育学の文献を調べても見たのですが、児童に対する評価法(これも間接的に授業評価につながるといえばそうなのですが)しか載っておらず、なかなかお目当ての話にたどり着けません。

キーワードだけでも教えていただければ幸いです。よろしくお願いします

お世話になります。初等教員養成系の学部3年生です。
教育実習を通して、授業の善し悪しについて客観的な観点が欲しいな、と感じました。
そこで、いつかの社会科教育法の講義で、社会科の授業評価の観点について(残念なことに詳細を覚えていません。社会認識形成がなんたら・・・とか言っていた気がするのですが・・・)学んだことを思い出したのですが、その理科バージョンを探しています。

理科の”良い”授業とは、一口に言ってしまえば、理科の目標をできるだけ達成した授業ということになりますが、具体...続きを読む

Aベストアンサー

以下のような小学校などと限定する検索で、いくつかの試みが見つかるかと思います。

ちょうど、ベネッセの書籍で、『移行措置対応のポイント 第3回 子どもが主体的に考える理科の指導』という特集がなされています。

情報誌ライブラリ(小学校向け) - Benesse教育研究開発センター
http://benesse.jp/berd/center/open/syo/index.shtml

授業評価シート - 宮城県登米市立北方小学校
http://www.cms-school.jp/kitakata/index.cfm/6,286,15,34,html

小学校 "授業評価" - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1+%22%E6%8E%88%E6%A5%AD%E8%A9%95%E4%BE%A1%22&lr=

Q民話の年越しについて

大変つまらないことを聞いているのかも知れませんが…

最近民話が気になってよく読むのですが、笠地蔵とか年末の客とか、年末にあることをした結果、正月に福を得る、というパターンの民話は結構多いように思います。民話も研究するといろいろ構造的に分析できるようですが、このパターンの民話に共通する何か寓意というか、隠された意味のようなものがあるのでしょうか。
それともやはり、単に正月はもの要りだから、ということに過ぎないのでしょうか。
下らないことかも知れませんが、下らないなら下らないと知りたいもので、どなたか詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

民俗社会では確かに年越しにかけて福がもたらされる、という民話がたくさんあります。

一番よく説明に出されるのは、#2のご回答にもあるように異人(マレビト)の来訪です。折口信夫の論考に代表されますが、正月など境界的な時期に人々を祝福するために訪れてくる異人、つまり来訪神の存在が古代日本には広く信じられており、人々はこの異人を歓待することを通じて福徳を得ていたことがこういう民話の素地になっている、というわけです。

実際に、「神を迎える」といって大歳の夜に火を焚く習俗は日本各地に今も残っています。大歳の夜の食事を特別視したり儀式化する風習もあります。こういう場合はむしろ「歳神」と呼ばれるのが多いと思いますが、いずれの場合も年が改まる際に家に神々を迎え入れ、丁重に扱うことで福をもたらしてもらおうとする信仰があると解釈されます。

この視点に立てば、「大歳の客」はこの「異人・歳神」信仰そのままだということになるでしょうし、笠地蔵のほうはその上に地蔵菩薩という仏教的な脚色が施された民話だ、ということになるでしょう。

ただ、これらの民話には別の解釈もされていないわけではありません。
特に大歳の客やその変奏である大歳の火など、異人の死と金という要素が強いことから、この民話の背景に、異人(この場合は神ではなく、ムラの外から訪れる遊行僧や旅の巡礼など)殺しと金品の強奪というモチーフを読み取る論考もされています。

これは小松和彦「異人論」で展開される論理ですが、異人の排除(死)によって金品がもたらされた、という記憶が歴史的に変形されたり、ある家の突然の隆盛がムラ人の集合的意識の中で伝説的に語られたりする中でこのようなパターンの民話が生まれるのではないか、と説明するものです。この場合は、上に述べた「歳神」の来訪に引き寄せられるようにして年末の出来事として語られるのだ、ということになるでしょう。

またさらに、「年越しにおけるケガレの逆転」といった解釈もされています(新谷尚紀の論考など)。
ケガレは両義的で微妙な概念です。普通は忌み嫌われるものですが、これが適切に祓われ処理された場合には、価値が逆転して福徳に転じるとする感覚がある、とするのです。

一方の異人そのものが「福徳と災厄」どちらの面も有した両義的で不安定な存在でもあります。ムラ人は、年末にあたりその両義的な異人に自分たちのケガレを託すことで、災厄をはらい、価値を転換して福徳がもたらされると考えたというわけで、これはちょうど厄年の人が厄払いのために大勢の人に餅や金品、ご馳走をふるまう心性がよりはっきりとした形で表されているのが、こういった民話なのだ、ということになります。
年越しは、古い一年が終わって新しい年が始まる、つまり一切の価値の更新が行われる時期ですから、特にこのケガレを祓うことが意識された時期であった、ということになります。

(これに関しては、特に葬送習俗の観点からも「笠地蔵」との関係も論じられますが、長くなりますのでここでは立ち入らないことにします)

民俗社会では確かに年越しにかけて福がもたらされる、という民話がたくさんあります。

一番よく説明に出されるのは、#2のご回答にもあるように異人(マレビト)の来訪です。折口信夫の論考に代表されますが、正月など境界的な時期に人々を祝福するために訪れてくる異人、つまり来訪神の存在が古代日本には広く信じられており、人々はこの異人を歓待することを通じて福徳を得ていたことがこういう民話の素地になっている、というわけです。

実際に、「神を迎える」といって大歳の夜に火を焚く習俗は日本各...続きを読む

Qキリスト教の聖書や、ギリシアの古典文献などの文献に、文章ごとに番号がつ

キリスト教の聖書や、ギリシアの古典文献などの文献に、文章ごとに番号がついていますね。たとえば、[ヨハネ:1:14]とあれば受肉という考え方の源泉であるとか。あのような番号を振るやり方は、ヘブライ語、ギリシア語、英語、日本語に共通ですから便利ですよね。おそらく近代西欧の文献学者が作り上げた方法だと思うのですが、あれは何というのでしょうか? つい最近まで情報処理工学で使っていた「コーデックス」がそれに該当する言葉だと思って使っていました。ところが、史学で使う「コデック」も、冊子という意味だそうで、巻物から冊子に変わった頃の3世紀頃から西欧では用いられていたそうですが、「文章番号をふる」という意味ではないですね。インデックスは、固有名詞などが出てくる頁ですし。 どなたか教えてください。

Aベストアンサー

ギリシャの古典文献はルネサンス期の校定本のページを参照する数字とアルファベットが付くものがあります。
定訳はありませんが英語ではpagenationといいます。

例えばプラトンの著作は「国家」は327aから621dの記号が振られており、書籍の体裁が違っていても同じ箇所を参照することができます。これは16世紀の編纂者ステパヌスによる「プラトン全集」でのページ番号とほぼ10行ごとにつけられたアルファベットで、その後に出版された校定本や翻訳なども踏襲しています。日本語訳とOxford Classical Textsを並べて参照したいときなども便利です。例えば「国家」第7巻冒頭には514aという番号が振られています。

http://plato-dialogues.org/stephanus.htm

3枚目の写真は「国家」7巻冒頭ですが、このページ数の514と、二つの組版(左がギリシャ語、右がラテン語訳)の間にA,B,Cと振られていますよね。これが番号の正体です。

複数ある手書きのcodexを整理して一つにまとめ組版して量産する過程で初めて用いられたものです。羊皮紙写本の時代にはなかった発想です。

言ってみればモーツァルトの楽曲に付いているケッヘル番号みたいなものです。

プラトンは以上の通りですが、ギリシャの古典文献でも叙事詩は巻と行番号、演劇は行番号というようにジャンルによる違いもあります。

ギリシャの古典文献はルネサンス期の校定本のページを参照する数字とアルファベットが付くものがあります。
定訳はありませんが英語ではpagenationといいます。

例えばプラトンの著作は「国家」は327aから621dの記号が振られており、書籍の体裁が違っていても同じ箇所を参照することができます。これは16世紀の編纂者ステパヌスによる「プラトン全集」でのページ番号とほぼ10行ごとにつけられたアルファベットで、その後に出版された校定本や翻訳なども踏襲しています。日本語訳とOxford Classical Textsを並べて...続きを読む

Q「イッサイガッサイ」という名前の犬が出てくるヨーロッパの民話をご存じないですか?

小学生のころに図書館で読んだ民話がずっと気になっています。
民話集に収められている短編の中の1つで、細かい内容は憶えていないのですが、「イッサイガッサイ」という変わった名前の犬が出てくるのが印象に残っています。

・短い話がたくさん入っている民話集で、ヨーロッパの民話だったと思います。
・「〇〇編」のように、シリーズで何冊も並んでいました。
・コミックスぐらいのサイズのハードカバーで、小学校高学年ぐらいが対象だと思います。
・ほかの話も聞いたことのない物が多く、わりとダークな感じの話がたくさんあったように記憶しています。
・父親と娘が森の小屋に住んでいて、娘は犬をかわいがっているが、父親はいじめていたような?

タイトルが分からず、内容もほとんど憶えていないため、色々検索してみるのですが見つかりません。
どなたか心当たりのある方いらっしゃいませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すみません、合っているかわからないのですが、図書館にあった民話のシリーズは、
ぎょうせいの「世界の民話」のシリーズではなかったでしょうか。
複数の子供向け図書館や学校の図書館に置いてあったのを覚えています。
リンクにある本は新装のもので収録作がすべて記載されているわけでもないので
お探しの話がこのシリーズに収録されているのかは分からないのですが、
「聞いたことない話が多く、わりとダークな感じの話がたくさん」というのには
当てはまっていると思います。

参考URL:http://www.gyosei.co.jp/home/bunya/bunya_category.html?category_code=104&subcategory_code=0014&kind_code=2

Q瀬戸内海を中心とする人魚の伝承・伝説・民話

世界では多くの人魚の伝説などがありますが、日本には
無いのでしょうか?
瀬戸内海を中心とする人魚の伝説
などはありますか?

Aベストアンサー

日本の人魚伝説と言われて、すぐに、昔古典で読んだ、「八百比丘尼伝説」を思い出しました。場所は覚えていないので探したらありましたよ。

↓不老長寿伝説 八百比丘尼
http://www.town.ano.mie.jp/bunka/yaobikuni.htm

ところが、この「八百比丘尼伝説」は東北から九州まで50もの市町村にあるのだそうです。
↓八百比丘尼の サミットとオペラ
http://www.town.ano.mie.jp/bunka/opera.htm

面白く感じたので、日本の人魚についてもっと検索してみたら、次のサイトを見つけましたよ。

↓リンク集<人魚伝説>
http://www.kaidan.net/site/ningyo.htm
※怪談ねっと http://www.kaidan.net/ より

Q幼い頃読んだ民話の本を探しています

民話の本について、詳しい方のお知恵を借りれますでしょうか。

今29歳なのですが、まだ小学生だったころ、祖父母が国内で旅行に出かけると必ずその地方の民話が書かれた本を、お土産に買ってきてくれました。
数十冊あった本は両親が処分してしまったのですが、祖父母が亡くなってしまった今、思い出として入手したいと考えています。
ですが、インターネットなどで検索しても出てこず。。。
ご存知の方がいらっしゃれば、どうか助けていただけませんでしょうか。

特徴は以下のとおりです。

・和綴じになっている。(紙自体は普通紙でした)
・A5サイズ、20ページ程の薄い本
・表紙は、地方によって差がありましたが、筆で書いた温かみのある絵
・内容は、その地方の民話(長者になった若者のお話だとか、観音様が現れたお話とか、鬼のお話とかです。記憶が定かでなくすみません)

どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

よく駅の土産物店で売っているものですね。
書籍というより、絵葉書や観光グッズを作っている会社が作っているもので、一般書店では入手できないのではないかと思います。文具売り場の外国人向けの日本みやげのコーナーで見かけたことがあります。
一例をあげておきますが、ご参考になるでしょうか。

参考URL:http://www.seikyokudo.co.jp/syouhin_Folder/wahon_Folder/wahon_top.html

Qガウシアンネットワークについて解説がある本・文献

いま強化学習によってオセロの手を決定するという論文を読んでいるのですが、
(Strategy Acquisition for the Game "Othello" Based on Reinforcement Learning)
この論文では盤面の良し悪しを評価する関数をニューラルネットワークの一種である
正規化ガウシアンネットワーク(normalized Gaussian network ,NGnet)を用いて
近似しているらしいというところまでは分かりました。

そこでニューラルネットワークについての参考書、文献を読んでいるのですが
なかなかガウシアンネットワークの説明が見つけられません。
ガウシアンネットワークについての説明、解説があるものをご存じでしたら
教えていただけないでしょうか。(できれば日本語であるとなお助かります)
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

normalized Gaussian network自体は初耳ですが、
名前から想像するに、
正規化したガウシアンを使ったニューラルネットワーク
ということですよね。

私の知っているニューラルネットの一種に、
Radial Basis Function(RBF)ネットワーク
というものがあります。
通常階層型ニューラルネットワークで
閾値関数(シグモイド関数)を用いる部分に、
閾値関数ではなくガウシアンを用いている
ネットワークです。

もしかしたら、NGnetとは、RBFの別名 or RBFを拡張なのでは..

:
:

と思ったのですが、気になったので調べてみました。
あんまり詳しいことはわからなかったのですが、
日本語のがありました。
やはり、RBFが元になってるもののようです。

Q日本の民話・神話などの本

小学校3年ぐらいのときに読んだ本なのですが・・・

物凄く学校で人気があってしょっちゅう借りてたのですが、書名がどうしても思い出せないんです^^;ご存知の方よろしくお願いします(>_<)

白いハードカバー本で300~400ページぐらいあって結構分厚かったです。

内容は民話と後、神話・怖いのも混ぜてあった気がしますがこれは自身ないです。。。

1巻から10巻ぐらいまであったように思います、また、日本の民話シリーズだけではなくて他にもありました。

少ない情報ですがよろしくお願いします!

Aベストアンサー

#1のmshr1962です。
>私の記憶ではこんなカラフルな表紙ではなくて、白くて何の絵も描かれていなかったので
前回紹介したページはちくま文庫で復刊されたものでした。
初版の立風書房のものはこちらです。絵はかかれてますがこちらの方が恐怖感はありますね。
http://www.i-hon.net/old_book/data/a00271.html

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報