アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

当方、30人程度のデザイン会社を東京都内で経営している34歳の男です。

社内でデザインを出来る人間はたくさんいるが、プログラミングやサーバ、データベースなどを得意とする人間がいないので、求人をかけてみてもあまりぱっとした人間が集まらない。

また、社内でも起業家精神を持って、自分のため会社のためにがんがん働こうという人間もあまりいず・・・

そこで、起業家精神を持った人間でなおかつIT関係が得意な人間と知り合える場に積極的に足を運び、知り合いになってから、スカウトまたは外注などしたいと思っているのですが、どこかそのような場を教えていただけませんか?

物理的な場ではなく、サイトでもOKです。ただし、きちんとアプローチできるような場でなければなりません。

こちらがある程度エンジェルてきな存在になってもいいかとも思っております。

または、私が手伝います!という人がいらっしゃっても結構なのですが。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

商工会に行って相談してみたら如何でしょうか?


地域によるでしょうが商売人と仲良くしていれば自然と
いろいろ横のつながりで紹介して貰えますよ
うまくいけばSOHOなどで活躍されている個人事業者が見つかると思います。
あと、技術者に関しては貴殿の感じられているとおりパソコンオタクや
趣味の延長の人は実はシステム屋には向いていません。
(目指す人は結構多いですが挫折する人も多いです。)
よいシステム屋は技術を駆使するのではなくてお客様とよく
コミュニケーションをとり(これができなくて挫折も結構いる)
プログラムなどに特種な命令など使わずわかりやすく作るようにし
安心して動作し目的が達成できる事を目指しますからパソコンオタクのような
最新の命令を使い最新のパソコンやOSを使う事は逆に避けます。
ちょっと考えればわかりますが最新のOSや機器は必ずなんらかの
バグがありますので仕事としてシステム設計をしている人間と
しては避けたいというのが本音です。
よってSOHO等に頼む場合は以前どういった仕事をしていたか
簡単に伺った上、頼む方がいいと思います。
趣味の延長で起業した人や起業目指す人はなかなかこういった
最新の物に飛びつく癖は抜けませんので注意して下さい。
最悪な場合は趣味のための実験台にされてしまうかもしれませんからね

頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました!

以前も技術力はある若者を採用しましたが、時間にルーズで、非常に扱いづらかったことがあります。

ありがとうございます!

お礼日時:2006/01/10 19:08

No5です。


私VBAはやった事ないのですがVBは現在さわっています。
WEBの方ではPHP,CGI,JAVA,ASP、DBはACCESS,MYSQL,ORACLEなどで開発した経験があります。
自分が会社に入ると同時にシステムに力を入れるようなので詳しい話を聞きたいなと思いました。
会社のHPなどありますでしょうか?
    • good
    • 0

>プログラミングやサーバ、データベースなどを得意とする


>人間がいないので
プログラムにも色々種類があると思いますがどの様なプログラムがあるのでしょうか?

自分が4月から働く会社がシステムもやっているので
興味がありレス致しました。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます!

プログラミングは基本的にウェブ上のCGI&SQLと、社内業務管理用のAccessにおけるVBAです。

補足日時:2006/01/19 14:49
    • good
    • 0

優秀なエンジニアと知り合うには、その分野の勉強会に参加するのが一番で


ないかと思います。例えば "PHP 勉強会" で検索すれば、PHP を積極的に
学ぼうとする技術者の集まりが見つかるかと思います。

ただ、出来るエンジニアは既に仕事を持っているのが普通なので、すぐに
仕事を頼むのは難しいかもしれません。短期的には、ビジネスマッチングの
サイトを利用するのも一つの手ではないでしょうか。

参考URL:http://business.rakuten.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

楽天にそのようなサービスもあったんですね!

見てみます。

ありがとうございます、

お礼日時:2006/01/10 14:52

>また優秀な人間が必ずシステム屋に就職するわけではないと思いますよ。



技術屋は、技術そのものが目的だったりするので、
デザイン会社では環境が不足していると思います。
それに、一人では解決できない場面も多々あり得ます。

>結局普通の方法で気長に行くしかないのですかね(^.^)

あとは、知り合いや伝を辿るとか、異業種交流会などでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそうですね。

若くて、人一倍技術を身につけていきたい!という人はたぶん、こってこてのシステム屋に入ることを希望すると思います。

ただ、最初の文書にもあるように「起業家精神」をもった人でなおかつ技術がある人とどのように知り合えるんだろう・・・というところがこの質問の趣旨です。

説明不足でしたが、面接で技術力があるという人は実は来ます。ただ、その人が例えば自分の技術力に溺れて会社のことではなく、自分のやりたいことだけをやっていてはいけないと思いますし、また企業とは何かとかこの企業に必要な物はこういうものではないか、、、それを自分の技術で表現するとこんな風になるのでは、、、みたいな発想があるかないかということを重視しているのです。

自分の知り合いや紹介では、なかなか両立している人間を見つけるのは難しいので、なにかいい方法はないか・・・ということなのです。

とにかくお答えいただきありがとうございます!

お礼日時:2006/01/10 14:51

技術屋で起業を目指す人は、少ない気がします。


もちろん、独立して仕事をしたいという人は居ますが。

また、デザイン会社で技術者の求人を募集しても、
優秀な人が来ないのは当然でしょう。逆に考えて
みれば分かると思います。

目的がはっきりしませんが、技術を持つ会社との提携を
考えた方が良いような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一般論ではそうですね。

今の時代業種を問わず技術者は広く求められます。
また優秀な人間が必ずシステム屋に就職するわけではないと思いますよ。

また優秀であることよりやる気を重視しています。

結局普通の方法で気長に行くしかないのですかね(^.^)

お礼日時:2006/01/09 23:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qディストリビューターと起業家は似ている?

依然オフ会で知り合った人にバーへ誘われました。
その人は起業するのが夢らしく「金持ち父さん貧乏とうさん」を読んで価値観が変わったという人で
そのバーにはそのような人がたくさんいました。
みんな向上心の高い企業家や、投資家、それを目指す人が意見交換しあう場のようです。
今まで何度かネットワークビジネスの勧誘を受けてきたので、金持ち父さんだとか、無駄に向上心の高い人
に不信感があり会話で何度もネットワークビジネスを否定したりしていたのですが(金持ち父さんは読みました)
みんなそれぞれ業種を明かしてくれているし、将来こういう事業でお金を稼ぎたいと、目的がしっかりした人たちで
今まで何度もそのバーに足を運びましたが本当にネットワークビジネスをやっている様子はありませんでした。
もともと僕がこのバーに誘われたのも投資に興味があると話していたことがきっかけです。
普通に勉強にはなるのですが、この前事業で成功した人の家に遊びに連れて行かされたり
(その成功者がただのトランプを使ったカードゲームが好きで、みんなでやるだけというものでした)
して、そういうのってディストリビューターたちの常套手段なのはよくしっているので
(目的はトランプゲームでどういう頭の使い方をみんながするか見るためだけかなんとか‥)
ネットワークビジネスをする人間とあまり変わらないな~と思いました。
なので、ネットワークビジネスをやっていないことはほぼ白だしただの起業家さんなのかなという
解答は自分のなかでは出ているのですが
昔のネットワークビジネスに誘われたトラウマなどから嫌悪感というか違和感が拭えずにいます。
宗教ということもなさそうなのです。
起業家の人たちを崇めているという点では宗教チックかもしれませんが‥
嫌なら会わなければいいじゃんと思われすが、そういったお金の勉強などは教えてもらいたいというのもあるので‥
安心してその人たちと会いたいです。不信感をもちながら接するのも失礼ですし。

ネットワークビジネスってディストリビュータとして顧客を増やし商品を売って
不労所得を得る仕組みですよね?
もしかして僕が知らない分野の何かに勧誘しようとしているのでしょうか?
実際、起業家やそれを目指す人たちが意見交換しあったりする場があるのでしょうか??

依然オフ会で知り合った人にバーへ誘われました。
その人は起業するのが夢らしく「金持ち父さん貧乏とうさん」を読んで価値観が変わったという人で
そのバーにはそのような人がたくさんいました。
みんな向上心の高い企業家や、投資家、それを目指す人が意見交換しあう場のようです。
今まで何度かネットワークビジネスの勧誘を受けてきたので、金持ち父さんだとか、無駄に向上心の高い人
に不信感があり会話で何度もネットワークビジネスを否定したりしていたのですが(金持ち父さんは読みました)
みんなそれぞ...続きを読む

Aベストアンサー

いわゆるネットワークビジネスと呼ばれるものは、友人などの人的なネットワーク(これは単に友達としてのつながりという意味です)を販売網に取り込んで販売しようとするものです。友人などの人的ネットワークの全部を販売ネットワークに組み込むことはできないので(断る人がいますからね)、販売ネットワークの大きさは、そのひとの人的ネットワークのある割合の一部になります。
これは、その人の人的ネットワークが広ければ広いほど販売ネットワークも大きくなり、販売額が増し、利益が増える、ということを意味します。ですから、ネットワークビジネスをやる人は人的ネットワークを広げようとします。

一方、起業家などの集まりに来る人たちは、情報や販路や新商品の入手先を求めて集まって来ています。ニーズがなければ売れませんから、どんなニーズがあるのかについての情報を欲しがりますし、ニーズがあっても商品がなければ売りようがありませんから、どんな商品やアイデア、ネタがあるか、入手方法は、などを知りたくて集まります。そしてこれらの情報は集まる人間が多ければ多いほどたくさんの情報が集まり、その中から自分が利用可能な情報を得られる可能性も高くなります。ですから、友人知人を集めてグループつまり人的ネットワークを広げようとします。

どちらも手段の一つとして人的ネットワークを使い、これを広げようとしているので、その部分だけを見れば同じ行動をとっているように見えます。

いわゆるネットワークビジネスと呼ばれるものは、友人などの人的なネットワーク(これは単に友達としてのつながりという意味です)を販売網に取り込んで販売しようとするものです。友人などの人的ネットワークの全部を販売ネットワークに組み込むことはできないので(断る人がいますからね)、販売ネットワークの大きさは、そのひとの人的ネットワークのある割合の一部になります。
これは、その人の人的ネットワークが広ければ広いほど販売ネットワークも大きくなり、販売額が増し、利益が増える、ということを意...続きを読む

Q女性起業家はなぜ男性起業家よりも会社の規模が小さいのか

純粋に会社の規模(上場しているとかそういう意味です。人間性ではありません。)
 なぜ、自動車会社や銀行を作らずにチマチマして化粧品とか雑貨に毛が生えた程度のビジネスしかしないのでしょうか?
 マスコミなどによく紹介される女性起業家も固定で、20人程度しかいませんし、その会社も1兆円売り上げの規模は皆無です。
 私なりに思うのは
「恥」をかけないからだと思います。
女性は化粧をするなど男性などと全く違う文化を持っています。
 最近は増えましたが、吉牛に女性だけ1人で入るのはまだまだ珍しいほうだと思います。
ようはどんなところでも、入っていって時には街のなかで土下座して仕事をとったり、するような力ずくの「根性」「恥かき精神」「桁外れの欲」が女性には足らないような気がします。
 また、子供を育てるという強烈な言い訳が、自分の中にあり、そういったモノがビジネスマンとしての規模を狭めています(なかには子育てをしながら会社を大きくした人がいますが、この場合1兆円規模の話です)
 女性がやるビジネス(水商売を除く)のほとんどが、「ママさん~」とか「女性向け~」とか
わざわざニッチなビジネスばかりです。
皆さんどう思います。
 女性は起業して会社を一兆円規模にすることができないのでしょうか?
 くどいようですが、これは単純に会社の規模の話で、女性が男性に劣っているとか言う話ではありません。
そういった議論に入り込むと本質が見えてこなくなるので、その点はご了承下さい。

純粋に会社の規模(上場しているとかそういう意味です。人間性ではありません。)
 なぜ、自動車会社や銀行を作らずにチマチマして化粧品とか雑貨に毛が生えた程度のビジネスしかしないのでしょうか?
 マスコミなどによく紹介される女性起業家も固定で、20人程度しかいませんし、その会社も1兆円売り上げの規模は皆無です。
 私なりに思うのは
「恥」をかけないからだと思います。
女性は化粧をするなど男性などと全く違う文化を持っています。
 最近は増えましたが、吉牛に女性だけ1人で入るのは...続きを読む

Aベストアンサー

 女性起業家には2通りあると考えます。小さくてもいいから自分で事業をしていること自体に満足している人と、一兆円規模にしたくてもできない人。
 前者については、それが本人の幸福なのですから、それ以上規模を大きくする必要はありません。
 後者について。 女性の潜在意識には、『甘え』があるためではないでしょうか。女性は弱いもの守られるべきもの、というのが社会の一般論、「女だからしょうがないか。」よく聞くセリフです。失敗しても誰かが何とかしてくれるだろう、男性が何とかしてくれるだろう、夫が、彼氏が、親がという他力本願的な面が男性よりも強い。男性は家族を養っていかねばならない一家の大黒柱という責任感がある一方、女性のほうは、万が一失敗しても結婚という逃げ道がある。こういった類の意識が、一兆円規模にするために今ここでプライドを捨てて土下座をするか、そこまでして大きくしなくても、の境目になると思います。
 また、男性起業家がどんどん規模を大きくすれば実力があると評価されるが、女性がそれをやるとプラスα野心家と言われることや、仰るとおり『恥かき精神』の差も一因と思います。恥をかくことがこわくなく、笑われることが平気でなければ、ビッグにはなれない。そうなるためには、上から罵倒され馬鹿にされ皮肉を言われながらそれに耐えて実力をつけていくという強烈な経験も必要ですが、女性にはそういった経験が薄い。
 桁外れの欲というのは、悔しさや、苦境逆境の体験がバネになって出てくるもの。あえて厳しい環境に身をおく勇気や、自ら傷つくことのできるエロスも必要だと思います。それができれば、男女関係なくビッグな起業家になれるのではないでしょうか。 

 女性起業家には2通りあると考えます。小さくてもいいから自分で事業をしていること自体に満足している人と、一兆円規模にしたくてもできない人。
 前者については、それが本人の幸福なのですから、それ以上規模を大きくする必要はありません。
 後者について。 女性の潜在意識には、『甘え』があるためではないでしょうか。女性は弱いもの守られるべきもの、というのが社会の一般論、「女だからしょうがないか。」よく聞くセリフです。失敗しても誰かが何とかしてくれるだろう、男性が何とかしてくれるだろ...続きを読む

Q起業家の条件

世に起業家として出てくる人たちの多くは、個性が強くワンマンで冷徹・冷酷なイメージがあります。
起業家を目指して、実際の起業家のセミナーに行ったり、あって話したりしましたが、前述のイメージがぬぐえませんでした。セミナー仲間にそのことを話すと、「そんな考え方やったら、成功できんよ」と言われました。
パワハラやリストラの話しを聞いてると、起業家は、冷血じゃないと務まらないのかとさえ思えてしまいます。皆さんの意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

場合によるんじゃないですか?
親友がベンチャー企業の社長をしていますが、彼はどう見ても冷血漢ではないです。
もっとも、能力のある人間しか採用しないのでリストラとは無縁なだけかもしれませんが。

Q起業家と経営者の違いは?企画の持込みとは?

単純に起業家と経営者は何が違うのでしょうか?

起業家~自分自らが動き働いている
経営者~自分は金とアイデアを出し人を雇い利益をもらう人。
こんなイメージがあるのですが、、、どーなんでしょうか??
経営者は金とアイデアと人を動かす力以外は必要ないのでは??

別の質問になりますが自分(個人)のアイデアを企業に持ち込む人っているのでしょうか??それに出資や融資、企画を買ってもらうことはあるのでしょうか?また、ことわられ企画を盗まれる事もあるのでしょうか??

Aベストアンサー

>起業家~自分自らが動き働いている
>経営者~自分は金とアイデアを出し人を雇い利益をもらう人。

大きな誤解があるようです。
経営者とは今企業を経営している人のことです。自分で作った企業なら経営者であると同時に起業家でもありますが、先代の社長から経営を引き継いだ人も経営者です。
会社を作っても実務は部下に任せる人もいますし、創業100年の会社の経営者でも自分で自ら動き回っている人もいます。

要するに起業家と経営者は相反するものではありません。

後半の質問の回答は、すべてYESです。すべてアイデアの中身と、持っていく相手次第です。

Q大企業、企業種類、起業家の意味は?

大企業、企業種類、起業家
この三つの言葉の意味はどのように解釈できるのですか。
また、それぞれの英語は何ですか。教えてください。
国語の辞典とインターネットの国語辞典を引きましたが、なかなか出てこないので、説明してくれませんか。
お願いします。

Aベストアンサー

商法の分類上大企業は資本金が5億円以上の会社になります。
また企業種類は合名会社、合資会社、株式会社があります。
起業家は字のごとく、事業を起こす人です。
例えばベンチャー企業を立ち上げた人などは起業家です。

Q起業と経営を専門家に頼まずできるものですか?

1から20人以下の規模の会社の起業、また経営を
専門家に頼まず行えるのかが疑問です><

行政書士から税理士まで通常だと色々な専門家に
手伝ってもらうと思いますがどうなんでしょう汗


そこで二つ質問なのですが、

○全部一人で行うは可能なのか?

○仮に一人で行う場合に、時間が取られたり、
知識がかなり必要となる事務作業は、
具体的にはどういうものがあるのか?

を教えて下さい。


経営者、専門家の方、また事務スタッフの方まで
どなたでも知ってる方よろしくお願いします^ω^!

Aベストアンサー

一人(従業員なし)といきなり二十人とでは全く違う。
一人なら「会社の作り方」のようなHowTo本みて自分で出来る。
(質問する前にその手の本の一冊すら読んでないのは、
あまり起業向きじゃないかな)。
身内知人以外の従業員が複数人いる状態でのスタートなら、
最低限の専門家(ふつう税理士)は入れたほうがいい。
その規模なら最初から本業も忙しいだろうし。
社労士は要らない。

万事ちゃんとやるならむしろ楽で、わからないことがあれば役所の人を質問責めにすればいい。
悪いことしようと考えない限り、意外と優しいから。

Q起業家の素質?

最近、とある起業セミナーで”手先が不器用な人は起業家、
会社経営者には不向きなので考えないほうが良い”との
文言を講師の方が言ってのですが、はたして本当に手先が
不器用な人は起業家・会社経営者にはむいていないのでしょうか?

Aベストアンサー

手先が器用ではなく、柔軟に頭を使える人が経営者に向いているから、経営者は手先が器用な人が多いのではないでしょうか
以前、テレビで50歳の経営者がピアノを習い、一人前に弾かれている人がいました。
この一例でも示されているように、器用になるまで諦めず、地道に努力できるかポイントです。(^^

Q貴重なスペースを失礼します。 起業、経営に関しての質問です。 今、起業するために調べているのですが、

貴重なスペースを失礼します。
起業、経営に関しての質問です。
今、起業するために調べているのですが、商標登録をし、その際に個人事業として登録しました。
まだ今後起業した会社が成長するかはわからないですが、もし大きくしていけそうであれば大きくしていきたいと考えています。
そこで、初歩的な質問ですが、
個人事業、合同会社、株式会社、と企業の形態はいろいろありますが、それぞれメリットとデメリットがあると思います。もし詳しい方がおられましたらご教授下さい。
お願いします。、
一番知りたいのは合同会社の事です。

Aベストアンサー

私は、個人事業を法人化し、最初は合資会社として起業しました。
そして、株式会社化を検討した際に、事業を分割し節税対策をするという点で、合同会社を株式会社化せず、別会社として株式会社を設立しました。
その後必要に迫り、合同会社と株式会社のほかに、個人事業を再度起業させ、さらにさらに合同会社を増やしました。

個人事業は、起業も廃業も簡単です。
事業主が始めたと言えば開業であり、やーめーた、と言えば廃業です。
税務署への届出は、事後の届出であり、税務署の届出により企業や廃業が決まるわけではありませんからね。
しかし、事業上損害賠償を求められれば、廃業しても免れることはできません。事業主は無限に責任を負い、賠償ですと自己破産しても免れることはできません。

法人の設立全般に言えることは、設立に登記が必要であり、登記に費用が掛かることとなります。さらに赤字でも法人住民税の均等割として、最低でも7万円毎年納税しなければなりません。

ただ、法人で借り入れたものや損害賠償を受けたものが生じても、連帯保証を個人でしない限りは、原則、経営者個人に責任はなく、法人の倒産(廃業)により責任を免れます。

個人の確定申告は勉強して頑張れば、節税がどこまでできるかは別にしても、素人申告ができます。結構多くの方が税理士へ頼まずに、自己申告をされています。
確定申告時期の税務署が開設する申告相談会場には多くの人が集まっていますからね。
しかし、法人の申告は、そう簡単に勉強できるものではありません。ほとんどの会社が税理士へ依頼していることでしょう。税理士はビジネスですし、高度なノウハウを使った代理人として対応するため、それ相応の報酬を求めることでしょう。
ただ、個人事業と法人で比べれば、法人の方が社会的評価が高いでしょう。いまだに、法人でないと取引対象にしないという企業や団体もありますからね。

法人には、合同会社・合資会社・合名会社・株式会社と会社法で4種類とされています。そのほかに会社法以外で法人として認められる各種団体もあります。
会社法の法人が通常だと思いますが、やはりネームバリューでいえば、株式会社が一番です。
私の会社でもメイン会社は株式会社にしています。

しかしあらゆる手続き事務その他でいえば、区別はありません。
ただ、社会的評価などは株式会社が一番でしょうね。
事業の内容や取引状況その他によって、判断してもよいでしょう。

起業時の違いとしては、株式会社以外の人的会社と言われる3法人については、会社の健康と言われる定款の作成において、設立時に作成される定款について株式会社は認証が求められていますが、3法人は不要とされています。
認証は公証役場の公証人による業務とされておりますが、紙で作成された定款には印紙が必要で、さらに、公証人への報酬も必要となります。
紙ではない電子定款の作成となると、専用のソフトが必要となるため、印紙税の節約を考える人は、対応している行政書士や司法書士の事務所へ依頼します。

私はITにもそれなりに詳しいため、自分で電子定款を作成し、合同会社を設立させました。
人的会社も印紙税は課税されますが、電子定款ですと課税されません。さらに認証が不要で登記ができることを活用しましたね。

あとは、個人事業の事業主やその家族従事者は、社会保険への加入ができません。しかし、法人の代表者は加入ができます。
どちらも雇用保険には加入できませんし、労災も原則加入できません。しかし、法人個人問わず、特別加入制度を利用すれば経営者も労災の適用は受けられます。

あとは各種団体の会費等では、法人、それも資本金の額に応じた会費制度となっていることがあり、比較的資本が大きくなる株式会社ですと割高かもしれません。

ちなみにですが、私はやりませんでしたが合同会社の株式会社化も可能です。最初から株式会社にするよりも手続き費用が掛かりますが、高額ではありません。起業時の優先度愛により、まずは合同会社で起業し、その後株式会社にしてもよいでしょう。

最後に、市町村等の実施する企業予定者に対する研修に参加すると、設立時の登録免許税が安価になる場合があるようです。さらに、起業時の発明等として、商標や特許などの申請費用が安くなる制度もあるやもしれません。
企業経営者として一番良いのはすべて自分でやることではなく、情報を正しく収集し、能力ある人を上手に活用することです。その中の優先度愛等によりご自身で頑張る部分は頑張ることとし、営業に力を入れましょう。

私は、個人事業を法人化し、最初は合資会社として起業しました。
そして、株式会社化を検討した際に、事業を分割し節税対策をするという点で、合同会社を株式会社化せず、別会社として株式会社を設立しました。
その後必要に迫り、合同会社と株式会社のほかに、個人事業を再度起業させ、さらにさらに合同会社を増やしました。

個人事業は、起業も廃業も簡単です。
事業主が始めたと言えば開業であり、やーめーた、と言えば廃業です。
税務署への届出は、事後の届出であり、税務署の届出により企業や廃業が決まる...続きを読む

Q起業家教育の実践例

起業家教育についての実践例、その他詳しいサイトなどありましたら教えてください。
また、起業家教育についてのご意見などありましたらあわせてお願いします。

Aベストアンサー

「起業家教育」などという射幸心をあおる教育には反対です。
一部では証券会社の社員が、高校などで「賭博奨励教育」をしていますが、
勤労の美徳を失わせるような教育は慎むべきです。

Q起業家や経営者の道徳観について

今年の2月から個人事業主としてネット販売を行っております。

半年が過ぎましたが、とりあえず上手くいっているので、始めて良かったと思ってます。
この半年間で気づいたことは、メンタルを強くする必要があるということです。

そして最近、考えていることが一つあります。
それは、起業家や経営者の道徳観についてです。

どこの大企業でも企業理念というのは、良い事が掲げられております。
また、雑誌で特集されるような経営者のインタビューなどでも、人として良いことが述べられております。

私は、人のため社会のために活動することは良いことだとは思うのですが、現時点ではそれを中心にして活動できるかわかりません。

例えば、お客様に商品を売る場合ですが、騙すわけではありませんが、他の顧客には安く売っているのに、何もしらない顧客には高く売ってしまおうと言う気持ちがあります。それと似たようなことをしたこともあります。

私は、とりあえずやってみるかという軽い気持ちで、個人事業主として起業しました。
これから、道徳観というのは養われていくのでしょうか?

まだ起業して半年しか経過しておりませんが、先日、理念や道徳について考える機会がありました。
いったい自分はどうゆう人間なんだろうと疑問に思ったので、他の方の考えやアドバイスを聞きたいと思います。

どんなご回答でも良いので宜しくお願い致します。

今年の2月から個人事業主としてネット販売を行っております。

半年が過ぎましたが、とりあえず上手くいっているので、始めて良かったと思ってます。
この半年間で気づいたことは、メンタルを強くする必要があるということです。

そして最近、考えていることが一つあります。
それは、起業家や経営者の道徳観についてです。

どこの大企業でも企業理念というのは、良い事が掲げられております。
また、雑誌で特集されるような経営者のインタビューなどでも、人として良いことが述べられております。

私は、人の...続きを読む

Aベストアンサー

繰り返すが、個人の延長でネット販売やってるレベルでは、まず経営というかそれを考える状況に至っていない。
そんなこづかい稼ぎに理念も道徳観もくそも考える必然性は生まれない。
これから大きな事業体に発展させようとする過程の中で、現実がそれらを真剣に考える機会を与える。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報