エステル結合について調べているのですが
「エステル結合とはグリセロールと脂肪酸からH2Oが
 とれて結合したもの」
としかありませんでした。
もっと詳しいことを調べたいのですが参考文献などがあれば教えていただけると嬉しいです。
また、エステル結合とエステル交換反応は全く別のものですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 ご質問になられてから大分経ちますので,既に解決されたかも知れませんが。



・エステル結合の何についてお調べになっているのでしょうか?
・どの程度のレベルの事をお調べになりたいのでしょうか?

 これらの点をお示しいただかないと充分な回答が得られないかと思います。まだ解決していないようでしたら補足下さい。

 簡単には MiJun さんお示しの参考 URL にある回答などを参考に,高校化学の教科書や参考書をご覧下さい。もう少しレベルが上の事でしたら,大学の有機化学の教科書をご覧下さい。

 なお,エステル結合とは「グリセロールと脂肪酸からH2Oがとれて結合したもの」ではありません。これもエステル結合の一種ですが,一般的に言えば,「酸とアルコ-ル又はフェノ-ルが脱水縮合してできる結合」です。ですので,酸は脂肪酸に限らずリン酸や硫酸のエステルもあります。同様に,グリセロ-ル以外にもエタノ-ルやメタノ-ル等のアルコ-ルやフェノ-ル(時にはエノ-ル等も)のエステルが存在します。

 「エステル結合」は上に示した通り「結合」の種類で,「エステル交換反応」は「エステルが別のエステルに換わる反応」の事です。

 いかがでしょうか。必要なら補足下さい。
    • good
    • 0

MiJunです。


追加情報です。

「高校化学」程度であれば、以下の参考URLサイトで紹介されているサイトも参考になります。

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=113628
    • good
    • 0

>エーテル結合は.アルコールと脂肪酸が結合して水が出来る反応で出来る結合で


ミスタイプだと思いますが、「エーテル結合」⇒「エステル結合」です。

「エステル交換」に関しては、以下のURLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=178751
この中でrei00さんの回答が参考になります。

このような基礎的な事項に関しては、まず自分(!)で図書館で最初に辞書類(例えば化学大辞典等)を調べる習慣を付けてください。さらに、この場合であれば有機化学の基礎の成書のように関連分野の成書を探してください。

ご参考まで。
    • good
    • 0

図書館か.大きな理工書のそろっている本屋の化学関係の本の売り場で


「有機合成化学」と書いてある本ならば.大体載っています。
脂肪酸は.炭化水素鎖(CH3-(CH2)n-なんて感じの化合物の一部分)とカルボキシル基(-COOH)がついたもの.
アルコールは.炭化水素鎖とアルコール性OH基がついたもの.
フェーノールは.共役二重結合の炭化水素(ベンゼンのような6いんかん化合物)とフェノール性OHがついたもの。
フルコール性OHとフェノール性OHは.OHのついている炭素が共役二重結合で他の炭素でつながっているかの違い

エステル結合は.アルコールと脂肪酸が結合して水が出来る反応で出来る結合で
R-CO-O-R'
という感じの結合の-CO-O-の部分です。(Rは炭化水素鎖の略号)

エステル交換反応は.複数の組み合わせのエステルを混ぜておくと.脂肪酸とアルコールの組み合わせがが変化してしまうという反応です。

このあたりの話しを覚えておいて.有機合成化学の本なんでもいいですから.よめぱ大体見当つくと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脂肪酸から脂肪族アミン

鎖長はほぼ変えずに脂肪酸から脂肪族アミンはどういうスキームで合成されますか?

Aベストアンサー

天延物については良く知りませんが、通常、酸→アルコール(またはイミン)→アミンとするのだと思います。

Qグリセリン脂肪酸エステル

こんばんは。
グリセリン脂肪酸エステルが調整剤として入っているサプリを飲んでいます。
何気なくネットで調べたら、このグリセリン脂肪酸エステルについて、
「発ガン物質。動物実験で立証済み」と書いたサイトと、
「通常の食事で摂取する脂質と同じ物質。
グリセリン脂肪酸エステル自体は無害」と書いたサイトの2種類があり、
どちらが本当なのか、とても不安に感じています。
グリセリン脂肪酸エステルの安全性について教えて下さい。

Aベストアンサー

「脂肪酸」と呼ばれるものはひとつではないので(ステアリン酸、オレイン酸など)、
「グリセリン脂肪酸エステル」といった場合も、ひとつに絞れません。

ただ、基本的にはご覧になったサイトの「通常の食事で摂取する脂質と同じ物質」
との記述が正しいと思います。
(但し、上記脂肪酸が特殊なものでなければ、です)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%82%E8%82%AA


> 発ガン物質。動物実験で立証済み

これは、グリセリン脂肪酸エステルそのものではなく、それが酸化されて生じた
「過酸化脂質」のことだと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8E%E9%85%B8%E5%8C%96%E8%84%82%E8%B3%AA

つまり、「グリセリン脂肪酸エステル」の脂肪酸が「不飽和脂肪酸」といわれる
ものだった場合は、精製時や保管時の管理がずさんだったりすると、そこで
過酸化脂質が生じて、結果的に発がん性が示されることがある、ということです。
(サプリメントであれば、やはり信用のおけるメーカーのものが無難、ということに
 なるかと思います)
*ここ数年、そういう面での信用性が揺らいでいるのが問題ですが・・・(汗)*

「脂肪酸」と呼ばれるものはひとつではないので(ステアリン酸、オレイン酸など)、
「グリセリン脂肪酸エステル」といった場合も、ひとつに絞れません。

ただ、基本的にはご覧になったサイトの「通常の食事で摂取する脂質と同じ物質」
との記述が正しいと思います。
(但し、上記脂肪酸が特殊なものでなければ、です)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%82%E8%82%AA


> 発ガン物質。動物実験で立証済み

これは、グリセリン脂肪酸エステルそのものではなく、それが酸化されて生じた
「過酸化脂質」...続きを読む

Q【化学】皮脂は高級脂肪酸だそうですが高級脂肪酸って何ですか? 普通の脂肪と何が違うんですか? 普

【化学】皮脂は高級脂肪酸だそうですが高級脂肪酸って何ですか?

普通の脂肪と何が違うんですか?

普通の脂肪酸は下級脂肪酸?

下級脂肪酸というのはあるんですか?

Aベストアンサー

分子構造に長いアルキル基を持つエステル酸を高級脂肪酸と呼ぶ。ステアリン酸やリノール酸など。
グリセリンのような多価のアルコールがエステル酸と結びついたものが脂肪。

Qエーテル結合 エステル結合 アミド結合

主要な官能基はだいたい~~基という名前なのに
エステル結合、エーテル結合、アミド結合 は~~結合という名前ですよね
エステル基などという場合もありますが多くはエステル結合などとよんでいますよね

これはなぜですか?
素直にエステル基、エーテル基、アミド基と呼べばいいのと思うのですが?

もしかして「エステル結合」は官能基の名前ではなく結合自体を指しているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的に、アルボニル基とかアミノ基というのと同列でエステルやアミドを語る時にはエステル基とかアミノ基と言うことが多いと思います。

それに対して,エステル結合とかアミド結合という場合には、たとえば、ポリエステルとかペプチドのように、小さい単位をつなげている官能基と言う主旨で使われることが多いので、それをつなげている官能基と言う意味でエステル結合とかアミド結合と使うんじゃないですか。

個人的にはエステル結合という言い方はほとんどしませんし、アミド結合にしてもタンパク質とかポリアミドの場合ぐらいです。だとすれば、生体高分子とかポリマーを扱う人はエステル結合やアミド結合という言葉の使用頻度が高くなるでしょうし、低分子を扱う人はエステル基(単にエステルと呼ぶことが多いですが)とかアミド(基)と呼ぶことが多くなると思いますよ。

要は、官能基と見るか、構成単位をつないでいる原子団としてみるかの違いじゃないですか。ある意味、単なる習慣と言ってもいいのかもしれませんけど。

Q脂肪酸、体にいいの?悪いの?

脂肪酸、体にいいの?悪いの?

脂肪は、脂肪酸とグリセリンがエステルとくっついて、「グリセリド」になる、と本に書いてあります。

そもそも、脂肪酸は体内でしか作られないのでしょうか?

その脂肪酸は、体に悪いのでしょうか?

Aベストアンサー

体に良く体に悪いです。
脂肪酸と一口に言っても非常に多くの脂肪酸がありますし、
同じものであっても量によって作用は変わりますので、
「脂肪酸」というおおざっぱな括りでは冒頭のこと以外何とも言うことはできません。

>脂肪は、脂肪酸とグリセリンがエステルとくっついて、「グリセリド」になる、
何ですか、そのしっちゃかめっちゃかなことを書いている本は。
脂肪酸とグリセリンが結合し(この結合がエステル結合と呼ばれる)、
その結果できたグリセリドが脂肪の最も基本的な構造です。
言い換えれば、脂肪は脂肪酸とグリセリンからできているのです。
高校化学で学ぶ脂肪の超基本部分です。

Qエステルについて C4H8O2で表されるエステルで、 回答には三種類しか書いてなかったのですが、私が

エステルについて
C4H8O2で表されるエステルで、
回答には三種類しか書いてなかったのですが、私が緑色で書いたものもエステルとよびますよね?
なぜ書いていないのですか?

Aベストアンサー

そうです4種類あります
・ギ酸プロピル:HCOOCH2CH2CH3
・ギ酸イソプロピル:HCOOCH(CH3)2
・酢酸エチル:CH3COOCH2CH3
・プロピオン酸メチル:CH3CH2COOCH3

あなたが手書きしたものはプロピオン酸メチルだと思いますが、
構造式がチト違う。
手書きしたものは、CH3CH2OCOCH3になってる。
正しくは、CH3CH2COOCH3(図の通り)

Q無機酸を入れた際の脂肪酸の析出

エタノールアミンと脂肪酸の水溶液に硝酸を入れると脂肪酸が析出しました。この時この溶液内でどの様なことが起こり脂肪酸が析出してくるのかなるべく詳しく教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

 ご質問の反応を実際にやったこともありませんし、エタノールアミンやら脂肪酸がどの程度の性質かをよく知っているわけでもありませんので、おおよそどんな反応が起きるだろうなあ、という推測をお答えします。

 エタノールアミンをH2NCH2CH2OH、脂肪酸をRCOOH、硝酸をHNO3と表します。
 最初のエタノールアミンと脂肪酸の水溶液中では、アミンとカルボン酸の中和反応により、
RCOO- + H3N(+)CH2CH2OH
が存在していると思われます。
 そこに硝酸を入れたときですが、
・弱酸の塩に強酸を加えると、弱酸が遊離して、強酸の塩ができる
という経験則があり、それに従います。今、硝酸が強酸、脂肪酸が弱酸に該当しますので、脂肪酸の塩から脂肪酸が遊離して、硝酸の塩ができる、という変化が起こると思われます。式で書くと、
RCOO- + H3N(+)CH2CH2OH + HNO3 → RCOOH + H3N(+)CH2CH2OH + NO3-
となります。
 ここで脂肪酸についてですが、ギ酸、酢酸、プロピオン酸なら水と容易に混ざりますが、炭素数がそれより多くなると油溶性になります。「脂肪酸が析出した」とありますので、今水溶液中であることから、この問題での脂肪酸RCOOHは、炭素数がある程度大きい、油溶性の脂肪酸と考えられます。上の反応により、RCOO-と水溶性であったものが、RCOOHの形で油溶性になったので、脂肪酸が析出した、と考えられます。

 ご質問の反応を実際にやったこともありませんし、エタノールアミンやら脂肪酸がどの程度の性質かをよく知っているわけでもありませんので、おおよそどんな反応が起きるだろうなあ、という推測をお答えします。

 エタノールアミンをH2NCH2CH2OH、脂肪酸をRCOOH、硝酸をHNO3と表します。
 最初のエタノールアミンと脂肪酸の水溶液中では、アミンとカルボン酸の中和反応により、
RCOO- + H3N(+)CH2CH2OH
が存在していると思われます。
 そこに硝酸を入れたときですが、
・弱酸の塩に強酸を加えると、弱...続きを読む

Q酸性アミノ酸である、アスパラギン酸やグルタミン酸とマンノースは結合できますか?

酸性アミノ酸である、アスパラギン酸やグルタミン酸とマンノースは結合できますか?

マンノースにカルボキシル基を持たせたいのです。

Aベストアンサー

結論から言いますと、できると思いますが

・マンノースの5つある水酸基のうち、どの部分に結合させるか
・アミノ酸のどの部分と結合させるか
(N-グリコシル化?それとも片方のCOOHとラクトンを形成?)

この2点を制御して、1種類の生成物を得るのは難しいと思います。

Qショ糖脂肪酸エステルのヒートシール阻害の理由は?

食品用プラスチックフィルムのシーラントフィルム(熱融着フィルム)面にショ糖脂肪酸エステルを塗布し、シール(熱融着)して袋を作ることを考えています。
しかしショ糖脂肪酸エステルを塗布したフィルムはシールできませんでした。
グリセリン脂肪酸エステルやソルビタン脂肪酸エステルを同様の方法で塗布しましたが、こちらはどちらもシールすることができました。
何故ショ糖脂肪酸エステルだけがシールできないのでしょうか。
理由の分かる方、教えてください。
また何らかの方法によって、ショ糖脂肪酸エステルはシールすることができるようになるのでしょうか。色々用途を考えると、ショ糖脂肪酸エステルが良いので、これを使いたいと思っています。

Aベストアンサー

ショ糖脂肪酸エステルは、製造条件によって親水性から親油性までの幅広いHLB(Hydrophile-Lipophile Balance Value)のグレードが製造されています。特に高HLB品は親水性が高く、これは、ショ糖脂肪酸エステルには、脂肪酸と結合するショ糖1分子中のOH基の数が、他の乳化剤より多いためです。ショ糖脂肪酸エステルは乳化性能をはじめ、可溶化性能、油脂の結晶成長抑制能、離型性が良くなり歩留まりが向上する滑沢性能、耐熱性菌に対する抗菌性能などの多くの機能を有しています。

滑沢性能の高さあたりが、原因かと考えられます。低HLB品のショ糖脂肪酸エステルにすればシールできる可能性が高いと思われます。

Q塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合している

塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合しているんですか?配位結合なのかなぁとは思うんですが、それでもどの原子の電子がどこにどう使われたかががわかりません。ほかにもチオ硫酸イオンや亜硫酸イオンについても教えていただきたいです。

Aベストアンサー

これ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5896465.html
やこれ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4948580.html
やこれ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8
をご覧下さい。

各種オキソ酸などに見られる中心元素とOとの結合は配位結合でなく二重結合性で、
形式的にオクテット(最外殻電子8個)を満たしていません。
この二重結合は、O=Oなどの通常の二重結合とは異なっていて、どこの電子が~とは簡単に言えません。
とりあえずそんなものなのだなあ、と思っていてください。


人気Q&Aランキング