知人がリトグラフというもの?をローンで買わされてしまいました。

  富士原弘基「瑠璃色の街」・・・65万円を5年ローンで95万円位
  戸川郁夫「ラ・ルナ」・・・60万円を5年ローンで85万円位

絵画などを取り扱っている画廊で契約したようです。
品物は作成中とやらで、まだ手元にはありません。
また、契約の際に画廊側から、「限定200枚しか刷らないから今後必ず作品の価格が上がっていく」と言われたそうです。
特に気に入って買ったとは言えないようなのですが、この値段は適正価格なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

絵画 値段」に関するQ&A: 絵画の値段について

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=188285
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリトグラフに関する質問

画家の描いたリトグラフが売られていますが、
どのようにして刷られているのでしょうか。
また、色はどのようにして再現できるのでしょうか?

Aベストアンサー

リトグラフ、多くの場合画家の絵を元に、版画の職人が作ります。
版、石灰石の上に描きます。その原版を濡らし、版面以外にインクが付かないようにして、ローラーでインクをつけて刷ります。

色、これは多色刷りのほかの版画と同じですね。色の数だけ版を用意して刷ります。数色で刷ることが多いですね。

リトグラフ、職人さんが作ることが多いのですが、画家が確認した上でサインを入れます。同じリトグラフでも、画家のサインのないポスターもあり、値段は全然違いますね。

Q画廊との契約書

QNo.3059307で、法律のカテゴリーで質問しましたが、回答がつかなかったのでこちらでも質問させてください。

自分は作家です。今度、画廊の専属作家になることになりました。しかし、日本の画廊は契約書を作っていないところがほとんどだといいます。自分の画廊もそうなので、契約書を作ってもらいたいと思います。

画廊と作家の間の契約書について検索してみたのですが、何も見つかりませんでした。実際に契約書を交わしている方、書き方をご存知の方、教えていただけませんか。内容は、契約期間、お互い浮気をしないこと、作品が売れたときのパーセンテージ等かな、と思うのですが。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 kouboupaさんのご意見が至極全うですが、やや理想も含めて。
 失礼ですが駆け出し、とのこと、常識的に考えれば先ずは委託販売という形になると思います。
とすれば、一番トラブルになるのは作品の受け渡しです。
つまりは画廊に作品をどの期間で渡すのか。前売りはそれほど大きな問題はありませんが、後売りの期間を決めておかないと渡したままでずるずると何ヶ月、
または一年と戻らないケースなどもあります。
納品しているの作品でなければ一度戻してもらって、後に話があれば改めて、という形でもいいですし、先方に預けたままにしておくのも考えの内でしょう。
 また、売れた作品の代金の支払いはどうなるか。
この世界は中には支払いの遅いコレクターもいます。それこそ一年がかりで、という話も珍しくはありません。
ですので非常に遅れるケースも踏まえて話をした方がいいかもしれません。
 一つ忘れていけないのは、画廊側も商売であること、です。
なんでもかんでも自分の主張、都合ばかりでなく、彼等も利益が上げられるよう、良きビジネス・パートナーでいられる環境も大切です。
正式な文書で契約書を交わすことも可能でしょうが、先ずは長期契約のみではなく、その会期ごとの簡単な契約とわけて見るのも一つですね。
あくまで紳士協定として、でもいいのではないでしょうか。
 ただ、これも画廊によって夫々やり方がありますので、他の作家とどのような契約をしているかを聞いて、その方針と自分が合うかどうかを決める事も重要です。
展覧会に際しての経費の持分など、場合によっては大幅な赤字になることもありえます。
 理想を言えば、画廊、作家、顧客は良き三角関係であるべきです。
画廊はより売れる作品を、作家はより自分が作りたい作品を、顧客はより自分が欲しい作品を求めます。
それは夫々が少しづつ違う観点で見られているものです。売れる作品が良い作品で、売れない作品が悪い作品とも限りません。
売れた作品はそれ相応の、売れなかった作品はそれなりの理由があるはずです。その中の真実と自分の作り出したい芸術観との鬩ぎ合いの中で新たな作品が生まれてくるはずです。
 ですので、販売に際しての画廊の姿勢は大変重要です。展覧会期間中はなるべく会場に足を運び、画廊側がどのような姿勢かを見極めること、そして見に来てくれた顧客と少しでも話をする事が大きな収穫になります。
もしそれが叶う画廊であるなら、生涯に亘って契約していくことが出来るでしょうし、最初は育ててもらうつもりで任せてしまった方がいいかもしれません。

 kouboupaさんのご意見が至極全うですが、やや理想も含めて。
 失礼ですが駆け出し、とのこと、常識的に考えれば先ずは委託販売という形になると思います。
とすれば、一番トラブルになるのは作品の受け渡しです。
つまりは画廊に作品をどの期間で渡すのか。前売りはそれほど大きな問題はありませんが、後売りの期間を決めておかないと渡したままでずるずると何ヶ月、
または一年と戻らないケースなどもあります。
納品しているの作品でなければ一度戻してもらって、後に話があれば改めて、という形でもい...続きを読む

Q画廊から連絡を求められた場合

美術大学の学園祭で展示をした所、二つの画廊から声がかかりました。自分の絵を評価してもらって、嬉しいと思う反面、「騙そうとしてるんじゃないか」と疑わしく思っている部分もあります。私は今二年生で、これまで作家になろうという熱い思いがあってやっていた訳ではなく、最近までは就職氷河期が来るから資格取らなきゃ!と漢検2級の試験勉強をしていたくらいです。
Aの画廊は、「詳しい資料を送りたいから住所を教えてほしい」というもので、Bの画廊は、絵につてのコメントと、電話番号とURLを書き残してありました。Bの画廊は具体的にどういう用件かも分からず、戸惑っています。

そこで質問です。
この二つの画廊には今すぐにでも連絡を取った方がいいですか?
それとも教授や助手さんからよく話を聞いてから、二、三日後に連絡をしても支障はないでしょうか?
連絡を取る際の注意点なども教えて下さい。

正直、嬉しいというよりも不安な気持ちの方が強いです。「画廊から声かかっちゃったりして~」とは話していましたが、本当にそういう事になるとは思っていませんでした。連絡用のノートだけは用意していましたが、名刺も作ってません。美術業界についてはかなり無知です。

それではよろしく御願します。

美術大学の学園祭で展示をした所、二つの画廊から声がかかりました。自分の絵を評価してもらって、嬉しいと思う反面、「騙そうとしてるんじゃないか」と疑わしく思っている部分もあります。私は今二年生で、これまで作家になろうという熱い思いがあってやっていた訳ではなく、最近までは就職氷河期が来るから資格取らなきゃ!と漢検2級の試験勉強をしていたくらいです。
Aの画廊は、「詳しい資料を送りたいから住所を教えてほしい」というもので、Bの画廊は、絵につてのコメントと、電話番号とURLを書き残してあ...続きを読む

Aベストアンサー

まず考えられることは、グループ展しませんかとか個展やってみませんか
という勧誘が考えられます。画廊も手当たりしだいに展示をOKする
ところばかりではなくて、画廊の色に合った作品を選ぶ場合があります
からヘッドハンティングや青田買いなどではなく勧誘の色が強いもの
です。

つぎに、気に入った作品があるので委託などで置いて見ませんかという
誘いですね。
売れたときの売り上げから販売手数料を差し引くやり方です。
それ以外はあまり考えられませんね・・・。
映画の小道具で油絵がいるから描いてみない?っていう誘いは聞いた事
がありますが。
基本的に長期の取り扱い作家として店に置く場合それなりの経歴と
紹介が必要なところが多いですから大きなコンペの入賞経験が
ない人っていうのは声をかけない場合がほとんどですね。

もし、会うのならやはり助手さんや、冷静にその場を判断できる第三者
を連れていくべきですね。契約やお金のことに詳しい人がいるなら
なお良いでしょう。騙す気はないでしょうが、なにかを契約するときは
だれか連れて行ったほうが心理的に安心しますしなんだかやばそうな
雰囲気になったら話題を連れて行った人にそらせるので好都合です。
電話やメールは会うと決めるまでは放っておいて構わないと思います。
たぶん向こうも慣れてるでしょうし、気がねいりませんよ。

まず考えられることは、グループ展しませんかとか個展やってみませんか
という勧誘が考えられます。画廊も手当たりしだいに展示をOKする
ところばかりではなくて、画廊の色に合った作品を選ぶ場合があります
からヘッドハンティングや青田買いなどではなく勧誘の色が強いもの
です。

つぎに、気に入った作品があるので委託などで置いて見ませんかという
誘いですね。
売れたときの売り上げから販売手数料を差し引くやり方です。
それ以外はあまり考えられませんね・・・。
映画の小道具で油絵がいる...続きを読む

Qアンシャンテという画廊を知っていますか?

ホームページで見つけたんですけどアンシャンテという画廊があります。そこで絵を買うかどうか迷っているのですが(インターネット通販のため少し不安)どなたか買った事がある人いませんか?
信頼できる会社でしょうか?
電話の対応やメールでの対応は非常に感じがよいのですが、相手が見えないもので・・・よろしくお願いします。

http://www.enchanteart.com/

Aベストアンサー

Google検索エンジンで、キーワード:アンシャンテ 絵画 で六百余りヒットします。
キーワードに クレ-ム OR 苦情 OR 悪質 OR 違反 OR 問題 を追加しましたら、ヒット数は「0」件です。
また追加キーワードを 怪しい としましたら2件出ましたが、違う事柄でした。
↑裏から検索したようなものです。

絶対的に保証するものではありませんが、相当信用できると思います。
また、流行作家ばかりでない事や、1枚物が多いのがよいと思います。

Q東京にある貸し画廊、貸しギャラリーを教えてください

新潟県にあるデザインの大学に通う21歳の女です。
来年の2月頃、卒業研究の展示を東京で行いたいと思うのですが、どこがいいのか全くわかりません。
条件としては、300m2以上の広さがあり、駅から近い、もしくは行きやすいところにあるスペースを希望しています。
かなり広い場所が必要なので、美術館やデパートなどもいいかもしれないと考えていますが、全くわかりません。
東京のこと自体もわからないので、この地域がいいというアドバイスでも、情報になるようなことでしたらなんでも教えてください。
また、美術系大学の先輩の声もお聞かせ願いたいと思っています。
どんな些細なことでも、ぜひお願いいたします。

Aベストアンサー

東京で美術関係の仕事をしているものです。正直言って、条件に合うスペースを探し出すのは困難です。
第一に、いま(12月の段階で)2月の貸し画廊の予約は取れません。ただでさえ都内の美大・デザイン学校の卒展で埋まっている時期ですので、これから問い合わせて希望通りの場所が空いている可能性はゼロに近いでしょう。
第二に、300平米ということは、100坪弱ですね。都内でそれだけのスペースは美術館以外にはほとんどありません。したがって、多くの美大は各区立美術館のギャラリースペースなどをかなり前から(抽選などで)獲得しています。また東京のデパートは学生の卒展に貸しだしていません。禁止されているわけではないと思いますが、デパートの画廊は基本的に作品を販売した際のマージンを利益としていますから、販売を前提としない展示はしません。仮にマージンではなく、テナント料によって貸し出すにしてもおそらく学生で払えるような料金にはならないでしょう。
第三に、料金の問題があります。たとえば銀座では10平米の小さな画廊で6日間10~20万円というのが相場です。もちろん建物の良し悪しや天井の高さ、またライトなどさまざまな条件の違いもありますし、広告を出してくれるかくれないかといった付帯的な要素もあるので、一概にはいえませんが。100平米の場所があったとして、割引してもらっても数百万円にはなるでしょう。
第四に、地方の方は東京といえば渋谷・新宿・原宿・六本木・銀座などすべてが都会でどこも同じ規模の施設と人が集まっていると思っているでしょう。(私も地方出身者なのでよくわかります)。しかし、隣接してはいても富山・石川・新潟に全く違う文化があるように、東京のそれぞれの街にも違いがあります。美術関係の展覧会はなんと言っても銀座とその周辺の京橋・日本橋が中心です。青山(表参道)は現代系の美術とデザイン系の画廊が比較的ありますが、数では銀座の比にはなりません。それ以外の地域にも画廊はあることはありますが、数は少なくしかも密集していないので、人目につきません。以前、東北地方にある美術系大学の学生が成増というところで卒展を開いていましたが、あまりの人の来なさに今年は別会場にしたようです。

条件を緩和したうえで、アドバイスできるとすれば以下の二点。一つは表参道にネスパスという新潟県の情報館があります。ここは展示スペースももっているので、相談してみてはどうでしょう。
http://nespace.info/

二つ目は銀座の比較的新しい画廊で銀座東和ギャラリーというのがあります。比較的広く(100平米強)で、グループ展や学科単位の卒展にも利用されているようです。
http://www.ginzatowagallery.com/galleryyotei.html

時間がありませんから、とにかく早く動いたほうがいいでしょう。駄目ならすぐに次の場所にあたった方がいいのでまた再質問してくださってもいいです。頑張ってください。

参考URL:http://nespace.info/

東京で美術関係の仕事をしているものです。正直言って、条件に合うスペースを探し出すのは困難です。
第一に、いま(12月の段階で)2月の貸し画廊の予約は取れません。ただでさえ都内の美大・デザイン学校の卒展で埋まっている時期ですので、これから問い合わせて希望通りの場所が空いている可能性はゼロに近いでしょう。
第二に、300平米ということは、100坪弱ですね。都内でそれだけのスペースは美術館以外にはほとんどありません。したがって、多くの美大は各区立美術館のギャラリースペースなどをか...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報