ウサギの皮膚について、雌雄の差はありますか?
たとえばメスの方が刺激に弱いとか…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私は昔うさぎちゃんを飼っていましたが、(2匹です)


そういうのはありませんでしたよ
どっちも皮膚も強かったし。
でも、人間でも皮膚の強さ弱さって個人差があるから
ウサギにもあるんじゃないでしょうか。
かわいがってあげてくださいね。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
「かわいがってあげてくださいね」と言われると心が痛みます。
なぜこのような疑問を持ったかというと、
医薬品、医薬部外品等のための眼粘膜刺激性試験に使うウサギは雄なんです。なのに、皮膚刺激性試験では雌を使ったり雄を使ったり…。それでこの質問だったのです。
でも、試験期間中はちゃんとかわいがります。

補足日時:2001/12/25 17:22
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皮膚科に行った1週間後に別の皮膚科に行って良い?

こんばんは。
皮膚科(と言うよりも病院全般に言えることなのかもしれませんが)について質問させてください。
私は理由はわからないのですが、曲げると痛くて仕事にならないくらい指が爛れてしまっておりました。

3月頃に1度皮膚科(A)に行きましたが良くならず、次に評判の良いらしい皮膚科(B)に行こうとしました。
しかし皮膚科(B)の開いている時間が私のスケジュールとすれ違いばかりでなかなか行けませんでした。

皮膚科(A)で処方された軟膏が無くなったのにも関わらず症状はよくならないままで、このままでは仕事にならないと先週もう1度皮膚科(A)に行きました。
そこで飲み薬2週間分と軟膏ももう1度処方されました。
現在その飲み薬を飲み始めて1週間ほどです。

来週であれば皮膚科(B)に行けそうなのですが、まだ皮膚科(A)で処方された薬を飲んでいる最中です。
これを逃すといつ行けるのかがわかりません。

皮膚科(A)で処方された薬を飲んでいる状態のまま皮膚科(B)に行っても良いでしょうか?
または数日お薬を飲まずに皮膚科(B)に行った方が良いでしょうか?
そもそもAのお薬を飲み終わるまでは別の皮膚科に行かず経過を見るべきなのでしょうか?

お薬手帳がありますので、処方されている薬をBのお医者様に見せることはできます。

このような状態になったことが無かったため、どうしたら良いのかわかりません。
長くなってしまって申し訳御座いませんが、よろしくおねがいいたします。

こんばんは。
皮膚科(と言うよりも病院全般に言えることなのかもしれませんが)について質問させてください。
私は理由はわからないのですが、曲げると痛くて仕事にならないくらい指が爛れてしまっておりました。

3月頃に1度皮膚科(A)に行きましたが良くならず、次に評判の良いらしい皮膚科(B)に行こうとしました。
しかし皮膚科(B)の開いている時間が私のスケジュールとすれ違いばかりでなかなか行けませんでした。

皮膚科(A)で処方された軟膏が無くなったのにも関わらず症状はよくならないまま...続きを読む

Aベストアンサー

全く構いませんがAに戻るにはかなり勇気がいるでしょうね。
個人的には皮膚科というのはどうも信用ならないんですよね。私も2年ほど前、ゴルフの練習で手あれになり、通いましたが最初に行った総合病院の皮膚科ではステロイド系の塗り薬を毎回くれるんですが、変化がないとどんどん強くしていきます。することはそれだけです。で、反ステロイド派の違うところに行くと、一転してワセリンばっかりくれました。原因については分からずですし、知ろうともしてないようで、いかに皮膚科がいい加減なものか思い知りました。
結局、自分なりに考え、寝るときにワセリンを塗って使い捨てのナイロン手袋をはめるという方法を3ヶ月ほど続けることで完治しました。その後嫌味の一つでも言ってやるかと思って総合病院の皮膚科に行ってその話をしたら、真剣に感心してました。。。
私が直した方法なら、保湿重視なので、きつい薬である必要はありません。時間はかかりますが、この方法は有効だとおもいます。日中は水に触ったらハンドクリームを塗る癖をつけ、夜は完全保湿です。両手の手のひら全体にあかぎれを起こすほどの荒れでしたが、今は痕跡も残ってません。ただ、それ以来、寝る前に薄くハンドクリームを薄く塗って寝ています。(再発が怖いので)使ってるのはキスミー薬用ハンドクリームです。

全く構いませんがAに戻るにはかなり勇気がいるでしょうね。
個人的には皮膚科というのはどうも信用ならないんですよね。私も2年ほど前、ゴルフの練習で手あれになり、通いましたが最初に行った総合病院の皮膚科ではステロイド系の塗り薬を毎回くれるんですが、変化がないとどんどん強くしていきます。することはそれだけです。で、反ステロイド派の違うところに行くと、一転してワセリンばっかりくれました。原因については分からずですし、知ろうともしてないようで、いかに皮膚科がいい加減なものか思い知りま...続きを読む

QADLとかFIMとか何ですか?

理学療法士、作業療法士の方にお尋ねします。
学校で「ADLとは~があり、AADLは~があります。」みたいな
「あります」で終わる授業が続いています。

これで何をするのか、何を目的としているのか見えてきません。
「教科書よんどいて。プリント読んどいて。」が多くよくわかりません。
自分が質問下手なのか先生に質問をしても、何をいっているのか全然理解できません。

最終的に患者さんを評価をして、短期や中期の目標を設定することを、目的としているのでしょうか?
それとももっと実用的で深いものなのでしょうか?教えてください。
参考になる書籍やサイトの紹介でもかまいません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療職に就いているものです。

ADLとは「日常生活動作」ですので、食事や入浴、歩行などといった、「人が日常で使う動作」のことです。
FIMはそのADLを評価する物差しと考えて頂ければいいと思います。
(FIMは数値化します)

ADLが「何を目的としているか?」というご質問に答えるなら、「日常で使う動作を専門用語で表現した」ということです。
医療用語は(ADLは医療用語とは言えませんが)専門用語が多いですが、専門用語にして簡略化しないと話の全体像が見えにくいです。
例えば、「今、入院しているAさんのは歩行や食事動作が問題があるので退院できません。具体的には、歩行は介助が必要ですし、食事は補助具が必要です」
これを「今、入院しているAさんのFIMは67点(適当な数字です)で、減点項目としては歩行は5点であり他のADLにも問題があります」
と言えば、なんとなくのイメージが共有できます。

また、数値化した方が、患者さんにも説明しやすいです。
「先月は67点だったけど、今月は73点に上がりました。良くなっていますね」
といった具合です。

質問者様の解釈ですと、「評価する理学療法士(作業療法士)のためにある」といった解釈のようですが、
医療職同士の共通語と考えてください。
(日本語に例えると、日本語では表現しにくい単語をカタカナ英語で表現するようなものです)

なお、ADLとFIMは「動作」と「評価方法」ですので、「大腿四頭筋」と「股関節屈曲」くらいの別次元の話です。
(↑逆に分かりにくいかもしれませんねw。「解剖学」と「運動学」くらい違います)

医療職に就いているものです。

ADLとは「日常生活動作」ですので、食事や入浴、歩行などといった、「人が日常で使う動作」のことです。
FIMはそのADLを評価する物差しと考えて頂ければいいと思います。
(FIMは数値化します)

ADLが「何を目的としているか?」というご質問に答えるなら、「日常で使う動作を専門用語で表現した」ということです。
医療用語は(ADLは医療用語とは言えませんが)専門用語が多いですが、専門用語にして簡略化しないと話の全体像が見えにくいです。
例えば、「今、入院しているAさん...続きを読む

Qレーザーメスについて

CO2レーザーメスは、レーザー機器のクラス分類では、どこに分類されますか。
また、レーザー装置使用中にとるべき安全対策について教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 CO2レーザーに限らず医用レーザーの大部分がクラス4に属します。この中でもさらに先端出力が0.5~5W未満のものがクラス4A、先端出力が5W~30W未満のものがクラス4B、先端出力が30W以上のものがクラス4Cとなります。
 レーザー装置使用中の安全対策としては、
眼への障害予防のために、
・必ず装置に付属の保護眼鏡をかける。
・全身麻酔中の患者の目はテープなどで保護する(まあ、全身麻酔するときは目はテープで閉じさせるのが常識ですが・・・)。
熱傷・火災予防のために、
・対象組織の周辺は生理食塩水でぬらしたガーゼなどで保護する。
・使用していないときは装置を待機状態にする。
・手術室内で可燃性ガスを使用しない。
・可能な限り低濃度の酸素で患者のサポートを行う。
などがあります。

Qレーザーメスについて

レーザーメス以外のCO2レーザーの医学応用について教えて下さい。
どのように応用されているのですか?

Aベストアンサー

 レーザー(LASER)は簡単に言ってしまえば光の一種で、英語の「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」の頭文字をとったものです。日本語に訳すと「誘導放出によって増幅された光」ということになります。
 普通の光との違いは、「単一の波長による単色性」、「同位相による干渉性」、「光が集中して拡散しない指光性」の3つです。プリズムを通して見ると、太陽の光は赤から紫までの7色に分かれますが、レーザーはそのうちの1色だけの光を取り出して増幅させたものです。また、太陽光は360度すべての方向に拡散しますが、レーザー光は一点に絞り込みます。
 レーザーの性質は、波長とパルス幅によって決定されます。
 波長とは光の長さのことです。太陽光は7色(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)に分かれます。これは我々の目に見える範囲の「可視光線」で、これ以外にも赤よりも波長が長い赤外線と紫よりも波長が短い紫外線なども含んでおり、太陽光とは色々な波長が集合しているものと言えます。
 レーザーは様々な波長のうちの1つだけを取り出したものです。波長が違うと光の性質が違って来ます。
 例えば紫外線は殺菌作用やメラニン色素の生産を促進させますし、赤外線はこたつや石焼ビビンバの食器のように物を温める熱作用があります。また、一般的には波長が短いほど深達度が浅く(皮膚表面にしか作用しない)、波長が長いほど深達度が深く(皮膚の深部まで作用する)なります。
 パルス幅とはレーザー光を照射している時間のことです。写真を撮る場合のシャッタースピードのようなものです。パルス幅は、0.1秒とか100万分の1秒というように、その用途によって様々です。
 最近、このパルス幅を10億分の1秒単位で制御できる「Qスイッチ」が開発されたために、従来は治療が困難だった太田母斑や入れ墨などのレーザー治療が可能になりました。また、一部のレーザーではレーザー光が途切れない連続波を用います。
 生体は筋肉や脂肪のような主に有機物で出来ている柔らかい部分(軟組織と呼びます)と、骨や歯のような主に無機物で出来ている硬い部分(硬組織と呼びます)及び水で構成されています。レ-ザ-光は大変強い光ですので、これら軟組織や硬組織を切ることに利用出来ます。
 1960年にアメリカの科学者のメイマンが、世界で初めてルビーレーザーの発振に成功し、1964年にはゴールドマンによって赤アザの治療が行われ、1968年にはレーザーメスとして活躍している炭酸ガスレーザーが発明されています。日本には1975年に導入されました。
 最近では様々なものが開発されており、現在使用されているレーザーには、CO2(炭酸ガス)レーザー、ルビーレーザー、アレキサンドライトレーザー、 Nd-YAGレーザー、Er-YAGレーザー、ダイレーザー、ダイオードレーザーなどがあり、他にも研究開発中のものもあります。
 ご質問のCO2(炭酸ガス)レーザーは、赤外線レーザーの一種で、その波長は10.6マイクロメートルと可視光線よりもずっと長く、水分に反応して熱エネルギーに変換されるという性質があります。比較的古くからあるもので、現在広く普及されているレーザーですので医科のみではなく歯科でも使用されています。

 レーザー(LASER)は簡単に言ってしまえば光の一種で、英語の「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」の頭文字をとったものです。日本語に訳すと「誘導放出によって増幅された光」ということになります。
 普通の光との違いは、「単一の波長による単色性」、「同位相による干渉性」、「光が集中して拡散しない指光性」の3つです。プリズムを通して見ると、太陽の光は赤から紫までの7色に分かれますが、レーザーはそのうちの1色だけの光を取り出して増幅させたものです。また、太陽光...続きを読む

QACTH刺激試験とデキサメサゾン

よろしくお願いします。

プレドニゾロンなどと同じステロイドなのに、デキサメサゾンがACTH刺激試験に影響しない理由を教えてください。

Aベストアンサー

プレドニンだと影響したというデータを知らないので、たまたま先天性副腎過形成などでデキサメサゾンを投与していた人にrapid ACTH testして問題なかった(下記HP)から、テストする前にどうしても投与したければ、デキサメサゾンを投与..という話ではないでしょうか?

それに長時間型なので、ゆっくりにしか効かないから、というのもあるでしょうが。

参考URL:http://jcem.endojournals.org/content/60/3/585.short


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報