12月の給与は、税金の還付があって、毎年少し多かったように思うのですが今年はまったくありませんでした。
10年前に住宅を取得し5年間は税金も多くもどってきたのですが、5年後はそれほどでもありませんだしたが、例年毎月の給与より多くなっていました。所得税の欄にはマイナス表示で記載されていました。それが、今年は全然ないので不思議です。今年は主人が入院手術した関係で高額医療費がもどってきたりしましたがそれと関係あるのでしょうか?主人に聞いても、私が納得できる解答が返ってこないのでどなたか、税金に詳しい方、わかりやすく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>高額医療費がもどってきたりしましたがそれと関係あるのでしょうか?



高額医療費は、確定申告で医療費控除を適用するときに、支払った医療費から控除するだけで、年末調整には関係しません。

毎月の給料から控除される源泉徴税は、1月から12月までの給料に大きな変化がなく、賞与も世間一般なみに支給されるという前提で計算して、税額表が作られて、その表を基に控除されています。
従って、次のようなことが有ると、年末調整で戻ってくる金額が少なくなったり、時には不足分を取られる場合があります。
有る月に給料が残業手当で増えた。
賞与が世間相場より多く支給された。
年の途中で扶養家族が減ったり、お子様の年齢が22歳以上になった。
生命保険料が減った。
奥様が働いていて、配偶者特別控除を受けていた場合、奥様の収入が昨年よりも増えた。
以上のことに該当するものはありませんか。

心当たりが無い場合は、年末調整の間違いが絶対にないとは云えませんから、会社の担当者に確認された方が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
でも私どもの場合該当する項目がないように思うのですが・・・一度会社の担当者に聞いてみることにします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/21 21:50

会社は今までと変わっていないのでしょうか?給与支払期限は?



12月労働分が次月に支払われる場合、給与額が確定できないために生産が1月になり、結果1月に支払われる分(実質12月労働分)に対して還付が行われる可能性があります。経理規定などが変わってなければ、あり得ないでしょうが・・・。

あと、#1の方が言われているように、経理の方が少なめに見積もっていた場合は逆に取られることもありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

会社は変わっていません。部署は変わりましたが。給与支払い期限というのは何でしょうか?ちょっとわかりません。
逆に取られることもあるなんてびっくり!ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/21 21:44

 12月には年末調整により、所得税が還付される場合がありますので、楽しみにされていたのでしょう。



 高額療養費の戻りは関係ありません。医療費控除に該当するのであれば、確定申告で所得税の還付となります。

 毎月の給料から引かれる所得税は、会社の総務などの給料を担当している係が、1月から12月までの所得を推計して毎月給料から差し引く所得税を算出しますので、多く見積もっていた場合は年末調整で還付となりますし、推計どおりの計算になった場合は還付になることはありません。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回は推計ととおりの計算になったということですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/21 21:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教えてくださいませ。 主人の昨年の給与収入1248万円、給与所得1015万円、課税標準額(課税総所得

教えてくださいませ。
主人の昨年の給与収入1248万円、給与所得1015万円、課税標準額(課税総所得)759万3千円 子供2人です。
昨年までは年間パート収入を102万円ほどに調整していましたが、時給アップと、やめてしまった同僚の補填で、今年のパート収入が103万円を超えてしまいそうです。この場合、主人の税金はどの程度増加してしまいますか?

Aベストアンサー

>課税標準額(課税総所得)759万3千円…

って、何の書類に書いてあったのですか。
少なくとも所得税の関係ではなさそうですね。

>給与所得1015万円…

それは分かりましたけど、去年の源泉徴収票
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100051-7.pdf
で、「所得控除の額の合計額」はいくらほどでしたか。

これが 280万ぐらいだとすると所得税の課税所得は
1,015 - 280 = 735万
なので税率
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm
は 23% で、

>主人の税金はどの程度増加してしまいますか…

・当年分所得税 38万 × 23% = 87.400円
・当年分復興特別税 87.400× 2.1% = 1.800円
・翌年分住民税 33万 × 10% (一律) = 33.000円
だけそれぞれ前年より増税になります。

ただし、以上は夫の年間所得が去年並みと仮定した場合の話です。
もし、今年は給与が少し下がって「給与所得」が 1,000万以下になれば、配偶者特別控除
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm
を取れますので、上記試算より増税幅は小さくなります。

>昨年までは年間パート収入を102万円ほどに調整…

なんでそんな愚かなことを?
たくさん稼いだらそれ以上に税金を取られて逆ざやになるとでも思ったのですか。

>年間パート収入は120万程…

税金が 17万以上も増えた逆ざやになりましたか。

少々の増税を嫌って大きな収入を棒に振るなど、愚の骨頂というものですよ。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>課税標準額(課税総所得)759万3千円…

って、何の書類に書いてあったのですか。
少なくとも所得税の関係ではなさそうですね。

>給与所得1015万円…

それは分かりましたけど、去年の源泉徴収票
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100051-7.pdf
で、「所得控除の額の合計額」はいくらほどでしたか。

これが 280万ぐらいだとすると所得税の課税所得は
1,015 - 280 = 735万
なので税率
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm
は 23% で、

>主人の税金はどの程度増加...続きを読む

Q高校生の子供の年間のバイト代が110万円超えたら確定申告要りますか? うちは主人が自営業で毎年確定申

高校生の子供の年間のバイト代が110万円超えたら確定申告要りますか?
うちは主人が自営業で毎年確定申告です。

Aベストアンサー

>高校生の子供の年間のバイト代が110万円超えたら確定申告要りますか?
いいえ。
給与所得者は、年収の額にかかわらず、原則、確定申告の必要ありません。
ただ、103万円を超えると、ご主人が扶養控除を受けられなくなり、その分所得税や住民税が増税になります。

Q昨年12月分の給与は今年の所得?

教えてください。
一昨年12月までA社にて派遣社員として勤務しておりました。
営業所閉鎖により12月末で退職することになりました。
昨年1月から3月まではアルバイトで合計20万円の所得があります。
4月からはB社にて派遣で勤務いたしましたが、出産により7月末で退職いたしました。
その間の所得合計は約80万円になります。
2005年度の所得は103万円以下だったため、主人の年末調整の際、私も扶養家族扱いになっていると思います。
先日2004年12月まで勤務していたA社から12月分の給与(支払い1月)分の源泉徴収票が送付されてきました。
支払額217,000円 源泉徴収額6910円と記載されております。
そこで質問です。このA社からの所得は2005年度の所得に含まれるのでしょうか?
確定申告と医療費控除にて2月に税務署へ行こうと思っておりますが、103万円以上の所得があったとするならば主人分の確定申告も必要でしょうか?


また、1月から10月までは私自身の社会保険に加入しておりましたが、この支払いに関して医療費控除の対象になるのでしょうか。
教えてください。

教えてください。
一昨年12月までA社にて派遣社員として勤務しておりました。
営業所閉鎖により12月末で退職することになりました。
昨年1月から3月まではアルバイトで合計20万円の所得があります。
4月からはB社にて派遣で勤務いたしましたが、出産により7月末で退職いたしました。
その間の所得合計は約80万円になります。
2005年度の所得は103万円以下だったため、主人の年末調整の際、私も扶養家族扱いになっていると思います。
先日2004年12月まで勤務していたA社から1...続きを読む

Aベストアンサー

まず、給与所得の収入金額の収入すべき時期について、所得税基本通達で以下のように定められています。

(給与所得の収入金額の収入すべき時期)
36-9 給与所得の収入金額の収入すべき時期は、それぞれ次に掲げる日によるものとする。(昭63直法6-1、直所3-1改正)
(1) 契約又は慣習により支給日が定められている給与等についてはその支給日、その日が定められていないものについてはその支給を受けた日
(以下省略)

ですから、前年12月分の給与であっても、支給日が1月であるならば、その年の所得となりますので、A社から送られた源泉徴収票は正しいものですので、その分も昨年の所得に含まれる事となります。

会社では、今月いっぱいまでは、年末調整の再計算ができる事となっていますので、会社にその旨を伝えれば、対応してくれるものとは思います。

もし会社で再計算しなければ、年末調整すべき事となります。
(ただ、いずれにしても医療費控除の申告をされるのであれば、申告時にされた方が良いかもしれませんね。)

配偶者控除は受けられない事となりますが、141万円未満ではありますので、配偶者特別控除は受けられる事となります。

医療費控除の対象となるのは、ご本人又はご本人と生計を一にする配偶者その他の親族の分について支払った場合ですので、その治療費に係る健康保険が誰のものであるかは関係なく、ご主人が実際にご質問者様の分まで支払っている、という事であれば、控除対象となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1120.htm

まず、給与所得の収入金額の収入すべき時期について、所得税基本通達で以下のように定められています。

(給与所得の収入金額の収入すべき時期)
36-9 給与所得の収入金額の収入すべき時期は、それぞれ次に掲げる日によるものとする。(昭63直法6-1、直所3-1改正)
(1) 契約又は慣習により支給日が定められている給与等についてはその支給日、その日が定められていないものについてはその支給を受けた日
(以下省略)

ですから、前年12月分の給与であっても、支給日が1月であるならば、その...続きを読む

Q今年から税金がかかるのですか?

平成24年6月中旬、
妻の名前で集合主税の案内がきました。
4,000円です。

それまでは1回も来たことがありません。

平成22年は年収65万円のパートでしたが、
平成23年は年収96万円になりました。

収入が増えたことでそうなったのかと思い、
所得税の計算式にあてはめてみたのですが、
どの計算式もこの金額になりません。

本年度からの税制改正も関係しているのでしょうか?

どなたか、教えていただけますか?

Aベストアンサー

>4,000円です…
>平成23年は年収96万円…

この 2つの数字からは、市県 (道?) 民税のうちの「均等割」である可能性が高いです。

市県民税は「所得割」と「均等割」の 2本立てになっていて、「所得割」は前年の給与が少なくとも 98万円以上ないと発生しません。
・給与所得控除 65万円
・市県民税の基礎控除 33万円

「均等割」がいくらから発生するかは自治体によって違うのですが、例えば某市の例では、給与所得控除 65万を引いた数字 (これを「所得」という) が 32万円を超える場合です。
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/madoguchi/zeikin/kojin/gimu.html
別の市では 31万 5千円です。
http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/kojin/kojin.html#03_keisan
均等割の額自体も自治体によって違うこともありますが、おおむね 4千円というところが多いです。

つまり、質問者さんの自治体で均等割の課税最低ラインが 31万円以下なら、均等割 4千円が発生したと考えて間違いありません。
自治体の HP でご確認ください。

>所得税の計算式にあてはめてみたのですが…

所得税と市県民税は、似て非なるものですのでね。

>今年から税金がかかるのですか…

今年からではなく、「今年は」です。
来年も同じだけ、あるいはもっと多くかかるかどうかは、今年の働き具合によります。

>本年度からの税制改正も関係しているのでしょうか…

特に関係はなさそうです。

>4,000円です…
>平成23年は年収96万円…

この 2つの数字からは、市県 (道?) 民税のうちの「均等割」である可能性が高いです。

市県民税は「所得割」と「均等割」の 2本立てになっていて、「所得割」は前年の給与が少なくとも 98万円以上ないと発生しません。
・給与所得控除 65万円
・市県民税の基礎控除 33万円

「均等割」がいくらから発生するかは自治体によって違うのですが、例えば某市の例では、給与所得控除 65万を引いた数字 (これを「所得」という) が 32万円を超える場合です。
http://www.city...続きを読む

Q所得税についての質問です。今年のアルバイトの給与所得は50万くらいです

所得税についての質問です。今年のアルバイトの給与所得は50万くらいです。
給与明細を見ると税金は引かれてないのですが、それは所得が少ないからでしょうか?
単発の仕事により、もう一社給与を受け取っておりましたが(4万くらい)そちらも合わせて確定申告する必要がありますか?
先日会社からは源泉徴収の手続きをするとの事で、必要な書類は提出しました。

それと今までは、医療費控除や生命保険控除などで還付金があったのですが、今回確定申告をする事でメリットは何かありますか?住民税が安くなるなど・・・。そもそも確定申告する必要はありますか?

基本的な知識もないのでわかりづらい質問ですが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1です。

追加です。
4万円の分の源泉徴収票を今のバイト先に出せば、合わせて年末調整してもらえます。
所得税を引かれていたならそうすれば、自分で確定申告する必要ありません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報