通りゃんせの歌で
「行きは良い良い 帰りは怖い 怖いながらも通りゃんせ 通りゃんせ」
と歌いますよね。

私はむかしこの歌について「7歳のお祝いに札を収めて成長をお祝いする」ために天神様へのお参りをするということで聞いたことがあるんですが、めでたい席の帰りでなぜ帰りが怖いんでしょうか?お払いとか受けた後のはずなのに。
むしろ細道の行きの方が感覚的に怖く感じます。子供の成長についても7歳までのほうが7歳からよりも危ないような気がしますし。

なにか魔物の伝承でもあるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 


  こういう話というか、民謡に含まれる古い「恐ろしい真実」の意味については、『孔子暗黒伝』などの作者の諸星大二郎が書いていたはずだと考えていますと、検索した以下のURLのページで、やはり、諸星氏の作品に触れています。
 
  この何故「帰りは怖い」のか、というのは、多分、答えはないのだと思います。昔はあって、失われたという可能性と、もう一つ、言語化できない直観の真理認識のようなものがあったのかも知れません。
 
  もう少し散文的に言うと、これは、「神隠し」などと同じような地平の話というか、心の状態なのだと思います。「神隠し」とは何かというと、子供が行方不明になるのですが、これも散文的に理由を考えると、例えば、人さらいにさらわれたとか、山人とでもいうか、サンカとか、山男とか山姥などと呼ばれている人々が連れ去ったとも言え(サンカと山人や山姥との関係は必ずしも明確でありませんが)、または、迷子になって死ぬ子供とか、または、食人の野生人が山にいたのかも知れません。
 
  散文的な話ですが、子供が遊びにでかけると、行く時は、遊びに行くので楽しいが、帰れるかどうか分からない……「神隠し」に会う可能性があるぞ、という歌なのではないかと思います。「帰りは怖い」は、行って帰って来て、帰りが恐ろしいのではなく、帰ろうとすると恐ろしいものがたちふさがるということを警告している、あるいは、遊んでいる子供達は、直観的に理解していたのかも知れません。
 
  「七つのお祝いに、天神様の細道」ですが、天神は怨霊を神として祭ったものです。非常に古い日本の伝統的な宗教観が、怨霊は神として祭らねばならないということを教えるのです。そして「七」というのは、吉兆数ですが、神秘数でもあり、諸星風に言うと、「異界」への数とも言えます。
 
  諸星の話からの連想だと、「神隠し」の背後には、子供を神の生け贄にして殺すという儀礼が背景にあった可能性も想定し得るのです。七歳の祝いの日に、子供に晴れ着を着せて、神界への細道を進ませ、そして子供は消えて、帰って来なくなるのです。
 
  行きは、「神界」へと晴れて行くのですが、帰りは、「異界=黄泉の国」へと帰って行くのです。それでもよいなら、「通りゃんせ」という歌なのでしょう。
 

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s683.htm
    • good
    • 26

子どもの七つのお祝いに、お札をさげに、参ります。


 生活の苦しい、農民よりもずっと苦しい人々の歌だと聞きます。
食べるものがないので、子どもを仕方なしに殺すということです。ひとり殺しては一つ、こけし(子消し)をつくって供養するんですが、この歌では、子どもを殺すのを天神様に許してもらうってことでしょうか。死ぬ前の祝い事です。祝った後は悲劇が待っているので、怖いんではないでしょうか。その罪悪感、悲壮感たる壮絶なものでしょう。いまでも貧しい国の貧しい人たちは、貧しいのに何故か子沢山なんですよね。ああいうものなのでしょうか?それで、幾人かの子どもは餓死するんです。それしか楽しみがなく、慰めあって、避妊しないから、あのようになるのでしょうか?
    • good
    • 16

通りゃんせって最後に一人捕まえて終わるんですよね?私が聞いたのは、子供達が遊びに行って帰りはその中から一人神社の何物かに連れ去られるってことです。

    • good
    • 48

この歌は諸説ありますよね~。


怖い意味の解釈が多いですが、私が聞いたのは「こわい」はどこかの方言(確か東北地方)で「しんどい、疲れる」という意味だ、という説です。
「行きはまだ最初だから元気があるけれど、帰り道にはさすがに疲れてる。疲れているけど、ここを通って帰らなきゃ」という意味だそうです。

ただこの説の場合、他の歌詞の言葉と方言があわない、つまり「こわい」が方言だとしたら、例えば「とおりゃんせ」といった歌詞中の他の言葉と地域があわないのでおかしい、という話も聞きました。
また、「~りゃんせ」「~じゃ」などを一緒に使う方言地域もなく、歌詞自体あちこちの方言が入り交じった物になっていておかしい・・・という話も聞きました。

聞きかじりで、参考資料がなくて恐縮ですが、ご参考まで。
    • good
    • 17

この歌は、埼玉県川越市の三芳野天神社のことをうたったものだそうです。



この神社は、天神様という事で昔から信仰が厚いのですが、参拝客が城内で見分した機密事項を外部に漏らさないようにと、一般の参拝客に対して大変管理が厳しかったそうです。

それを皮肉った唄が上記の「通りゃんせ」だといいます。

口減らしのうたという話しもあるようですね。

『かごめかごめ』もそうですが、解釈すると怖い話しになるものが多いです。

参考URLに、詳しく書かれています。

参考URL:http://www2.osk.3web.ne.jp/~ynari/ghost/kago.htm
    • good
    • 11

初めまして、elthyさん。



「通りゃんせ」は、川越城の中にあった神社を参拝した客が見た機密事項を
外部に漏らさないように、管理していた事があり、それを揶揄した唄。
という解釈があります。

城の門番は、入る時は比較的簡単に中に入れてくれますが、
上のような理由で、出る時は、検閲が厳しかったといいます。

別の解釈は、これは有名ですが、
この唄は、口減らしの唄で、親が自分の子供を捨てに行く時の唄。
という話があります。

「行きはよいよい 帰りは恐い」と言うのは、
行きには子供がいるのに、帰って来る時には、
子供を捨てて来てしまっているので、 そのことを不審に思わ、
何か詰問されてしまうのが恐いようです。
    • good
    • 9

elthy さん、こんにちは~☆♪



下記URLによると、川越の三芳野天神(郭町、三芳野神社)が、
発祥地だそうです。

> なにか魔物の伝承でもあるんでしょうか?

三芳野神社の天神さまにお詣りするときは、行くときはいいが、
帰るときは携帯品を何度も城の驚固のものに調べられたので、
「帰りはこわい」(関所を通るので)となったと記載されております。

このわらべ歌は、全国のどこにでもある「氏神さま」に七五三のお参りに行く
母親の姿を描いたものではなく、関所を通らして下さいという女性の
切実な願いを描いた関所遊びの歌だったそうです。


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -

参考URL:http://www.kgef.ac.jp/ksjc/ronbun/910540y.htm
    • good
    • 8
この回答へのお礼

なるほど、お城の中に神社があったんですね・・・。
これは警戒されても仕方がないです。有難うございました。

お礼日時:2001/12/22 16:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「期待通り」、「予想通り」この言葉に合う四字熟語、ことわざ、慣用句を教

「期待通り」、「予想通り」この言葉に合う四字熟語、ことわざ、慣用句を教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

そうなって当たり前という意味の熟語は
  当然至極(とうぜんしごく)
ですね。1度や2度は偶然だとしても3度目なら当然の結果という意味で
  三度目は定(じょう)の目
ということわざもあります。

逆に、物事はそう期待通りにならないという意味では
  そうは問屋が卸さない
結果に自信を持って先走りすると期待通りにならないという意味では
  捕らぬ狸の皮算用(かわざんよう)
です。英語では
  卵がかえらないうちにひよこの数を数えるな(Don't count your chickens before they are hatched)
が対応するようです。

Q雷様におへそをとられるという故事伝承のいわれ


よくいわれますが(最近はそうでもない?)

「雷様におへそをとられる」という

故事伝承のいわれについて

ご存知の方教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前聞いた話で確証はありませんが、、、

1.雷が発生する時は気温が急に下がるので、お腹を冷やさないため。

2.昔の人は
 ・雷雲の上に人を襲う神様がいるのであろう。
  ↓
 ・立っていると雷に打たれるが、伏せていると雷に打たれない。
  ↓
 ・雷の神様は"おへそ"を取りに来るのではないか。
  ↓
 「雷様におへそをとられるよ」

という2つの説です。

雷様がドリフだったら・・・合いたくて、お腹出しますね。きっと(笑)

Q瀬戸内海を中心とする人魚の伝承・伝説・民話

世界では多くの人魚の伝説などがありますが、日本には
無いのでしょうか?
瀬戸内海を中心とする人魚の伝説
などはありますか?

Aベストアンサー

日本の人魚伝説と言われて、すぐに、昔古典で読んだ、「八百比丘尼伝説」を思い出しました。場所は覚えていないので探したらありましたよ。

↓不老長寿伝説 八百比丘尼
http://www.town.ano.mie.jp/bunka/yaobikuni.htm

ところが、この「八百比丘尼伝説」は東北から九州まで50もの市町村にあるのだそうです。
↓八百比丘尼の サミットとオペラ
http://www.town.ano.mie.jp/bunka/opera.htm

面白く感じたので、日本の人魚についてもっと検索してみたら、次のサイトを見つけましたよ。

↓リンク集<人魚伝説>
http://www.kaidan.net/site/ningyo.htm
※怪談ねっと http://www.kaidan.net/ より

Q”りゃ”っていう口語表現はどー言う意味ですか?

よくみましたが、わかりませんね。

…りゃってどーいう意味です?

御願いします!

Aベストアンサー

#1の「ラ行変格活用」ってのは現代語にはありませんね。

「見りゃ、わかる」の、「見れば」=「見る」+「ば」
「見る」は「上一段活用」です。

「ば」が「わ」になり「ゃ」になり・・・という変化でしょう。

「こりゃまいったね」も「これは」の「は」からの変化だと思います。

岡山弁の「おえりゃあせんのー」になるとちょっと難しそう。

Q勉強することが怖いです。 試験1ヶ月前なのに、勉強が怖くなってしまいました。 今までキチンとやって

勉強することが怖いです。

試験1ヶ月前なのに、勉強が怖くなってしまいました。
今までキチンとやっていた英文解釈のような勉強ができません。
机に向かうことも正直怖いです。
試験科目は英語と面接です。

自分の志望校に、自分と同等もしくはレベルが高い人が受験する事を知りました。
自分が落ちたらどうしよう、頑張らなきゃいけないのに勉強から逃げて頑張れない、他の人は頑張っているのに自分は頑張れない。
こういった事ばかりを考えてしまいます。

正直勉強は苦手ですが、どうしても大学に受かりたくて、自分なりにコツコツ取り組んできました。
しかし、自分の勉強量を遥かにはねのける存在を知ってしまい、萎縮してしまっている状態です。その人たちは、自分と志望校も概ね被っています。

わたしはどうしたら元に戻るのでしょうか。
むしろ、何もやらずに志望理由など面接対策をしていくべきなのでしょうか。

Aベストアンサー

何も恐れる事はありせん。
他の人は、貴方を遥かに超える勉強量で、貴方と同等か少し上なのです。
という事は、貴方は他の人達よりも、少ない勉強量で実力が付くという事です。
勉強は、時間の量ではなく、内容の濃さです。
寝る間も惜しんで、多量の時間を勉強に費やす人がいるならば、貴方は貴方の自分のペースを落とす事なく、今まで通りに効率の良い勉強の仕方を保てば良いでしょう。
他人の影響で、自分の進むべき道で立ち止まるのは、とてももったいない事です。
こういう時こそ、「人は人」「going my way 我道を行く」と開き直り、軌道を戻しましょう。
後々の後悔を避ける為にも、勉強から逃げて面接対策だけ、というやり方は、やめておきましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報