どなたか自分がメールを出してそのメールに広告を載せて収入がもらえる
というサービスをしているサイトを知っている人いませんか?
メールを"受信"して収入を得るのではなくて、あくまで自分が"送信"するメールに
広告を載せるというものです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分のサイトに広告をつけて広告収入を得るにはどうしたらよいでしょうか?

自分のサイトに広告をつけて広告収入を得たいです。アフィリエイトも申請がおりたんでやりはしますが、やはり「月20000円で半年契約」とかできる広告収入の方に力を入れたいんです。

[質問1] 単純リンクでなくて難しいプログラムが必須ですかね?
どうしても単なるリンクでなくて広告効果を計れるようなプログラミングを仕込まないとダメでしょうか? 企業サイトでやってるような・・・。

[質問2] フリーもしくは安い価格で広告効果測定プログラムがないでしょうか?
もしも広告効果測定プログラムが必要だとしたら、知識が無いため何かを利用しなければならんと思っとりますが、良いものがないでしょうか?

[質問3] 広告の価格設定はどんな考え方で求めたらいいですかね?
高い価格じゃぁ買ってくれないだろうし、安過ぎてももったいないだろうし、「そんなもんコレに決まっとるがな」的な計算式などないですかね?

[質問4] 広告掲載依頼の営業方法はどうすればいいでしょうか。
広告掲載依頼はどこにどうやって勧誘すればいいのですかね?
広告出してくれそうなのはネットショップさんですが、やはり一軒一軒メールしてかんと無理ですか? 一括でできるサイトないんですかね?

皆さんどのようにしているんでしょうか。「バカ、オマエこうやるんだよ」的なズバッとスルドいアドバイスを期待しとります。もちろんやってなくても知ってるぞってことでも構いません。
ヨロシクヨロシク頼んます

自分のサイトに広告をつけて広告収入を得たいです。アフィリエイトも申請がおりたんでやりはしますが、やはり「月20000円で半年契約」とかできる広告収入の方に力を入れたいんです。

[質問1] 単純リンクでなくて難しいプログラムが必須ですかね?
どうしても単なるリンクでなくて広告効果を計れるようなプログラミングを仕込まないとダメでしょうか? 企業サイトでやってるような・・・。

[質問2] フリーもしくは安い価格で広告効果測定プログラムがないでしょうか?
もしも広告効果測定プログラムが必...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえず、アドセンスなどをお勧めします。

月2万円の広告代をかせぐサイトだと、個人でフリーソフトを使うのはムリでしょう。

ご自分のサイト自体に、見てくれる人を引き付ける魅力がないと、だれも相手にしてくれません。
また、多数の人が見てくれるサイトであれば、アドセンスで、それくらいの収入は得られると思います。

まず、グーグルランクで、最低4程度は確保してください。
話は、それからです。

Qメルマガ等に載せた広告をクリックしてもらって収入が入る、というのはあるのですか?

ホームページ上に載せたバナーをクリックしてもらって10円の収入、というのはありますが、無料メルマガ等に載せた広告をクリックしてもらって収入が発生する、という形態はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

あるようですよ。
私も無料メルマガで、だれもクリックしないとはけしからんという趣旨の号がありました。

Q自ら広告主と契約し、収入を得る際

アフィリエイトなどではなく、自分で広告主と契約して広告収入を得る場合、事業者登録など法律上の手続きは必要でしょうか?当方会社員です

Aベストアンサー

継続的に収入がある場合は「事業所得」に、断続的な場合は「雑所得」となります。

事業所得や雑所得は、収入から経費を引いた額が利益(事業所得又は雑所得)となります。

事業所得や雑所得と給与所得の合計から、基礎控除38万円・配偶者控除・社会保険料控除(国民健康保険・国民年金)などを引いた額が課税所得となり、これに所得税率を掛けたものが納付する所得税です。
納付する所得税がある場合に確定申告が必要になります。

本来は、開業から1ケ月以内に開業届を提出する必要が有りますが、納付すべき税額が有るときに申告と納税をすれば、開業届を提出しなくても問題はありません。

経費については、自宅で行なう場合は、光熱費など生活と共通するものについては、使用面積比など合理的な基準で按分して、事業分は経費として処理できます。
又、パソコンなどの備品は、10万円以下なら購入時の経費に、10万円以上20万円未満なら3年間で均等償却となります。
但し、今年購入したもので、青色申告をしていれば、30万円以下の場合は、一括して購入時の経費に出来ます。

又、賃貸の場合の家賃・自己所有の場合の建物の減価償却費も使用面積比で按分して経費に出来ます。

その他、事業所得の経費については、下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/2210.htm

最後になりましたが、給与所得者の場合、給与以外の所得が年間20万円以下であれば申告の必要が有りませんが、医療費控除などを受けるために確定申告をする場合は、20万円以下の所得も含めて、全ての所得を申告をする必要が有ります。

又、この制度は所得税に限られますから、住民税については、20万円以下の所得も全て申告する必要が有ります。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1350.htm

継続的に収入がある場合は「事業所得」に、断続的な場合は「雑所得」となります。

事業所得や雑所得は、収入から経費を引いた額が利益(事業所得又は雑所得)となります。

事業所得や雑所得と給与所得の合計から、基礎控除38万円・配偶者控除・社会保険料控除(国民健康保険・国民年金)などを引いた額が課税所得となり、これに所得税率を掛けたものが納付する所得税です。
納付する所得税がある場合に確定申告が必要になります。

本来は、開業から1ケ月以内に開業届を提出する必要が有りますが、納...続きを読む

Qブログ?メルマガ?迷っています。(広告収入を得たい!)

こんばんは。

私はある技術系ページを運用しており、それに関する小冊子もそこで販売しております。一日にある程度まとまったアクセスがあります。

そこで、それを利用して、メルマガかブログを始め、自分のサイトの広告をし、それと同時に他人の広告を有料で載せ収入を得る方法を考えています。そこで・・・

1 メルマガ利用

この場合、購読者には私がメルマガを発行するたびにに情報が届きますよね?でも同時に購読者を増やす努力が大変のような気がします。ただ購読者が増えれば有料広告の申込者が増える望みが高い気がします(○○人に広告できます!見たいなキャッチフレーズで)。特に私のサイトに関連する商売はたくさんあるので。

2 ブログ利用

トラックバックなどを利用して、自分のサイトへの誘導はこちらの方が良い気がします。またメルマガと違い、たまたま見つけてくれる人も多くなるように思います。しかし、他人の有料広告を載せるようなところまで行くには相当のアクセスがないと駄目な感じがしています。それと、ブログの広告ってその日その時のサイト訪問者にしか見てもらえないから、広告料は安くなる気がしています。(メルマガの場合は解除しない限り届きますので購読者数は大体増えて行きますよね?)

さて以上がメルマガ・ブログに関しては素人の私の感想なのですが、何か間違っている点はありますか?主に「広告収入」を得るにはどちらがいいのでしょうか?そもそもブログでの「広告収入」はメジャーなのでしょうか?素人なのでとんでもない事を行っているかもしれませんが、宜しくお願いします。

(私のサイト自体はそれなりの「人気サイト」ですがデザイン上、サイトでの他の広告はしないようにしています。)

こんばんは。

私はある技術系ページを運用しており、それに関する小冊子もそこで販売しております。一日にある程度まとまったアクセスがあります。

そこで、それを利用して、メルマガかブログを始め、自分のサイトの広告をし、それと同時に他人の広告を有料で載せ収入を得る方法を考えています。そこで・・・

1 メルマガ利用

この場合、購読者には私がメルマガを発行するたびにに情報が届きますよね?でも同時に購読者を増やす努力が大変のような気がします。ただ購読者が増えれば有料広告の申込者...続きを読む

Aベストアンサー

まずメルマガですが、著しく効果が下がっています。
何万・何十万メールアドレスがある!
と威張っているのは昔の話。
今は、マーケティングが重要で、アドレス数よりも、アドレスの中身です。それぞれターゲットにあった内容で、それぞれにあった文章で送信しないと、意味がない状態となっています。
また、定期的に送信する事が必須で、これを怠ると、メルマガは確実に死にます。
通常、1日に受け取るメールが100通を越すと、メールマガジンはゴミ箱行きとなるからです。

これに対して、最近、注目を浴びているのがブログです。
ブログは、受動的ですが、中身がある場合、能動的な媒体となっています。
見る側が「いつでも好きな時」にアクセスし、読む。
メルマガと一見、似ていますが、情報が氾濫しているネットでは、ブログの方が安定性がある!という認識が強くなっています。

このため、コラムなどを、上手にブログ形式として展開しているサイトは多くのアクセスを獲得しています

このような現状から、ブログをオススメします。
でも、まだメルマガに比べて、ブログの広告は初期のため、広告は試行錯誤している現状です。
的はずれな回答かもしれませんが、ご検討下さい

まずメルマガですが、著しく効果が下がっています。
何万・何十万メールアドレスがある!
と威張っているのは昔の話。
今は、マーケティングが重要で、アドレス数よりも、アドレスの中身です。それぞれターゲットにあった内容で、それぞれにあった文章で送信しないと、意味がない状態となっています。
また、定期的に送信する事が必須で、これを怠ると、メルマガは確実に死にます。
通常、1日に受け取るメールが100通を越すと、メールマガジンはゴミ箱行きとなるからです。

これに対して、最近、注目...続きを読む

Q[企業広告] 高校生の出版同人雑誌に広告を載せます。でも、やさしくしたいんです。

こんにちは。

近所の高校の文化祭で発行される同人雑誌に広告を載せることになりました。同人誌の内容は、漫画(劇画?)のようなのであまり硬い広告は避けたほうが良いと思っています。

わが社は、物を作り出しているのですが、おそらく高校生には直接関係の無いものです。

サイズはB7、白黒のみ。

そこで、イメージ広告を考えているのですが、物を作り出していると言う点から「あなたのxxを形にします。」見たいな感じで展開しようと思っていますが、B7は結構広くて全体的なイメージが固まりません。
※頂いたサンプルには、「あなたの夢かなえます。」とか書いてあるので、上記案も厳しいかもしれません(笑。

何か、面白いアイデアや、参考になるものがありましたら教えていただけると助かります。

なお、仕事を取るための広告にはしません。高校生の同人誌発行の手助けになればと思っていますので。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

表現は柔らかでも、企業広告としての芯は必要でしょう。
金銭支援目的のボランティア広告で、高校生は顧客になり得ないとしても。
何も伝わらない広告では、一瞬でもその程度の会社として見られます。文字だけの「**パン屋」という広告よりは一行でも「健康づくりのお手伝い/**パン屋」というメッセージの入った方が、何かが伝わると考えます。

経営理念があり、そこから導き出される経営・技術開発方針があり、それは商品として具現化されるはず。
あなたの会社の「コダワリ」は何ですかね。例え商品が何であれ「うちのはこんなところにノウハウがぎっしり詰まってんだ」「何かおもしろそうな会社」と言うところは伝えられると思います。そんなテーマが決まればどんな表現にすればいいか、アイディアも出やすいんじゃないですかね。興味を持って就職活動で志望してくれる高校生もいるかもしれません。最近はやっている漫画にもそういう特定分野にこだわった作品(料理人とかワインとか鉄工所とかメイドとか)が多いように見えます。

うちの会社も協賛や主催でパンフなどに広告を出す機会があるのですが、そんな広告を作りたいと考えています(それが私自身のコダワリ)。
一千万からする商品なので、万が一高校生が気に入っても「パパあれ買って」とは行きませんが。

参考になれば幸いです。

表現は柔らかでも、企業広告としての芯は必要でしょう。
金銭支援目的のボランティア広告で、高校生は顧客になり得ないとしても。
何も伝わらない広告では、一瞬でもその程度の会社として見られます。文字だけの「**パン屋」という広告よりは一行でも「健康づくりのお手伝い/**パン屋」というメッセージの入った方が、何かが伝わると考えます。

経営理念があり、そこから導き出される経営・技術開発方針があり、それは商品として具現化されるはず。
あなたの会社の「コダワリ」は何ですかね。例え商品...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報