こんにちは~★切腹についてお尋ねします!
切腹でなぜ腹を切るのですか?
あえて腹を切る理由を教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

回答者の方々も言っておられるように、「腹」には心があると考えられました。

「切腹」は、だからそもそもは「死ぬ」ためではなく「心を見せて、二心がないことを証明する」ものだったのです。
はじめのうちは、腹を自分で裂き、肝をとりだして相手に見せたとか‥‥おそろしい話です。
それがいつか「名誉ある自死」のように変化し、武士のみにゆるされる死に方となります。それも文明開化とともに切腹禁止令がでて、おわってしまうのですが。
しかしそもそものはじまりがはじまりなので、死ぬのにはひどく効率が悪い。だから介錯してあげるわけです。
    • good
    • 0

 


  一応アドヴァイスにします。というのは、この問題の背後にあることについて、わたしは十分に会得していないからです。
 
  簡単に述べたく思います。肝が、頭よりも心臓よりも重要であったという記述がありますが、これは違うのです。頭というか首、そして心臓・心、第三に腹があるというのが実状です。この三つは、どれも重要なものだったのです。それぞれが意味を持っていたのです。
 
  「臍下丹田」ということを述べておられる方がいますが、その通りで、腹には、太陽神経叢もあり、これは、腹にある「第二の脳」ではないかと考えられるのです。無論、大脳などとは働きが違っています。頭や首が決して軽んじられていたのではないのは、戦国武士が、首級(みしるし)を頂戴するといい、首を落とし、それを武勲とし、また勇猛な人物などの首は丁重に葬ったことより、決して軽視していた訳でないのが分かるのです。また、心・心臓も、たいへん重要な部分であったのです。武士と町人と農民と、それ以前の平安貴族でも、「心情の交わり」「心情の結びつき」「心ある人・心映えの美しさ」を賞賛したし重視したのです。
 
  武士が、世に心ある者はいないのかと慨嘆したり、逆に、心ある人と出会え、その恩義を受けたことに、男泣きになき感動するというのもごく自然なことなのです。「こころ」は、万葉の昔から、日本人の文化の機軸にあるのです。他方、頭・首はどういう意味かというと、これは心よりもっと古い呪術的な思考の名残があります。「首を切る」というのは、世界中の文化で、非常に大きな意味、宗教的意味を持っているのです。
 
  とまれ、これだけでは何のことか分かりにくいので、もう少し説明すると、頭は、その人の「思案と知解」の場になります。頭が切れるというのは、要領の良さや知恵や、策略などの能力なのです。これは世間で表の顔、面子を立てるのに大いに役立つ能力で、これが、個人の「人格」だと考えられていたと言えます。無論、人格とは昔はいいませんでしたが。また、頭や首には、霊が宿っているのでしょう。その人個人の霊という意味です。従って、個人の恨みである怨霊は、切られた首と関係してくるのです。
 
  そこで、腹は何かというと、第二の「脳」だと言いました。このことは、直感的に昔の人は知っていたのです。肝がすわった、肝を据える、肝を冷やす、肝を潰す、肝に銘じるなどの場合、この「肝」は、「腹」のことではないのです。試しに、腹を、この肝に入れてみると、何かおかしいことが分かるでしょう。腹がすわった、はあります。しかし、腹を冷やす、腹を潰す、腹に命じるなどは、おかしいでしょう。これらは、心が冷える、心潰れる、心に命じると通じるはずです。しかし、心がすわった、とは言いません。
 
  頭は、現代的に言うなら、「自我」の座です。心は、「心情・感情」の座と考えれていた訳で、嫉妬は確かに心から発するものですが、これは、頭を通して、自我のプライドの問題になるのです。このような頭、心に対し、「腹」は、腹をすえる、腹をくくる、腹のできた、腹の底の知れぬ、腹を立てる、腹黒い、腹を決める、などの用法を見ると、自我よりも「大きなわれ」の本体が宿っているように見えます。頭を意識自我とすると、腹は、無意識的われの統合だとも見なせるのです。肝が太いとは、怖れない、びくびくしないと言うことですが、腹が太いの方が、大地にどっかり座り込んで怖れるものはないという感じです。腹ができているもそうでしょう。また、奸智にたける、と腹黒いでは、奸智はいかにも頭だけの軽薄なところがあり、腹黒いは、しぶといというか、首を切っても、直らないような重みを感じます。奸智にたける者は首を切れば終わりですが、腹の大きい、腹黒い人物は、頭で奸智なのではなく、身体全体、存在全体でしぶとく悪の強さと底がある感じがします。
 
  明智光秀は知に優れ、他方、徳川家康は、腹が底知れず、腹黒いとも言えるのではありませんか。
 
  平安の貴族は、花鳥を見て泣いたり感動したりしていたのですが、これは心情の文化でしょう。そして万葉の詩人などは、雄勁ないさおしを知っており、武士とは違う腹のすわりかた、心の覚悟があったとも言えます。しかし、武士は、元々人殺しの集団としてあった訳で、武士の擡頭は、血と殺人にまみれているのです。
 
  万葉の詩人の「死の自覚」と、武士の「死の自覚」は、かなりな隔たりがあり、武士は切り取り強盗で、「力」が何にもまして意味を持ったのです。武士は、発生において、職業的戦士であり、戦場がその晴れ舞台で、死を怖れないことが、その心がけ、覚悟だったのです。こういうことは、頭の自我には耐えられないことで、心や胸の心情にも耐えられないことでしょう。そこで、自我よりも大きな「われ」つまり「腹」に自我を託し、恐怖に震える自我を「腹のわれ」で、大きく支えたというか、「腹を造り、腹を据えた」のです。
 
  武士にとっては、腹ができている、腹がすわっているということが、戦場での心得であり、また日常での心得であったのです。腹を割った話は、心を開いた話よりも、もっと重いのです。
 
  何時頃から、切腹があったのか分かりませんが、鎌倉幕府の末期、南北朝の始まり頃に、武士の集団切腹が流行したという記録があります。これは、腹ができているということを、腹を割った仲間と共に腹を切ることで、比喩的に言っていた、「腹を据えた」状態を誇示したとも言えるでしょう。また、全身全力で意気込みを示すには、腹から叫ぶのですし、腹をくくって覚悟を見せるということになるでしょう。刀で首の頸動脈を自分で切ったり、心臓を突いたりしても、腹の底からの覚悟や、全身全霊の意気込みの表現にならないことが、何となく身体的に分かるのです。
 
  武士たる者、腹をさらけ出してて生死をくぐる必要があり、死はまさに、腹をさらけ出すことで、集団切腹の理由は、みな陶酔したこともあるでしょうが、腹を共にし、討ち死にしたということでしょう。
 
  平安時代に切腹はなかったはずで、武士の時代になって、武士が切腹をしたのです。また、切腹は、斬首よりも名誉ある死だと考えられていたということがあるでしょう。切腹した後の介添えは無論いた訳で、潔く死ぬためにも、そう長々と苦痛にのたうっていては話にならないのです。腹を切る苦痛に耐えるということが、武士としての覚悟=腹ができていることの証で、腹を切った後、長時間苦しむというのは、浅く切った場合でしょう。無論、切腹の美学があって、あまり深く切ると、内臓の中身が出てきて汚いので、出血多量となり、しかし内臓の中身はでないような、深い切腹の作法を学んだということです。この場合、出血多量で、介添えがなくとも、気を失い失血死します。浅く切った場合、止血すると、苦しんでなかなか死なないのです。
 
  切腹は日本の武士の文化なのです。何故、腹を切るのか、短くと言いながら長くなりましたが、分かったことと思います。
 
  なお、腹のチャクラと、「臍下丹田」は密接な関連があり、どちらも、無意識と意識の統合の修行をする時、重要となります。ヨーガも、座禅も、基本的には、意識自我と無意識のあいだの統合を果たすことなのです。武士は、それを死への準備として、名誉ある儀礼としたのでしょう。
 
    • good
    • 0

切腹は日本独特の方法ですネ。


生麦事件のときだったと思いますが,有罪となった武士たちが続々と切腹を続けるのを見たイギリス人たちは途中で恐ろしくなって退席したとか言われていますネ。

先に丹田の話が出ていますが,昔は『肝(きも)』というのが非常に重要なものと考えられていたのですネ。
肝を据える
肝を潰す
肝に命じる
というように肝(つまり腹)は脳よりも心臓よりも重要な位置付けだったと言えます。
その大切な魂の入っている腹を切ると,或いは,腹の中の臓物を引きずり出すことは死に直結する行為と考えられていたことは想像に難くありませんネ。

デモンストレーションとしての強さの証明ということも理由の一つですネ。
実際の切腹では,腹を切るだけでは死にきれずに介錯人が首を打つというのが多いことで分りますように,非常な苦痛が長時間続くものなのですネ。
ですから,この苦痛に打ち勝つ心構えがあるんだぞというデモンストレーションの意味も大きいと考えられます。
現実には,刃物の上に倒れこんで自身の体重を利用するということも多かったようですネ。

鎌倉時代頃から始められた切腹は江戸時代になると武士の死罪として強制されるものとなりましたネ。
これは,やはり死を美化する日本の武士道の精神
死を恐れない,苦痛を耐えるという武士の美学
これらが大きなウエイトを占めていたのだと思います。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

推定のアドバイスですが・・



「臍下丹田」(せいかたんでん)と関係があると思うのですが、ネットでちょこっと検索しただけでは、でてきませんでした。

位置はハラキリと同じで、そこに「気」を集める事により、
心身統一できたり、肉体的な力以上の能力を発揮したりと
なんともすばらしいとこです。
禅や武道では、重要視されています。

余談なんですが・・
合気道の先生が、臍下丹田の説明で「臍下丹田に気を集中したとき」と
「そうでないとき」に「さぁ、私を持ち上げてみなさい」といいました。
(いま、思い出すとわりと滑稽な状況です)
体重50kgくらいの割と小柄な先生で、
「そうでないとき」は、私1人で持ち上がりましたが、
気を入れたときは、友人と2人がかりでも上がらなかったことを
思い出しました。
(マジっす)
    • good
    • 0

こちらに詳しく解説してあります。



参考URL:http://homepage1.nifty.com/SEISYO/sepuku.htm
    • good
    • 0

切腹についての時代的な経緯についてはよく知らないのですが、


いわゆる武士の切腹について

「武士道」著者:新渡戸稲造

の中で著者が考察しています。(注:新渡戸さんは5000円札の人です)


細かい内容は今は覚えていないのですが、切腹が単なる自殺ではない
ことがいろいろ書いてあったと思います。

「武士道」は日本人の著作では、世界初(?)のベストセラー本です。
今はほとんど見られなくなってしまった、立派な日本人の姿がそこに
あります。一度読んでみてください。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q切腹は腹を切らなくていい?

歴史に詳しい友人に聞いた話なのですが、江戸時代の切腹は形式的なものであり、切腹用の刀に手をかけた瞬間に介錯により首を落とし、実際は腹を切らなくていいと聞きました。また、刀の代わりに扇子が置かれていたこともあると聞いたことがあります。これは本当なのでしょうか。もし本当であれば、斬首と切腹はどのように意味合いが異なっているのでしょうか?どうか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに江戸時代に切腹が形骸化したことがあります.
江戸時代以降,形式化したとなると語弊ありかな,と思います.

人は平和を謳歌すると物騒なことは忘れてしまうものなのでしょう.

江戸時代でも特に平和で町民文化が花開いたと言われる1700年前後,
元禄文化と言われていますが,この元禄時代に有名な忠臣蔵の事件が起こる
んですね.赤穂浪士は討ち入りを成功させた後,揃って切腹になりますが,
この時,扇子を代わりに使ったと言われています.

ちなみに,江戸末期(1860年前後)になると,逆に形式ではない切腹が数多く
行われるようになります.特に士道に厳しかった新撰組の局中法度と呼ばれる
掟は壮絶なものがあります.また戊辰戦争時には,官軍と戦った会津藩の少年
隊士たち(白虎隊)の話は有名な悲劇です.

このような壮絶な切腹劇は明治序盤の維新政府が落ち着くまで続きます.
熊本で起こった神風連(じんぷうれん)の乱や西南戦争とかですね.
戦国時代や幕末,明治維新など時代の節目,歴史が激動する折に,切腹の
文化は噴き上がるようです.

古来より,日本では「心」は腹に宿ると考えられてきました.
その片鱗は今でも,私たちの言葉からもうかがうことが出来ます.

・アイツは腹黒いヤツだ.
・腹を割って話をしよう
・断腸の思いで別れる

切腹とは,自分の潔白,あるいは,主君の潔白を証明するために,自分の
腹(=心)を開き,黒くはないことを見せるための行為です.ですので
罪を犯して,首をはねられる(斬首)とは同じ死ぬにしても,意味合いが
全く違います.

武士道と云うは死ぬことと見つけたり

葉隠(はがくれ)と言う本にある有名なフレーズですが武士は,死ぬこと
に対する美学を持っていたわけです.死ぬことに美学を持っているからこそ
生きることに美学を持てるわけで,彼らはいつどこで死んでも良いように
毎日ひげをそり,身だしなみを整え,死ぬ覚悟で生きていたと言われています.
混乱期である戦国期や幕末期にこそ,切腹が増えたと言うのも頷けます.

切腹は極端にしても,武士の生き方には武士道と言う一本の筋が通って
いるわけで,このような文化を持った日本を誇りにして良いと思います.

新渡戸稲造(この前まで五千円札だった人)が著した「武士道」と言う
名著がありますので,是非読んでみてはいかがでしょうか.
(参考URL)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003311817/qid=1111654544/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-2605076-9657909

確かに江戸時代に切腹が形骸化したことがあります.
江戸時代以降,形式化したとなると語弊ありかな,と思います.

人は平和を謳歌すると物騒なことは忘れてしまうものなのでしょう.

江戸時代でも特に平和で町民文化が花開いたと言われる1700年前後,
元禄文化と言われていますが,この元禄時代に有名な忠臣蔵の事件が起こる
んですね.赤穂浪士は討ち入りを成功させた後,揃って切腹になりますが,
この時,扇子を代わりに使ったと言われています.

ちなみに,江戸末期(1860年前後)になると,逆...続きを読む

Q江戸時代の切腹:本当に切るの切らないのか誰が決める。

 江戸時代の切腹は、江戸初期では実際にお腹を切っていましたが、江戸中期になると刀や扇子を腹に当てるだけで介錯人が首を落としてお腹は切らないのが一般的だったと聞きました。江戸末期になると、またちゃんとお腹を切る切腹が一般化した様で、堺事件や神戸事件の時など、外国人の前で立派にお腹を切っています。
 そこで質問ですが、切腹が行なわれる際に(ただし、自分で勝手に切腹する場合ではなく、藩など、上から申し付けられての切腹の儀式での場合で)、実際にどれ位お腹を切るか、切らせるかは、誰が決めるのでしょうか。切腹を申し付けた方が、または切腹人を預かった方が、切腹の儀式の段取りの中で、決めてしまったのでしょうか。あるいは、切腹する人が、「見苦しくないよう、早めに首切って。」とか、「せめて最後は武士らしく死にたいので、介錯はぎりぎりまで待って。」などの指定が出来たのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
切腹の作法は、切腹する人本人の意思、というか、家によっては作法が伝わってたりしますので、それが尊重されたようです。
例えば介錯を立てない自刀式の切腹もありますけど、本人が望めばそういうのもOKだったみたいです。
実際は、江戸時代になると平和な時代が続き、自分でお腹を切るのが怖くて・・・って人が殆どだったと思われます。
また、切腹する人を受け入れる家で気を利かして扇子腹(本当に切らないやつ)で準備してあげたりする事も多かったようですが、本人が望めば実際に切る事は出来たようです。

ただ、しきたりとして、切腹に承服できない場合、そこにいる介錯人と検分役に勝負を挑み切り倒してしまえば放免?というのがあったらしいので、本当に切るのを望まれた場合は、検分役も断るわけにもいかず、相当緊張したでしょうね。

切腹はなんでもかんでもお腹を刺して切ればいい、というのではなく、最後を形式美で美しく飾る、という非常に重要なポイントがあるのですが、これを全く知らず、憤怒に刈られて滅茶苦茶な切腹をして失敗した人が三島由紀夫です。

つまり、お腹に深く刀を刺してしまうと、腰や膝の関節が伸びて、状態が上がってしまい、前のめりに立ち上がって倒れる、という現象が起こるのは古くから知られていました。
その為、お腹はせいぜい腹筋程度までしか刺さず、座ったままで介錯を受けるのが介錯をつける場合の作法なのですが、三島さんはこれを知らずに内臓に達するまで深く刺してしまい、立ち上がりかけた為、苦しむ時間を減らしてあげようと介錯の人がほぼ同時に振り下ろした刀が肩口に当たってしまいました。
動揺した介錯人は3回太刀を振るっても首を落とせなかったらしいです。

ご質問最後の点は、そういうお願いは出来たし、受け入れられたようです。
ただ、最終的には介錯の人の腕と経験と意識によったでしょう。

こんにちは。
切腹の作法は、切腹する人本人の意思、というか、家によっては作法が伝わってたりしますので、それが尊重されたようです。
例えば介錯を立てない自刀式の切腹もありますけど、本人が望めばそういうのもOKだったみたいです。
実際は、江戸時代になると平和な時代が続き、自分でお腹を切るのが怖くて・・・って人が殆どだったと思われます。
また、切腹する人を受け入れる家で気を利かして扇子腹(本当に切らないやつ)で準備してあげたりする事も多かったようですが、本人が望めば実際に切る事...続きを読む

Q【千利休の最後は切腹だった?!】お茶の千利休はなぜ切腹して死んだんですか? 千利休は茶道で政治を牛

【千利休の最後は切腹だった?!】お茶の千利休はなぜ切腹して死んだんですか?

千利休は茶道で政治を牛耳る政治スパイだったと聞いたことがあります。

茶道で政治を裏で動かしたので政権が変わったときに死刑宣告されたんでしょうか?

誰が切腹しろと指示したのでしょう?

時の将軍はお茶が嫌いだった?

Aベストアンサー

豊臣秀吉との確執でしょうね、最後は。

切腹を命じたのも秀吉です。

Q切腹人が腹に巻いている白い布の意味は?

時代劇の切腹シーンで、切腹する人が白い布(さらしと言うのでしょうか。)を腹に巻きつけて出て来て、その上から切腹するのを何回か見たのですが、あの布はどういう意味があるのでしょうか。たるんだお腹だと切りにくいので、締め付けているのでしょうか。あるいは、生身の腹は見苦しいので見せないとか。
ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。また来ました。m(__)m
やくざとサラシのお話が出てきたので、さらしの由来のお話を持ってまいりました。
私の知人で、とあるお祭りを伝承している方のお話です。

ヤクザが映画などで、半身ミイラみたくさらしをぐるぐる巻きにしているのは、そもそもは鎧などと同じく、防具なのだそうです。
ただし、条件がありまして、2重や3重ではだめで、5回も6回もぐるぐる巻きに、しかも非常に固くしないとかえってよく切れちゃうのだそうです。
また、固く巻くために、巻くとき、口に水を含んで霧をふきかけたり、あらかじめ濡らしたりもしたらしいです。
今でもおすもうさんが、まわしを固く巻くとき、口に水を含んで吹きかけたりしてますね。

固く幾重にも巻くと、一太刀浴びても上の方の数枚が切れるだけで中の方まではそうとうな達人じゃないと切り込めないのだそうです。
同じ部分を何回も切り付けられれば切れちゃいますが、そんな事は実際のちゃんばらでは不可能らしいので、かなり有効だったようです。

まあ、こんな話が実際に伝承として残ってるので、他に内蔵が出ないとかの理由もあるのかもしれないけど、薄く巻いたサラシ腹は良く切れるというのも事実のようです。
ちなみに、お肉を切る時、ふきんやサラシできつく巻くと簡単に切れるのはお料理のコツで使われています。
お寿司の海苔巻みたいな感じの形の物を手早く作る時に使われる方法です。
(お寿司の海苔巻の場合は、スノコが軟らかい寿司を押さえてくれます)

また、ちと話は変わりますが、戦国時代、鎧の下には綿入れを着込むと汗で綿が湿って固くなり、切り裂く事ができず、鎧の防御力が大変向上したそうです。
山本勘助などは、これを励行していたという記録が残ってますが、大抵の武将はやっていたでしょう。

鎧ヒタタレの上にじかに鎧を着込むなんてのは江戸時代の戦乱が無くなってからの話のようです。

こんにちは。また来ました。m(__)m
やくざとサラシのお話が出てきたので、さらしの由来のお話を持ってまいりました。
私の知人で、とあるお祭りを伝承している方のお話です。

ヤクザが映画などで、半身ミイラみたくさらしをぐるぐる巻きにしているのは、そもそもは鎧などと同じく、防具なのだそうです。
ただし、条件がありまして、2重や3重ではだめで、5回も6回もぐるぐる巻きに、しかも非常に固くしないとかえってよく切れちゃうのだそうです。
また、固く巻くために、巻くとき、口に水を含んで霧をふき...続きを読む

Q四十七士の切腹がリアル切腹だったら

介錯なしだった場合、お預けの屋敷で折り目正しく過ごしていたというような、あるいは、ひそかに別れの宴を催したような記録があるようですが、そういうことになれたもんでしょうか?

Aベストアンサー

すみません。逆らうわけではありませんが、三島由紀夫切腹の時は、森田必勝が介錯を試み、うまく行かず、大男の古賀浩靖が刀を取って、やっと三島の首が落ちました。その森田必勝も腹に三島由紀夫が使った短刀をあて、介錯を受けて死んでいます。
三島の短刀による傷はへソの下四センチぐらいで、左から右へ十三センチも真一文字に切っていたそうです。深さは約五センチ。腸が傷口から外へ飛び出していたとか。日本刀での介錯による傷は、首のあたりに三か所、右肩に一か所。森田は腹に十センチの浅い傷があったが、出血はほとんどなかたっそうで、検死官は、森田はかすり傷程度で、三島由紀夫の割腹がいかにすごいものか、その決意をうかがわせる、と言っています。

同様に切腹した人に太平洋戦争終戦時の鈴木内閣で陸相だった阿南惟幾がいます。この時は義弟の竹下中佐と一献交わし、14日夜、風呂にはいって身を清めたあと、宮中クーデタのシンボルに阿南大将をかつごうとやってきた井田中佐の両中佐の前で切腹、介錯を拒んで15日に死亡しました。首相の鈴木貫太郎は「いい男だな」といい、外相の東郷茂徳は「真に国を思ふ誠忠の人」と言ったそうです。そういう感覚が、まだ残っていた時代の人の行動、言葉として、興味深いと思います。これ以後62年間、現役閣僚の自殺はありませんでした。

同様に当時切腹した団体に、伝統右翼の大東塾14名がいました。塾同人は23日に酒宴(と言っても、静かなもの)、24日に共同遺書に署名、この日に代々木警察署幹部がきて思い止まるよう説得するも拒否。25日午前1時に食事(粥、漬け物、缶詰、味噌汁)、そして午前4時に代々木練兵場の十九本欅のところで古式に則った(神式に従って供物を捧げる所からはじめる)切腹をしました。純日本式の集団自決としては空前絶後のものです。2人が介錯をしてまわり、最期に1人を介錯した塾生は自刀。あとから来た(切腹の瞬間は立ち会わない)塾生に、皆が立派だったと言い残したといいます。

脱線していますが、切腹というものが昭和20年までは、少なくとも立派とみなされた、そして三島由紀夫の時は、事件として扱われた、世相の変化の例としてお納めください。

すみません。逆らうわけではありませんが、三島由紀夫切腹の時は、森田必勝が介錯を試み、うまく行かず、大男の古賀浩靖が刀を取って、やっと三島の首が落ちました。その森田必勝も腹に三島由紀夫が使った短刀をあて、介錯を受けて死んでいます。
三島の短刀による傷はへソの下四センチぐらいで、左から右へ十三センチも真一文字に切っていたそうです。深さは約五センチ。腸が傷口から外へ飛び出していたとか。日本刀での介錯による傷は、首のあたりに三か所、右肩に一か所。森田は腹に十センチの浅い傷があった...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報